生理中の酵素ダイエット効果と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生理と酵素ダイエットの関係性

女性の身体は生理周期によりホルモンの増減があり、それによって、痩せやすい時期、痩せにくい時期があります。女性ホルモンには『エストロゲン』と『プロゲステロン』の2種類があり、それぞれに以下のような特徴があります。

エストロゲン(卵胞ホルモン)とは、肌や髪の艶を良くし、女性らしい曲線の身体を作るホルモンです。エストロゲンには中性脂肪の代謝を促進する働きがあります。さらに、自律神経を調整する働きもあるため、エストロゲンが多く分泌される時期は、気持ちが明るく前向きになります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)とは、身体が妊娠の準備を整えるために分泌されるホルモンです。ネバネバとしたおりものを出して膣内に細菌が入ることを防いだり、赤ちゃんに十分な栄養を与えられるように、体内に水分や栄養を蓄える働きをします。

一方、プロゲステロンが多く分泌されると、肌トラブルや便秘が起こりやすくなります。また、水分や栄養を蓄えやすいということは、痩せにくく太りやすいという時期でもあるのです。さらに、精神面では気分が落ち込んだり、やる気がおきないなどの症状が出ます。

以上のことから、エストロゲンが多く分泌されているときが最もダイエット効果が出やすく、逆に、プロゲステロンの分泌が多い時期は、ダイエットには向かないと考えられます。

生理中の酵素ダイエットの効果

生理中に酵素ダイエットをしても効果があるのか?という疑問が湧きますが・・・答えは、あります。

ただし、生理前や生理中と、生理が終わった直後ではダイエット効果には差がありますし、ダイエットのやり方も違ってきます。生理直後から1~2週間はとても痩せやすい時期なので、酵素ドリンクダイエットの中でも『ファスティング』という、数日間酵素ドリンクのみで過ごすという方法が向いています。

一方、生理1週間前~生理中は痩せにくい時期なので、減量をするというよりも、生理が終わったあとのダイエットを成功させるための準備期間と考えた方が良いでしょう。この時期に、酵素ドリンクを飲むことにより体重の増加を抑えることができれば、その後の減量がスムーズに行われるのです。

酵素ダイエットを始めるといい生理周期

酵素ダイエットを始めるのに最も適している時期は、生理終了後すぐの卵胞期です。この時期は女性ホルモンの1つであるエストロゲンが豊富に分泌されます。エストロゲンが増えると新陳代謝が上がり、脂肪燃焼効果が高くなるので、酵素ダイエットの効果が最も出やすいのです。また、精神的にも肉体的にも調子の良い時期でもあるので、ダイエットを始めるのに最も適しているのです。

酵素ダイエットに成功しにくい生理周期

逆に酵素ダイエットが向かない時期は、生理前1週間~生理中です。生理の1週間ほど前から、女性の身体は水分を蓄えやすくなります。これは、もう一つの女性ホルモンである黄体ホルモンのプロゲステロンが多く分泌されることにより起こります。

この時期(黄体期)は、身体が妊娠の準備をするために、栄養を蓄え水分の排出を抑えようとします。そのため、むくみやすく、体重も増えやすくなります。

そして生理中は、甘いものが食べたくなったり、訳もなくイライラしたり、やる気が起きなかったりと情緒が不安定になる時期です。ホルモンバランスがくずれ、心身共にデリケートなときなので、この時期にダイエットを開始するのはおすすめできません。

生理中の酵素ダイエットのやり方

Green Smoothie
では、生理中はどのような方法で酵素ダイエットをすれば良いのでしょうか。
おすすめは以下の二つです。

◎間食の代わりとして酵素ドリンクを飲む方法
◎朝食を酵素ドリンクに置き換える方法

おやつを食べることが習慣になっている方は、普段食べているスナックや甘いものを酵素ドリンクに代えるだけでも、かなりのカロリーセーブになります。

また、生理があまり重くない方や酵素ダイエットに慣れている方は、1食置き換えも可能です。本来、1日のうちで最もカロリーを摂取する夕食を酵素ドリンクに置き換えるのが減量への近道ですが、心身ともに不安的な生理中は決して無理をしてはいけません。朝食はもともと軽めな場合が多いこと、昼食までの時間が短いことから朝食を置き換えるのが一番身体に負担がかからないでしょう。

ただ、この時もあまり無理はせず、お昼までにお腹がすくようなら、酵素ドリンクを飲んで空腹感を抑えましょう。

生理中の酵素ダイエットのメリット

生理中は、甘いものが無性に食べたくなるという方も多いと思います。これは甘いものを食べると一時的にセロトニンという幸せホルモンが出るため、生理中のホルモンバランスの崩れによるイライラを沈めてくれるからと考えられています。

しかし、甘いものの中でもチョコやケーキ・和菓子などに多く含まれている白砂糖は、血液の流れを悪くして生理痛を引き起こすため、生理中はできるだけ摂取しない方が良いのです。

そこでおすすめなのが、間食の代わりに酵素ドリンクを飲むという方法です。酵素ドリンクには甘みがあるために、『甘いものを食べたい』という欲求を満たしてくれます。

生理中は、身体が脂肪を貯めやすくなるため、普通の食事をしていても体重が増えてしまうことがあります。そのうえ、欲求にまかせて甘いお菓子を食べてしまえば、2~3kgはあっという間に増えるでしょう。

生理中に体重を減らすことは難しいですが、間食代わりにカロリーの低い酵素ドリンクを飲むことで、体重の増加を抑えることができます。

生理中の酵素ダイエットのデメリット

生理中はホルモンバランスの崩れにより、気分が落ち込んだり、やる気が起きなかったり、イライラしたりと情緒が不安定になります。

この時期に食事と置き換える酵素ダイエットを行うと、食べられないことのイライラからストレスがたまり、うまくいかないケースが多いのです。

前述したように、生理中の酵素ダイエットは、間食の代わりにするのがおすすめです。だるい・眠い・頭痛・便秘など、体調も良くない時期ですので、ファスティング(断食)は行わない方がよいでしょう。

生理中の酵素ダイエットの注意点

野菜や果物を多く含む酵素ドリンクは、飲みすぎると身体を冷やしてしまうという難点もあります。冷えは生理痛を悪化させるため、以下の二つに注意しましょう。

・飲みすぎないこと
・身体を冷やさないようにすること(暖かい服装、身体を温める食べ物、半身浴)

まとめ

以上、生理中の酵素ダイエットについて調べてきましたがいかがでしたか。

生理中は、『減量』という点から考えれば、酵素ダイエットの効果はさほど感じられません。ですから、生理中に酵素ダイエットを続けることは無意味なのではないかと考えてしまうかもしれませんが、それは違います。

普段通りの生活をしていたら着実に体重が増えてしまうこの時期に、酵素ドリンクを飲むことで現状維持することができれば、生理が終わった後の痩せやすい時期にスムーズに減量することができるのです。

ぜひ、生理周期とうまく付き合って、効果的な酵素ダイエットをして下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク