ライザップとゴールドジムを比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コマーシャルや芸能人がやっていることで有名なライザップと世界中にメンバーがいるゴールドジム。

二つのジムをあらゆる角度から比較対決。何を目的にスポーツジムに行こうと思いますか?

ダイエット、筋トレ、健康のためなど人それぞれでしょう。そこで料金、トレーナーの質、プログラム、ダイエット成功体験記、食事のアドバイスがあるかなどを徹底比較してご紹介しています。

自分に合った方を選んでぜひ体験してみてくださいね。

ライザップ
http://www.rizap.jp

ゴールドジム
http://www.goldsgym.jp/

どちらが歴史があるの?

◯WIN ゴールドジム
1965年にゴールドジムは、『ジョー・ゴールド氏』によって、「マッスルビーチ」として有名だったアメリカ・カリフォルニア州のベニスに本格的ジムがオープンされました。

1975年には世界で最も有名なフィットネスジムと呼ばれるまでに成長し、世界のボディービルダーが訪れるようになりました。

1981年には現在の「ハンプトンドライブ」に移転します。その後1997年には500店、利用者200万人を達成し、世界最大級のジムに成長しました。「ゴールドジム」は歴史も古く、世界的にも着実に成長していると言えるでしょう。

×LOSE ライザップ
ライザップは、平成22年5月7日に「RIZAP株式会社」として会社を設立、「健康に関する研究、ボディメイク事業等」の事業内容で営業を展開しています。まだまだ歴史は浅いですが、急速に成長し注目を集めていると言えます。

国内・海外を含め、より店舗数が多いのはどっち?

◯WIN ゴールドジム
ゴールドジムの国内出店数は、東京エリア17、埼玉エリア4.神奈川エリア、千葉エリア9、北関東エリア3、東北エリア2、東海エリア4、近畿エリア9、四国エリア1、九州エリア3の計59か所となっています(注意:一時期の調べの為、多少変化あり)。
世界全てを合わせると、30か国・700か所以上、会員メンバーは300万人を超える大規模なフィットネスクラブです。

×LOSE ライザップ
ライザップの国内出店数は、北海道1、東北2、東京15、関東14、中部9、近畿11、中国3、四国2、九州9、沖縄2の計68か所となっています(2016年現在)。海外の出店は、上海店、シンガポール店、台北店、香港店、サンタモニカ店の計5点です(2016年現在)。国内出店数では上回るものの、世界的にはまだまだ歴史が浅い為、出店数は少ないです。

コストを比較するとどちらが入会しやすい?

◯WIN ゴールドジム
ゴールドジムでは、基本的に入会金は発生しません。その分入会登録料として5000円がかかります。その上で、月額の会員料金が、メニューやランクにより発生します。店舗によって多少違いがあるようですが、だいたい高くても2万円くらいまでのようです(注:国内店舗調べより。海外の詳細は不明)。これらを合わせてみても、だいたい数万円と想定できます。

×LOSE ライザップ
ライザップは、入会金が5万円、月額ではおよそ30万円ほどで、これらを合わせた金額が必要になります。初回のみ10704円(税別)で2回目以降9900円(税別)からの分割払い(頭金0円、最大60回払いが可能)も出来るようですが、かなり高額といえます。

但しライザップでは、開始時にスタッフとお客様とで成果についての目標を設定し、目標達成に向けてプログラムを開始しますが、内容に納得できない時や、引越し・転勤・結婚・仕事の都合がつかなくなった…など、継続が困難な事由が発生した際にも、開始後30日までの間は『30日間無条件金額返金保証』により、快く全額を返金してくれる保証がついています。

ダイエットや体を作るなどの意味で、早急に結果が出るのはどっち?

◯WIN ライザップ
ライザップは、完全予約個室制でプライバシー重視のプライベート型のジムです。

ライザップでは、カウンセリングを行い、その人に合った成果を見据えて2か月間での目標設定をします。その上で、解剖学・運動力学・生理学・栄養学の徹底した教育を受けた一流の専属トレーナーが、お客様一人一人に対し、マンツーマンで指導を行います。

会員約35000人のデータ解析に基づく、一人一人の体力と目的に合わせて無理なくトーレーニングを指導、それに伴い細かな英領管理をしながら、目標達成までを24時間フルサポートで行います。

体重管理だけではなく、内臓脂肪や中性脂肪、血糖値・コレステロールなど、様々なデータを公開するなど、その実績たるは驚くほどの成果をあげているのです。

×LOSE ゴールドジム
ゴールドジムは、フィットネス先進国の「アメリカ」で生まれた、世界最大級ネットワークの『フィットネスクラブ』です。

ゴールドジムでは初心者からアスリートまで、すべての人が同じ環境で…というメソッド(方法論)に基づき、体を鍛える為に必要な事はその人によって強度が違うだけで、基本的には同じという考えの元に成り立っています。

誰もが「通いやすい時間」「通いやすい場所」「毎日のように使える無駄のないクラブ内のレイアウト」「シンプルかつ使いやすいアメニティルーム等」「ジムエリア・スタジオ・スクール・各種サプリメントを豊富にそろえたプロショップ」「豊富な機材(トレーニング用のマシンが多種多様)」など、楽しんで通える設備に工夫されています。

費用もリーズナブルで短期集中と固執したものではありませんが、「すべての人に本当のフィットネス」というコンセプトに基づき、世界中で愛される魅力あるフィットネスクラブと言えるでしょう。

通うならライザップ?それともゴールドジム?まとめ

ライザップは完全プライベート型のジム、ゴールドジムは、世界最大級のオープン型のフィトネスジム、どちらも目指すところは「すべての人々に結果を」と、健康を考えたうえで体を鍛えあげるという事でしょう。

どちらもかなりの成果と実績を誇る素晴らしいジムですが、一般にごく普通の人がダイエットや体を鍛える為に通う…と考えた場合、やはりライザップに通う為にはかなりの覚悟が必要ではないでしょうか?

トレーニングプログラム自体は普通のコースで、1回50分を週2のペースとなるようなので、最寄りの店舗に通う分には無理なく出来るのでしょうが、返金制度や分割払いがあるとはいえ、これだけの金額を払って通うとなれば、必ず結果につなげる為に、それなりの努力と根性が必要とされるのは間違いありません。

一人ではなく、マンツーマンの優れたトレーナーが付くので、頑張った成果はかなりの物だと推測できますが、やはりいろいろな面において余裕がないと通えないのは現実だと考えられます。

一方ゴールドジムは、優秀なジムではありますが、短期で結果が出る人ばかりはいないと考えられます。長く続けるのが難しい人や、早く結果を出したい人には向かないのかもしれません。しかし、普通に体を鍛えてダイエットを目指したり、健康的な生活を…と考えて入会するのであれば、会費的にも無理なく通え、設備も整っていて、非常に良いジムではないでしょうか?

こういった様々な面から二つを比較した結果、一般的な視野からすると今回はゴールドジムに軍配が上がりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク