コーヒーダイエットの効果効能とカフェインの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コーヒーダイエット効果

コーヒーダイエットで脂肪燃焼効率アップ

コーヒーはダイエット効果があると聞くけれど、普段からインスタントや缶コーヒーを飲んでいても特にダイエット効果を感じない。そんな方は、ダイエットに繋げるために飲み方やタイミングを工夫してみませんか。ここでは、コーヒーダイエットの方法から効果効能、注意点まで詳しくご紹介します。

コーヒーダイエットとは?

毎食後と運動・入浴前などにコーヒーを飲むダイエットがコーヒーダイエットです。主にブラックコーヒーをホットで1日3~5杯程度飲みます。コーヒーを飲んだ後は脂肪燃焼効率がアップし、運動やマッサージによるダイエット効果が大幅に上がります。

コーヒーダイエットの効果効能

コーヒー豆とスプーン
カフェインとクロロゲン酸によるダイエット効果と香りによるプラス効果などが期待できるため詳しくみていきましょう。

カフェインの効果

カフェインは交感神経を優位にし、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きも活発にするため、脂肪燃焼が促進されます。

また、褐色脂肪細胞を活性化させることで中性脂肪を分解して脂肪酸として血中に放出することにより、運動などで脂肪を燃焼するのにかかる時間を短くできるともいわれます。

血行を良くする働きもあるため、血液の循環が良くなって基礎代謝が高まることによるダイエット効果も期待できます。そのほか、冷えや肩こりの解消、利尿作用により老廃物を排出して足のむくみを解消するのにも役立ちます。

クロロゲン酸の効果

ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸も、肝臓での脂肪燃焼効果を高めるとされます。自律神経の働きを高めることから、肥満の予防にもつながります。また、抗酸化作用もあるためガンや動脈硬化、老化などを予防する働きもあるといわれます。

その他の効果

淹れたてのコーヒーには抗酸化作用のある物質が多く含まれているとされるほか、コーヒーの香りによる癒しで、心の代謝が上がって綺麗にダイエットすることができます。コーヒーの香りの成分であるピラジンにはリラックス効果の他に、脳の活性化や血液をさらさらにする効果もあります。

コーヒーとダイエットの関係は?

5046_2
自律神経の働きを高めることで肥満を予防したり、血液の循環を促して代謝を上げたり、消化酵素のリパーゼの働きを活発にしたりとさまざまな望ましい効果がありますが、飲んだだけで痩せるわけではありません。

コーヒーを飲んで血液中に排出された、分解された脂肪細胞を消費する必要があります。激しい運動が苦手な方は街を散歩する程度の運動や入浴でもいいので、ダイエットに繋げるためには、身体を動かして脂肪を燃焼させましょう。

コーヒーダイエットの方法

効果的な飲み方は3~4時間おきに、一日3~5杯飲むことです。カフェインは飲んでから20~30分後に効果が出て、高い効果は3~4時間ほど持続します。ダイエットのためにはコーヒーを運動や入浴の30分ほど前に飲みましょう。

あまり遅い時間にコーヒーを飲むと睡眠の妨げになるので、入浴前に飲む場合はなるべく早い時間に入浴するよう心がけます。寝つきのよくない方は、入浴前にコーヒーを飲むのは控えて、朝食後や昼食後に飲みましょう。満足感を得て、食欲を抑える効果も期待できます。

ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方

ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方
体を温めることで代謝を上げてエネルギーを消費しやすくするために、アイスではなくホットで飲んだ方が効果的です。インスタントコーヒーでも効果はありますが、カフェインやクロロゲン酸をより多く摂取するためには、手間はかかりますがドリップコーヒーがおすすめです。

クロロゲン酸は熱に弱いため、熱湯ではなく80度前後に冷ましたお湯でコーヒーを入れたほうが良いでしょう。豆も深煎りより浅煎り(ライト~ミディアムロースト)を選びます。

砂糖やミルクを入れとカロリーが増えてしまうだけでなくカフェインの働きも妨げるためなるべくブラックがよいでしょう。ブラックが苦手な方は少量の砂糖や豆乳を入れるのもおすすめです。

缶コーヒーを利用するときは、ブラックか微糖を選びましょう。砂糖入りの缶コーヒーは50~100kcalと、カロリーが高い物が多くなります。ラテやフラペチーノなども甘くて飲みやすいですが、カロリーが高いのでコーヒーダイエットのためにコーヒーを飲む場合は避けましょう。

コーヒーと運動の関係

コーヒーと運動の関係
運動をする30分ほど前にコーヒーを飲むことで、運動時の脂肪燃焼効果を高めます。カフェインの効果が高い時間は3時間~4時間持続するといわれるので、この持続時間を目安にして運動することで、効果を最大限に発揮できます。

激しい運動だけでなく、ウォーキングなどの軽い運動でも十分に効果はあります。そのほか、マッサージや入浴でも代謝が上がるため、運動の代わりになります。

コーヒーダイエットのメリットとデメリット

コーヒーを美味しく飲むことで、脂肪燃焼効果を高められるのが一番のメリットです。脂肪を無くしたい方にコーヒーダイエットは適しています。

デメリットとしては、コーヒーを飲み続けると身体がカフェインに慣れてしまって効果が減少してしまうことが挙げられます。脂肪燃焼効果が働かなくなってしまったら、1~2週間コーヒーをお休みすることで、また効果を発揮するようになるといわれます。

コーヒーに含まれているタンニンは鉄分の吸収を妨げるため、貧血の方は食事の後30分はあけてからコーヒーを飲みましょう。また、薬を飲んでいる方はカフェインとの飲み合わせには気を付ける必要があります。

コーヒーダイエットの注意点

水分
運動と組み合わせてコーヒーを飲む場合、コーヒーで水分を補給している気分になりますが利尿作用が強いため水分補給には向きません。汗をかいたらコーヒー以外の飲み物を飲んで水分を補給しましょう。

カフェインには依存性や中毒性があるため、摂り過ぎないように気を付けます。不眠症になってしまうだけでなく、カフェイン摂取の合間に頭痛や疲労感、過眠などがおこる可能性もあります。コーヒーを飲む量は、濃さにもよりますが1日に5杯までにしましょう。

カフェインはコーヒー以外にも、日本茶やコーラ、栄養ドリンクなどにも含まれるため、トータルで摂取しているカフェインの量を把握しながら取り入れてくださいね。

まとめ

ここまでコーヒーダイエットについて読んでもらいましたが、いかがでしたか?

カフェインとクロロゲン酸によって脂肪燃焼効果を高めるコーヒーダイエット。効果を十分に生かすためには、80度くらいのお湯でドリップコーヒーを入れて、砂糖やミルクは足さずにブラックのままホットで飲みましょう。

コーヒーダイエットは特に、ダイエットに運動をとりいれている方におすすめです。運動の30分ほど前に飲んで、今行っているダイエットの効果を高めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク