青汁とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青汁とは、緑葉野菜の絞り汁のことを言います。

戦後の食糧難に誕生した青汁ですが、現代では野菜不足の解消・生活習慣病の予防・美容やダイエットなど、手軽に豊富な野菜成分を補給できるとして人気の高い健康食品です。

以前は「まずい」と言われた青汁も、時代とともに味や形状も見直され、これまで野菜味で液体だけだった青汁は、抹茶味・フルーツ味・ハーブティ味などの様々な味になり、形状は、粉末タイプ・粒タイプ・液体タイプ・ジュレタイプなど、ライフスタイルに合わせて多種多様に変化しています。

また最近では、青汁の代表野菜はケールだけでなく、大麦若葉・明日葉・桑の葉・クマザサなど、様々な原料が使われてるのも青汁人気の理由の一つです。

ステラの贅沢青汁を飲んだ感想とレビュー

ステラの贅沢青汁は、青汁では珍しい「粒タイプ」の粒青汁です。水に溶かすタイプの青汁が多い中、粒で摂れる青汁だなんて画期的ですよね。

粒タイプの青汁の良いところは、

  • 青汁のクセのある味を気にせず飲めるところ
  • サプリメントのように携帯しやすいところ
  • 水に溶かす手間のいらないところ

です。
ステラの贅沢青汁は、美容商品を取り扱う有うアットコスメさんでの口コミでも高評価を得ています。このように評判の良いステラの贅沢青汁ですが、栄養面や安全面、価格などはどうなのでしょうか?

今回は「ステラの贅沢青汁」を実際試して、原料や味、安全性、安く買う方法など、詳しくご紹介していきます(*^_^*)

続きを読む

妊婦も飲める?妊娠中のおすすめ青汁は?

1杯で様々な栄養を摂ることができるのが青汁のメリット。

普段より多くの栄養を必要とする妊娠中には、そんな青汁が強い味方となってくれそうですね。

しかし、妊娠中は青汁を飲んでも大丈夫なのでしょうか?

今回は、妊娠中の青汁について・妊婦さんも飲むことができる青汁について特集します。

続きを読む

目的別に合わせた青汁の選び方

忙しい毎日の健康維持や美容に、手軽に野菜を補えるとして注目されているのが「青汁」です。

しかし、青汁と一口に言っても、使われている原料・味・形状など、種類も見た目も様々ですよね。

まさに星の数ほどある青汁の中で「一体どれがいいのか」「自分に合った青汁はどれなのか」希望通りの青汁を探すことはとても大変なことです。

当サイトでは、青汁を200種類以上試した管理人が、目的に合わせた青汁選び方や、目的別の人気のおすすめ青汁を詳しい説明と共にご紹介しています。

青汁で迷った時は、選び方のご参考にしていただければ幸いです。
続きを読む

青汁の便秘解消効果

女性の多くが悩まされる症状の中でも常に上位にランキングされているのが「便秘」です。

2015年の国民基礎調査によると、女性のおよそ2人に1人が便秘の症状があるという結果が出ています。

便秘は、肌荒れ・ニキビ・むくみ・頭痛など体の不調を引き起こしたり、長く続けば、大腸がんなど重篤な病気の原因にもなります。

便秘解消のための薬は多いですが、できるだけ薬に頼らず、自然なお通じにしたいものですね。

そこで、便秘解消効果があるとして注目されているのが「青汁」です。

青汁には、便秘解消に必要な野菜成分の他、多くの食物繊維がたっぷりと含まれています。

では、便秘解消のためには、どのような原料の青汁をいつ飲めばいいのでしょうか?こちらでは、便秘の仕組みと便秘解消におすすめの青汁を詳しくご紹介します。

続きを読む

青汁に含まれる長命草(ボタンボウフウ)の成分について

長命草(ボタンボウフウ)は、沖縄や九州、千葉県沿岸部などの温暖な海沿いの地域に自生する多年草です。

長寿で知られる沖縄では「長命草(ちょうめいそう)」と呼ばれ、古くから「健康に良い食材」として、料理や民間薬として利用されてきました。

長命草は、ビタミン類・ミネラル類を豊富に含み、クロロゲン酸やルチンといった抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富なところも特徴です。

栄養価の高い長命草ですが、セリ科独特の「苦さ」があり、そのまま食べるのは苦手な人も多いようです。

しかし、最近では、この長命草を粉末にして、お茶のような口当たりにした「青汁」も開発されてきました。

さて、この栄養豊富長命草には、どれほどの栄養成分が含まれ、長命草を摂取することでどのような効果効能があるのでしょうか。

こちらでは、青汁の原料となる長命草の成分や効果・効能など詳しく解説します。

続きを読む

青汁に含まれるクマザサの成分について

クマザサ(隈笹・熊笹・クマ笹)は、古くから民間薬として重宝されてきた植物です。

特にクマザサが濃緑の1年目の若葉から抽出されるエキスの薬効は広く、やけどや切り傷といったものから、胃の調子を整える、高血圧、糖尿病、口臭、風邪などに効果があるとされています。

また、殺菌や防腐効果も高く、日本では笹団子やチマキ、笹寿司などにも利用されてきました。

クマザサには、クロロフィル(葉緑素)やリグニンという木質繊維も豊富なため、がんの予防も期待されています。

このように栄養価が高く優れた薬効を持つクマザサですが、繊維が固く「青汁(粉末)」にすることは難しいとされていました。

しかし、最近では粉末にする技術が発達し、クマザサを含む青汁も増えてきています。

さて、この生命力にあふれ栄養豊富な「クマザサ」には、どれほどの栄養成分が含まれ、クマザサを摂取することでどのような効果効能があるのでしょうか。

こちらでは、青汁の原料となるクマザサの成分や効果・効能など詳しく解説します。

続きを読む

青汁に含まれる桑の葉の成分について

桑の葉は、古くから養蚕地域を中心に生薬として重宝されている植物です。

ビタミン・ミネラル・食物繊維・カロテノイドなどを豊富に含み、漢方では駆風薬(くふうやく)としても用いられてきました。

近年では、血糖値の急上昇を抑える働きがあることから糖尿病などの生活習慣病の予防、ダイエット、腸内環境の正常化などにも効果があるということで注目を集めています。

桑の葉は、これまでは「お茶」として親しまれて来ましたが、最近では葉を丸ごと砕き「青汁」とする飲み方が、桑の栄養が余すところなく摂ることができるので人気が出ています。

さて、この「桑の葉」には、どれほどの栄養成分が含まれ、どのような効果効能があるのでしょうか。

こちらでは、青汁の原料となる桑の葉の成分や効果・効能など詳しく解説します。

続きを読む

青汁に含まれる大麦若葉の成分について

今や青汁の原料としてシェアの半分以上を占めているのが「大麦若葉」です。

大麦若葉とは、私たちが普段パンなどで食べている大麦の若い葉の部分のことです。

この若葉の部分には、ビタミン・ミネラル・食物繊維・酵素が豊富に含まれており、その栄養価の高さからも今や、ケールや明日葉と並ぶ青汁の3大原料の一つとなっています。

大麦若葉が、青汁の三大原料の中でも群を抜いてシェアが高いのは、何と言ってもその「飲みやすさ」にあります。苦さやクセの強いケールや明日葉に比べて、大麦若葉は「抹茶」のような口当たりで飲むことができるんですね。

さて、この栄養価が高く美味しい「大麦若葉」には、どれほどの栄養成分が含まれ、どのような効果効能があるのでしょうか。

こちらでは、青汁の原料となる大麦若葉の成分や効果・効能など詳しく解説します。

続きを読む

青汁に含まれる明日葉の成分について

生命力が強い健康野菜「明日葉(あしたば)」。

「今日、若葉を摘んでも、明日にはまた新しい芽が出てくる」という成長の早さから「明日葉」という名前が付けられたとも言われています。

明日葉は、別名「アシタグサ」「ハチジョウソウ」とも呼ばれており、ビタミン・ミネラル・食物繊維が多く含まれるところからも、ケールや大麦若葉と並ぶ青汁の3大原料の一つです。

さて、この生命力にあふれ栄養豊富な「明日葉」には、どれほどの栄養成分が含まれ、明日葉を摂取することでどのような効果効能があるのでしょうか。

こちらでは、青汁の原料となる明日葉の成分や効果・効能など詳しく解説します。

続きを読む


青汁 カテゴリ一覧

青汁の効果・効能

ダイエット、便秘解消といった青汁の効果効能について解説しています。...

青汁の原料

明日葉、ケール、クマザサといった青汁によく使われている原料についてまとめています。...