光痩身エステの効果はあるのか?メリット、デメリットの情報まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エステで光を使った施術内容として、光脱毛か光フェイシャルが有名です。

ところが最近は光を使って脂肪分解を行う痩身技術が流行し始めているのをご存知ですか?

ここでは、最先端の光痩身エステについて仕組みやおすすめのサロン、同じく最先端痩身技術のキャビテーションとの違いまで、詳しい情報をまとめました。

光痩身とは

特殊な赤色の光(近赤外線)を脂肪が蓄積した部位に当てます。次に低周波をあて、筋肉を刺激します。

そうして脂肪細胞を見分ける近赤外線が、脂肪細胞壁とその中にある細胞膜を溶かして、中身の中性脂肪を液体に変える技術が「光痩身」です。

溶けだした中性脂肪は全身の筋肉でエネルギーとして使われたり、汗や尿などとして体外へ排出されたりします。

脂肪吸引などと同じように脂肪細胞そのものの数を減らせるのが特徴です。セルライトエステ、脂肪溶解術(脂肪溶解法)という分類で分けられることもあります。

光痩身の基礎となる技術はアメリカの医学会で発表されたものです。米国FDA(日本の厚生労働省的のような機関)に認可されていて、マシンによっては世界特許も取得しています。

光痩身エステの施術方法

脂肪を溶かしたい部分にマシンのパッドを当て、光を照射してトリートメントをします。

光痩身は脂肪を溶かすだけなので、何もしないとそのまま周りの脂肪に吸収されてしまうため、老廃物としてきちんと排泄して痩身効果が出るようにリンパマッサージなどのアフターケアを組み込んだエステメニューが多くなります。

脂肪液状化すると、硬かった脂肪層が柔らかくなります。個人差も出ますが、見た目や体重などのほか、触ったときの柔らかさで光痩身の効果を実感する方も少なくありません。

光痩身のダイエット効果

脂肪の量によってはしっかりとした効果を期待するなら3~5回施術を受ける必要がありますが、1回施術を受けただけでも効果が実感できる方も多く、高いダイエット効果を見込むことが出来ます。

全身にも使用できますが特に部分痩せに強い施術で、ウエストや太ももなどをひきしめるのに有効です。

脂肪燃焼で脂肪細胞を小さくするのと違い、脂肪細胞組織自体を減らすためリバウンドしないのも特徴で、セルライトがたまりやすい部分であるヒップや太もも部分の足痩せエステで高い人気を誇ります。

光痩身エステのメリット

光痩身のメリットとなる部分について主にまとめてみました。

身体に傷がつかない

脂肪吸引や脂肪溶解注射と同じように脂肪細胞の溶解効果が得られるのにメスや針を入れる必要がなく、体に負担がありません。

光を当てるだけなので、傷が残ることもなく身体を傷つけないのでダウンタイムもありません。

副作用に関しても特になく、効果と安全性が米国FDAに認められているため、安心して施術を受けられるのも良い点でしょう

脂肪細胞の数自体を減らすことが出来る

言葉の通りですが、多くのエステでは脂肪細胞を減らすのではなく小さくすることで効果を出しています。

そのため、いったんサイズダウンに成功しても、暴飲暴食などによりその脂肪細胞が再び大きくなればリバウンドしてしまう可能性が高くなります。

その点、光痩身は脂肪細胞の数を減少させるのでリバウンドしません。これまでのエステの目的が、「代謝を活性化させ痩せやすい体質へと改善する」ことを大きな目的とするのに対し、光痩身は「細胞液化作用により、脂肪細胞自体を排出しその数を減らす」ことが目的です。

部分やせに向いている

全身の肉を落としたいわけじゃなく、痩せたい部分だけ痩せられるのもメリットといえるでしょう。光をあてた部分の脂肪が解けるので、痩せたい部分にだけ光を当てることで部分やせに大きな効果が期待できます。

セルライト対策

脂肪を溶かして分解・排出する光痩身では、固くなってしまったセルライト除去法としても効果あります。

ひび割れや凸凹になってしまったセルライトを深い部分から溶かして流しだすことで滑らかな肌を取り戻すことが出来ます。

リラックスして施術を受けられる

効果的な施術でよくある強い揉みほぐしなどによる痛みや、熱さ、刺激を感じることはほとんどありません。

寝ながら光を当ててもらうだけで施術が進むので、リラックスしながら施術を受けられます。

短時間で施術が終わる

光痩身自体は、10分ほどの照射で効果が現れるとされています。単独で施術を受けるのであれば、忙しい方でも比較的受けやすいでしょう。

また、3回程度の施術を推奨されることが多いようですが、施術期間についてもこれまでの通常のエステよりも短い期間で結果が出ることが多いと考えられます。

光痩身エステのデメリット

次に光痩身のデメリットについて解説していきます。

施術費用が高い

エステサロンにもよりますが、最新機器であるために通常の痩身メニューと比べると費用が割高になるのがデメリットです。

一般的なエステとそれほど変わらない価格に見えますが、光痩身の場合は対象部位一箇所あたりの価格となるため、光痩身で全身を痩せたい場合はかなりの費用がかかります。

情報が少ない

また、最新の施術方法のために十分なデータがなかったり、口コミが少なかったり、施術を受けられるサロン自体があまりなかったりするのもデメリットと言えるでしょう。

光痩身に興味がある場合は初回限定のエステ体験コースを受けることで自分自身で体感してみて判断していきましょう。

エステティシャンの技術不足によるやけどなど

痛みも熱さも感じることが無いといわれる光痩身ですが、光の量を間違えると皮膚に赤みが残ったり、ひどい場合はやけどになってしまうことがあります。

光痩身以外の施術法でもいえることですが、十分な知識と経験のあるサロンやエステティシャンかどうかをしっかり見極める必要があります。

光痩身はマシンケアが終わった後に溶かした脂肪を流すためのリンパマッサージも重要になるため、マシンだけではなく、ハンドマッサージの技術面も確認するようにしましょう。

光痩身がおすすめの方

部分痩せに適した痩身なので、ポッコリお腹をなくしたい、くびれを取り戻したい、二の腕をスッキリさせたいなど具体的に痩せたい部位がある方におすすめです。

セルライト対策としても効果があるので、セルライト除去が出来ないことに悩む方にもおすすめです。

また、痛みや熱さなどを我慢する必要が無いので、食事制限や運動はもちろんのこと、辛い思いを一切せずにリバウンドのないダイエットをしたい方におすすめします。

光痩身がおすすめの痩身サロン

最先端の痩身技術なので、まだまだ導入しているエステサロンが少ない状態です。ここでは光痩身コースのある痩身サロンを4ヶ所ご紹介します。

アポリネールカーサ

米国FDA(日本の厚生省的機関)認可の光痩身、光脂肪溶解専門店です。駅から徒歩5分圏内でオシャレなデザインマンションの一室を使うことでリラックスの出来る空間が作られています。完全予約制のサロンとなりますので、事前にホームページ上からWEB予約が必須となります。

サロン名 アポリネールカーサ
URL http://www.apollinaire.jp/casa/
おすすめ体験コース名 光痩身セルライトデトックス
体験料金 10,800円
体験時間 120分
コース内容 光脂肪溶解・深部加熱(ラジオ波)・セルライトバキューム・デトックスマッサージ
店舗 東京都に1店舗のみ

サロンドNu

効果が旧型リポライトの約2倍もある、アメリカFDAが認可した世界特許取得のマシン「レイペックス」を導入しているメディカルエステ。サロンドNuは田園調布の隠れ家的なサロンなので、誰にも見られずに脂肪を減らしたい方に適しています。

サロン名 サロンド ヌゥ
URL http://www.nu.x0.com/nu/
おすすめ体験コース名 光痩身トライアルコース
体験料金 1回1部位 12,960円
体験時間 60分
コース内容 光照射・G5セルマシン
店舗 東京都に1店舗のみ

ソフィアパレス

体脂肪を2~3%下げる効果があるといわれる光痩身ルビーフラッシュをとりいれているソフィアパレス。各専門医と提携しているため、万が一のお肌トラブルにもしっかり対応してもらえるので安心して通えます。

サロン名 ソフィアパレス
URL http://www.esthe-sophia.jp/
おすすめ体験コース名 光溶解&エンダモトライアルコース
体験料金 3,900円
体験時間 120分
コース内容 光溶解・エンダモロジー・EMS
店舗 東京都と千葉県に計3店舗

サロン・ド・マレーナ

クリニックでも使用される高性能マシンを多数使用しているサロン・ド・マレーナ。現在は光痩身のお試しコースはありませんが、部分痩せに特に効果的な光痩身リダクションを取り入れたコースが豊富です。

サロン名 サロン・ド・マレーナ
URL http://www.salon-de-malena.com/
おすすめ体験コース名 パワースリムコース
体験料金 90分
体験時間 5,250円
コース内容 インディバ・エンダモロジー
店舗 大阪府に1店舗のみ

光痩身エステで必要な費用とコースの説明

体験コースは安く受けられますが、実際に通うことになった時にかかる費用も気になるところです。費用とコース内容について見ていきましょう。

費用

最先端の技術のためマシンがとても高価ではありますが、費用はエステによってかなりの差があります。

価格はセットになっている施術にも左右されるためです。コースで申し込むと1回あたりの価格がリーズナブルになる傾向があるため実際に受ける価格がご紹介した価格になるとは限りませんが、今回おすすめしたエステの本コース価格は以下になります。

光痩身で気を付けてもらいたいのは、その料金が一回(複数の施術部位対象)なのか、一部位あたりの料金なのかということです。光痩身では部位ごとの料金設定も多く、申し込みの際には必ず内容をしっかり確認しましょう。

コース内容

コース内容はエステサロンによってさまざまですが、ハンドならリンパマッサージ、マシンならエンダモロジーなどの脂肪を排出するための施術がプラスされることが多くなります。EMSなどで筋肉を刺激し、溶け出た中性脂肪をエネルギーとして消費する施術をとりいれるところもあります。

エステ名 コース名 コース料金
施術時間(施術回数)
コース内容
アポリネールカーサ 光痩身セルライトデトックス 32,400円/1回120分 光脂肪溶解→深部加熱(ラジオ波)→セルライトバキューム→デトックスマッサージ
サロンドNu 光痩身クイックコース  12,960円/1回60分 光痩身→遠赤外線マット→リンパマッサージ
ソフィアパレス 短期集中トライアルコース  49,000円/21回(初回料金)
時間記載なし・21回券
光痩身→エンダモロジー→EMS
サロン・ド・マレーナ 大幅サイズ&体重ダウン 30,000円/1回・一部位150分 炭酸シャワー→光痩身→エンダモロジー→ALEX-S+EMS

キャビテーションとの違い

今までは「切らない脂肪吸引」はキャビテーションの代名詞のような言葉でしたが、光痩身も脂肪を溶かし出して脂肪そのものを減らす脂肪吸引のような効果があります。

痛みも苦痛もなく、少し温かく感じる程度のリラックスできるトリートメントであるのも一緒です。

「光痩身はキャビテーションとは何が違うのでしょうか?」

一番の違いはセルライトや脂肪球を溶かすのに使っているのが超音波か光かという点です。光痩身は光なので、キャビテーションと違って骨伝導音のキーンという音はしません。

新しい技術なのでどちらの方が効果的かなどはまだハッキリしていません。

ただ、キャビテーションと光痩身の両方が入っているコースは相乗効果でより痩身効果が高まると言われています。

どちらかを選ぶとするならば、キャビテーションの施術中の音が気になる方や最新の痩身技術を受けたい方は光痩身、ある程度実績のある施術を受けたい方はキャビテーションが良いと言えるでしょう。

※参考⇒ キャビテーションとは

まとめ

ここまで光痩身エステについて読んでもらいましたが、いかがでしたか?

キャビテーションと同じく、メスも針も使わないのに脂肪細胞の数を減らせる光痩身。脂肪組織自体を減らすことでリバウンドせず部分痩せに適しています。

最新の技術のため情報や取扱いサロンが少ないのはデメリットですが、その効果や即効性は口コミなどを見ても評価が高いことが分かります。

自分に合ったサロンを見つけるためにもまずは一度お試しコースなどを体験してみてはどうでしょう。

カウンセリングの際には、自分の予算や目的をしっかり伝えることで、無理な契約をしてしまうということも防げます。迷っているならまずは体験コースで最新の光痩身を試してみてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク