ブライダルシェービングは結婚式何日前に受ければ良いのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌を綺麗に美しく見せることができるブライダルシェービング。

ブライダルシェービングには電気シェーバーと剃刀を使用しての施術方法があり、それぞれ受けるタイミングが違います。

では、結婚式本番の肌状態をより良い状態にもっていくには、一体結婚式の何日前にブライダルシェービングを受けるのが良いでしょうか。受けるタイミングによってメリットデメリットがあるのでそれぞれ見てみましょう。

敏感肌の人のシェービングを受けるタイミングや、肌トラブルが起こった時の対処法などについても紹介しています。

ブライダルシェービングは何日前から受けるのが良いのか?

電動シェーバーを使ったソフトシェービングと、理容師免許が必要なカミソリを使用して行うレザーシェービングはそれぞれ何日前から通うのが良いのかをみてみましょう。

ソフトシェービングの場合

ソフトシェービングは、刃が直接肌に当たらない分、肌への負担が少ないのがメリットで敏感肌の人におすすめです。しかし、効果の持続性が低いというデメリットがあります。

そのため、ソフトシェービングを受けるのであれば、結婚式の3日前~前日までに行うのが良いと言われています。

効果の持続性がないため、あまり早くソフトシェービングを行うと、挙式の日にうぶ毛が生えてきてしまっている場合があるので、できるだけベストタイミングに施術を受けるようにしましょう。

ソフトシェービングの場合、襟足・背中・顔・二の腕など部位を問わず、特に体毛が濃い花嫁さんでない限り、どのサロンも全ての部位を1日で仕上げてくれます。

レザーシェービングの場合

レザーシェービングは、結婚式の1週間~3日前に行うのが良いと言われています。

剃刀を使用するので深剃りができ、産毛だけでなく古い角質も一緒に落とすことができるので、より一層肌の透明感がアップする効果があります。

シェービングをした2日あとくらいから肌の状態も落ち着いて安定するので、メイクノリが1番良くなります。

レザーシェービングも、襟足・背中・顔・二の腕・デコルテ部分をを1日で仕上げてくれるサロンが殆どです。肌への負担を考えると、毛が濃い部位は3日前に、毛が薄い部位は1週間前にと、施術を受ける時期をサロンと相談してみてもいいかもしれません。

肌質が弱い人のシェービングは何日前から受けるのが良い?

肌質が弱く敏感肌の人やアトピー肌の人は、そうでない人に比べてシェービング時の刺激で炎症を起こしてしまいカミソリ負けしてしまう可能性があります。そこで肌質が弱い人がシェービングを受けるベストな時期を紹介します。

ソフトシェービングの場合

ソフトシェービングは、肌への負担が掛かりにくいシェービング方法なので、肌質が弱い人でも結婚式の3日前~前日にシェービングを受けても問題ありません。

また、安全なシェービングとはいえ肌トラブルを避けるためにも事前に敏感肌やアトピー肌と言うことをサロン側に伝えて相談をしましょう。肌の状態により、ソフトシェービングでも受けられない場合があります。

レザーシェービングの場合

レザーシェービングは肌への負担が大きいので、肌が弱い人や敏感肌の人は、結婚式の1週間~5日前にシェービングを受けると安心です。

肌トラブルの回復には最低でも3日は必要だと言われています。万が一肌トラブルが起こってしまっても、結婚式の1週間~5日前の施術であれば何とか結婚式当日には肌トラブルの改善が見込めるので、余裕をもってシェービングを受けるようにしましょう。トラブルを避けるためにも、事前に試しぞりすることをおすすめします。

ソフトシェービングとレザーシェービング、それぞれ何日持つのか?

シェービングを受けてから結婚式当日までどれくらい効果があるのでしょうか。ソフトシェービングとレザーシェービング、それぞれシェービングを行ってから何日位持つのかを調査しました。

ソフトシェービングの持続効果

ソフトシェービングの効果は、毛の量や太さによって個人差がありますが、基本的に表面に出ている産毛をカットするだけなので、シェービングを行う部位に関係なく3日程度が標準的な持続期間だと言えます。

ソフトシェービングを綺麗に行なっても、カミソリでケアをした時の3~4日後の状態と同じくらいの状態だそうです。毛が多い方や太い方は、シェービングの翌日や翌々日には既に毛が気になるという人もいるので、そういう人は3日も持たないと思っておいた方がいいでしょう。

レザーシェービングの持続効果

国家資格である理容師免許を有する施術者がシェービングを行うだけあって、レザーシェービングの持ちは平均1週間~2週間、長い人であれば3週間~4週間シェービング効果が持続すると言われています。ソフトシェービングに比べると、断然レザーシェービングの方が持続性は高いです。

部位別レザーシェービングの持続効果

【襟足】
襟足のうぶ毛の毛周期は、約4ヶ月です。襟足のきれいな状態をキープしたいのであれば、約2ヶ月ごとにシェービングを行えば、キレイな襟足をキープすることができるでしょう。

【背中】
背中のシェービング頻度に関しては個人差がありますが、シェービング効果は長い人で約1ヶ月、短い人で1週間程度の持ちになります。

【顔】
顔には産毛などの細かい毛と、眉毛や口周りのヒゲといった少し黒く濃い毛があります。産毛などの細かい毛は、1ヶ月程度で生え揃ってくるので頻度としては約3週間おきに、眉毛や口周りのヒゲは約1週間おきにシェービングを行うことをおすすめします。

【二の腕】
二の腕や腕部分の産毛の場合、個人差はありますが3~4週間に1度の処理がおすすめです。

結婚式直前や当日でもシェービングは可能なの?

結婚式の準備で忙しく、なかなかシェービングの都合がつかない場合、結婚式直前や当日でもシェービングをお願いすることはできるのでしょうか。

ソフトシェービングの場合

ソフトシェービングの場合、結婚式直前や当日でもシェービングをすることが可能です。ソフトシェービングは肌への負担が少ないことから、結婚式当日にすこし生えてきたムダ毛や剃り残し部分のシェービングを行ってくれたりもします。

ブライダルエステのコースの中に結婚式直前の1Dayコースを扱っているサロンも多いので、結婚式直前の1日しかシェービングの時間が取れない花嫁さんには、このようなコースでのソフトシェービングがおすすめです。

レザーシェービングの場合

レザーシェービングの場合、当日はシェービングができません。結婚式直前で行う場合でも、最低3日前までに済ませておくことをおすすめします。

事前の試しぞりなしで結婚式直前にレザーシェービングを受ける花嫁さんは、肌トラブルが起きてもサロンや理容室の方では保証されないことを条件に受けられるところもあります。サロンによっては、直前のシェービングは断られところもあるので十分に考えて受けてください。

レザーシェービングが直前に向かない理由として、肌トラブルが起きる可能性があること、皮脂分泌が多くなるのでかえって化粧ノリが悪くなるといった事があります。

ブライダルシェービングの予約は挙式のどれくらい前にするのがベスト?

ソフトシェービングとレザーシェービングの予約は、挙式のどれくらい前にするのが1番良いのでしょうか。理容室、ブライダルエステサロン、シェービング専門店での予約をいれるタイミングをそれぞれ見てみましょう。

ブライダルシーズンは早めに予約しましょう

4月~6月と10月~11月のブライダルシーズンは、どこも予約が取れにくいので早めに予約を入れておきましょう。

理容室(床屋)でブライダルシェービングを予約するベストタイミング

シェービング予約が比較的取りやすいのが理容室です。理容室といえば男性が利用する床屋さんのイメージですが、最近では女性向けにオシャレな理容室も増えてきています。剃刀での美しい仕上がりができるので、ブライダルシェービングの選択肢として人気上昇中です。

ソフトシェービングの予約

理容室では基本的にレザーシェービングの施術が主で、ソフトシェービングの取扱いは殆どありません。理容室でソフトシェービングを希望する方は、施術の詳細について問い合わせをしてください。

レザーシェービングの予約

理容室でのレザーシェービングは、挙式日の3~7日以前に合わせて予約を入れるようにします。また、乾燥肌・敏感肌や初めてシェービングを受ける花嫁さんは、挙式の1ヶ月以上前に試し剃りの予約を入れましょう。

理容室は基本的に予約を摂りやすいですが、人気の店舗やブライダルシーズンは希望している日に予約が取れないといった事があるので、予定がきまったら早めに入れましょう。

ブライダルエステサロンでブライダルシェービングを予約するベストタイミング

花嫁さんに1番人気なのが、ブライダルエステサロンで受けるブライダルシェービングです。ブライダルエステと併せてシェービングが受けられるので、トータルケアを希望する花嫁さんにおすすめです。

エステサロンでソフトシェービングを受ける場合もレザーシェービングを受ける場合も、数ヶ月前からプランやコースを組んでエステを受けている花嫁さんが多いので、直前の予約は難しいと思っておいた方がいいでしょう。予約は、最低でも1ヶ月~2ヶ月前を目安に、余裕をもって行うことをおすすめします。

※トータルケアを希望している花嫁さんはこちらを参考にブライダルエステはいつから通うのが良いのか?サロンに通う時期と頻度

シェービング専門店でブライダルシェービングを予約するベストタイミング

女性を対象にしたシェービング専門店は、シェービングだけでなくフェイシャルケアのメニューを設けている専門店も多く、本格的なフェイスケアをしたい花嫁さんにもおすすめです。

ソフトシェービングの予約

シェービング専門店では、ソフトシェービングを取り扱っている店舗が殆どありません。ソフトシェービングの施術を希望したい花嫁さんは、1度店舗へ問い合わせてみてください。

レザーシェービングの予約

シェービング専門店は、エステサロンに比べると予約が取りやすい傾向にあります。

事前に、パッチテストやシェービングのお試しを受けておく必要があるので、約1ヶ月前までに試し剃りを済ませておきましょう。なので遅くても1ヶ月前までに予約を入れるようにしましょう。試しぞりを済ませている花嫁さんは、挙式の1週間前~3日前の予約がベストタイミングです。

※参考⇒ブライダルシェービングお試し体験コース

ブライダルシェービングとフェイシャルエステどちらを先にすれば良い?

ブライダルシェービングと顔のケアを両方希望する花嫁さんは、どちらを先にすれば良いのか見てみましょう。

ソフトシェービングを希望の場合

ソフトシェービングを希望の場合、ブライダルシェービングとフェイシャルエステの順序に関しての決まりは殆どありませんでした。

ブライダルプランによってはシェービングを行った後にパックを行ったり、お顔のリフトアップを目指すヘッドマッサージを行ったりします。

ですが、多くのエステサロンではフェイシャルエステを行ってから、仕上げにソフトシェービングが行う流れとなっているので、ブライダルシェービングを先にした方が良いと言えるでしょう。

但し、ピーリングケアをする場合は、肌への刺激が大きいため、シェービングの前後1週間は避けるようにしてください。

レザーシェービングを希望の場合

レザーシェービングを希望の場合、基本的にはフェイシャルエステで肌を整えてから最後にシェービングを受けます。

予約の都合上どうしてもシェービングが先になってしまう人や、知らずにシェービングを先に受けてしまった人は、シェービングをした当日に続けてフェイシャルエステを受けないように注意してください。但しエステサロンやお店によっては、シェービング後にフェイシャルケアをするところもあります。

シェービング後の肌は非常に敏感になっている為、フェイシャルエステを受けることで更に肌へ負担が掛かってしまい肌トラブルを招きかねません。

一定期間、肌を休ませる必要があるので、シェービングをした後3日~1週間間隔を空けてフェイシャルエステを受けるようにしてください。

ブライダルシェービングとフェイシャルエステを違う所でする場合

店舗によって、フェイシャルケアの内容やシェービングとの間隔など順序がそれぞれ異なります。ブライダルシェービングとフェイシャルエステを違う店でする場合、ケア内容をそれぞれの店へ伝えておくようにしましょう。

そうすることで肌トラブルを回避することができ、結婚式当日を万全の肌状態で迎えることができます。

ブライダルシェービングで肌トラブルが起きた時の対処方法

ブライダルシェービングを受けて肌トラブルが起きてしまった場合、どのような対処をすればいいのか紹介します。ソフトシェービングとレザーシェービングどちらの肌トラブルでも対応可能です。

肌の赤み、かゆみ、ヒリヒリがでた時

ブライダルシェービング後、かゆみや赤み、ヒリヒリ感などの症状が出てきた場合、冷たい水で濡らしたタオルを肌トラブルが起こっている箇所に当てて冷やしてください。

肌のカサつきが気になった時

ブライダルシェービング後は、肌が乾燥しやすくなっています。肌のかさつきや粉が吹いた症状が出てきた場合は、潤い効果の高い化粧水やローションで水分補給を行い、そのあと保湿効果の高いクリームやオイルで肌の水分を閉じ込め保護してください。

強い痛みがあって炎症がでた時

毛穴が赤くなり痛みの強いヒリヒリ感がある、膿んでいる箇所がある、傷が腫れて炎症を起こしているといった症状がある場合は、皮膚科での診察を受けてください。

その他気になる症状が出た時

ブライダルシェービング後に気になる症状が肌に出ているものの、どのように対処していいのか判断できない場合は、シェービングを受けたエステサロンや店に連絡をして指示を仰いでください。

まとめ

ブライダルシェービングは、施術を受ける時期によって結婚式当日の肌状態を左右する、とてもデリケートなお手入れです。

特に、レザーシェービングを選択する場合、仕上がりの良さや効果の持続期間が長いといったメリットだけでなく、肌に負担が掛かってしまうことや施術時期にデメリットがあることを理解しておく必要があります。

ベストなタイミングに予定がつかない花嫁さんや、結婚式直前に急遽シェービングをお願いしたくなった花嫁さんなどは、シェービングの種類によっては受けられないといったこともあるので注意してください。

※参考⇒ブライダルエステでレザーシェービングとソフトシェービングはどちらがいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク