バストアップしない8つの理由と原因!胸を大きくする対策方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“色々なバストアップ方法を試しているのになかなか効果が出ない”と悩んでいる方は多くいらっしゃると思います。

それもそのはず。バストアップできない原因は人によって様々で、誰かにとって効果的な方法が必ずしも自分にも合うとは限らないのです。

そこで今回は、あらゆる方向からバストアップしない理由を探り、胸を大きくする対策方法を考えていきたいと思います。

バストアップしない8つの理由と原因

1.食事が偏っている

偏った食事

バストアップを成功させるには、バランスの摂れた食事がとても重要です。ファストフードやコンビニのお弁当が中心の食生活では、当然栄養バランスが良い食事とは言えません。1つの食材や栄養素に偏らず、多くの栄養素をまんべんなく食べることが、バストアップへの近道です。

◎鶏肉や大豆・乳製品などのタンパク質
→女性ホルモンを分泌する

◎柑橘類・トマト・ほうれん草・ブロッコリーなどのビタミンC
→ストレスをやわらげ、潤いのあるバストにする

◎海藻・魚介類・アーモンド・豆腐などのミネラル
→代謝を上げ、筋肉を維持する

◎チーズ・レバー・大豆・卵・ほうれん草などのビタミンB群
→血行を促進し、ホルモンバランスを保つ

2.ダイエットをしている

ダイエット

バストは90%が脂肪でできているということをご存じですか。つまり、バストアップするためには適切な量の体脂肪が必要であり、ダイエットをして極端に痩せてしまうと、バストアップすることはできなくなってしまうのです。

女性に理想の体脂肪率は20代で17~24%、30代以上で27%未満となっています。体脂肪率が20%以下になると、女性ホルモンのバランスが崩れ、10%以下になるとほとんど機能しなくなると言われています。

バストアップと女性ホルモンには密接な関係がありますので、ダイエットをしている方は注意して下さい。

3.姿勢が悪い

猫背

一見、バストアップとは全く無関係に感じられる姿勢も、実は大きく関係してきます。例えば、長時間パソコンを使用するデスクワークなどをしていると、肩が内側に入るいわゆる猫背の姿勢になってしまいます。

猫背になると胸骨が狭くなるために、バストの形が崩れてしまいます。また、姿勢が悪いことでリンパの流れや血流が悪くなるため、バストに栄養が行きわたらなくなってしまいます。正しい姿勢を意識することはもちろん、デスクワークの合間に腕や肩を回す運動をするのもおすすめです。

4.冷え性である

冷え性

夏でも体が冷えている、寒くはないのに手足が冷たいといった冷え性の方は、バストアップ効果が出づらいと言われています。

手足が冷たいということは、血行が悪く、体の隅々まで血液や栄養が行きわたっていない状態であるということです。当然、バストアップに必要な栄養分もバストまで十分に届いていないということになります。

夏でもシャワーだけで済ませず、半身浴などをして体を温めたり、ビタミンCやビタミンEなど、血行が良くなる食べ物を積極的に摂るようにしましょう。また、冷たいものを飲みすぎないようにすることも大切です。

5.運動不足

運動不足

運動不足もバストアップを妨げる大きな原因になります。

血行不良が冷えを招き、バストアップに必要な栄養が十分に届かないということをお話ししましたが、これを解決するには、適度な運動が欠かせません。特に、ウォーキングなどの有酸素運動は体の巡りを良くして基礎代謝を上げます。

みなさんは、『脚は第2の心臓と』呼ばれていることをご存じですか。下半身には全身の2/3の筋肉が集まっており、歩くことはその2/3の筋肉を全て動かすことになります。

歩いて筋肉を動かすことは、心臓から送り出された血液を再び心臓に戻すポンプのような役割をします。つまり、運動すること、特によく歩くことで血液の循環が良くなり、バストアップに必要な栄養分が体全体にしっかりと届くようになるのです。

6.バストアップに効果的な食材ばかり摂取している

偏食

バストアップに効果がある食べ物と聞けば、そればかり食べている人も注意が必要です。

例えば豆乳は、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンを多く含んでいるためバストアップ効果があると言われています。しかし、摂りすぎは月経周期を乱したり、乳がんになるリスクを高めたりする可能性があります。

また、一時期キャベツに含まれるボロンと言う成分がバストアップに効果的だということで話題になりましたが、ご飯代わりに毎日キャベツを山盛り食べていたのでは、他の食材を摂取する量が減り、栄養バランスが偏ってしまいます。

前述したように、バストアップを成功させるためには、食事の栄養バランスが不可欠です。いくらバストアップに効果的だからといって、その食材だけを必要以上に摂取することはやめましょう。

7.タバコを吸っている

喫煙

タバコに含まれているニコチンは、バストアップするためにとても重要な女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量を減らしてしまいます。

バストアップサプリには、このエストロゲンの働きを助けたり、エストロゲンの働きに似た成分が配合されるほど、バストアップとエストロゲンは切っても切れない関係なのです。

さらにタバコはストレスをやわらげたり、ハリのあるバストを作るビタミンCを破壊してしまいます。ですから、喫煙をしている人はバストアップすることができないといっても過言ではありません。

8.睡眠時間が短い、または睡眠の質が悪い

ぐっすり睡眠

あなたがもし10~20代前半の女性であれば、睡眠の時間や質はバストの大きさにとても影響します。

なぜならこの時期は、成長ホルモンや女性ホルモンの分泌量が最も多い時期であり、それらのホルモンは寝ている間に分泌されるからです。特に午後11時~午前2時のゴールデンタイムには、しっかりと質の良い睡眠をとることが大切です。

また、成長ホルモンや女性ホルモンの分泌量は、年齢を重ねるにつれて減少していきますが、大人の女性でも一定量は分泌され続けます。ですから、思春期の女性だけでなく、30~40代の女性であっても睡眠はとても重要なのです。

バストアップするための対策方法

young asian woman in the bed room
1.バランスの良い食事を摂る
2.過度なダイエットをしない
3.良い姿勢を保つ
4.体が冷えないようにする
5.タバコを吸わない
6.質の良い睡眠をとる

まとめ

以上、バストアップしない原因について調べてきましたが、いかがでしたか。

この中であなたに思い当たる原因が1つでも見つかったなら、さっそく今日から改善していきましょう。そして、憧れの女性らしいふくよかなバストを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク