失敗したくない!大塚美容外科の脂肪吸引で部分痩せする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セルライト

脂肪吸引とは

脂肪吸引とはその名通り、脂肪を吸引して気になる部分をスリムにする方法ですが身体に小さな穴をあけて専用の器具などを使って吸引するわけですから失敗のリスクもあります。

しかし施術後はすぐに細くなれるため即効性を求める人にとっては夢のようなダイエット方法なのではないでしょうか。

太ってしまった状態というのは脂肪細胞の大きさが大きくなってしまっています。これを小さくしていくことがいわゆる「ダイエット」になりますが、脂肪吸引では脂肪細胞自体を取り除き減らしていくのです。細胞自体が減っているわけですからリバウンドもありません。

大塚美容外科の脂肪吸引

60万件以上の確かな実績

脂肪吸引の施術で大切なのは、担当する医師の技術センスと経験値です。大塚美容外科は美容業界の大手であり、1976年の開業以来、60万件以上の症例数があり大変信頼のおけるクリニックです。世界の美容外科学会にも認められている技術をもっています。

大塚美容外科のホームページでは1回の脂肪吸引で足だけで2.52kg(2800ml)の脂肪細胞を吸引した施術例や、全身の脂肪吸引1回で2.88キロ(3200cc)の減量に成功しています。(体脂肪の重さは1mlあたり0.9gです。ccとmlは同じ体積を表すので1ml=1ccです)

大塚美容外科ホームページ
http://www.otsuka-biyo.co.jp/

丁寧な施術ができる技術力と設備

大塚美容外科の脂肪吸引で大切にしていることは、丁寧な吸引と麻酔なのだそうです。吸引は脂肪をただ取れば良いというわけではなく、自然で美しいボディラインを作る必要があります。

脂肪吸引による失敗のリスクとは、技術力がなければ肌の表面にぼこぼこと凹凸が出てしまうことです。大塚美容外科では麻酔も施術内容によってプラン分けするなどし、途中で痛みが出て続行不可能なんてことにならないようにしています。希望があれば静脈麻酔や全身麻酔をチョイスすることも可能なので安心です。

実はこの全身麻酔はどこのクリニックでも受けられるものではありません。麻酔科専門医のケアと入院できる設備が整ったクリニックであることが条件となっています。一般的な美容クリニックは、ビルの中にテナントとして入り開業していることが多いと思います。

このような形でのクリニックは保健所からの入院設備が認められないのです。大塚美容外科は保健所から正式に認可を受けた入院設備を所有しているので全身麻酔を選択することが可能なんですね。本人の希望により日帰りも選ぶことができます。

選べる2種類の脂肪吸引

18_17
大塚美容外科の脂肪吸引にはピンポイント吸引とボディデザイン吸引の2種類ありそれぞれ特徴があるので紹介します。

ピンポイント脂肪吸引とは、気になる場所だけを吸引する方法で大塚美容外科では手のひらほどの範囲を一部位としています。いわゆる「部分痩せ」と呼ばれるような部分的な脂肪だけを食事制限やスポーツで落とそうとするのはとても難しいもの。

二の腕だけ気になるとか下腹部のぽっこりだけなくしたいとか、ポイントで気になる場所があるという人にはおすすめの方法です。所要時間は30分~となっています。

ボディデザイン脂肪吸引は全体的に脂肪を吸引し、体のラインを作る方法です。脂肪を除去するだけが目的ではなく“くびれ”を作ったり、身体の美しいラインをデザインしながら吸引を行うのです。

ウエストはきゅっとしまったラインが強調されるようにしっかりと脂肪吸引し、お尻の丸みは残そうなどというようにその人の体型や悩み、希望に沿ってデザインすることが可能です。所要時間は1時間半~となっています

最新の吸引方法

大塚美容外科では別料金ではありますが「超音波(ベイザー)脂肪吸引」という最新の脂肪吸引も行っています。

これは特殊な超音波ベイザー波で脂肪を溶かす技術で、内出血や腫れが少なく済み、短時間でたくさんの脂肪を吸収することが可能にな最先端技術です。浅層の脂肪も吸引できる技術なので細身の人や脂肪が厚くない箇所にも施術できます。肌の表面も滑らかで美しい仕上がりです。

使用する器具

身体に穴をあけるなんて痛そう!という声もよく聞きますが、脂肪吸引は外科手術になりますから麻酔を使います。そのため脂肪吸引中に痛みを感じることはありません。

大塚美容外科の吸引に使う器具は、太さ2~4mmの金属の管「カニューレ」と注射器のような形をした技術力の必要な器具「シリンジ」です。カニューレは様々なサイズが用意されており、吸引する場所や脂肪の量に合わせて使い分けます。

一般的にカニューレには2つ穴のものと1つ穴のものがあるのですが1つ穴のものは浅い層にある脂肪なのか深い層にある脂肪なのかを判断しながら吸引できるというメリットがあります。

その分施術の時間が2つ穴のものと比べるとかかってしまうのですがより均一に脂肪を取り除くことができ美しいラインを出すことができるのです。施術時間よりも仕上がりにこだわるからこそ大塚美容外科では1つ穴のものを使っています。

どちらも切開するのはわずか2~4ミリ程度で、術後は虫に刺されたような小さな跡が残る程度の傷跡です。これも日にちの経過とともにわからなくなります。

脂肪吸引の料金

18_9

ピンポイント吸引の場合

胸部内部 ¥71,500
胸部下部 ¥74,500
二の腕の外側、肩、太もも後面、膝の内側、膝前面 ¥86,000
背中、脇の裏、胸部側部、太もも前面 ¥93,500
腹部上部、ウエスト、腰、お尻上部、下部 ¥128,000
腹部下部、太もも内側、外側 ¥149,000

ボディデザイン吸引の場合

※吸引量によって費用が異なる場合有り

顎ライン ¥200,000
膝の内側 ¥210,000
フェイス(頬)、二の腕、下腹部、足首 ¥250,000
¥300,000
上腹部、下腹部、お尻、太もも内側、外側 ¥380,000

最新技術ベイザー(超音波)を使用した場合はプラス¥95,500~

総評

いかがでしたか?大塚美容外科の脂肪吸引についてでしたがいろいろな面で案外気軽にできてしまうダイエット方法という印象ですね。

腫れや傷跡も1週間~2週間で引き、ピンポイント吸引なら¥71,500~から施術可能。しかも効果は半永久的となると惹かれてしまいますね。

ダイエット食品やジムに通う費用も半年続ければそれなりの金額になりますし、何より理想の身体を手に入れるまでは長く苦しい道のりがありますから、楽して美しくなれる脂肪吸引はやっぱり魅力的です。

これからポピュラーになっていくダイエット方法かもしれませんね。テレビでも有名になりましたが大塚美容外科の先生はキレイになりたいという人の気持ちをとても大事にしてくれます。

外見のコンプレックスで悩んできた人たちを笑顔にするために、心も同時にケアしてくれるのが大塚美容形成外科なんですね。

大塚美容外科の店舗情報

地方エリア 都道府県 店舗名 住所
北海道エリア 北海道 札幌院 北海道札幌市中央区南3条西3-10 三信ビル7F
東京エリア 東京都 大塚院 東京都豊島区北大塚2-30-6 石井ビル
関東エリア 埼玉県 大宮院 埼玉県さいたま市大宮区仲町1-35 大塚ビル5F
神奈川県 横浜院 神奈川県横浜市西区北幸1-5-5 小池ビル5F
北陸エリア 石川県 金沢院 石川県金沢市昭和町7-9 FONTE六枚2F
東海エリア 愛知県 名古屋院 愛知県名古屋市中区栄3-15-37 エフジー栄ビル9F
関西エリア 京都府 京都院 京都府京都市下京区四条通り柳馬場西入ル立売中之町104番地 井門四条ビル5F

大塚美容外科の会社概要

診療科目 美容外科 ・形成外科 ・皮膚科・美容歯科 ・矯正歯科 ・口腔外科
住所(本院) 東京都豊島区北大塚2-30-6 石井ビル
総院長 阪田 和明
プロフィール 昭和52年 徳島大学医学部医学科 卒業
昭和52年 徳島大学医学部付属病院皮膚科 入局
昭和53年 東京警察病院形成外科 入局
昭和62年 大塚美容形成外科 入局
平成11年 大塚美容形成外科 院長 就任
平成22年 大塚美容形成外科 総院長 就任
所属学会 日本形成外科学会会員・日本美容外科学会(JSAPS)正会員
公式URL http://www.otsuka-biyo.co.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク