産後体操とワコールのマタニティシェイプマミーガードルで産後ダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在と比較して約10キロ痩せました

出産後まもなく8ヶ月となります。

年齢は24歳、身長は150センチ、今の体重は48キロ、妊娠前の体重は56キロ、妊娠中の一番体重が増えたのは出産直前で58.5キロくらいでした。

産んだ直後の体重が、55キロくらいだったので、妊娠前の体重よりは1キロ減った状態だったんですけど、妊娠前が肥満だったので、健康体重よりも7〜8キロ多い状態でした。

MAX58.5キロで、産んだ直後で55キロです。あんまり減らなかったですね(笑)

赤ちゃんの分だけ減ったカタチになります。子供の分と胎盤が減ったくらいでしたね。

出産後、入院が1週間だったんですが、その間に3キロくらい減りました。52キロぐらいですね。

元々が肥満体型でした

──どのくらいで妊娠前の体重に戻りましたか?

先ほど申し上げたように妊娠前が肥満だったので、産んだ直後に妊娠前の体重ではあったんですけど、いわゆる妊活をしている間に太っていってしまったので、妊活する前は48キロ前後だったんですね。

なので、そこの体重まで戻るのに半年くらいかかって戻りました。

──いつから産後ダイエットはしようと思いましたか?

妊娠中からせっかくの良い機会なので、つわりで減った分も維持しながらダイエットしようと。

元々不健康な体重だったのでしようと思っていました。

妊娠前から医師には注意を受けていました

太っているっていうのは、もう医師から言われていて、出産、妊娠以前からも本当に「太って一理なしだよ」って。

例えば体重が重いと「関節が悪くなったり、内蔵にも負担かかるし、痩せなさい!」とずっと言ってました。

ちなみに妊娠がなかなか無かったというのは体重のせいではなかったです。

主に運動・補正・母乳の3つ

産後のダイエットは主に産後体操って言われる運動と、補正下着を使ったダイエットっというか体型戻しをしました。

また、子供を完全母乳育児で育てることによって健康的に維持できるっていうことで、出産して看護婦さんから指導されたので、できるだけ完全母乳育児でやっていこうと思いました。

その3つを徹底して忘れないようにするということでした。

産後の運動っていうのは所謂筋トレとかそういうものではなくて、産んだばかりの体の状態を回復させるための運動なので。

例えば足首をそらしたり、曲げたりして血行を良くしたりとか、妊娠中はどうしても骨盤に赤ちゃんの重さが乗っているので、股関節が結構固くなって痛くなるんですよ。

そこを曲げ伸ばししたり、筋力を回復できるように、自分の体重だけで体を動かすっていうんですかね。
公園とかでお爺ちゃん、お婆ちゃんがゆっくり動いているような運動に近いイメージですね。

寝っ転がって、足を上げ下ろしするとか。寝っ転がるのも上を向いたり、横を向いたりするってことですね。

下着補正に関しては、メーカー側が推奨している下着を着けるということだけなんです…けど。

助産師さんからのアドバイスから生まれた体操

産後の体操の参考にしたこととして、友人が先に出産していた人が沢山いたので「どんなことをしたのか?」ということを具体的に聞きました。

自分に無理なくできる範囲ですぐにでもスタートしたかったので。

例えば入院中のベッドの上では激しい動きはできないので、手を握ったり、足を動かすんじゃなくて力を入れたり抜いたりをするっていうことを入院中にはしました。

退院してからは友人たちがこういう動きが良かったよっていうのを自分なりに取り入れて寝っ転がりながらできるものをやっていました。

本やWebページは全く参考にしていなくて、本当にお母さん同士の口コミと良いますか、それだけをアテにしてダイエットしました。

お母さん同士が集まってこういった動きが良いよーっていう感じですね。実際に目の前でやってくれるのでとてもわかりやすかったです(^^

私、絵とかで見てもよくわからないんですね。だから経験者の人に聞いておいて、産後になったらやろうって決めていた感じですね。

──お母さんたちも運動の仕方を自分で考えてるんですかね?

私の友人は自分のお母さんが、病院から指導されたことを自分を産む時にやっていたらしいんだって聞きました。

書籍ではなくて、病院の助産師さんがこういうアドバイスをしたのを参考に、その子のお母さんがやっていたみたいです。

──産後の体操のストレッチの本とかってあるんですかね?

産後体操だとか、産後の過ごし方とかの本とかにちょろちょろっと書いてあったりするらしいんですけど。

産後の体操専門の書籍は私は見かけたことが……ないですね。

マタニティ用ガードルで伸びた皮を締めてくれる下着

──産後の体操は一日どのくらいの時間行いますか?

産後の入院している時は、一日10本やるとか。あまり時間を決めずにこまめにやったりしてました。

産後は体力がなくなっているので、体力が戻ってきた感じって大体わかるんですよ。2〜3ヶ月の間だと思いますけど、それまでの間は一日10〜15分ゆっくり時間をかけて体を動かすようにしていました。

今は子供が大きくなってきて、子供がじっとしている時間がなくなってしまったので、それとは内容を変えて子供を高い高いすると結構腕の筋肉を使ったりとか、腹筋鍛えられたりとか(笑)

子供と遊びながらなので、一日30分くらいですかね。

他にダイエットで準備したものとしては補正下着です。それ以外は友達からの口コミを聞いて、イメージトレーニングというか、産後こういう風に動こうってイメージするくらいでした。

──その下着の費用っていくらでしたか?

私が買った下着はワコールさんのマタニティシェイプマミーガードルっていうおなかの上、足の太ももまで覆ってくれるタイプのものなんですけど。

これはインターネットで購入しまして、大体11,000円くらいの金額で購入しました。

分割されてはおらず全部くっついています。パーツは全部一緒ですね。

女性のガードルってお腹を覆うタイプではないですよね。ちょっとコルセットくらいの高さで下着の生地があってサポートしてくれる感じですね。

お腹の長いスパッツみたいな。骨盤ベルトよりは使いやすいかな?と思いました

──その下着をつける理由は?

これはガードルの機能でお尻が垂れ下がらないようにしたりとか、妊娠した時は皮が伸びるので、それをぎゅっと押し込めてくれるというか、そういう機能があります。

お腹の伸びた部分を補正してくれるってとこですかね。

一日中つけているのが本来は良いらしいのですが、私は苦しいと思ってしまって。。。

やっぱり金額的に産後〜3、4ヶ月くらいまでって書かれているんです。

その短い期間で高額で躊躇したので、一着だけ買って、洗って干して、午後から着けてみたいなローテーションでした。

寝てる時は外しておいて、完全母乳にしてたので、体の胴体の血流が悪くなると母乳の出が悪いような感じなので。

一日着けているのは授乳の為にもあんまりよくないかなって感じたので。

産後で痩せられるかは「半年」が鍵

スポンサーリンク

産後ダイエットをしようと思った理由としては、妊娠前から肥満で、医師からも指導されていて、良いキッカケになるかなって思ったんです。

産後は痩せるっていうより状態を元に戻すっていうのがあるので。

痩せるって目標にしちゃうと不健康な痩せ方をしちゃう時が多かったんです。色んな点で気をつけられる感じなので、産後ダイエットしよう!って気になりました。

産後は半年がリミットって言われていて、半年間の間に元の体型に戻していかなかったら、その付いた皮とか肉が残っているって感じで。

半年で普段の自分の体重に戻れて良かったなって思います。

少しずつ健康的に戻しました

今48キロですが、子供を産んでから半年ちょっと過ぎたあたりでその体重になりました。

ダイエットを始める前は産後だったのもあって、腰の部分が広くなって、下っ腹が赤ちゃんの体重が乗っていたせいか、うまく力が入らなかったんです。形もしずくのようになってしまっていました。

そういった物が落ち着いていって、筋肉がきちんとついてきたなって感じられるようになりました。

あと、みんなが気にするたるみは今はもうなくなりました。やっぱり皮が引っ張れば伸びやすいっていうのはありますが、たるんだ皮のようなものはなくなりましたね。

健康的に痩せるというのは難しいです

健康的にっていうのが結構大変でした。授乳しているので食事を取らないと変に痩せていってしまうんです(^^;

食事の内容が悪くなると、母乳の出が悪くなって、変に太るというか、むくんだりします。

その辺で妊娠中は我慢したから甘い物食べよう!とかそういったものはもうちょっと我慢しようって。そこが一番つらかったですね。食生活で気を遣う感じです。

けど、主題がダイエットというよりも母乳育児でやろうってやっていたおかげで食事にも気をつけることができました。

運動の量は変わらず無理なく続けています

母乳育児も、運動も続けていますが、補正下着は昔から使っているガードルを使うという形に変わりました。

運動の量は特に増やしていません。子供と遊びながら大体30分くらいのペースで4ヶ月頃からそういった形でほぼ変わらずですね。

骨盤矯正はちょっと怪しいのでしてません

私自体が医療関係の仕事をしていたので信頼していません。骨盤矯正のクリニックなどに行ったことはないですね。

例えば整形外科医がそういう風にコルセット着けてって指導したのであれば何かあると思うんですが。

整体師の方って素人なので……そういう方にボキボキされるのは怖いですよね。事故があっても保証とかないらしいですし。

そういうこと考えるとあんまり…って気持ちが出てしまいます。

それでお金を稼いでるんでしょうけど、持っていても民間資格でしょうし、医師とか柔道整復師のような資格は持っていないと思うので。

ちょっと占いみたいな感じなのかなって私の中では思っています。

健康的にすれば母乳は出ます

いま、完全母乳で育児をしています。

母乳しているといくら食べても太らないって噂は聞いていましたが、さっき言った食事内容が悪くなると母乳の出が悪くなったり、詰まったりするんですよ。

そうすると出て行く量が減っていくので、赤ちゃんにとっては良くないことばっかりです。

むくんでいるのか体重増えているのかわからないんですが、ちょっと増えている程度ぐらいですね。

健康的な食事をいくら食べてもそんな状態です。

例えばケーキや脂肪の塊で太らないかって言われると母乳は出なくなるし、痩せなくなるしってイマイチです。

食事は普段の1,2倍!根菜や水分を多く摂ります

一日の食事の量は母子手帳のような妊婦に指導されるような食事量みたいなものがあります。

二人分食べなければいけないって訳ではなくて、赤ちゃんの方に行く栄養も含めて説明してあります。

カロリー的には1,2倍くらいですかね。ご飯であれば一膳食べるのであれば一膳半とになりますね。

あとは食べるものが大事で、甘いものやお肉を増やすのではなくて、根菜や汁物など水分を多くしています。

そこそこ量が増えるからある意味ハードですかね。

──母乳やめてしまった時にダイエットとしてはどうですかね?

私は半年で体型が戻っているので、ここから痩せるために継続するかどうかは考えていません。

やっぱり母乳を終えてから痩せるのは難しいから、さっきの半年がリミットだよって言葉があるんでしょうね。

赤ちゃんが離乳食始めると母乳の量も減るので、そういうのもあって、戻りにくくなるってことは母乳の授乳量が減ると痩せにくくなるとは思いますね。

完全母乳じゃないと痩せにくいと病院ではそう聞きました。元の体型に戻るのに母乳育児はすごく有効ですよってね(^^

お母さんの健康と赤ちゃんに対するスキンシップみたいなの込みで母乳は優れてますよって言われてましたね。

食生活で気をつけていることとして、水分がある食事、お味噌汁を飲むようにしたり、根菜はやっぱり良いらしいですね。

すぐ母乳に変わるらしいんですよね。糖分とかは母乳が詰まったり、母乳には変わらないらしいので。栄養が入って脂肪だけ残るみたいな。

どちらかというと和食を中心としたメニューにするようにしています。

母乳は少しずつ減りましたが特に変化ナシ

母乳は現在まだ少しは赤ちゃんにあげているので、やっぱり子供が飲み終わるまでは順調に母乳が出るような体づくりをしていたいという想いがありますね。

体に関してはそんなに変わらず。気をつけてはいるけど、昔とさして変わってないかなって感じです。

痩せる意識よりも健康的になりたい意識が重要

やっぱり産後の体型を戻すってところにだけ注目してしまうと体が消耗している中で、不健康になっていきやすいものだと思うので、あくまでも健康的に理想の体型に戻していくようにすることが大切だと思います。

──産後ダイエットを始めるならいつから始めた方が良いですか?

私の場合は、妊娠中に産後ダイエットの存在を知っていたので、産んだ翌日から軽い運動を始めるようにしてました。

産後っていうくくりであれば、できれば3ヶ月以内には始めた方が良いと思います。

私のように妊娠前は太っていたり、不健康だったり、自分にあまり感心がない方は産後だと子供のことも考えながらやれるので、より一層進むと思います。

実際にやって良かったと感じるところは順調に体重が減って、健康的な体重が戻ってきたので、私の場合は身体的な不健康もあって、血中の成分が異常値だったりして。

そういった所も収まって、不健康な点がなくなりましたし、洋服も妊娠中はワンピースみたいなものを着ていたので、ズボンが入るか心配だったんですが、難なく入って。

太りだす前の服も入ったりするのは節約というか、良かったなと思います。昔の服を引っ張りだして着るのが最高です!!(^^

ズボラな性格を理解して行うことが大変でした

産後ダイエットに限らないと思いますが、毎日やらないと意味がないので、今日はいいやとかさぼっちゃうようなクセがついちゃうとやっぱり良くないってわかっていたので。

できれば時間を決めてやるようにすると良いかなって思っています。自分はズボラな方なのでそれが大変でしたね。

ダイエットのタイミングとして、私は絶対に朝やらなきゃいけないって思っています。子育てしていると自分の時間が取れなかったりして苛立ったりするので。

なので、ゆとりを持って午後のこれくらいには今日のノルマを達成しておこうって思うと気持ちも緩やかにできましたね。

ダイエットで使った費用は食費を置いておくと、さきほどの下着の分だけなので1万円くらいですね。

無理なダイエットをしないように子供を考えながら行おう

繰り返しになりますけど、健康的に体型を戻していくのがやっぱり一番大事だと思うので無理なく進めていきましょう。

1ヶ月検診とかで医師に会うこともあると思うので、その時に異常だよって注意を受けたりすれば中止をして、痩せる意識より健康になるって意識が大事かなって思います。

シェイプマミーガードル情報

シェイプマミーガードル:http://www.wacoal.jp/maternity/inner/mgr/top.html

価格(税込) サイズ
MGR・378
とことんシェイプ
15,120円 BL/DR/OC 58/64/70/76/82
MGR・331
産後骨盤リボンガードル
14,040円 BL/OC 58/64/70/76
MGR・527
とことんシェイプ
18,360円 BE/BL/CR 58/64/70/76
MGR・370
ほどよくシェイプ
12,960円 BL/GY 58/64/70/76

シェイプマミーガードルのメリット

高い品質

ワコールは約60年にわたり日本人女性のためのインナーを作り続けてきました。その為、女性のカラダを知り尽くしており、その知識と技術を活かして高い品質のインナーを作り続けています。

ウエストの上部まで包み込んでくれる

通常のガードルは腰までのものが多い中、シェイプマミーガードルはウエストの上部まで包み込んでくれる設計となっています。産後の脂肪やたるみをしっかり包み込み、骨盤を安定させ、産後の回復を効率よくサポートしてくれます。

また、ウエストの低いガードルだとたるみが段のようにのってしまい不格好になりがちですが、高い位置まで覆うことで段のないすっきりとしたボディーラインが作られるようになっています。

裾がヘム仕上げ

シェイプマミーガードルは普段使いが出来るよう、すっきりとしたデザインとなっています。特に裾に関しては段差が出来ないようフラットなヘム仕上げとなっており、アウターにひびくことがないようにしています。

日本助産師会推奨商品

シェイプマミーガードルは日本助産師会推奨商品です。日本助産師会において厳しい審査を通過し、女性に優しいとされた商品に与えられるものなので安心して使用することが出来ます。

体形を整えてくれる

産後に気になるウエスト、ヒップ、骨盤、太ももまでの全てをカバーし、素材と設計の工夫により体形を整えてくれます。

シェイプマミーガードルのデメリット

肌に合わないことも

肌に密着するものですから、人によっては肌に合わず、かゆみが出たりすることもあるようです。また小さ目のサイズを選んだばかりに、締め付け感が強く出てしまい、肌のかゆみが生じることもありますから、サイズ選びは慎重に行いましょう。

シェイプマミーガードルのオススメの使い方!

産後1ヶ月~3ヶ月までの集中ボディケアに!

産後1ヶ月~3ヶ月までがシェイプアップに最適な期間です。その期間にシェイプマミーガードルを集中的に使用することで効率よく体形戻しが行えます。もちろん産後3ヶ月以降も使えますよ。

サイズはぴったりのものを!

サイズ選びは慎重に行いましょう。大きすぎるとせっかくの機能も台無しですし、小さすぎても締め付け感によって、苦しかったり、食い込んでしまったり、かゆみが生じてしまったりと続けられません。自分にぴったりと合うサイズ選択をしましょう。

シェイプマミーガードルをオススメしたい方

産後の体形が気になる方!

産後は体形が気になるという方ばかりだと思います。産後1ヶ月から使用することで体形戻しのサポートをしてくれます。

産後で育児に追われ自分に手間をかけられない…だけど体型戻しをしたい方!

シェイプマミーガードルは着用するだけで体形戻しのサポートをしてくれます。産後育児に追われ自分に手間をかけられないお母さん方にオススメですね。

ウエスト上部~太ももまでを覆ってほしい方!

シェイプマミーガードルシリーズは全てウエスト上部~太ももまでをカバーしてくれます。ウエストが短いお品だと段が出来て不格好…と気になさっている方にはオススメです。

アウターに響かないデザインを求めている方!

シェイプマミーガードルはすっきりとしたデザインを採用しています。特に裾はヘム仕上げが施されており、どんなアウターにも響きにくくなっています。

シェイプマミーガードル購入方法

・Wacoal WebStore から購入できます。 http://store.wacoal.jp/
・各取り扱い店舗でも購入が可能です。
取り扱い店舗一覧:http://www.wacoal.jp/shops/

シェイプマミーガードルそれぞれの違い

商品名 商品特徴
MGR・378
とことんシェイプ
ベストセラーアイテムと称されており、シェイプマミーガードルの中では一番の定番アイテムとなっています。
ウエスト丈は9cm、パワー素材と裏打ちでお腹をシェイプアップ、骨盤までしっかりサポートしてくれます。
マジックテープによるウエスト調整機能もついている、ハードタイプのガードルです。
MGR・331
産後骨盤リボンガードル
3段階調整のきくパワーリボンが骨盤をしっかりサポート&ヒップアップ。
ウエスト丈は9cmで程よい締め付け。
MGR・527
とことんシェイプ
ウエストとお腹周りに効くようにとパワー素材と裏打ち設計されたMGR・527。
ウエスト丈は9cmで、ウエストベルトで締め具合を調整できます。
MGR・370
ほどよくシェイプ
履き心地を重視したMGR・370。
スムージングタイプの産後ガードルで、程よい締め付け感が得られます。
ウエスト丈は約9cm。

シェイプマミーガードルのまとめ

シェイプマミーガードルは産後のお母さんにとって強い味方です。育児に追われて自分のことまで手が回らなくても、シェイプマミーガードルを着用することで産後の体形戻しのサポートをしてくれます。

4種類のシェイプマミーガードルがありますから、自分が一番気になるところはどこなのか、自分のサイズは取り扱っているのか等をしっかりと見極め購入してください。

通販購入ではなかなかサイズ感が難しいですから、実際の取扱店に行って手に取って、試着してみるのも良いですね。大きすぎても小さすぎてもせっかくの良い機能が台無しになってしまいますから、サイズ選びは慎重に行ってください。

ワコールの会社概要

会社名 株式会社ワコール
所在地 京都府京都市南区吉祥院中島町29
TEL:075-682-5111
設立 2005(平成17)年10月1日
(株)ワコールは2005年10月1日、持株会社(株)ワコールホールディングスへ商号変更し、新たに設立した(株)ワコールは、(株)ワコールホールディングスの100%子会社となりました。
資本金 5,000百万円
代表取締役社長 塚本能交
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク