エステサロンと美容外科クリニックそれぞれのキャビテーションの違いを比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己流のダイエット法で体重を減らすだけでは、なかなか満足できるような結果にならないときに、痩身目的でエステサロンや美容外科クリニックへ通うことを検討する方もいらっしゃいます。

いくつかの施術方法の中でも『キャビテーション』は、「メスを使わない脂肪吸引」と呼ばれる痩身方法として注目が集まっています。

エステサロンでも美容外科クリニックでも取り扱いがある中で、キャビテーションの内容について何か違いがあるのでしょうか。それぞれのキャビテーションプランについて詳しく説明します。

エステサロンと美容外科クリニックのキャビテーションマシンの違い

キャビテーションはマシンを使用した痩身術です。エステサロンと美容外科クリニックでは、それぞれどんなキャビテーションマシンを使用しているのか、チェックしていきましょう。

エステサロンで導入されているキャビテーションマシン

マシン名 特徴
キャビスリム 35~39khz、更にバースト波を加えてパワーを高めている。高速振動による脂肪・セルライトの分解。赤色LEDも搭載、美肌効果が期待できる。
キャビフル 27~30khz、RF(温め効果)と赤色LED(美肌効果)の同時照射可能。美容大国の韓国製造、日本エステティック協会理事開発の機械。
キャビタライズ 40khz、フランスの超音波トップクラス企業製造。深層に届き、浸透性の高い波長が特徴。世界中のエステでも導入されている信頼性の高いマシン。
キャビリポDEX 50~60khz、EMSとサクション(吸引)機能も付いているのでマッサージ不要。照射中のキーン音が鳴らない日本製のマシン。
ゼロフュージョン オートコントロール周波数、ドレナージュ(老廃物をリンパへ押し流す)効果あり。イタリア発のマシン。

美容外科クリニックで導入されているキャビテーションマシン

マシン名 特徴
KAVITA 30~70khzの超音波を使用して施術を行う医療機器。脂肪溶解の他にセルライト減退の効果あり。
ライポマティック 前立腺ガンの治療に用いられている最先端医療機器。痩身の際は2MHz(高密度焦点式超音波エネルギー)で使用する。
ウルトラアクセント 世界初横波の超音波を搭載。血管や表皮へのダメージを与えることなく高出力での施術が可能な痩身用医療機器。

それぞれのキャビテーションマシンの違い

美容外科クリニックでは、医療用の痩身機器を使用します。そして、同じ超音波痩身の施術方法でもキャビテーションという言葉を使用しない傾向があります。

さまざまな美容外科クリニックの超音波痩身に導入しているマシンを確認しても、「キャビテーションマシン」と紹介しているところはほとんどありませんでした。

美容外科クリニックで導入されている超音波痩身機器は、高密度焦点式超音波治療法(HIFU)と呼ばれる治療法のメカニズムを利用したマシンが多いです。

病院での処置になるため医療行為になり、専門知識のある医師の資格を持った方でないと扱えません。

美容外科クリニックのマシンは、医療現場で使われる医療機器であることが、エステサロンとの大きな違いの1つであると言えるでしょう。

また、美容外科クリニックのマシンでは、脂肪細胞を破壊して脂肪を取り除く医療行為が可能です。

それに対し、医療行為が行えないエステサロンではマシンのパワーの出力が低く、どちらかといえば肌のケアや筋肉刺激、リンパを流すといった引き締めや美肌の効果を得られる機能を併せて搭載し、痩身を目指す傾向にあるようです。

エステサロンと美容外科クリニックそれぞれのキャビテーションの効果を比較

エステサロンと美容外科クリニックでは、使用しているマシンが医療機器か否かの違いがありますが、効果に関してはどうなのでしょうか。

エステサロンのキャビテーション効果

そもそもキャビテーションとは、空洞現象という、圧力差により液体の中に気泡が発生したり消えたりする現象のことを言います。

エステサロンのキャビテーションは、施術部位に超音波を当てることで脂肪層に振動を起こして気泡を発生させ、その気泡が破裂することで脂肪破壊します。

破壊された脂肪組織には中性脂肪が溶け出し、体外へと排出されます。

脂肪細胞そのものを破壊するので、体脂肪率の減少や部分痩身に向いています。また、リバウンドのリスクが少ないのが特徴です。

しかし、エステサロンのキャビテーションは、キャビテーションのみの施術では効果が無いと言われています。

エステサロンの場合、キャビテーションで溶かした脂肪を体外へ排出して初めて脂肪がなくなり、効果を実感できることになります。

よって、キャビテーションの施術に加えて、身体を温めて脂肪を溶かしやすくする効果のある施術や、体外へ脂肪排出を促す施術を併せて行っているエステサロンを選ぶことが大切です。

しかし、キャビテーション1回あたりの効果は約3~4日、長くても1週間程度の持続性しかなく、頻繁に施術に通う必要があると言われています。

キャビテーションの施術を行っているエステサロン「Bloom」では、10回を1クールとし、効果は施術回数に比例するとしていることから、効果を実感するには結構な回数を重ねる必要がありそうです。

1回目の施術で効果を実感したという体験談もある一方で、中には全く痩身効果を実感することができなかったという口コミもあります。

エステサロンのコース内容、個々の体質などでも効果が大きく左右されるのがエステサロンのキャビテーションです。

美容外科クリニックのキャビテーション効果

美容外科クリニックのキャビテーションの効果は、1回きりの施術でも十分な効果が期待でき、即効性があると言われています。

ただし、未熟な医師が施術を行うとうまく痩せられないこともあります。クリニック選びは慎重に行うことがポイントです。

キャビテーションを行っている美容外科クリニック「聖心美容クリニック」では、症例として、サイズの変化をホームページ上に掲載しています。

その内容は具体的で、週1回5回の施術でへそ周りがマイナス3.9センチ、週1回12回の施術でへそ周りがマイナス9.3センチという結果が出ています。

また、「五本木クリニック」で導入しているライポマティックの場合、脂肪細胞を永久に破壊し、1~2回でサイズダウンが可能であると効果について説明しています。

以上のことから、美容外科クリニックの方がより早く、より高い効果を実感できるということが分かります。

エステサロンと美容外科クリニックのキャビテーション料金比較

エステサロンと美容外科クリニック、それぞれのキャビテーション施術料金を紹介します。

キャビテーション料金の比較一覧表

エステサロン 美容外科クリニック
エステサロン名 料金 美容外科クリニック名 料金
キレイサローネ 15,980円/月額 湘南美容外科クリニック 33,000円/1エリア~
たかの友梨 12,000円/回~ 聖心美容クリニック 32,000円/回~
ジェイエステティック 14,000円/回 リッツ美容外科 70,000円/2エリア~

エステサロンの料金設定は、月額制と1回あたりの施術の料金に分かれます。一方の美容外科クリニックの料金設定は、エリアあたりの料金と1回当たりの施術の料金に分かれます。

料金としては、エステサロンが1回当たり約1万円台で施術を受けられるのに対して、美容外科クリニックは1回当たり約3万円台、1エリア(美容外科クリニックによって範囲が異なる)でも約3万円台と約3倍の料金差があります。

一見すると美容外科クリニックの金額の方が割高だと捉えてしまいますが、効果の出方や通う回数によってトータルの費用が変わってきます。どちらが高くてどちらがリーズナブルかは言いきれません。

エステサロンと美容外科クリニックそれぞれのキャビテーションのデメリット

どんな施術にもデメリットは付きものですが、エステサロンと美容外科クリニックのデメリットはそれぞれどのようなものが挙げられるのでしょうか。

エステサロンのキャビテーションのデメリット

  • 効果がない場合もある
  • 回数を重ねる必要がある
  • 代謝を上げるアフターケアが必要である
  • 勧誘される場合がある

美容外科クリニックのキャビテーションのデメリット

  • 1回あたりの料金が高い
  • 出力パワーが強いので腫れが出たり痛みを感じたりする場合がある
  • 取扱っているクリニックが少ない

エステサロンの場合、キャビテーションの施術後に代謝を上げるマッサージやサウナなどを組み合わせないと痩身効果が出ないと言われています。

キャビテーションの施術にこれらのアフターケアが付いていればいいのですが、キャビテーションの施術とは別コースになっているエステサロンもあります。余分に費用が掛かる可能性もあるので、注意が必要です。

美容外科クリニックの場合、アフターケアは必要ありませんが、1回あたりのお金がかかる上に痛みを感じたりダウンタイムが必要になったりすることもあります。

必ずカウンセリングの段階で、医師に痛みや副作用について確認するようにしておきましょう。

キャビテーションでおすすめの美容外科クリニックとエステサロン

おすすめの人気エステサロン・美容外科クリニックを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

キャビテーションでおすすめの美容外科クリニック

クリニック名 湘南美容外科クリニック
導入マシン ライポマティック
特徴 ・1回の痩身治療1時間程度で気になる部分が1サイズ程小さくなる
・アフターケアの必要なし
・効果は術後8週間から12週間で得られる
・ごく僅かだが腫れが生じる場合がある(個人差あり)
・皮下脂肪が2.5センチ未満の方や施術部分にヘルニアがある方は施術を受けることができない
施術可能部位 ヒップ、太もも、お腹、二の腕(顔、首、背中、ふくらはぎは不可)
痛み・副作用 施術中に不快感や痛み、ちくちく感がある場合がある。内出血や赤み腫れの副作用が生じる可能性がある。
料金 1エリア(4.5センチ×4.5センチ)
35,640円(税込み)モニター価格14,800円(税込み)
店舗 表参道院限定
(湘南美容皮膚科プロデュースの「MAME(http://www.ma-me.jp/)」ではウルトラアクセントの取扱いあり)

詳細はこちら公式サイトはこちら

クリニック名 聖心美容クリニック
導入マシン KAVITA
特徴 ・皮下脂肪、セルライトに効果的
・アフターケアのインディバCETオプションあり
・1部位当たり20分の施術時間
・施術期間は1クールを推奨
・心疾患、頻脈症、血栓症、血栓性静脈炎の方、ペースメーカーや金属製プロテーゼを使用している方、臓器移植手術を受けられた方は施術を受けられない。
施術可能部位 お腹、二の腕、太もも、ヒップ(鼠径部、手、首、顔、頭、胸は適応外)
痛み・副作用 腫れ、赤みは特になし。痛みはピリピリ感がある程度。
料金 指定部位1回あたり34,560円(税込み)
店舗 札幌、東京、大宮、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡

詳細はこちら公式サイトはこちら

キャビテーションでおすすめのエステサロン

エステサロン名 Bloom(ブルーム)
導入マシン キャビフル
特徴 ・脂肪、セルライト、肌のケアが可能
・リンパマッサージ付き
・1部位当たり20分の施術時間
・10回を1クールとしており、施術期間目安は1週間に1回
・心臓病、皮膚疾患、血管疾病、糖尿病、妊娠中、ペースメーカーを装着している方の施術は不可。
施術可能部位 お腹、二の腕、太もも、ヒップ、ローライズ、背中(上部・下部)、ふくらはぎ、膝回り(顔、頭部、胸部は不可)
痛み・副作用 痛み、副作用はなし。耳障りな音と体内が温かく感じる場合あり。
料金 初回1箇所体験限定料金8,000円(税別)/1回
※体験料金以外は、体験後にカウンセリングでそれぞれに合ったコースを組む
店舗 銀座、新宿、有楽町、表参道、横浜、原宿

詳細はこちら公式サイトはこちら

エステサロン名 キレイサローネ
導入マシン cavipot
特徴 ・キャビテーションの他に、ゲルママット、循環ヘッドスパ、RFバキューム、EMSの施術が受けられるコースになっている
・1度の施術で肉質が柔らかくなる
・しぶといセルライトや深く厚い脂肪に効果的
・月額制でリーズナブル
・ドクターサポートあり
施術可能部位 お腹、腕、脚など
痛み・副作用 骨伝導音あり(個人差あり)
料金 サイズダウン定額コース15,980円(税別)/月額
店舗 大阪梅田店、新宿南口店、横浜店、新宿店、銀座三丁目店、池袋東口店

詳細はこちら公式サイトはこちら

結局、エステサロンと美容外科クリニックのキャビテーションはどちらがいいのか?

エステサロンと美容外科クリニックの違いについて説明してきましたが、それぞれにメリットやデメリットがあるので、一概にどちらがいいとは言い切れません。

以下の項目を参考に、どちらの施術が自分には向いているのか検討してみてください。

エステサロンのキャビテーションがいい方

  • キャビテーションをお手軽に試してみたい方
  • マッサージ効果などでリラクゼーション気分も味わいながら痩身を目指したい方
  • 痛みや腫れなどを避けたい方

エステサロンのキャビテーションは、医療機関ではないので高出力のパワーで施術することはできず、キャビテーション以外の引き締めや肌のケアがメインになっています。

よって、マッサージなどのリラクゼーション系ケアやいろいろなエステメニューを併せて受けたい場合は、エステサロンのキャビテーションが良いのではないでしょうか。また雰囲気を重視したい方にもエステサロンはおすすめです。

美容外科クリニックのキャビテーションがいい方

  • 料金の高さよりも痩身効果を重視する方
  • 医師に施術してもらいたい方
  • 安全性やアフターフォローを重視したい方

美容外科クリニックのキャビテーションは、医療機器を使用した医療行為なので、経験値や技術力の高い医師の施術であればダイエット効果は確実に出てくると言えるでしょう。

多少料金が高くても、スピーディかつ確実に効果を得たい方は美容外科クリニックがいいのではないでしょうか。

また、施術中や施術後に何かトラブルが生じても、すぐに医師が対応してくれるので安心感があります。持病などがある方も、医師に相談しながら施術を受けることができる心強さが美容外科クリニックにはあります。

まとめ

痩身法として取り入れられているキャビテーションですが、エステサロンと美容外科クリニックではその内容に違いがあります。

どちらで施術を行っても効果や結果には個人差があることから、何を重視するのかによってエステサロンと美容外科クリニック、どちらを選択すべきかが見えてくるのではないでしょうか。

キャビテーションについてしっかり理解したうえで、どちらで施術を受けるのか検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク