糖尿病の人と実践していた食前イージーファイバー&カロリー計算ダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

糖尿病の人と一緒に始めました

イージーファイバーを飲んだ時は27歳ぐらいです。身長は160センチ、体重は58キロぐらいから55キロぐらいまで落ちました。

その当時仕事がすごく忙しくて、座りっぱなしだし運動しないし、徹夜も当たり前だから体もむくむしで、どうしようもない時でした。

糖尿病の人が職場にいて、その人が食事をちょっと考えなきゃいけないということがありました。

それもあって糖尿病食をちょっと意識しながら、食事前にイージーファイバーを飲むという感じでその人と一緒にダイエットをやっていました。

イージーファイバーは「もともと食物繊維を気軽に取れますよ」という商品で、商品説明を見ると便秘対策の効果がメインだと思うんです。

だけど糖尿病を考えた時に、事前に食物繊維を取っておくと、血糖値の上がり方が少し緩やかになるんです。

――これを飲むことによって血糖値が急激に上がるのを抑える効果があるんですか。

「これを飲むと」と言ってしまうと薬事法とかに引っ掛かってくるのでちょっと微妙なんですけど、病院でも使われてるものとして、食物繊維を取っておけば血糖値の急激な上昇を抑えたりするというのがあります。

あとは例えばサプリメントで、カロリミットみたいに「カロリーをちょっと減らしてくれるよ」と謳ってるのも、実は一番多いのは食物繊維をとにかく取らせることなんですよ。

ただサプリメントの場合はそれに加えて、脂肪が燃えやすいような成分を入れてみたりしているんです。

そういうことから食物繊維を最初に取っておくことで、ダイエット効果も期待できるかなと自分で思って始めたのがきっかけです。

もともとはお通じ改善の食物繊維

2

――イージーファイバーはどこで買っていましたか。

ドラッグストアで買っていました。有名な商品ですし、スーパーでも置いてあるところはあるんじゃないかというぐらい、一般的な健康食品です。

値段に関しては、今はいろんな種類があるんですけど、30包入ったもので1,000円ほど缶のものだと2,000円ぐらいです。

自分が購入していたのは、30包が箱に入っている1,000円ぐらいのものです。

――イージーファイバーはダイエット効果も謳ってるんですか。

基本は食物繊維なので、お通じ改善とかがメインですね。ホームページを見てもお通じ改善という形で書いていますね。

特にダイエットに効くといった謳い文句は書いてないですが、正直に言えば普通のカロリーカット系の商品よりもイージーファイバーの方が個人的には効き目を感じています。

結局、大元の機能としては同じだけど、イージーファイバーは食物繊維が沢山入ってるから、その分だけ効きやすいと思うんです。

実際に違うサプリでカロリーカット系のものも飲んだんですけど、それよりもイージーファイバーの方が良かったです。

元から便秘がちとか、全然そういうことはないんですけどね。

使用方法として私は一袋を毎度毎度飲んでいるとお金もかかるしちょっと飲みにくいところもあったので、約半分から3分の1ぐらいを、少しだけ何かに入れて最初に飲むという形でやってました。

飲むタイミングとして一番多かったのは夜ご飯の前でした。

飲む頻度としては、あまり食物繊維を取りすぎるのも良くないので、大体1日1袋で良いかなと思っています。

1袋を朝と夜に分けて飲んでもいいでしょうし、私は1日2食なので、昼と夜に分けて飲んだり、ちょっとしんどいという時は夜だけ半分飲んで、あとは明日にまわしちゃったり、そういう形で調整しています。

――イージーファイバー自体、1日1袋以上飲んではいけないとか注意点は書いてありましたか。

おそらく注意点は書いてあると思います。製品情報とかその辺を見ると出てくると思います。一般的にいっても食物繊維を取りすぎるというのも良くないので。

飲み方は飲み物に混ぜてみたりすることが多いですね。ほとんど味が変わらないという謳い文句もあって、実際そんなに変わらないのでお味噌汁とか、ちょっと味の濃いものに混ぜるのも全然いいんです。

そうは言っても少し味は違うんですけどね。独特の甘みというか、寒天っぽい味というか、基本そんなに変わらないけど何となく違うという感じです。表現が難しいです(苦笑)

苦くはないんですが、ちょっととろみが出ますね。片栗粉を入れて料理するとそれだけで食感が変わりますよね.イメージとしてはそんな感じです。

特に味は大きく変わらないけど、薄味のものに入れるとちょっと変わるかなというぐらいです。

私が飲む量も少なかったし、激変したとは思わなかったけど、ちょっと違うなと感じますね。

冷たいものにも溶けやすいです。でも暖かい方がよく溶けましたね。

私はお茶や野菜ジュース、青汁を飲んでいるのでそれに入れたり、あとはお味噌汁やスープ類にも入れたりして混ぜていました。

食事制限もしてました

gourmet dinner

もともとダイエット食品というわけではないので、過剰にそれだけを使って暴飲暴食をしたらよくないということに注意していました。

あとは食物繊維は過剰に取りすぎるとかえって便秘の原因になったりすることがあるんです。

逆にお腹が極端にゆるくなったりすることもあるので、最初は少なめの量から様子を見て使って行くのが一番で、その後は自分に合う量を飲むのが良いと思います。

――イージーファイバーと併用して何かしていることはありますか。

糖尿病の治療の一環もあって始めたということもあって、お医者様にまず言われたのが、食後は運動してくれということでした。

運動といってもすごくハードなものじゃなくて、5分10分でいいから歩いてほしいと言われました。

食後の運動といっても朝昼夜全てではありません。

もちろんそれが理想だと思うんですけど、そんなにうまくはできるものじゃなかったです。でもなるべく運動するように、ちょっと散歩したり、ちょっと立って足をあげたりしながら片づけをしたり、そういうことはやってましたね。

だから食後すぐにごろんとなったりせずにちょっと動いた方が良いんじゃないかと思います。実際そういうふうにお医者様に言われました。そうすることで急激な血糖値の上昇を防ぐことができるということでした。

他には食事内容も、糖尿病食を意識して作っていたというのがあります。糖質を少し制限したりしてました。

といってもすごくハードに制限するのではなくて、あまりにも炭水化物だらけにはしないようにするとか、キノコとか海藻とか野菜を取り入れるようにするといった感じです。あとお米も雑穀や麦飯をちょっと混ぜたりしてました。

食事制限に関しては多少はしてましたね。カロリーも意識しろと言われて、なるべく意識してたんですけど、特に自炊だとカロリー計算が難しくて、その辺は正直あいまいにやってました。

本当は糖尿病食はそれではいけないと言われてるんです。

一時期、同僚は糖尿病食が辛いからと、極端な食事に走ってしまうことをやっていました。外食でカロリーがはっきり分かってるものしか食べないとか。でもやっぱり良くないんじゃないかな、というのが個人的な意見でした。

カロリーはもちろんすごく大事ですけど、所詮そういう施設でしっかり計らない限りはカロリーって分からないので、ある程度はバランスを意識してやっていくのが一番大事だと思ってました。

――女性の場合1日のカロリー摂取量はどれぐらいですか。

痩せたいという人は、1200~1300、普通の人で1400~1500と一般には言われてますよね。ただ運動量とか年齢によっても全然変わります。

私は大体1300キロカロリーが目標だけど、1日2食にして600キロカロリーって意外と難しいんですよ。美味しく作ろうと思ったら800キロカロリーとか行くので、そこをいかに減らすかというのはすごい課題でした。必ずカロリーが低い物を使うことは意識していましたね。具体的に言うとこんにゃくやキノコです。

野菜もカロリーが高い野菜も実は結構あるので、糖質が多いものが特にそうなんですけど、そう言ったものは特に糖尿病が悪い時なんかは制限したり、あとはやっぱり油ですね。油って美味しいんですよ。

だからつい使いたくなるんですけどなるべく油は使わないようにしてました。使っちゃう時も、油だけはちゃんと計るようにしてました。

サラダ油もオリーブオイルもそうだし、お肉に含まれている脂身もカロリーがすごくあるので、ちょっと減らしたりとかですね。

以上のように特に気を使ったのは油系ですね。油が一番カロリーが跳ねあがる原因なので。

けど、味にもかかわってくるので、どの程度減らすというのはすごく難しいですね。

大変なのはカロリー制限

スポンサーリンク

イージーファイバーを使ったダイエットをしようと思ったのは理由は糖尿病の治療の一環というのと、他のダイエットサプリを色々調べたり飲んだりしてみたら、結局食物繊維という意味では一緒じゃないかということで、イージーファイバーはちょうどいいんじゃないかと思って始めたという形です。

イージーファイバーの存在を知った理由はダイエットサプリ等を見ていくうちに知ったのと、お医者さまからも食物繊維を積極的に取るように言われたその2つですね。

私自身は糖尿病ではないんですけど、職場の同僚の方がそうだったんです。ただ私も家族が糖尿病になってまして、そういう意味では気を付けています。

このダイエットで最も辛かったことは、油や砂糖がなかなか使えない、カロリーをしっかり計るのもすごく大変ということです。

本格的な糖尿病食になって食べられるものと食べられないものが出てくると、メニューをいかに変えるか、味をどうやって変えるかというのがすごく大変でした。

このダイエットをやってみて良かったことは、イージーファイバーに加えて食事制限をしていたのもあると思いますが、効果があったことですね。ハッキリ痩せたと思えたというのが大きいです。

逆にイマイチだったことは、やっぱり食事を作ることですね。でもその後も食事制限を少し緩めながら、イージーファイバーだけを続けていた時があったんですけど、イージーファイバーだけだったらすごく楽です。

強いて言うなら味というか食感が変わるところです。神経質な人は嫌かも知れません。実際その同僚の人は嫌だと言っていたので、そこがイマイチなところです。

やっぱり食事のカロリー制限ってすごく面倒臭いです。今でこそカロリー制限よりも内容を意識しましょうというお医者様も結構いらっしゃるんですけど、私もその方が良いと思います。続かないので。。。

このダイエットを続けて最初に話した体重の変化がはっきり出たのは3~4ヶ月です。そこまでハッキリ体重の増減がなくても効果は3週間とか1ヶ月ぐらいで感じました。

そのぐらいになると血糖値も明らかに下がるし、体がすっきりしてくるんです。だから効果は早いうちに感じてました。あとイージーファイバーだけ飲んでいる時も食事まで制限している時よりは穏やかでしたがそれなりに効果は感じました。

イージーファイバーとカロリー制限両方やっていたのは3ヶ月ぐらいですね。その後1ヶ月はゆるゆるとやっていたという感じです。ちょっとカロリー計算とかきつかったし、色々使えるものが限られてしまうというのが私は耐えられなくて、厳密にやっていたのは3ヶ月ぐらいでした。

その後も意識はしてましたけど、だいぶ穏やかにしましたね。治療の一環としてもやっていたので。でもそこまで厳密にするのは辛いからやめようと思いました。

ただ油の量だけは少し気を付けてやっていました。

その後、1ヶ月ぐらいは続けて、それから私は自然とやめちゃいました。体重が減ったからもういいやと思って。

目標体重を決めてたわけではないんですけど、とりあえず55~56キロぐらいまでいってスッキリしたからもう良いかなと。

もっとやせた方が綺麗になれるかなというのはあるけど、食べるのが好きなので、あまりにもずっとダイエットし続けるというのが耐えられませんでした。

イージーファイバーだけでもある程度は効果

――イージーファイバーダイエットのメリットとデメリットを教えてください。

メリットは他のダイエットサプリに比べたら安くて、そこそこ楽に効果が実感できるし、食事内容まで気を付けたり運動も組み合わせたりすれば明らかに効果が出るとおもいます。

デメリットは買い続けなきゃいけない、お金がかかるということです。ジョギングとかだったら走ったら終わりだけど、イージーファイバーは商品を買わなきゃいけないのでお金がかかることです。

あとは味がちょっと変わることがあるかなというところですね。

―1箱30包が大体1ヶ月持ちます。私は1ヶ月ちょっと持ちました。でも便秘対策で飲んでる方はもっと減りが早いのかも知れません。

ちなみにみなさんの気になるお金の面についてですが、ダイエットにかかった費用のトータルは4ヶ月ぐらいだったので4,000円ぐらいです。

――ダイエットを始める前と後での体型の変化について教えてください。

便秘に効くという謳い文句の商品だけあってお腹が少しスッキリしたというのはあります。

あとは排泄が助けられるからか、少しむくみにくくなった感じもします。

最後にこのダイエットをおすすめの方ですが、カロリーを取りすぎちゃう方や便秘の方なんかは、下手なサプリメントを使うよりはイージーファイバーとかでガツッと食物繊維を取った方が良いんじゃないかと思います。

あとは糖尿病の方は、食物繊維を取りましょうというふうに指導されるはずなので、糖尿病があったり、そういうリスクを持っている方も結構気軽に始められます。ただ糖尿病の方は繊維質の処方箋があったりもするので、その時はお医者様とも相談してほしいと思います。

効果を出したいなら、期間を決めてで良いので、食事内容まで気を使った方が良いです。そうすれば早く効果が出ます。

ゆるゆるやりたいし食事もそんなに変えたくないという人だったら、イージーファイバーだけでもいいです。ただ食事前に飲むのがおススメです。お腹が膨らむし、食膳に飲むことでその後の脂とかを吸収しづらくしてくれます。そうやって食前に飲むだけでもちょっと違うんじゃないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク