ミュゼの体験談!両ワキVライン脱毛完了コースの口コミ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュゼ体験談両ワキVライン脱毛婚活を始めると男性の目を意識するようになって、すね毛や腕毛、指毛や産毛のほかに、今まで気にしていなかったムダ毛が気になるようになりました。

男性と深い仲になった場合(まだなっていない)、ワキ毛やアンダーヘア(陰毛)のVIO脱毛をどうしたらいいのかと悩みます。

ぶっちゃけ世の中の女性はケツ毛のOラインとか陰部の両側のIラインとかどうやって脱毛しているのでしょうか…( ∩ˇωˇ∩)

自己処理の脱毛は肌が黒ずむと言われていますし、脱毛エステサロンに興味はあるものの、倒産した場合や全身脱毛の高額な勧誘をされるのではと心配です。

脱毛サロンはミュゼプラチナムのVラインとワキ毛が100円で何度でも脱毛し放題という美容脱毛完了コースプランが気になっていましたが、一時期経営破たんのニュースで解約騒ぎになっていたのでずっと様子見をしていました。現在ミュゼは株式会社RVHのグループ会社として再スタートして予約も取りやすくなり、安定的な経営にシフトしているようです。(詳しくはこちら→ミュゼ倒産は本当?2016年最新情報と契約金返金の体験談

ミュゼの経営状態が悪くなっても、無制限脱毛は他の契約をしない限り絶対に損はしないので、「100円で脱毛し放題という赤字覚悟のプランは利用しないと逆に損なのでは…?」と思い、実際に予約してワキ毛とVライン脱毛を体験レポートしてみる事にしました。

今回はVIOやワキ脱毛の自己処理方法、ミュゼで話を聞いたVIO脱毛のメリット、皆が脱毛エステサロンで脱毛施術する理由、裏事情などを調査してみました。

目次

VIO脱毛とはデリケートゾーンの脱毛

VIO脱毛とは
まずはVIO脱毛を知らない人のために、軽くVIO脱毛の内容を説明させて頂きます。

  1. Vラインとはどこ?…デリケートゾーンの上部の陰毛
  2. Iラインとはどこ?…陰部の両サイドに生えている陰毛
  3. Oラインとはどこ?…肛門周りに生えている陰毛

これらをまとめてVIO脱毛と呼びます。脱毛エステサロンではアンダーヘアを全部脱毛する「ハイジニーナ」と呼ばれる脱毛方法もありますが、アンダーヘア全体を薄くして形を整える方法が一般的です。それでは、私がミュゼで「両ワキVライン脱毛完了コース」の脱毛をした体験談を紹介します。

ミュゼでワキ毛とVライン脱毛した体験談

ミュゼ体験談
ミュゼで脱毛をしてみたいものの、Vラインを脱毛してもらうのってやっぱり恥ずかしいです(/ω\)脇脱毛は剃った状態で脱毛してもらうので大丈夫なのですが、Vラインって女性同士でも見られるのはちょっと恥ずかしいですよね。

しかし「100円で脱毛してもらえるなら我慢しよう」とミュゼのカウンセリング予約しました。(※ミュゼは店内撮影NGなので脱毛している写真などはイメージ画像になります)

カウンセリングの申し込み方法

ミュゼカウンセリング申し込み方法
ミュゼの無料カウンセリングはミュゼ公式ホームページからネット予約できます。予約の流れは以下のとおりです。

  1. 都道府県を選ぶ
  2. 日付を選ぶ
  3. 時間帯を選ぶ
  4. 空き状況を検索する
  5. 1人で予約か2人で予約かを選ぶ
  6. お客様情報の入力
  7. アンケート(希望部位・申込みのきっかけ)

とっても簡単に予約できるので、予約の取りやすさも体験できると思います。WEB予約限定割引がある場合が多いので、電話よりネット予約をオススメします。キャンペーン内容は随時変更されるので、以下の公式ページをご確認ください。

ミュゼカウンセリング予約ホームページ
ミュゼ公式HP

カウンセリング当日の流れ

パソコンをする女性
当日はカウンセリングのみで脱毛はしません。お店に入ると待合室に案内され、次に個室のカウンセリングルームに案内されます。

カウンセリングルームの机には小さいノートパソコンが置いてあって、お店の注意事項の説明を読んで、アンケートにチェックするように案内されました。

アンケートの入力が終わると、担当の店員さんが脱毛の仕組みや脱毛の注意事項、不明な点に答えてくれます。次に脱毛する日はアプリで行うので、当日はわからないことや脱毛に関する悩みをクリアにして終了という感じでした。

最後に契約書にサイン押印して、お金を支払います。私は両ワキVライン脱毛完了コースに好きな場所を1回脱毛できるプランを追加して1,000円でした。安い!

予約の取りやすさがアプリで改善

ミュゼ予約の取りやすさ
カウンセリング後、脱毛の日の予約はアプリで行うのですが、すごくスムーズに予約することができました。

ミュゼといえば「全然予約が取れないけど安いからしょうがない」という口コミの印象が強かったのですが、今はアプリの導入によって予約の取りにくさが解消されたのを実感しました。

店舗にもよるかもしれませんが、私が通っているミュゼプラチナムは当日、遅くても3日以内ならすぐに予約を取ることができます。これは予定が変わりやすい人にとっては、大変ありがたいシステムです。

ミュゼのお店の雰囲気

ミュゼお店雰囲気
ミュゼのお店の雰囲気は、白とベージュの木目調をベースにした清潔感のある店内でした。壁にはチラシがたくさん貼って合って、ウォーターサーバーで自由にお水が飲めるようになっています。

ミュゼオリジナルの日焼け止めや、脱毛後すぐに塗ることができるクリームのサンプルも置いてあって自由に試すことができました。

脱毛する部屋はドア付の個室ですが天井は繋がっていて、脱毛の光や「ピッ、ピッ」という音と店員さんとお客さんの話し声が聞こえてきます。カウンセリングルームも個室ですがドアがカーテンになっていて、机を挟んで向かい合わせで4人座れるくらいの広さです。

ミュゼの店内は全体的に狭いという印象はなく、きれいでゆったりしたほどよい空間という感じです。

ミュゼスタッフ(店員)の対応とオリジナル商品

ミュゼ対応接客
ミュゼの店員さんは20~30代の女性で、白色のワンピースを着ています。きちんと髪をまとめていて清潔感がある印象でした。

接客も笑顔でとても感じがいいです。話し方も敬語で馴れ馴れしくない接客態度だったので、とても好感を持ちました。待合室では膝をついて話しかけてきたり、「不明な点はありませんか」と聞いてくれたりしてくれるので、接客のマニュアルがちゃんとしているんだなと思います。

ミュゼスタッフ対応

カウンセリング当日はVライン専用のプレートや、化粧品のサンプルをいくつかもらいました。特に勧められませんでしたが、それほど高い値段ではなかったので、ミュゼ専用の電気シェーバーと脱毛後に使用できる日焼け止めも購入しました。

サロンのオリジナル商品と聞くと、価格を上乗せしてぼったくられるイメージだったのですが、電気シェーバーが3,500円、日焼け止めクリームやボディクリームは2,000円で購入できたので、脱毛エステサロンにしては良心的な価格だと思いました。

シェーバーはミュゼでも残り毛の処理用に同じものを使用しています。見た目も可愛いですし、体に沿ってヘッドが曲がるのでなかなか重宝しています。脱毛後すぐ使用できる日焼け止めクリームはすごく潤うのでオススメです。

脱毛できない場合の注意事項

ミュゼ脱毛できない条件
カウンセリングルームでは注意事項の説明をノートパソコンでチェックしていきます。

脱毛できない体調や条件

  • 来店ペースは2カ月以上期間を空ける
  • 他店で脱毛した場合は3カ月以上期間を開ける
  • 来店の前日または当日に電気シェーバーやカミソリで自己処理する
  • 当日は薬の服用を控える(前後8時間服用がある場合は脱毛不可)
  • 予防接種を受けた場合は前後10日脱毛できない
  • 生理中はデリケートゾーンの脱毛不可
  • 飲酒は前後12時間控える
  • 脱毛部分の日焼け止め・化粧・制汗剤の使用不可
  • 1ヶ月以内に挙式・ウェディングフォトの予定がある場合は脱毛不可

脱毛できない体の場所

  • インプラント、唇側の歯列矯正装置は鼻下・あごの脱毛不可
  • シミ・ホクロ・傷・傷跡のある部分は脱毛不可
  • 金属が入っている部分から20cm以内は脱毛不可
  • タトゥーから5cm以内は脱毛不可

ウェデングドレスを試着して「背中の空いたドレスを着るからうなじと背中脱毛しよう」と思う人は多いかもしれませんが、1ヶ月以内に挙式・ウェディングフォトの予定がある場合は脱毛できないので、式場を決めた後だと脱毛は間に合わないかもしれませんね。

他にも体質や年齢によって脱毛とは関係なくシミができる場合がある点や、毛質によってまれに毛が濃くなる場合があるという注意事項もありました。体質や年齢によってシミができるのは当たり前のことですが、脱毛することによって色んなクレームが起こるんだなぁと感じました。

両ワキ+Vライン脱毛の体験談

両ワキ+Vライン脱毛の体験談
ミュゼの脱毛体験を簡単に説明すると、まず個室に入ったらブラジャーと靴下以外すべての衣服を脱いで、使い捨てショーツと胸の上で止めるタイプのバスローブを体に巻きます。

衣服や下着、靴、荷物はロッカーに入れて鍵をかけ、ベッドの上に敷いてあるビニールシートの間に入れるので防犯面は安心です。脱毛の流れを簡単にまとめました。

ミュゼの脱毛の流れ

  • 残り毛と脱毛範囲のチェック
  • サングラスをつけてもらう
  • 拭き取り
  • Vラインや毛が濃い場合は脱毛部位を冷却パッドで冷やす
  • ジェルを塗る
  • 滑らせるように脱毛する
  • ジェルを拭き取る
  • ミルクローションを塗る
  • 脱毛部位を冷却パッドで再度冷やす
  • 拭き取りサングラスを外す

残り毛があった場合は、ミュゼオリジナルの電気シェーバーで無料で剃ってもらえます。

Vラインはテンプレートをアンダーヘアに当てて、水性マジックで線を直接肌に書かれます。そして「ここから外を処理させていただきますね」とお互い見て確認します。最初は少し恥ずかしくて「あ、はい」としか言えませんでしたが、2回目以降は特に何も思わなくなってきました。恥ずかしさは意外と慣れるものですね(笑)

ミュゼのS.S.C.方式の美容脱毛コースの痛みはビックリするほどありませんでした!Vライン脱毛もほんのり温かいと感じる位で全然熱さや痛みを感じません。

脱毛のスピードもフラッシュが連続で光るので、スーッと撫でるだけで脱毛できてしまいます。脱毛時間は両ワキ1分、Vラインで1分という感じで、本当にあっという間に終わります。ジェルを塗ったり、冷やしたりする時間もあるので全体の時間は全部で20分くらいですが、それでも早いです!

ミュゼのイマイチだった点

ミュゼイマイチ
脱毛でイマイチな点は、アイスノンのような冷却パッドでVラインとワキを冷やすのですが、すごく冷たいので寒い季節の秋冬はちょっと嫌だなぁと思いました。しかし肌の炎症や痛みを少しでも和らげるためなので、しょうがないですよね。

あと、Vラインのテンプレートが結構大きいです!よっぽど剛毛の人でない限り、Vラインで脱毛できる毛は少ないと思います。まあ安いので文句は言えないですけど…( ´◕㉨◕)

ミュゼのVライン脱毛し放題のキャンペーンは、VIO脱毛を考えている人にとっては恥ずかしさに慣れるリハビリと思えばいいかもしれませんね。

ミュゼの脱毛効果

ミュゼの脱毛効果に関しては、痛みもなく毛穴からスルッと抜けた毛もあったので、効果はあると思います。

私が契約した時は、好きな部位の脱毛が1か所無料のキャンペーン中だったので腕の毛を脱毛してもらったのですが、正直1回では効果がよくわかりませんでした。せめて同じ個所を2回受けられるキャンペーンがよかったなと思います。

Vラインとワキの毛は太いので、完全に生えなくなるまでの回数は多い人だと20回以上かかるそうです。期間にすると3年以上なので1~2回で効果を実感するのは難しいかもしれませんね。

ミュゼはビックリするほど勧誘しない

ミュゼ勧誘ない
100円で脱毛し放題なんて安すぎるので、絶対に通うたび勧誘されると思っていました。

3回ミュゼへ脱毛に通いましたが、全く勧誘してきません。どうですかとも聞かれませんし、毎回普通に脱毛して終了です。

勧誘されなさ過ぎて逆に申し訳なくなってきます。毎回ウォーターサーバーの水を飲んじゃいますし、ミルクローションもジェル代も人件費もかかっているのに、100円で永久的に脱毛し放題なので、私に関してはミュゼは絶対に赤字だと思います。

追加の契約については、確実な脱毛効果を実感するまでまだ考え中です。効果を確認してから契約できるので、ミュゼのキャンペーンは本当に太っ腹ですよね。でも脱毛する毛がなくなってしまったら、他の脱毛もしたくなってしまう気がしています。次に契約するならIラインとOラインかなぁ( ∩ˇωˇ∩)

しかし、世の中の女性はVライン以外のIラインとOラインの自己処理はどうしているのでしょうか?IラインとOラインのベストな自己処理の脱毛方法を調べてみる事にしました。

VIOとワキ毛の自己処理方法

VIOワキ毛自己処理方法
VIOとワキ毛の自己処理方法はいくつかありますが、中には肌の黒ずみを悪化させたり、毛穴を傷つけて炎症を起こす処理方法もあります。正しいムダ毛の自己処理方法を紹介します。

脱毛クリーム・除毛クリーム

脱毛クリームで毛が抜けるしくみは、毛を溶かす「除毛」という方法です。

脱毛クリームのメリットは、脱毛後の毛先が溶けて丸くなるためチクチクとした処理後の刺激が起こらないことです。しかし、デメリットとして毛根が太く根深い場合はゴマのようにポツポツと残ってしまう場合があります。一時的な処理になるので、すぐにまた生えて元通りになるのもデメリットです。

脱毛クリームはワキ毛には使用できますが、VIOなどのデリケートゾーンには刺激が強いため、基本的には使用することができません。しかし、最近はデリケートゾーンにも使用できる脱毛クリームがあるので試してみる価値はありそうです。

電熱線で焼く

ハンディータイプの電熱線で毛を焼き切るトリマーやカッターがあります。Vラインを整える Vライントリマーやヒートカッターなどの商品です。

熱で陰毛を切るメリットは、毛先が丸くなるためチクチクとした刺激や下着の毛の突き出しが起こらないことです。Vラインの形を整えたいだけの人には手軽な処理方法ですね。

デメリットは少量ずつしかカットできない点や、毛が焼ける匂いが臭い点です。基本的に毛先だけのカットになるため、量を減らすだけで根元から綺麗に脱毛することはできません。

カミソリで剃る

カミソリでVIOやワキ毛を剃るのは手軽ですが、凹凸があるため怪我をする危険性があります。重ね剃りや毛の流れに逆らって剃る逆剃りは、肌や毛穴を痛める原因になるので、しないようにしましょう。

カミソリの正しい剃り方はシェービングフォームをたっぷりと塗り、毛の流れに沿って優しく剃るようにしましょう。IラインとOラインは奥から手前に向かって剃ります。

カミソリの刃は清潔なものを使い、よく切れるものを使用しないと皮膚が赤く腫れたり、色素沈着、細菌感染を起こす可能性があります。お風呂場や洗面台に置きっぱなしにしておくと、刃がサビてしまったり、菌が繁殖する原因になるので注意しましょう。

カミソリによる脱毛は毛根が残りやすく、次の日には生えてしまうため、何度も処理することになります。肌に蓄積されたダメージによって黒ずみや色素沈着を起こしやすくなるため、カミソリによる脱毛方法はオススメしません。

毛抜きで抜く

ムダ毛を毛抜きで抜いた経験がある人は多いかもしれません。毛抜きで抜く時に毛穴に逆らって抜いたり、毛穴に与えるダメージによってさまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。毛を抜くことによるトラブルをいくつか紹介します。

  • 埋没毛…皮膚に埋まった状態で毛が伸びる
  • 毛嚢炎…毛根内部に細菌が侵入して起こる炎症。跡が残ることも
  • 色素沈着…毛穴の刺激でメラニン色素が生成されて色素沈着を起こす
  • 黒いポツポツ…毛穴が広がることによって起こる
  • 出血…成長期の毛は毛細血管から成長しているため出血する時がある
  • 痛み…成長期の毛は毛細血管の近くに神経があり痛みを感じやすい

毛抜きで抜くメリットは手軽でしばらく生えてこなくなることですが、埋没毛になってしまったり、毛穴が広がったりと毛穴へのダメージは深刻です。毛抜きの脱毛を繰り返すのはオススメしません。

シェーバーで剃る

シェーバーはカミソリと違って肌を傷つけにくい構造になっています。手軽にササッと剃ることができますし、長さや形を整えたりできるのがシェーバーのメリットです。

しかし、シェーバーで剃った後に毛穴に残った毛がポツポツと見えたり、短く毛が残ったりして仕上がりがすべすべにならないなど、剃り残しが起こりやすいのがシェーバーのデメリットです。すぐにまた生えてくるのでしょっちゅ剃らなければいけません。

入浴後は毛が柔らかくなってシェービングしやすくなります。シェービングは手軽で安全にVIO脱毛ができるのでオススメです。しかし、肌に優しいからと同じ部分を何度も往復させると、赤身や痒みが出る事があるので注意しましょう。

ワックス脱毛で剥して抜く

ワックス脱毛とは脱毛専用のワックスを肌に直接塗り、一気に剥すことによってムダ毛を根元から脱毛する方法です。根元から抜くことができるので効果が2~3週間ほど長持ちしますが、かなりの痛みがありますし、内出血が起こるなど肌の負担がかなりあります。

ワックス脱毛が使用できる部位は眉毛や鼻の下のひげ、わき毛、脚、腕、背中の産毛、ビキニラインなどの部位が基本的ですが、VIO脱毛にも使用できるブラジリアンワックスという商品があります。ワックス脱毛は角質が厚くなっている箇所については角質が除去されて綺麗な肌になったり、黒ずみや日焼けした肌にも使用できるというメリットがあります。

ブラジリアンワックスは脱毛エステサロンやブラジリアンワックス専門店で脱毛してもらう方法と、通販して自分で脱毛する方法があります。しかし、VIOはデリケートな部分なので皮膚が薄く細菌などが入りやすいため、炎症を起こすと化膿してしまう可能性があるのがデメリットです。VIOをワックス脱毛するのは手軽ですが、痛みを伴い、肌を傷つけるリスクがあるのに2~3週間で元通りなのであまりオススメしません。

脱毛エステサロンの脱毛方法

脱毛サロンワキ毛VIO脱毛メリット

フラッシュ脱毛・光脱毛

ミュゼの脱毛はジェルの上からフラッシュを当てて脱毛する S.S.C.方式のフラッシュ脱毛です。

フラッシュ脱毛(光脱毛)のメリットはムダ毛全体を細く、薄くすることができることです。デメリットはムダ毛処理の度に全剃りをしないといけない点です。

  • 費用の相場…安いが回数が必要
  • 痛み…黒ずみが濃いほど火傷のリスクあり
  • 脱毛時間…早い
  • 回数…12~18回
  • 粘膜部分…脱毛できない
  • 白髪…脱毛できない

レーザー脱毛

レーザー脱毛とは黒い色素のみに反応する特殊なレーザー光を使用した脱毛方法です。脱毛効果が高いのですが、照射面積が狭く、痛みも強いのが特徴です。

  • 費用の相場…高い
  • 痛み…痛い黒ずみが濃いほど火傷のリスクあり
  • 脱毛時間…遅い
  • 回数…6~12回
  • 脱毛期間…半年~1年
  • 粘膜部分…脱毛できない
  • 白髪…脱毛できない

ニードル脱毛

ニードル脱毛とは毛穴に1本ずつ絶縁針を入れて、電流または高周波で毛乳頭を破壊する脱毛方法です。1回で永久脱毛が可能です。

ニードル脱毛は本数または時間によって料金プランが設定されています。ニードル脱毛の料金相場は15分で7,000~15,000円程度です。本数が少なければ早く安く永久脱毛をすることが可能ですが、本数が多い人には割高になります。

ニードル脱毛のメリットは光脱毛では時間がかかる太い毛のVIOやワキ毛が1回で処理できることと、白髪や粘膜部分まで脱毛することが可能なことです。

ニードル脱毛のデメリットは1本ずつ処理するため脱毛時間が長いことと、毛根を壊すため毛穴が赤くなって腫れたり、火傷の炎症が起こる可能性が高いことです。ニードル脱毛の痛みの強さは場所によって違い、濃く太い毛ほど激痛になります。施術者の技術によって痛みや施術時間が左右されるのもデメリットです。クリニックなら注射やクリームなどの麻酔が使えるので、痛みに弱い人でも利用することが可能です。

  • 費用の相場…本数が多いほど高い
  • 痛み…痛みが強く、炎症が起こりやすい
  • 脱毛時間…1本ずつ処理するため遅い
  • 回数…6~12回
  • 期間…半年~1年
  • 粘膜部分…脱毛できる
  • 白髪…脱毛できる

陰毛やワキ毛の役割となくすデメリット

陰毛やワキ毛役割なくすデメリット
陰毛を永久脱毛するデメリットはあるのでしょうか。本来何かの目的があって陰毛は生えているのでは…と考え、アンダーヘアやワキ毛の役割を調べてみました。

陰毛とワキ毛のメリット

  1. クッション効果…性器を衝撃や刺激から守る
  2. 保温効果…冷えから守る
  3. 性感染症の予防…ウイルスや細菌から性感染症を防ぐ
  4. フェロモン…フェロモンをを空気中に拡散する
  5. ワキ毛…ワキ汗が流れるのを防ぐ
  6. 性感帯の役割…性的刺激が高まると陰毛が立つ

他にも陰毛がなくなることによって、温泉に行く時に恥ずかしいと感じたり、生理の時に横漏れしやすくなったり、冷えやすくなったことによって生理痛が悪化するデメリットを感じる人もいるそうです。

しかし、私はワキ毛を残しておくメリットはそんなにないかなと思いました。フェロモンの拡散とか今の時代、関係ないと思います。陰毛は全部なくすことに抵抗はありますが、冷えから守るのは衣服や下着でもカバーできますからね。( ˘ω˘)続いて、ワキ毛やVIO脱毛をするメリットも紹介します。

脱毛サロンでワキ毛やVIO脱毛をするメリット

脱毛メリット
脱毛エステサロンは肌を痛めずに脱毛できるメリットがありますが、自己処理では完璧にできないワキ毛やVIO脱毛が終了した後はさらに以下のようなメリットがあります。

ワキ毛やVIO脱毛を脱毛するメリット

  1. 下着や水着から毛がはみ出ることがなくなる
  2. 男ウケがよくなる
  3. かぶれにくくなる
  4. 匂いが減少する
  5. Hの快感が増す
  6. 排泄物が毛につかないので衛生的
  7. 生理の経血が毛につかない
  8. チクチクした刺激がなくなる

60代の人は将来、自分が介護される時に煩わしくないようにと脱毛に来るそうです。陰毛が白髪になると脱毛エステの光脱毛はできなくなってしまうので、そういった事情も後押ししているみたいですね。

Vラインの人気の形と長さ

Vライン人気の形長さ
Vラインの形はどうしていますか?Vラインの毛の長さは一般的に3cmくらいが自然だと言われています。アンダーヘアのいろんな形も調べてみました。

  • 逆三角形型
  • オーバル型・卵型・楕円形
  • 台形型・スクエア型
  • Iライン型・長方形型
  • ハート型
  • スター型
  • ハイジーナ型・無毛型

Vラインの形で人気なのは自然な卵型のオーバル型だそうです。ハート型やスター型もありますが、年齢とともに違和感が出そうなので冷静に考えた方がいいかもしれません。

ミュゼで脱毛した人の口コミ

ミュゼで実際に脱毛した人の口コミを集めてみました。回数を追うごとに効果を実感する人が多いみたいですね。

1回でミュゼの脱毛効果を実感できる人もいれば、3回目くらいで効果を実感できる人もいます。毛の太さが違うので個人差があるようです。

まとめ

ミュゼまとめ
結果的にミュゼでワキ脱毛とVライン脱毛を申し込んだのは、勧誘もなくかなりお得だったのでよかったと思います。デリケートゾーンをカミソリで剃るのは肌を痛めたり、黒ずみの原因になるのでやめようと思いました。

毛を剃る頻度が高い人は脱毛する時間が短縮できるので、脱毛エステサロンを利用することは「自分の時間を増やす投資」になると思います。

VIO脱毛は自分だけしか見ない場所だしどうでもいいやと思っていましたが、今後妊娠して出産する時や、介護される時など、どうしても人に見られる機会があり、気になってしまう場所でもあります。

特に妊娠中は体を冷やすことが厳禁ですし、脱毛エステに通うこともできないので、将来的に結婚と出産を考えている人はVIO脱毛のメリットを感じることは大きいかもしれません。

VIO脱毛は最初は恥ずかしいですが、お店の雰囲気に慣れると恥ずかしさも和らいできます。「VIO脱毛は恥ずかしいけど興味はある」という人にミュゼの両ワキVライン脱毛完了コースは入門編としてオススメです。

ミュゼカウンセリング予約ホームページ
ミュゼ公式ホームページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

Categories: 美容

美容カテゴリ 最新記事

キャビスパRFコアEXを使ってみた口コミと自宅キャビテーションの効果

セルライトを減らしたいけどお腹周りや、下半身の脚・太ももの脂肪はなかなか落ちにくいですよね( ∩ˇωˇ∩) キ […]

コンブチャクレンズの効果!1週間で2キロ痩せた体験談

みなさんはハワイで大ブームになっているダイエットドリンクKOMBUCHA(コンブチャ)を知っていますか? コン […]

肌のハリがない原因は?たるみのない肌を取り戻す方法

30代後半になり、顔の頬に少しずつ現れるほうれい線の影におびえています。ひなみです。 お肌にハリがなくなると、 […]

背中ニキビの原因と治し方!予防法と背中ニキビ跡を治す方法

可愛いワンピースを試着したら背中にいっぱいニキビができたブスが鏡にいて、店員さんに「サイズが合わなかった」と言 […]

自宅で首イボを治す方法!首いぼの原因と皮膚科治療の体験談

あなたの首回りに吹き出物のようなブツブツはありませんか?実はそれは首イボかもしれません。どんなに綺麗な人でも首 […]

ひなみ

本気で痩せる気はあるのに横になっていたい乙女心。
アラサー独身。趣味は漫画を読むこと。
食べることが大好きなので、簡単ヘルシーなレシピを考えたり作るのが好きです。
楽に痩せられるらくやせダイエット方法を日々模索中です。

ひなみ – who has written posts on ひなみのダイエットは明日から.