痩身エステの揉み返しの症状と対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エステでハンドマッサージを受けたいけれど、後から体が痛くなったりしないかなぁ~」と心配なあなたのために、揉み返しがなぜ起こるのかからその対処方法、酷い揉み返しにならないためにはどうしたらよいかまで詳しくご説明します。もう揉み返しなんて怖くありません。

揉み返しとは?

整体やリラクゼーション系マッサージなどの施術を受けた直後から数日後にかけておこる、筋肉痛に似た痛みや風邪のような症状などを揉み返しといいます。

一定以上の強さの施術を受けると筋性防御というメカニズムが働いて筋肉が収縮するため、筋肉痛のような症状になったり、筋肉が硬く緊張してしまっている状態になったりします。

施術によって筋膜や筋繊維が損傷して炎症がおこる、スポーツ後の筋肉痛と似たしくみです。

どういうときに揉み返しがでるの?

施術の上手い下手に関係なく揉み返しが起こるケースと、エステティシャンの腕や対応によって出るケースがありますので詳しくみていきましょう。

強い刺激を受けたとき

強さの基準は個人差がありますが、筋繊維がダメージを受ける力加減でマッサージを受けると、揉み返しが起きます。これらの症状が起こると頭や首の血行が悪くなり、脳へ十分な血液を送ることができなくなり、頭痛として症状が現れることもあります。

特に女性のお腹や太もも部分に現れる凸凹したセルライト除去が目的の場合、痛みが生じやすくなります。凝り固まったところを強い力で揉みほぐす施術が必要となるからです。

その他、リンパマッサージなどを受けた場合にも現われることがあります。体の状態にあった丁度よい力加減でも、施術中に刺激や痛みから体を守ろうと自分の身体に力が入りすぎてしまうことでも揉み返しは起きます。

身体に老廃物が溜まりすぎていたとき

固くなっていた脂肪を揉みほぐし、急に血流やリンパの流れが良くなることで、頭がボーっとしたり眠くなったりするケースです。

いわゆる「好転反応」と呼ばれ、デトックス効果が得られています。身体に溜まっていた老廃物が一定期間体の中を駆け巡り、老廃物が解毒処理されて体外に排出されればたるみやむくみも解消し、スッキリします。

そのためこの好転反応による揉み返しが起きた場合は、肩こりなどが楽になります。筋肉にも乳酸という老廃物がたまっており、これも一緒に排出されます。特に疲れがたまっていたり、老廃物が溜まりすぎていたりする時に出やすい揉み返しです。

サロン側に原因があるとき

無理な姿勢で施術を受けた時にも、揉み返しは起こります。例えば、うつ伏せで首が辛いのに我慢してそのまま施術を受けてしまった場合に首を痛めるなどのケースが該当します。

また、皮膚表面の健康状態や筋肉量など、人それぞれで体質が異なるので、マッサージでかける圧もそれに応じて変えなければなりません。

固いコリや筋肉を力ずくでほぐそうとして、強すぎる力でマッサージしてしまうなど、施術者の技術不足が理由でも揉み返しが起こる可能性もあります。

痩身マッサージ後の揉み返しの症状

マッサージを受けた箇所に少し経ってから筋肉痛のような痛みや、肌に内出血が現われることがあります。

筋肉や血管に負担がかかることによって現われる症状で鋭い感覚の痛みです。体がだるくなったり眠けが生じたり、頭がぼーっとするなどの倦怠感が出ることもあります。

多少の気分の悪さや風邪を引いた時のような症状は血行が良くなってリンパの流れが改善され、身体に溜まっていた老廃物が全身を循環することにより現れる症状です。

揉み返しの症状ではないものとの区別の仕方

揉み返しに似た症状でも揉み返しではないものがあります。セルライトマッサージを受けて血液の流れが良くなっているときに体を冷やすと、一気に筋肉が収縮して硬くなって強烈な痛みを感じます。冷えてしまった身体を温めてあげることで回復します。

とても強いコリを持っている人も、揉み返しに似た症状が出ることがあります。押しても痛くなく、むしろ楽になる場合は揉み返しではありません。こちらも温めたり、マッサージをもっと受けたりしてコリをとると良いでしょう。

痩身エステでのハンドマッサージ方法

エステティシャンの手を使って行うセルライトのハンドマッサージには大きく分けてリンパドレナージュ(リンパマッサージ)と矯正マッサージの2種類があります。

リンパドレナージュ

痩身効果のある成分が入ったオイルやアロマなどで強めのマッサージをして脂肪(セルライト)をもみほぐします。

ねじって脂肪を揉みだしたり、叩いて脂肪を刺激したりさまざまな手法を用い、リンパの流れに沿ってマッサージを行うことで、不要な老廃物を排出し、代謝を上げて痩せやすい身体に導きます。

※参考⇒ 痩身エステのリンパマッサージ情報まとめ

矯正マッサージ

脂肪細胞や体重を減らす効果は期待できませんが、骨格の歪みによる代謝や内臓の機能低下、ボディラインの崩れなどを無くして正常な体にします。姿勢がよくなって身体のラインが整うため、美しくなりスリムになったように見えます。

※参考⇒ 骨盤の歪みを治してダイエットする骨盤矯正エステ

セルライトマッサージ後の揉み返しが出た時の対処方法

炎症により引き起こされる筋肉痛のような痛みの揉み返しサインが出た場合は、冷やすと軽減します。氷などをいれた袋をあてるアイシングや冷湿布などで、痛い箇所を冷やします。

手軽に保冷剤などを利用して炎症を鎮めるのも良いでしょう。その場合、冷やす時間は10~15分くらいにします。温めると炎症が悪化して痛みがひどくなるので、お風呂やサウナに入る場合は気を付けましょう。

身体が不調な場合は十分な休息をとることも大切です。しっかりと睡眠をとるようにして身体を回復させていきます。

だるさなどの風邪のような症状が出たときは、ぬるめのお風呂に入るなどして身体を温めて、ゆっくり休みます。常温やぬるめのお水を飲んで老廃物の排出を促しましょう。

揉み返しを出さないために

痛みを伴うセルライト対策の施術もありますが、激痛が走った時は我慢せずに正直にエステティシャンに伝えます。痛気持ちいい程度のマッサージの感触で、リラックスできる状態が一番良いでしょう。

身体の力を抜いて施術を受けないと、マッサージ効果が十分に発揮されないことがあります。施術後は急に身体を冷やさないように気を付け、早めに帰宅してしっかり休むと良いでしょう。

揉み返しが出たときの注意点

施術後に揉み返しが出た場合は、サロンスタッフにしっかり伝えます。体調の変化が大きかった場合は、次回の予約時まで待たずにすぐにエステに連絡しましょう。

揉み返しの状態にぴったりの対処方法をアドバイスしてくれるはずです。クレームと思われるのではないかなど心配せずに、困ったことはきちんと相談して対応してもらうことで安心して長くエステに通えます。

まとめ

ここまで痩身エステの揉み返しについて読んでもらいましたが、いかがでしたか?

セルライトマッサージ中に我慢をせず、態勢が辛かったり強い痛みが走ったりしたらエステティシャンに伝えることで酷い痛みを伴う揉み返しは防げます。

ボーっとしたりする風邪のような揉み返しは体を温めてしっかり休むことで軽くなるので、施術後は早めに帰ってゆっくりしましょう。

揉み返しを気にすることなくリラックスして痩身エステを受ける手助けになれば嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク