お風呂のバストアップ効果と簡単バストアップマッサージ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お風呂

女性なら誰もが悩むバスト。「何とかして夏までにバストアップしたい!」なんて思う女性は山の数・・・そこで、バストアップするならいつすれば効率がいいのでしょうか?

そこで、やはり思いつくのは女性のエステタイムの入浴中ですよね。実はお風呂でバストアップをしようとすると驚きの効果があるのです。そこで、今回はお風呂でのバストアップ方法について調査します。

お風呂でのバストアップ効果

それでは、なぜお風呂でバストアップの効果が期待できるのでしょうか?その理由は3つあります。

1:温熱効果

お風呂のお湯で温まることで身体全体が熱くなり、そのことから血管が広がって血液循環を良くする効果があります。

その結果、内蔵や自律神経の働きがよくなるので女性ホルモンが増え、血流が良くなることで栄養や血液が全身に行き渡りやすくなります。同時に、老廃物や毒素を取り除くことができます。

2:水圧効果

お風呂の水圧で全身の血行を良くし、新陳代謝を活発化することができます。新陳代謝が良くなることで痩せやすくなったり、発汗がよくなるので美容効果やダイエットにも効果的です。リンパの流れがよくなることでバストアップだけでなく、気になるお腹などのお肉にもダイエットとして効果があるので、とても嬉しいですね!

3:浮力効果

そして浮力効果によって重力がかからず、身体が軽くなることで心も身体もリラックス状態になります。そのため、身体の力が抜けた状態になることで緊張が和らぎます。

これらの3つの作用は入浴の3大効果と言われています。お風呂に入ることで女性ホルモンの働きをよくすることができ、様々な効果を得ることできます。そして、バストアップにつながるので、ぜひお風呂の力を活用しましょう!

シャワーでのバストアップ効果は?

16_2
お風呂はこんなに良い効果を与えることが出来るとわかりました。しかし、シャワーだけの入浴方法はどうなのでしょうか?

もちろんお風呂ほどの温熱効果はありません。そして、浮力効果もありません。けれども、水圧効果は期待ができます。さらに、それなりにはリラックス効果や水圧の効果が得られます。

しかし、シャワーそのものはとても使える代物なのです。シャワーはお風呂と併用して使用することでさらなるバストアップの効果を高めることができます。

たとえば、首周りや肩周り、足をシャワーで温めることで、リンパの流れをさらによくすることができます。マッサージ前に浴槽で入っている時に行うと効果的です。

もしくはお風呂で温まった体を一度シャワーで冷まし、そしてもう一度お風呂に浸かるとさらなる発汗効果や新陳代謝を活発化させることができます。シャワーは単体で使用するよりもお風呂と同時に使うことをおすすめします。

お風呂でするバストアップ!簡単マッサージ方法

半身浴している女性
それでは、実際にお風呂でバストアップをするとなると、どういったアプローチ方法が良いのでしょうか?

お風呂で行うと効果的なアプローチ法はやはり「リンパマッサージ」です!血行促進されている時にはマッサージが効率よく効果をアップさせてくれます。それではそのマッサージ方法を見ていきましょう。

まずはお風呂に浸かり、身体を温めましょう。半身浴も非常に効果的ですよ。そしてその後、お風呂の中でリンパマッサージを行います。

1:脇をマッサージ

ワキの凹んでいる部分を親指でしっかりリンパマッサージします。そのことにより、腕に残っている毒素を取り除き、さらに乳房のリンパの流れをよくすることができます。何度か押してほぐれてきたらOKです。

2:背中や肩甲骨から肉をバストに持ってくるようにマッサージ

背中に流れたバストの肉を、手のひら全体を使ってバストに集めます。片方20回は繰り返しましょう。

日頃の姿勢の歪み、ブラジャーの緩みや眠っている時などにバストにあるはずの肉が背中に流れていることはよくあります。そのため、本来あるはずのバストの大きさや形を失っている可能性があります。日常でもできる限り姿勢などに意識を持っておくと良いでしょう。

3:バストの下から肉を胸に持ってくるようにマッサージ

お腹の肉を引っ張って持ち上げるようなイメージで下から肉をバストに持ってきます。先ほどの下からバージョンだと思ってくださいね。片方20回は繰り返しましょう。

4:バストの斜め下から肉を胸に持ってくるようにマッサージ

最後はバストの斜め下を両手でしっかり覆い、バストを斜め上に持ち上げます。この斜め上に持ち上げた状態で5秒以上キープします。片方20回は繰り返しましょう。

こうすることで、バストが本来の位置を思い出せるようになり、バストアップにつながります。

全体のイメージとしては背中、肩甲骨、お腹に流れてしまったお肉をバストに全て持ってくるといったものになります。

こうすることでさらに血行も高まるので、身体が温まりリンパの詰まりも解消します。バストが小さくなってしまう理由はお肉が外に流れてしまうことやリンパの詰まりによってバスト本来の大きさや形が保てないことが原因の一つでもあります。

このリンパマッサージでしっかり解消しましょう!また、お風呂に入浴剤などを入れるとさらにマッサージしやすくなりますよ。

長風呂が苦手な方のバストアップマッサージ方法

お風呂が効果的!とは言ってもお風呂に長く入っているのは苦手・・・という方もたくさんいますよね。

そういった方は全ての回数を半分程度に抑え、残りはお風呂上がりにマッサージクリームをつけて行っても構いません。

また、お風呂の中だとのぼせてしまうという方はある程度身体が温まったら浴槽から出て、お風呂の椅子の上で行っても構いません。

その場合は、マッサージクリームの代わりにボディソープをつけて行うと肌を傷めることなくスムーズにリンパマッサージができます。その場合は、鏡の前で行うとお肉の動きやバストの変化がわかりやすくていいですよ!

お風呂でバストアップをするメリット、デメリット

Beautiful young woman relaxing in the room
お風呂で行うメリットは効果が出やすいところです。リンパの流れや血流が良くなっているので、早く効果が出したいのであればお風呂でのマッサージが1番いい方法になります。

そしてお風呂ついでにマッサージができるので長続きします。半身浴ついでにマッサージができますし、リラックスして行うことができます。

夜寝る前にしよう・・・とかお風呂から上がってからにしよう・・・と考えていると、そのまま眠くなってきて「今日はもうマッサージしなくていいか~」なんて続かなくなる場合もあります。

しかし、お風呂であれば毎日入りますので、そのついでにマッサージをしっかり行うことができるのです。

デメリットはのぼせやすくなることです。やはりリンパや血行へのアプローチの一つになりますので、あまり熱心に行うと血流がよくなり過ぎてのぼせてしまいます。
あまり無理をしすぎない程度に行いましょう。

お風呂でバストアップするうえでの注意点

先ほどのデメリット同様、やりすぎはよくありません。早く効果が出て欲しい!という気持ちでマッサージしすぎてしまうと、肌が腫れてしまったり、のぼせてしまう原因になります。

また、のぼせやすい方はお風呂の時間を短くするように心がけましょう。そのほかお風呂上がりにマッサージしても構いません。

ある程度の回数やマッサージで効果はしっかり得ることができますので、無理しない程度に行いましょう。

総括

お風呂でのバストアップは効果的なことがよくわかりました。マッサージは半身浴などで体を温めたあとに、お風呂の中または浴槽から出て行いましょう。

次に脇の凹みをマッサージして血流を良くします。そして、背中や肩甲骨、お腹に流れたお肉を胸に持ってくるようにマッサージをします。

最後にバストを斜め上から持ち上げてキープします。回数は各20回ほどで構いません。お風呂が最も効果的ですが、お風呂上がりにマッサージクリームを使用して行っても構わないので、できるだけ毎日行いましょう!

すべてを通しても10分程度なので、それほど負担にならずに済むと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク