痩身エステへ通い続けた結果に対しての見直し方と改善点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痩身エステへ通い続けることで、大きく分けると以下の3つのうち、どれかひとつの結果に結びつくことになります。

それぞれの結果へとつながる原因と、それぞれに対する見直し方と改善点について解説していきます。

1、自分の理想としていた身体になれたので満足している

目標体重達成、理想のボディラインを手に入れるといったように、結果に満足ということで特に見直すところがありません。

あなたの身体の状態と、選んだ痩身エステコースや担当エステティシャンとの相性、なによりもあなた自身が素直に頑張れたことにより良い結果へとつながったのでしょう。

いまがベストなのであれば、その状態を維持するために続けるも良し、お金をかける場所を痩身エステ以外にまわすためにも続きはセルフケアで体重と体型を維持するという選択肢もアリですね。

せっかくサイズダウンしたにも関わらず、リバウンドしてしまっては意味がありません。

リバウンドを防ぎ体型を維持するには?

満足ということで特に改善点はありませんが、それでもその結果に甘えてしまい、以前と同じ生活に戻してしまっては、リバウンドして元の体型に戻ってしまう可能性があります。

そこでリバウンドを防ぐためのおすすめな方法として、以下の3つの方法をおすすめします。

1)身体にフィットした自分の好きな服を買う

出来る限り身体にフィットした服を買いましょう。その理由としては、また太り始めたらすぐに気づくのと、太ってその洋服が着られなくなったら単純に勿体なくて「損」だからです。

人間心理として、得したいという感情よりも損をしたいという感情のほうが強いため、太ってはいけないという自然な強制力が働きます。

注意点として、無理に高級ブランド品を買うのではなく、本当に自分の好きな洋服を買いましょう。足痩せに成功したのであれば、スラリとした脚に似合うスカートを購入するのもいいですね(^^

逆にダメなのは太ったことに気付きにくい服装です。ジャージやジョガーパンツといったウエスト部分がゴムで伸びるパンツだと太ったことに気付きません。

2)痩せた状態で多くの人と会う

他の誰かから「すごく痩せたね!」「キレイになったね!」と言われることはダイエットを頑張った自分に対して何よりもの励みとなります。

「また、太ったね」と言われたくないことから自然と普段の生活習慣の見直しを意識できます。

周りから褒められた喜びから「痩せるだけじゃなくて、もっとカッコイイ体型になりたい!」という想いが強くなり、筋肉トレーニングをはじめたり、骨盤矯正エステへ通いはじめた例もあります。

痩身エステ後にリバウンドするどころか、筋肉量が増えたことに比例して、基礎代謝量と脂肪燃焼効果アップによりさらに痩せるケースも少なくありません。

3)毎朝、体重計に乗る

体重計に乗ることで少しでも太っていたら「これからの食生活に気を付けよう」と自然に心理的ブレーキがかかります。注意点としては「朝起きてからすぐに体重計へ乗る」ことですね。

その理由として、お腹の中に食べ物が入っている状態と入っていない状態では当然体重が変わってくるからです。晩御飯も食べ終わり、就寝前のお風呂から出た後で乗る方も多いですが、これだとお腹の中にまだ晩御飯が残っている状態で体重の数字が正しく出ません。

晩御飯を粗食で終わらせたときと、飲み会で締めのラーメンまで食べたときでは大きな差が出ます。

特に食べたばかりの状態では、体脂肪率がまともに計測できません。せっかく体脂肪率が測れる体重計の場合は宝の持ち腐れとなります。

あと、お風呂に入る時間も固定されていなく、20時に入ることもあれば、22時に入ることもあるでしょう。

それによってもまた体重が変わることからも朝イチがおすすめです。洗面所に体重計を置いておき、歯磨きを終わったら乗ることで毎日の体重の増減がよくわかるようになります。

その数字の変化を参考とすることで、前日の食生活や生活習慣を見直すことが出来ます。

その他の細かい内容については「痩身エステ終了後のリバウンドについて」の記事を参考にしてみてください。

2、完璧とまではいかないがそこそこ納得できる結果は出ている

痩身エステに行くことで、それなりに結果は出ているが、満足でもなく不満でもないというどちらでもない状態ですね。

結果は出ているにも関わらず、満足はできない何か理由があるはずです。その原因としては以下の3つが考えられます。

1)目標の数字まで届いていない

「一か月で体重がマイナス5キロ」
「3か月後には足のふともも周りのサイズがマイナス6センチ」
「コース10回終了した時点で体脂肪率をマイナス5%」・・・etc

痩身エステコースを本格的に開始する際、目標とする数字を決める方も少なくありません。

自分が決めなくても担当のエステティシャンから初回コース体験のカウンセリング時に目指すべき数字を提案されたりします。

そして、痩身エステへ通い続けた結果、残念ながら目標までは届かなかったけれど、数字としてはそれなりに出ている。

たとえば、目標体重はマイナス5キロだったのが、マイナス3キロだった場合などが挙げられます。

■改善するには
目標までは到達していないが現在の結果で納得ができるか考える。

考えてみたけど、やっぱり納得ができず、いままで以上にダイエット効果を上げたいのであれば、担当のエステティシャンにそのことを伝えて、色々なアドバイスを求めることをおすすめします。

現在よりも食事制限やカロリー制限をしてみたり、痩身エステには影響が出ないよう運動やトレーニングを取り入れる形ですね。

その他、痩身エステのダイエット効果をアップするためのコツや効果を下げてしまうのでやってはいけないことについては「痩身エステは本当に痩せるのかダイエット効果をチェック」の記事を参考にしていただければと思います。

2)痩身エステにかけているお金と結果の釣り合いが取れていない

それなりに結果は出ているけれど、やっぱりお金の面で高すぎると自分が感じている場合ですね。

最初は勢いもあって、チケットや回数券によるコース申し込みをしてみたけれど、続けているうちに「ちょっと贅沢しすぎたかな」とお金を使ったことに対して罪悪感がある状態ですね。

■改善するには
結果が出ているということは、この時点で「自分に効果的な痩身エステコース」もわかっている状態です。似たコース内容で他にもっと安いプランを行っているサロンを探してみるのもひとつの手です。

たとえば、キャビテーションにより、自分のヒップから太ももにかけてついているセルライト除去ができて良いとわかっているのであれば、他のサロンのキャビテーションエステお試し体験コースを受けてみましょう。

それにより、現在と同じ内容で格安のサロンが見つかるのであれば、移り変わっても良いですし、他で提案された金額が同じ、もしくは高いようであれば、それはそれで現在のサロンのコースが一番安いと確信が持てて、お金に対する不満も多少解消されるでしょう。

それでも、やっぱり痩身エステ自体が高いと思うのであれば、その場合は痩身エステで得た知識を元に他のお金をかけずにできる自己流ダイエット方法に取り組むというのもアリです。

3)エステサロン側の対応が悪い

サロンに通うことで、目標以上の数字が出ているが、サロン側の対応がとにかく悪くて不満がある状態です。

以下、口コミ体験レポートでもよく見かける内容についてまとめていきます。

施術中もずっと営業トークばかり

結果は出ているが、施術中はずっと他の商品やサービスの営業や勧誘ばかりされたりすることがあります。

いくら結果が出ていたとしても営業ばかりされていてはリラックスも出来ないし、気分が良いものではありません。

施術中は身動きも取れないため、毎回売込みされることにうんざりして、通うのをやめてしまう方もいます。

エステティシャンの手抜きの態度が目立つ

エステティシャン自身のやる気の無さから来る手抜きの態度に対して怒りを覚えている方は少なくありません。

口コミ体験報告の中でよく挙げられる不満で意外と多いのが「ヒートマットにくるまれているときや遠赤外線ドームサウナに入っているときに放置された」というケースです。

当サイトを作るうえで、さまざまな方へ体験者の声としてインタビューさせて頂きましたが、この意見は本当に多かったです。

たしかに、ヒートマット、ドームサウナの両方ともじっとしているだけの施術内容ではありますが、それだからと部屋にひとりでほったらかしにされては気分良い物ではありません。

このようにサロン側の対応の悪さから結果は出ていても満足ではないというケースも実は少なくありません。

■改善するには
まずは不満がある部分についてきちんと伝えましょう。遠慮から不満を伝えられない方もいますが、高いお金を支払っているわけなので、この場合はきちんと伝えたほうが良いです。

本人へ直接伝えることに対して抵抗がある場合はサロンが準備しているお客様相談センターへその不満を伝えていきましょう。

これによりスタッフの対応も変わるか、別のスタッフへ担当変更してもらえることもあります。

3、見た目も体重も全く変化が無いことから強い不満を感じている

痩身エステに対して、お金と時間を使っているにも関わらず、体重も落ちなければ足やウエストが細くなるわけでもない。エステサロンにも担当のエステティシャンに対しても強い不満を感じている。

痩せない理由については大きく分けると「自分自身の生活に問題がある」のと「サロン側に問題がある」の二通りの理由があります。

詳しくはこちらの「痩身エステを受けても痩せない理由と改善点」のページにまとめてあります。

しかし、もし自分自身に大きな原因があったとしても、サロンに対して怒りを覚えている状態で「私が全部悪かった」と受け入れることは難しいのではないでしょうか。

そして、自分が悪かったとしても、そのことに対して何も指摘をしなかったサロン側にも責任が無いとは言えません。

■改善するには
オールハンドの痩身エステを除き、マシンで行う施術が多くてハンドマッサージが少ないことから、担当エステティシャンが優秀な方に変わってもダイエット効果が大きく変わるケースは難しいでしょう。

そもそもその店舗自体が売上重視で、結果重視のサロンでない可能性が強いため、残りのチケットや回数券がだいぶと残っているのであれば、無理に続けるのではなく、中途解約することをおすすめします。

解約手数料を設けているサロンであったとしても、法律的に2万円以上、もしくはサービス料金の10%以内となっているため、それ以上の料金となるチケットが残っているのであれば解約するほうがお得となります。

その後は他の痩身エステに行くのも良いですし、痩身エステというサービス自体に不満があるのであれば、その他のダイエット方法に切り替えていきましょう。

通いはじめてから見直すべきタイミング

格安料金で済む初回体験コースだけで判断できるのが理想ですが、一度で5キロ、10キロと体重が落ちることはありません。

大きな成果を求めるのであれば、やはり何回か通わないことには、その後につながる成果も見えてきません。

では、どのタイミングで見直すのが良いのか?ということですが、3回目で数字が変わっていないのであれば、どこか問題がある可能性が高いです。3回といっても一週間に一度であれば、3週間目となるので何かの変化は出てほしいですよね。

あと、施術前後の写真撮影もするのもおすすめです。

施術後の体重計で体重も体脂肪量もそこまで変化がなかったとしても、施術前後のビフォーアフター写真比較をすることで、むくみやたるみが取れて施術した部分が引き締まっていることに気づくことがあります。

特に脚の太さの変化は写真比較するとわかりやすいことから、脚痩せエステでは、初回コース体験時に撮影してくれるサロンもいくつかあります。

見た目の結果を見るうえでわかりやすい方法となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

痩身エステへ通い続けた結果ごとに応じた見直し方と改善点についてまとめてみました。

痩身エステに通う目的も違えば、どの部分に満足できるのかで個人差があります。

また、痩身エステを通い続けて経験を積むことで、いままで見えなかった良い点や不満な点に気づくことに応じて痩身エステに対しての価値観も変化します。

そのことから他人の意見を気にせず自分自身で常に見直すことで、痩身エステをいままで以上に上手く活用出来たり、プラスαの努力へとつながるキッカケになるかもしれないと考えたことから、当記事を書くに至りました。

痩身エステで結果を求める方たちにとって当記事の内容が少しでも参考となれば幸いです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク