体臭の原因をチェック!体臭や加齢臭を消す改善方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

体臭原因をチェック
普段自分の体臭が気にならなくても、汗をかいた後などに体臭を感じる人は多いのではないでしょうか。

自分の体臭はわかりにくいものです。汗をかいた後だけでなく、実は普段から体臭があることに自分だけが気が付いていないかもしれません。

体臭や加齢臭はなぜ起こるのか、どうすれば体臭を改善できるのか、ニオイの原因や対策方法を調べてみました。体臭が気になる人は是非参考にしてみてください。

目次

体臭・加齢臭のセルフチェックリスト

体臭・加齢臭のセルフチェックリスト
自分では気が付かない体臭や加齢臭があるかもしれません。

自分の体臭が気になる人も、気になっていない人もまずはセルフチェックしてみましょう。

□肉類をよく食べる
□甘いお菓子やスナック菓子が好き
□毎日お酒を飲む
□タバコを吸う
□あまり運動をしない
□ストレスが多い
□睡眠不足だ
□汗をよくかく
□お風呂には浸からずにシャワーのみだ
□枕がにおう
□40歳以上だ

チェックが多いほど、体臭や加齢臭を発している可能性が高くなります。
皆さんはどのような結果になりましたか?

体臭と加齢臭の原因と違い

自分の体臭や加齢臭を改善するためには、原因を知ることが大切です。なぜ体臭や加齢臭は起こるのか、見ていきましょう。

体臭の原因

エクリン腺とアポクリン腺から出る汗の特徴
体臭の一番の原因は汗です。汗臭いとは言いますが、実は汗そのものは無臭です。

汗をかくと皮膚表面にいる細菌によって、垢や皮脂と一緒に分解、酸化されます。この時の臭いが汗臭さとなって発生します。

脇や足は皮膚の常在菌が多く、汗を分泌する腺も多くあります。また蒸れやすい場所なので雑菌が繁殖しやすく臭いが発生しやすいです。

加齢臭の原因

加齢臭の原因
加齢臭の原因は、1999年に資生堂の研究によって発見された「ノネナール」というニオイの原因物質です。

皮脂の中にある「9-ヘキサデセン酸」が過酸化脂質によって分解されることによって「ノネナール」という臭いの成分を発生させます。

40歳前後になると体から分泌されるノネナールという成分が、独特の臭いである加齢臭の原因となっているのです。

加齢臭は生活習慣によって臭いの強さも変わり、アルコールを飲む人やタバコを吸う人は臭いが強くなる傾向があります。

体臭と加齢臭の違い

体臭と加齢臭の違い
体臭は体から出る臭いのことで、臭いが強いか弱いかの違いはありますが誰にでもあるものです。ワキガ臭や足の臭いなども体臭ですが、汗をかいたことで発生する臭いを体臭と言うことがほとんどです。

体臭は人によって臭いも異なり、酸っぱい臭いや納豆、生魚のような臭い、腐敗臭などの刺激臭などの場合もあります。これにより、周囲の人が不快な臭いと感じる事もあります。

基本的には、清潔にしていれば体臭は改善されます。汗をかいたときはきちんと体を拭くことやシャワーを浴びることで体臭はかなり抑えることができます。

一方、加齢臭は年を重ねるごとにきつくなる体臭のことで、40歳を過ぎたころから臭いを感じる人が多くなります。加齢臭も体臭ということになりますが、臭いを発生させる原因が異なります。また臭いはロウソクやブルーチーズ、古くなった油のような臭いと言われ、耳の裏や首筋などから臭いを発生させます。

枕が黄ばんでしまうのも加齢臭のせいで、朝起きて枕が臭う人は加齢臭だと思っていいでしょう。

加齢臭も清潔にすることが大切ですが、体臭と違いシャワーを浴びたくらいでは臭いは改善されません。お風呂に入った際は、しっかりと丁寧に洗うようにしましょう。

エクリン腺とアポクリン腺から出る汗と特徴

エクリン腺とアポクリン腺から出る汗と特徴
汗が出る目的は体温調節をするためです。汗腺から水分を出して、蒸発する事で体温を下げます。

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類がありますが、それぞれの汗腺から出る汗は特徴が異なります。

エクリン腺

エクリン腺は全身にあり、ここから出る汗は生理的な現象により排出されます。発汗の主な要因は次の3つです。

発汗の主な要因

  • 運動や発熱時など体温調節をするため
  • 緊張や不安、自律神経の乱れなど精神的な作用
  • 刺激物や熱いものなど飲食時
  • 汗腺が正常に機能している場合は、汗自体は無臭で、サラサラとしています。

    しかし、汗腺の機能が低下してくるとベタベタした汗が排出され、これが体臭の原因となります。

    これは運動をする事で改善されます。汗腺が鍛えられサラサラとした汗が排出されるようになります。

    アポクリン腺

    アポクリン腺は、ワキの下や陰部、耳の下、肛門、乳輪など存在する場所が限られています。

    汗は白っぽく粘り気があり、ここから汗が排出されるとワキガ臭が発生します。

    思春期ごろからアポクリン腺は大きくなり、老いてくると小さくなります。ワキガ体質の人はこのアポクリン腺が大きく、数も多い傾向にあります。また、脇が臭う場合は、デリケートゾーンのワキガである「すそワキガ」である可能性もあります。

    ワキガ対策として、食事制限をしたり専用の制汗スプレーを使う方法が一般的ですが、病院の手術によってアポクリン腺を減少・除去する治療法もあります。

    体臭や加齢臭が起こる年齢

    できるだけ少なくしたい体の臭いですが、体臭や加齢臭の強さは年齢によって違いはあるのでしょうか。何歳から臭いが強くなっていくのか調査しました。

    体臭が起きる年齢

    体臭が起きる年齢
    体臭は体から出る臭い全般のことを言うので、年齢に関係なく発生します。

    体臭は年齢ではなく、汗をかきやすい人や太っている人は体臭が発生しやすいです。また、女性よりも男性の方が男性ホルモンの関係で体臭がキツイと言われています。

    年齢に関係ないので、小さい子供でも汗臭いなどの体臭を発生させることはありますが、年を取った人ほど体臭は強くなっていきます。

    高齢になると、内臓が機能低下していきます。そのため、本来分解されるはずのアンモニアが汗と混ざりアンモニア臭が発生したり、唾液の分泌量が減り口臭が強くなったりします。

    加齢臭が起こる年齢

    加齢臭が起こる年齢
    加齢臭は男性だけではなく女性にも起こります。更年期障害が加齢臭の原因になるからです。

    男性の場合は、ノネナールの分泌が多くなる40歳代から、女性は皮脂量の調節をおこなっている女性ホルモンのバランスが急に崩れる45歳位からの更年期に加齢臭が強くなっていきます。

    以前は、男性の加齢臭が起こる年齢は50歳代くらいからと言われていましたが、食生活の欧米化やストレスや喫煙によって、加齢臭が起こる年齢も低くなってきました。

    また、最近になり加齢臭とは違い、肝機能の低下により酸っぱい臭いのする「疲労臭」、30歳~40歳代の男性から発生する「ミドル脂臭」というのも発見され、新たな臭いの原因として注目されています。

    体臭や加齢臭が起こる病気

    患者の症状を聞く医師
    病気でも体臭や加齢臭が起こります。シャワーやお風呂にきちんと入り、体を清潔にしていても体臭が消えないようであれば病気かもしれません。

    体臭を発生させる病気にはどのようなものがあるのでしょうか。

    糖尿病

    糖尿病
    糖尿病になり血糖のコントロールがきかなくなると、臭いの強いケトン体という物質が発生します。ケトン体は血液に取り込まれてアセトンという物質になり、一部が汗になって出てきて体臭や口臭となって臭いを発生させます。

    糖尿病の人の体臭は、甘酸っぱい臭いやリンゴが腐ったような臭いになります。

    糖尿病ではない健康な人でも、過度なダイエットをしてエネルギー不足になった場合は同様の臭いがします。独特の甘酸っぱいダイエット臭がし、口臭として現れる事もあるのです。このような場合はしっかりと栄養バランスのいい食事を取るようにしましょう。

    腎臓病

    腎臓病体臭
    腎臓の機能が低下すると尿が出にくくなり、毒素や老廃物が体の中にたまってしまい血液中の毒素の濃度が高くなります。

    尿で排出されなかった毒素が汗に混じって出てしまうため、体臭がおしっこのような臭いになるのです。

    腎臓病は自覚症状がありませんが、早期発見することによって腎臓の機能の低下を防いだり、遅らせたりすることが可能です。家族や友人の体臭からおしっこのような匂いがした場合は、腎臓の病気を疑ってみてください。

    胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍

    胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍体臭
    胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍胃腸などの病気になると、食べたものがうまく消化できなくなり消化不良を起こします。その時に食べ物が胃酸によって発酵し、臭いが発生します。

    その匂い物質が血液に溶け出すと、卵が腐ったような体臭を起こします。

    肝臓病

    女性のおなか
    肝臓には有害な毒素を分解させる解毒作用や、においの物質を分解させて臭わなくする働きがあります。

    肝臓の機能が低下すると、食べ物に含まれる臭い物質が分解できなくなり、血液に溶け出してしまいます。その一部が汗と一緒に体の外に排出されると、体臭が発生します。

    肝臓病の機能が低下した時の体臭は、ドブやカビのような独特な臭いになります。

    便秘

    便秘
    便秘のため便が体の外に排出されないと、悪玉菌が腸の中で増殖して有害物質や、臭いがきついガスなどが発生します。

    これらのものが、血液の中に入って汗と一緒に体の外に排出されると、便の腐敗臭のような体臭になります。

    脂漏性皮膚炎

    http://rakuyase-diet.jp/hinami11/wp-content/uploads/sites/4/2016/08/bsMAX85_yacchimatta14095526.jpg
    脂漏性皮膚炎になると皮脂が炎症を起こしてしまい、カサカサして赤くなり痒みがでてきます。

    皮脂の多い顔や頭皮、胸、わきの下などで起こることが多く、フケのようなものがたくさん出ます。皮脂が過剰に分泌されるので、脂っぽい皮脂臭が発生します。

    魚臭症(トリメチルアミン尿症)

    魚臭症
    食べたものを消化する際に発生するトリメチルアミンが肝機能の低下などによって分解されずに、汗と一緒に出てしまい体臭となります。

    魚臭症は代謝異常の病気の一つであり、トリメチルアミンを分解する酵素が遺伝により先天的に欠如している病気だと考えられています。

    トリメチルアミンは魚の腐ったような臭いを持っているため、体臭も魚臭い臭いになります。

    制汗剤とデオドラント剤の違い

    汗をかいた後にシュッと制汗スプレーを使う人も多くいると思います。ドラックストアに行くと、制汗ケア用品として多くの種類の制汗剤やデオドラント剤が同じ場所に売っています。

    どちらも同じものだと思われがちですが、実はこの二つの商品は、用途や成分などが違います。自分の目的に合わせてこれらの商品をうまく使えば、汗や臭いの悩みが軽減させることが可能です。

    制汗剤は汗を抑える

    制汗剤は汗を抑える画像
    制汗スプレーなどでお馴染みの制汗剤は、汗を抑える目的のために作られたものです。制汗剤をつけることにより、毛細血管を収縮させて、汗対策をする事ができます。

    また、汗の吸収成分が入っているので肌のベタつきをなくしサラサラにしてくれます。

    制汗剤の主な成分は、汗を抑える「収れん剤」と汗を吸収する「吸収剤」ということになるので、消臭スプレーとしての効果は弱めです。しかし、汗と臭いの両方を抑える銀イオン「Ag+」が入った殺菌成分入りの制汗スプレー商品も多くあります。

    デオドラント剤は臭いを抑える

    デオドラント剤は臭いを抑える
    デオドラント剤は汗を抑えることよりも、臭いを抑える目的で作られたものです。わきの臭いなどは、汗に雑菌が結びついて増殖、分解されることで発生します。

    デオドラント剤には殺菌作用のある成分が入っているので、雑菌の増殖を抑え、臭いの発生を防ぎます。また発生してしまった臭いを抑える消臭作用がある成分も入っています。

    デリケートゾーンの臭いが気になるすそワキガの人は、消臭効果付きのナプキンなども試してはいかがでしょうか。

    デオドラントグッズの選び方と成分

    デオドラントグッズの選び方と成分
    ドラックストアに行くと、いろいろな種類のデオドラントグッズがありどの商品にするか迷ってしまうことがあります。

    デオドラント剤を選ぶ際は、自分の症状や目的に合った成分が入っているものにすると効果的です。体臭に効果があるオススメの成分を紹介します。

    効果 成分
    殺菌作用 酸化亜鉛・イソプロピルメチルフェノール・塩化ベンザルコニウム・緑茶エキス・銀イオン・トリクロサン・トリクロカルバン・柿渋 
    消臭作用 重曹・ミョウバン
    吸収剤 酸化チタン
    収れん剤 ミョウバン・クロルヒドロキシアルミニウム

    デオドラント剤にはいろいろな形状のものがあります。場所や用途によって使い分けるといいでしょう。

    パウダースプレータイプ

    デオドラントスプレー選び方成分画像
    様々な香りのものがあり、一番使いやすいのがこのスプレータイプです。外出の際も携帯しやすく、気になった時にはいつでも使うことができます。

    パウダーが配合されているものがほとんどなので、べたつくことなくサラサラになりストッキングの上からでも使用できます。

    蒸れやすい足の裏でもスプレーするだけでサラッとするので足の臭いが気になる方は携帯して損はありません。汗をかいた場合の対策法として役立ちます。

    ロールオンタイプ(直接塗布タイプ)

    ロールオンタイプ選び方成分画像
    最近多くなっているのが、このロールオンタイプのデオドラント剤です。持ち運びしやすいスティックタイプや、コンパクトな商品が多くあります。

    肌に直接塗るため効果が高く、ワキなど臭いが気になる場所に使用すると汗や臭いを気にすることなく過ごすことができます。出かける前の汗の予防法として使用するのがオススメです。
    ポイントスプレー選び方成分画像
    直接肌に塗ることに抵抗がある人は、液体タイプのポイントスプレーもあります。

    シートタイプ

    シートタイプ選び方成分画像
    ウェットティッシュのように、肌の汗やべたつきを拭き取ることができる汗拭きシートなので女性だけでなく、男性にも使いやすいです。

    外出先の携帯用にも便利なので、汗をかいた時にこまめに拭き取ることによって、皮膚上で雑菌が繁殖するのを防ぐことができます。

    ウォータータイプ

    ウォータータイプ選び方成分画像
    ウォータータイプは液状なので、スプレーやロールオンタイプではあまり使わない腕や首、足などの全身に使うことができます。

    清涼感を感じる成分が入っているものが多いので、汗を抑えるのと同時にヒヤッと気持ちよく使うことができます。

    スポーツの後など、スプレーでは物足りない時ローションのようにバシャバシャと使えるのがメリットですが、少し大きいこと、漏れてしまうことがあることなどから持ち運びには注意が必要です。

    人気のおすすめデオドラントグッズは?

    CLEANEO(クリアネオ)

    クリアネオ写真

    価格 定期便4,980円(税込・送料無料)(定期便は1回でも解約OK)
    形状・内容量 クリーム状・30g
    香り 7種類の天然植物エキス(無香料)
    特典 永久保証制度・定期便の方に初回は衣類消臭スプレー・毎月においケアアイテムプレゼント!
    クリアネオ5つのおすすめポイント

    その1 菌の増殖を抑える・汗を抑えるWの有効成分で根元から、柿渋エキスに4種類の植物成分を配合外側からのニオイを防ぐ
    その2 アレルギーや敏感肌のパッチテスト済
    その3 天然植物エキスを配合で安心の無添加・無香料・国産品
    その4 美肌サポート成分・ヒアルロン酸配合
    その5 永久保証制度・定期便は1回でも解約OK!

    クリアネオは、ワキガ・足臭など気になるニオイを10秒でシャットアウト!わきがの人が一番欲しいニオイケア商品で1位を受賞しているデオドラントクリームです。

    菌の増殖を抑える「イソプロピルメチルフェノール」、汗を抑える・整える「パラフェノールスルホン酸亜鉛」をダブル配合し、無添加・無香料で作られている安心の国産品です。

    制汗効果があるため朝一回の使用でOKなのも嬉しいですね♪アレルギーや敏感肌のパッチテストもされており、子供でも男性でも使えるところもおすすめです。

    定期便の方は購入後何日でも商品代金全額返金保証が付いています。定期便は1回でも解約OKなのでお試しとして使うこともできますよ。

    クリアネオの公式サイトはこちら

    体臭を消す洗い方や入浴方法

    体臭を消すには体を清潔にすることが基本です。

    そのため、シャワーやお風呂はとても効果的な消臭方法ですが、洗い方によっては反対に体臭を強くしてしまう場合もあります。体臭を消す入浴法を紹介します。

    湯船に浸かる

    体臭予防お風呂
    シャワーでもある程度の体臭は取れますが、湯船に浸かった方が効果は大きいです。

    湯船に浸かることで、血流がよくなり、体温も上がるので新陳代謝が高まり体内の老廃物が排出されます。

    お風呂に入ると疲労物質の乳酸も一緒に除去されるので、乳酸と一緒に作られて体臭の原因にもなるアンモニアが減り、体臭が弱くなります。

    朝にシャワーや朝風呂に入るという人もいると思いますが、シャワーだけではこの乳酸を取ることができません。乳酸は眠っている間でも体から抜けていくので、入浴は夜にゆっくりと湯船に浸かることが体臭除去と予防には効果的です。
    入浴剤などを使うとさらに身体が温まり、リラックス効果も得られます。

    体はやさしく洗ってしっかり洗い流す

    体洗いすぎる体臭原因
    1日の汚れを取りたくてタオルでゴシゴシと体を洗いたくなりますが、あまり洗いすぎると臭いの発生を抑えてくれている肌の善玉菌である「表皮ブドウ球菌」まで一緒に落としてしまいます。

    肌は弱酸性に保たれていますが、善玉菌の「表皮ブドウ球菌」が減ってしまうと臭い物質を作る雑菌が増えてしまい、体臭を強くしてしまいます。

    また洗いすぎることで、皮脂が落ち過ぎてしまい、それを補うために過剰に皮脂が分泌されるようになります。臭いの原因にもなる皮脂が増えてしまうため、体臭も強くなります。

    ニオイ成分は体の部位により異なります。体を洗う時は手洗いでも構いません。よく泡立てて、泡でなでるようにして、優しくスキンケアをしましょう。

    ボディーソープや石鹸の成分が残っていると、その成分をエサにして雑菌が繁殖して臭いのもとになってしまいます。体を洗った後は、洗い残しがないように、泡が残らないようにしっかりと洗い流すようにしてください。

    洗浄力が強い石鹸やボディーソープは使わない

    洗浄力が強い石鹸ボディーソープ体臭原因
    ドラックストアなどで売っている一般的なボディーソープには洗浄力を上げるために「界面活性剤」が入っています。

    界面活性剤は、肌の刺激も強く洗浄力も高いので、必要な皮脂まで洗い流してしまい、それを補うため余分に皮脂を分泌させるようになってしまいます。

    また肌にいる善玉菌の「表皮ブドウ球菌」にもダメージを与えてしまい、雑菌を増やすことになってしまいます。

    石鹸とボディーソープの選び方

    洗浄力が強すぎる石鹸やボディーソープは体臭を改善するどころか、体臭をひどくしてしまう場合もあります。体臭予防に効果がある石鹸やボディーソープの選び方をまとめました。

    固形石鹸

    固形石鹸体臭予防
    一般的に液体のボディソープよりも固形の石鹸の方が肌にやさしいと言われています。中でも添加物が入っていない純石鹸はおすすめです。

    固形石鹸の中には洗浄力の強い界面活性剤が入っているものもあります。

    固形石鹸を選ぶ際は93%以上が純石鹸成分であることが保証されている「JIS(日本工業規格)マーク」がある商品や、成分表に「石けん素地」と書かれている商品を選びましょう。

    消臭・殺菌作用のある薬用石鹸

    消臭殺菌作用薬用石鹸体臭予防
    固形石鹸は肌にはやさしいですが、体臭が気になる人には消臭や殺菌成分が入っているものがおすすめです。

    殺菌効果がある「イソプロピルフェノール」が入っている石鹸を選ぶと、皮膚の雑菌を抑えてくれるので臭いも抑えることができます。

    体臭の改善・予防の成分が入っているもの

    体臭の改善・予防の成分が入っているもの
    イソプロピルフェノールは薬用成分ですが、それ以外でも体臭予防によいと言われている成分があります。それらの成分が入っている石鹸やボディソープを選ぶのも体臭予防には効果的です。

    成分 効果
    ミョウバン 世界最古のデオドラント剤と言われているミョウバンは、雑菌の繁殖を抑え水に溶けると酸性になります。臭いの原因であるアンモニアはアルカリ性なので、中和して臭いが発生を抑える効果があります
    柿渋 渋柿の皮を発酵させて作ったもので、日本では古くから防腐・防虫、防水に使われてきました。
    柿渋の成分である柿タンニンには高い消臭力があり、悪臭成分を根元から絶ってくれます。また、殺菌や防菌効果もあるので、雑菌の増殖を抑え体臭の発生を抑えてくれます
    緑茶エキス 緑茶の中に含まれているカテキンには抗菌作用があるので、雑菌の増殖を抑え消臭効果が期待できます。また体臭の原因である酸化をコントロールする抗酸化力があり、体臭を抑えることができます

    体臭におすすめの人気ボディーソープは?

    クリアネオパール

    クリアネオパール

    価格 <1本定期便>2,980円(税込)(定期便は1回でも解約OK)
    内容量 300ml
    香り 成分由来のほのかな香り
    特典 定期便初回特典として販売価格980円の詰め替え容器プレゼント!
    5つのおすすめポイント

    その1 ニオイや黒ずみが気になる女性のための低刺激のボディーソープ
    その2 5種類の洗浄成分でお肌を傷つけないシルクのようなアワ感
    その3 植物性保湿成分・女性に適した保湿成分でお風呂上がりのケアが不要
    その4 植物性美肌サポート成分、3種類のビタミンC配合
    その5 石油系界面活性剤・シリコン・パラベンなどフリー。安心の認証オーガニック成分を9種類配合

    クリアネオパールはニオイや肌の黒ずみが気になる女性のためのボディーソープです。
    女性雑誌などで紹介されているように、オーガニック成分の入った美肌サポート保湿に優れているところも特徴です。

    アレルギーや敏感肌のパッチテストや放射性物質検査もされており、肌に優しい低刺激なところもおすすめです。

    定期便の方は購入後何日でも商品代金全額返金保証が付いています。定期便は1回でも解約OKなのでお試しとして使うこともできますよ。

    消臭クリームのクリアネオと一緒に使うことで相乗効果も!お得なセット販売もあるので公式サイトをチェックしてみて下さいね。

    クリアネオパールの公式サイトはこちら

    コラージュフルフル泡石鹸[ピンク]

    コラージュフルフル泡石鹸

    価格 1,944円(税込)・送料無料
    内容量 150ml
    香り 無香料
    特典 ウェブ限定先着1,000名様「お泊りデートセット」プレゼント!
    4つのおすすめポイント

    その1 真菌(カビ)の増殖を抑えるミコナゾール硝酸塩+殺菌成分のダブルの洗浄
    その2 デリケートゾーンに優しい低刺激
    その3 泡タイプなのでこすらず優しく洗える
    その4 デリケートゾーンの他にもワキ・汗・足のニオイ・菌対策にも

    コラージュフルフル泡石鹸は、デリケートゾーンのムレやニオイが気になる方におすすめのボディーソープです。
    やわらかい泡と真菌(カビ)の増殖を抑えるミコナゾール硝酸塩+殺菌成分のダブルの洗浄でスッキリと洗い、ニオイの原因菌の増殖を抑制します。

    皮膚の洗浄、殺菌・消毒、体臭、汗臭やニキビ予防に効果があり、デリケートゾーンの他にもワキ・汗・足のニオイ対策にも有効。
    ボディーソープは低刺激・無香料・無色素・弱酸性で作られており、敏感肌の方のためのパッチテストも行われているのも安心感がありますね。

    ウェブ限定で、今お申込みの方先着1,000名様に「お泊りデートセット」プレゼントがあるので、公式サイトをチェックしてみて下さいね!

    公式サイトはこちら

    体臭や加齢臭を改善する食べ物

    外側からの体臭改善にはデオドラント剤の使用やなどが効果的ですが、体臭は体の中からも発生しています。

    体の内側から体臭を改善予防するには、日ごろの食生活が大切になります。どのような食べ物を摂るのが体臭改善につながるのでしょうか。

    腸内環境をよくする食べ物

    腸内環境をよくする食べ物
    腸内に悪玉菌が増えると、臭いの元になるタンパク質を分解するので結果的に体臭が強くなります。悪玉菌を増やさないために腸内環境を整えて善玉菌を増やすことが大切です。

    善玉菌を増やすためには「食物繊維」「乳酸菌」「オリゴ糖」を含む食品を食べるようにしましょう。海藻には、便秘解消効果と脂肪分解効果のあるフコキサンチンが含まれており、体臭の改善にも効果的です。

    成分 多く含む食材
    食物繊維 干しシイタケやキクラゲなどのキノコ類
    ヒジキやワカメなどの海藻類
    大豆、きな粉、納豆などの大豆製品
    乳酸菌 ヨーグルトやチーズなどの乳製品
    味噌やキムチ、ぬか漬けなどの発酵食品
    オリゴ糖 りんご、バナナなどの果物
    玉ねぎ、ゴボディーャガイモなどの野菜

    抗酸化作用のある食べ物

    抗酸化作用のある食べ物体臭
    体の中に活性酸素が発生してしまうと、体が酸化してしまい体臭の原因になります。活性酸素の発生を抑えるために抗酸化作用のある食品をとるのがおすすめです。

    抗酸化作用がある成分には「ポリフェノール」「セサミン」「リコピン」の3つの成分があります。

    ポリフェノールは果物や飲み物、チョコレートなど様々な食べ物から摂取することができます。

    セサミンと言えば「ゴマ」です。ゴマの中でも黒ゴマがおすすめで、そのまま食べるよりもすりつぶして食べた方がセサミンを吸収できます。また、ゴマ油の方がセサミンの含有量は多いです。

    1日に必要な量のセサミンを摂るためには2000~3000粒のゴマを食べなくてはいけなく、その量を食べるのは無理があります。すった黒ゴマをみそ汁やおひたしに乗せるなどして食べるようにし、足りない分はサプリメントで補うのがおすすめです。

    リコピンで有名なのはトマトです。トマトそのままでもリコピンは摂れますが、トマトジュースの方が簡単に多くのリコピンが摂れるのでおすすめです。

    成分 食材
    ポリフェノールを含む食材 ブルーベリー・すもも・イチゴ・コーヒー・緑茶・紅茶・ココア・ビターチョコレート
    セサミンを含む食材 黒ゴマ・ごま油
    リコピンを含む食材 トマト・スイカ・柿・ピンクグレープフルーツ

    他の食品では、お酢や梅干しも体臭の予防に効果が期待できます。
    お酢
    お酢には抗菌作用があり、腸内の働きを活発にさせることができ体臭予防の効果があります。酢の物はもちろんのこと、リンゴ酢や黒酢などでも効果があるので飲み物に入れて飲むと効率よく摂取することができます。

    梅干し
    体内が酸性になってしまうと、体の抵抗力が弱くなり体臭が強くなってしまいます。梅干しなどのアルカリ性の食品を食べることで、体が酸性に傾くのを防ぐことができます。

    体臭を強くする食べ物

    体臭を強くする食べ物
    今までは、体臭を改善させる食品を見てきました、反対に体臭を発生させてしまう食品もあります。摂り過ぎに注意しなければいけない食品は次の通りです。

    体臭がきつくなる食べ物

  • 肉などのたんぱく質
  • 甘いお菓子やポテトチップなど糖質、脂質が高いもの
  • ニンニク
  • ニラ
  • お酒
  • タバコ
  • 特にワキガ体質の人は動物性脂肪を食べ過ぎないように注意しましょう。皮脂腺からの分泌量が増え汗腺を発達させてしまい、体臭が悪化します。

    生活習慣の改善

    紫外線対策
    たばこやアルコールに加えて、日焼けをする事も体臭に影響します。紫外線は皮脂の酸化を早めて、ニオイ成分の過酸化脂質を発生させるからです。日焼け止めを塗り、日傘や帽子で紫外線対策をしましょう。

    また、適度な運動が体臭予防に効果的です。特にマラソンやウォーキングなどの有酸素運動はおすすめです。

    酸素を取り入れながらエネルギー消費を行うので、汗腺の酸素不足が起こりません。有酸素運動は体臭の予防だけでなくダイエットにも効果的なので、体脂肪率を下げることも可能です。

    おすすめのサプリメント成分

    オススメのサプリメント成分
    食べ物に気を付けることで体臭は改善されますが、食べ物だけで必要な成分を摂るのは難しい場合もあります。そのような時はサプリメントの使用をおすすめします。体臭を予防、改善するおすすめの成分を紹介します。

    シャンピニオンエキス

    消臭効果に優れていて、腸内から発生する悪臭の成分を分解し消臭してくれます。口臭サプリメントにも使われる成分です。

    クロロフィル

    抗酸化作用、抗菌作用、消臭作用があります。この成分も腸内から働きかけ、体臭を弱くしてくれます。腸内環境も改善してくれるので、便秘からくる体臭などの軽減にも効果があります。

    似たような名前の鉄クロロフィリンや銅クロロフィリンがありますが、元はクロロフィルの成分なので同じような作用があります。

    食物繊維

    腸内環境を整え、善玉菌を増やし悪玉菌を減らすので、悪臭の元となるタンパク質の分解を防ぐことができます。

    抗酸化作用がある成分

    抗酸化作用がある成分は体内の酸化物質を抑えてくれるので、加齢臭対策ができます。

    体臭を改善する食べ物の中にも書きましたが、ポリフェノールやリコピン、カテキン、ビタミンC、ビタミンEなどに抗酸化作用があります。

    特に柿渋エキスに含まれているポリフェノールの一種である柿タンニンは、加齢臭の原因物質であるノネナールに高い効果を発揮するのでおすすめです。

    抗酸化作用があるサプリメント成分

  • ポリフェノール
  • リコピン
  • カテキン
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 柿渋エキス
  • まとめ

    体臭の原因画像
    よく汗をかく夏場は特に体臭が気になる季節でもあります。自分の臭いはとても分かりづらく、体臭がないと思っていても、実は他の人からは体臭がある人と思われているかもしれません。

    自分の体臭を知る方法として、お風呂に入った後に自分が着ていた服の臭いをかいでみてください。自分の本当の臭いがわかるかもしれません。

    体の表面からの体臭であれば、制汗剤やデオドラント剤である程度抑えることができますが、一番の改善方法は清潔を保つことです。朝シャンが日課になっている人も週に何回かは夜にゆっくり湯船に浸かるのもいいのではないでしょうか。

    また体臭には日ごろの生活習慣や食生活も大きく関わっています。体臭が気になる人は、体の内側から改善することをおすすめします。食べ物だけではうまく取れない成分は、サプリメントなどを上手に使うと体臭改善や予防に効果的です。

    体臭、加齢臭が気になる人は、体を清潔にすること、食事や有酸素運動など日常生活を見直すことなど、まずはニオイ対策としてできることから始めてみてください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    スポンサーリンク

    Categories: 健康

    健康カテゴリ 最新記事

    朝起きられない人の原因は?ぐっすり寝てスッキリ起きる方法

    「起床時刻になってもなかなか起きられない」「ついつい二度寝して寝坊してしまった」あなたにはそんな経験がありませ […]

    口臭は病気が原因かも?口臭セルフチェックと消臭対策

    朝目覚めたときに、口の中のネバネバや臭いが気になった体験は多くの方があると思います。 口臭がする人と会話をして […]

    やる気が出ない原因と対策!やる気スイッチを押す5つの方法

    やらなきゃいけないことがあるのに、どうしてもやる気が出ないことってありますよね。やるべきことの前でこんな顔にな […]

    体がだるい原因は?疲労回復ストレッチと体質改善方法

    一過性のだるさなら十分な休息をとれば疲労回復しますが、いつまでたっても体のだるさが抜けず、慢性的に疲れやすいと […]

    熱中症の原因と症状は?熱中症の予防法と対策ドリンクレシピ

    熱中症が心配な気温になる日が夏以外でも増えてきました。ポケモンGOに熱中するあまり、熱中症になる人が出ないか心 […]

    ひなみ

    本気で痩せる気はあるのに横になっていたい乙女心。
    アラサー独身。趣味は漫画を読むこと。
    食べることが大好きなので、簡単ヘルシーなレシピを考えたり作るのが好きです。
    楽に痩せられるらくやせダイエット方法を日々模索中です。

    ひなみ – who has written posts on ひなみのダイエットは明日から.