妊婦も飲める?妊娠中のおすすめ青汁は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妊婦も飲める?妊娠中のおすすめ青汁は?

1杯で様々な栄養を摂ることができるのが青汁のメリット。

普段より多くの栄養を必要とする妊娠中には、そんな青汁が強い味方となってくれそうですね。

しかし、妊娠中は青汁を飲んでも大丈夫なのでしょうか?

今回は、妊娠中の青汁について・妊婦さんも飲むことができる青汁について特集します。

妊娠中は青汁を飲んでいいの?

妊娠中の青汁

多くの栄養を手軽にサポートできる青汁ですが、妊娠中に飲んでも良いかと心配される妊婦さんも多いようです。

結論から言うと、青汁は野菜の絞り汁を使った健康食品ですので、妊娠中や授乳中も飲むことは可能です。

しかし、どんな青汁でも良いわけではなく「妊娠中は控えるように」と注意書きのある青汁もありますので、妊婦さんが青汁を飲む場合は、必ずパッケージや公式サイトをチェックするようにしましょう。

また、病院で薬を貰っていたり、気になることがある場合は、青汁を飲む前に医師に相談するようにして下さいね。

青汁で妊娠中必要な「葉酸」が摂取できる?

青汁

葉酸とは、水溶性ビタミンB群の一種で、緑黄色野菜などに多く含まれています。

よって、野菜の絞り汁から作られる青汁には、葉酸が豊富に含まれています。

この葉酸は、タンパク質の生成、DNAなど核酸の合成に必要な栄養素で、赤血球の生成にも不可欠なところから「造血のビタミン」とも呼ばれています。

また、細胞分裂が活発な妊娠初期の胎児の発育に重要な栄養素だとされ、妊娠初期には1日400μgを摂取することにより、胎児の神経管閉鎖障害の発症の危険性を、1/3程度まで低減させると言われています。

最近では、妊娠中不足しがちな栄養素を配合した「妊婦用の青汁」もあり、人気を集めています。

葉酸の他にも青汁には妊娠中に必要な栄養素が豊富

青汁と栄養

青汁が妊婦さんに注目されている理由の一つは、葉酸だけでなく、妊娠中必要な栄養素がバランスよく補えるところです。

妊娠中は、妊娠していない時に比べ、多くの栄養を必要とする時期です。

青汁には、妊娠時不足しがちな以下の栄養素がバランス良く含まれているところも特徴です。

食物繊維

妊娠中の代表的な体調の悩みの一つに「便秘」があります。

妊娠中は、黄体ホルモンが多く分泌されることで、便を押し出す腸のぜん動運動が弱くなったり、胎児が大きくなるにつれ子宮が腸を圧迫され便が腸に溜まりやすくなりやすくなることが原因のようです。

食物繊維は、腸内を正常化し、腸のぜん動運動を促進させ便秘を解消する働きがあります。

カルシウム

妊娠中、カルシウムは特に大切な栄養素です。

妊娠していない女性のカルシウム摂取量は600mgですが、妊娠中はその1.5倍のカルシウムが必要となります。

これは体内の赤ちゃんにとって、カルシウムは骨格や神経組織を形成するのに重要な栄養素だからです。

また、カルシウムが不足すると、母体の骨から補充されるため、妊婦さんの虫歯の原因になったり、加齢とともに骨粗しょう症の原因になることもあります。

また十分なカルシウム摂取は、妊娠中毒症や血圧上昇の予防にも繋がります。

鉄分

鉄は胎児の発育や胎盤を作るために大切な栄養素です。特に妊娠中は血液の量が増加するため、普段より多い鉄分を摂る必要があります。

鉄が不足すると、お母さんは貧血を起こしやすくなり、胎児は酸素や栄養素が不足し、どちらの体にも影響を与えてしまうこともあります。

また妊娠後期には、更に血液が必要となるため、鉄分が不足する鉄欠乏症に引き起こしやすくなり、普段の2倍ほどの鉄分が必要となります。

たんぱく質を同時に摂ることで、吸収されにくカルシウムや鉄分の吸収をサポートしてくれます。

亜鉛

亜鉛は細胞の形成や新陳代謝を活発にさせたり、骨や皮膚の発育を促し、免疫力高める作用があります。

胎児の中枢神経の発達にも関わる大切な栄養素のため、妊娠中には重要な栄養素の一つです。

不足すると妊娠中の免疫力が低下したり、つわりの原因となる場合もあります。

妊娠中は、妊娠していないときの約1.3倍13mgが必要だと言われています。

妊娠中の青汁 ココが気になる

妊婦さん

ビタミンAの摂り過ぎは大丈夫?

野菜

青汁でビタミンAを過剰摂取してしまうことはないの?

青汁はビタミンやミネラルが豊富に含まれているのが特徴ですが、妊娠中に過剰摂取に気を付ける栄養素として「ビタミンA」があります。

ビタミンAは、妊娠中一日あたり650μgが推奨摂取量ですが、耐容上限量である2,700μg以上を過剰摂取で胎児が奇形になる可能性があると言われています。

ビタミンAは緑黄色野菜にも多く含まれているため、青汁でビタミンAを摂りすぎてしまうのではないかと、心配される妊婦さんもいるようですね。

しかし、ビタミンAには、動物性食品に含まれる「レチノール(脂溶性)」と野菜など植物性食品に含まれる「カロテン類(水溶性)」があり、青汁に多く含まれるβ-カロテンは、体内に入ると必要な分だけビタミンAに変換される水溶性ビタミンで、不要な分は体外へ排出されてしまうので、過剰摂取の心配はいりません。

一方、レバーなどの動物性食品に含まれるレチノールは、水に溶けにくい脂溶性ビタミンのため、体に蓄積しやすく過剰摂取に気を付ける必要があります。

青汁に含まれる水溶性ビタミンであるβ-カロテンは、ビタミンAの過剰摂取にはなりませんので安心して飲んで下さいね。

青汁のカフェインは大丈夫?

コーヒー

青汁は抹茶や緑茶が含まれているものも多いですが、青汁に含まれているカフェインは妊娠中どうなのでしょうか?

妊娠中のカフェイン摂取については諸説あるようですが、カフェインを過剰摂取している妊婦さんは、全く摂らない妊婦さんに比べて流産・早産や死産のリスクが高くなるというデータもあるようです。

また、ママが摂取したカフェインをそのままの濃度で届けられた胎児は、代謝能力が低いためカフェインを排出するまでに時間が掛かり、胎児の体内にはカフェインが長く停滞してしまうため、胎児の体に負担を掛けてしまうこともあります。

更に、カフェインは、妊娠中の大切な鉄分の吸収を妨げてしまうのもカフェインの気になるところの一つです。

ただし、このカフェインの過剰摂取については、コーヒーに例えるなら1日8杯以上。

妊婦さんのカフェイン摂取は1日300mgまでなら飲んでも影響はないと言われています。

1杯50mg程度のカフェインを含むコーヒーなら一日1~2杯程度なら飲んでも問題ないと言えるでしょう。

では、青汁のカフェイン量はどのくらいですか?

青汁のカフェインの含有量は、(商品によって異なりますが)1包10mg(それ以下)程度が一般的です。

コーヒー1杯分のカフェインは50~100mg程度と言われていますので、これと比較しても青汁のカフェイン量はかなり少ない量と言えるでしょう。

しかし、青汁によってカフェイン量は変わりますので、妊娠中はできるだけノンカフェインの青汁を選びたいですね。

安心な青汁選びのチェックポイントは?

妊娠中

では、妊娠中でも安心できる青汁を選ぶためには、どんなところをチェックしたらいいのでしょうか?

安心な青汁選びのチェックポイントをまとめてみました。

産地を確認しましょう

青汁に使われている原料の産地をしっかり確認し、できるだけ国産原料が使われている青汁を選ぶと安心感があります。

安価な青汁では、原料の成分の記載はあるのに、(外国産の産地の場合)産地について不明記のものも良くあります。

また、主に使われている原料の栽培方法(無農薬栽培・化学肥料使用の有無・有機栽培)などもチェックしておきたいですね。

やはり、安心して飲むためには、こだわりのある原料が使われている青汁を選びたいものです。

食品添加物を確認しましょう

青汁に使われる原料によっては、口当たりの良くないものもあり、口当たりや香りを良くするための、香料や甘味料といった添加物が多く使われているものもあります。

しかし、安全性を重視したい妊娠中や授乳時期は、できるだけ無添加ものがおすすめです。

青汁選びの際は、パッケージの原材料名や公式サイトなどで食品添加物のチェックもするようにしましょう。

妊娠中のおすすめの青汁

こちらでは、青汁ツウ!がおすすめする、安全性にこだわった栄養豊富な青汁をご紹介します。

妊娠中の青汁選びのご参考にして下さいね。

妊娠中・授乳中・女性におすすめ 美力青汁「healthy」

美力青汁

おすすめポイントはココ!
  • 1杯に「葉酸」を100μg配合。栄養機能食品(葉酸)の青汁
  • 妊娠中必要なオリゴ糖・鉄分・カルシウム、鉄分、マグネシウム強化
  • 食物繊維は1杯でレタス約0.6個分
  • 国産原料使用、農薬不使用、防腐剤無添加の安全性
  • 天然原料100%。無添加・ノンカフェインの安心感
  • 妊婦・授乳婦でも安心して飲めるように作られた青汁

美力青汁「healthy」情報

商品名 高橋ミカ 美力青汁「healthy」
原材料名 難消化性デキストリン、大麦若葉末、ガラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、
フラクトオリゴ糖、乳糖果糖オリゴ糖、乳酸菌(EC-12)、 葉酸含有酵母、鉄含有酵母
内容量 4g×30袋
料金 3,700円(税抜)
1包あたり
約123円(税抜)
特典など 毎月お届けコース15%OFF3,145円(税別)、送料無料、シェーカー+ポイントプレゼント
販売会社 株式会社 ミッシーリスト

美力青汁「healthy」は、妊娠中・授乳中の女性に向けて作られた安全性が高く、栄養補給・美容にも役立つ美味しい青汁です。

カリスマエステティシャンである高橋ミカさんが妊娠中に開発に携わった、安心・安全素材で妊娠中に必要な栄養をコップ1杯でサポートできる養機能食品(葉酸)認定の青汁です。

主原料に安心の九州産の大麦若葉を使い、妊娠中必要な天然型酵母葉酸・酵母鉄を配合。更に乳酸菌・4種のオリゴ糖が腸内環境を整え、妊娠中によくある便秘改善をサポートしてくれます。

また乳酸菌については1包でなんと5億個!便秘解消だけでなくダイエットにも嬉しいですね。

100%無添加・カフェインレス、葉酸も青汁1杯で葉酸200μg摂ることができるところも妊婦さんにとってのポイントです。

味はお茶のような口当たりで、野菜の飲みにくさを感じることはありません。

安全性・味・妊婦さん向けの青汁で選ぶにはイチオシの青汁です。

美力青汁「healthy」の詳細はこちら

国産100%・無添加 栄養の多さで選ぶなら「サンスター健康道場 粉末青汁」

サンスター 健康道場 粉末青汁

おすすめポイントはココ!
  • ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ、国産100%
  • 1包10gで一般的な青汁の約2.5倍量!1袋で野菜100g分の栄養
  • カルシウム、マグネシウム、鉄分、β-カロテン、葉酸、ビタミンが豊富分
  • 完全無添加・ノンカフェインの安心感
  • 天然原料100%。無添加・ノンカフェインの安心感
  • マイクロパウダー製法でレシピにも使いやすい
  • 送料無料、ハンディクリーマープレゼント、お得な定期コースもあり

健康道場 粉末青汁情報

商品名 健康道場 粉末青汁
原材料名 ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ(全て国産)
内容量 10g×30袋
料金 4,500円(税別)
1包あたり 150円(税別)
1日の目安量 1包
特典など 送料無料、電動ハンディクリーマープレゼント
販売会社 サンスター株式会社

健康道場 粉末青汁の使用原料は、ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤの5種類の健康野菜をブレンドした青汁です。

全て国産野菜・完全無添加・ノンカフェインの安心感が、健康道場青汁の安心感がこの青汁の最大のポイント。

数種類の野菜をブレンドすることにより、ケールだけでは補いきれない栄養成分を、他の野菜が多角的にサポートしてくれるんですね。

また、1袋の粉末量も一般的な青汁の2.5~3倍ほど。青汁一杯で約100g分の野菜栄養を摂ることができます。

ただし、余分なものが入っていない青汁なのでやや野菜独特の風味は感じてしまうため、牛乳や豆乳、リンゴジュースなどと合わせるのもおすすめです。

期間限定「送料無料」キャンペーン中です。お得な定期コースがおすすめです。

健康道場 粉末青汁の詳細はこちら

妊娠中必要なカルシウムを徹底強化!「初摘み若葉青汁」

初摘み青汁

おすすめポイントはココ!
  • 栄養機能食品(カルシウム)の青汁
  • 青汁一杯でカルシウムを約320mg補給
  • 大麦若葉はJAS認定の無農薬栽培のものを使用
  • モンドセレクション金賞を2年連続受賞の味 お茶の味わい

健康道場 粉末青汁情報

商品名 初摘み若葉青汁
原材料名 大麦若葉末、海藻粉末、難消化性デキストリン、ガラクトマンナン分解物、クロレラ
内容量 4g×15包
料金 2,000円(税別)
1包あたり 133円(税別)
1日の目安量 1包
販売会社 株式会社健康家族

「初摘み若葉青汁」は、国産大麦若葉を主原料に、吸収率の高い海藻カルシウムや食物繊維、クロレラなどが配合した「栄養機能食品(カルシウム)」の青汁です。

カルシウムをしっかり摂りたい方にはおすすめです。

カルシウムは、安全を認められたアイルランド、アイスランド沿岸の海底に生育している海藻を使用。青汁一杯でカルシウムを約320mg補給することができます。

また、主原料の大麦若葉は鹿児島県産、JAS認定の無農薬栽培のものを使用。安全性には徹底的にこだわっているところもポイントです。

そして、初摘み若葉青汁の最大の特徴は、その「美味しさ」です。

モンドセレクション金賞を2年連続受賞の味で、ほとんどお茶と変わらない味わいでおいしく飲むことができますよ。

15包入りですが2,000円(税別)と手ごろな金額で試すことができるところも嬉しいですね。

初摘み若葉青汁の詳細はこちら

まとめ

このように青汁は自然の野菜原料を使い、1杯で様々な栄養をサポートしてくれる便利な健康食品です。

栄養が不足しがちな妊娠中も強い味方となってくれそうですね。

青汁は、サプリメントとは違い、原料の産地や栽培方法、製造工程、添加物の有無など、安全性を細かくチェックできるところも妊婦さんが安心できるポイント。

妊娠中の青汁選びは、安全性と妊娠中も飲むことができるものかをパッケージや公式サイトなどでしっかりとチェックすることが大切です。

また、ビタミンやミネラルを補給してくれるので、健康だけでなく美容にも役立つのが女性に嬉しいところ。

妊娠中不足しがちな栄養サポートに青汁を使ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク