口臭は病気が原因かも?口臭セルフチェックと消臭対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

口臭原因画像
朝目覚めたときに、口の中のネバネバや臭いが気になった体験は多くの方があると思います。

口臭がする人と会話をしていると、自分も臭っていないか心配になることがありますよね。 口臭に気を遣うことは、社会生活を送る上で大切なエチケットです。

しかし、実際は口臭に周りが気付いても、当事者である本人が全く気付いていないということも多々あります。

女性相手だけではなく、口臭を相手に注意するのは誰に対しても気を使います。自分は大丈夫だと思っているだけで、実は口が臭いと思われているかもしれないのです。

口臭は周りを不快にさせるだけでなく、病気が原因の可能性もあるので、自分が気付かなかったらそれでいいという訳ではありません。今回は、口臭のセルフチェックや予防方法、消臭対策を紹介します。

目次

口臭のセルフチェックリスト

口臭セルフチェックリスト
口臭とは、「鼻や口から排出される息が、社会的容認限度を超える不快な臭いであること」を指します。一般的には自分で口臭に気がつく事は少なく、第三者が気づいて不快感を与えてしまう事が多くあります。

自分で口臭を調べるために、下記のチェックリストにいくつ該当するかチェックしてみてください。

□ 食事の内容に偏りがある
□ 常に口の中がネバネバしている
□ ニオイの強いものをよく食べる
□ 不規則な生活をしている
□ 胃腸が悪い
□ 口内炎がよくできる
□ 治療していない虫歯がある
□ 他人から口臭を指摘されたことがある
□ 歯磨きをすると歯茎から出血する
□ 口の中が乾燥しがち
□ 毎日歯を磨かない
□ 舌が白い
  • チェック数が0~3個:
    口臭の可能性は少ないですが、食生活や生活習慣には気を付けましょう
  • チェック数が4~7個:
    口臭が発生している可能性があります。周りが口臭を感じている可能性は大きいです
  • チェック数が8個以上:
    非常に深刻な状態である可能性があります。口臭対策を行う必要があります

また、チェックリスト以外にも、口臭の可能性をチェックする方法があります。

自分で口臭をチェックする5つの方法

自分口臭チェック方法画像
口臭は目に見えませんが、関連する原因や道具を使用することでセルフチェックすることができます。

①舌苔チェック

口臭原因舌苔チェック方法画像
舌苔が多くなると口臭の原因になるといわれています。口臭が正常な人でも、舌苔は付いているものなので、布やティッシュで優しくこすり取り、匂いを嗅いでみてください。舌苔が臭い場合は、口臭がある可能性が高いです。

②デンタルフロスチェック

口臭デンタルフロスチェック画像
歯磨き後に、デンタルフロスを使って、フロスに付いた歯石の匂いを嗅いでみてください。臭い場合は、口臭がある可能性があります。

③唾液チェック

口臭唾液チェック画像
唾液が酸っぱかったり苦かったり、いつもと違う臭いがする場合、口臭が強くなっている可能性があります。
また、片方の手の甲を舐めて30秒ほど待った後、舐めていない方の手の匂いを嗅いで、次に舐めた手の匂いを嗅いで、匂いを比べてみてください。舐めた方の手が臭うと、口臭がある可能性があります。

④ポリ袋チェック

口臭ポリ袋チェック画像
小さめのポリ袋を2つ用意し、1つに空気を入れ、もう1つに自分の息を吹き込んで30秒ほど待ちます。空気入りの袋の匂いを嗅いだ後、息を吹き込んだ袋の匂いを嗅いでみてください。匂いがある場合、口臭の可能性があります。

⑤口臭チェッカー

口臭チェッカー画像
一般家庭向きに市販されている口臭チェッカーを使うと、5段階程度で口臭レベルの結果を表示してくれます。何度も口臭が検出される場合は、歯科医院で一度検査してもらう事をおすすめします。

口臭が起こる原因

口臭の原因
どうして口臭が起こるのか、その原因は一体何なのか気になりますよね。

口臭には、大きく分けて「生理的口臭」と「病的口臭」があります。それぞれの口臭によって、口臭の原因は異なります。

生理的口臭の原因

生理的口臭の原因は、食べ物・タバコ・アルコールなどによって起こります。特に食べ物では、ニンニクやネギ、ニラなどが口臭の原因になります。

ニンニクやネギ、ニラ、ラッキョウはアリシンという成分が口臭を発生させるので、これらの食材を含む餃子やキムチなども口臭に注意が必要です。

また、カフェインも口臭の原因となりますが、特にコーヒーは口臭を発生しやすい飲み物です。コーヒーにはカフェイン以外にも様々な口臭の原因となる成分が含まれており、さらにコーヒーの粒子には舌の表面に付着しやすい性質があるためです。

ニンニク料理を食べながらアルコールを摂取し、煙草を吸うという行為は、生理的口臭が非常に高い確率で発生します。

病的口臭の原因

病的口臭の原因は、言葉の通り、病気が原因の口臭です。

口臭の原因となる口の病気は、虫歯・歯周病・口内炎・ドライマウスなどです。

さらにその奥にある消化器官の調子が悪い場合でも口臭が発生します。胃炎や胃拡張などの胃腸の病気も口臭に影響します。また、呼吸器系の慢性気管支炎や、蓄膿症や扁桃炎といった鼻や喉の病気、糖尿病、肝臓病、がんなどに罹ると口臭がキツくなる傾向にあります。

口臭には様々な要因がありますが、口臭の原因の9割は生理的口臭や口の中の病気によるものです。

食事をしたときの食べカスや古くなった細胞は口内の嫌気性細菌により、分解されます。このとき、口内に口臭の原因となる「揮発性硫黄化合物」が発生します。揮発性硫黄化合物は強力な毒性があり、歯周組織を破壊する事もわかっています。揮発性硫黄化合物は主に次の3種類のガスに分類されます。

  • ジメルサルファイド:生ごみのような臭い、歯周病がある場合に検出される
  • 硫化水素:卵が腐ったような臭い、口腔内に原因がある場合に検出される
  • メチルメルカプタン:生臭い臭い、歯周病がある場合に検出される

年齢が原因の口臭

年齢別口臭について悩みがある人

口臭の原因はさまざまですが、口臭が起こるのに年齢は関係あるのでしょうか。

厚生労働省の調査によると、35歳から口臭についての悩みがある人の割合が急増していますが、45~54歳をピークに、口臭についての悩みがある人は減少しています。

これは、高齢者になると、口臭を気にしなくなる人が多くなるせいであって、口臭が解決しているのではありません。実際は、高齢になるにつれ、加齢臭と合わせて口臭も起こりやすくなります。

その理由は、唾液の分泌が減少し、唾液不足により口の中が乾燥して口臭が起こるためです。さらに、入れ歯部分に付着した汚れも口臭につながります。

しかし、近年においては、若年層の口臭も問題化しています。歯科疾患実態調査では、35~44歳の約80%が何らかの歯科疾患の所見が見られ、口臭原因を抱えています。このグラフの調査結果においても、口臭について悩みだすのは35~44歳です。

一概に言えませんが、上記内容を踏まえると、口臭が起こる年齢は35歳頃からであると推察できます。

病気が原因の口臭

口臭 病気 画像
口臭が起こる病気の中には大病もあります。飲酒や喫煙をしているから口臭があるのは当たり前だと、自身の口臭を気にしない人は大変危険です。

たかが口臭と軽視せずに、自分の口臭はどのような悪臭成分であるか、気に掛けるようにしてください。疾患部位ごとに臭いの特徴が異なるので、当てはまる症状がないかどうかをチェックしていきましょう。

部位 主な病名 臭い
口腔内系 歯周病・虫歯など 腐った卵の臭い・魚の臓物臭・壊死臭など
呼吸器系 気管支拡張症
肺がん・肺腫瘍・肺結核など
肉の腐った臭い
消化器系 胃がん・食道ヘルニア
食道気管支瘻など
肉の腐った臭い
耳鼻咽喉系 蓄膿症・扁桃炎・咽頭がん
副鼻腔炎・咽頭腫瘍など
肉の腐った臭い
肝機能系 肝硬変・肝臓がんなど アンモニア臭
腎機能系 腎不全 魚の腐った臭い
アンモニア臭
その他 糖尿病 アセトン集

歯磨き方法で口臭を防ぐ

口臭歯磨き方法画像
まずは、身近な方法で口臭を予防しましょう。毎日行う歯磨きも、正しく磨けば口臭予防に繋がります。

歯ブラシの選び方!音波歯ブラシと超音波歯ブラシの違い

歯ブラシは歯茎を傷つけないためにも、毛先が柔らかい歯ブラシを選ぶのがオススメです。約2ヶ月で交換するようにしましょう。

歯垢を効果的に落とす、電動の歯ブラシもどんどん機能が進化しています。笑顔の第一印象を左右する歯は一生使い続けるものなので、歯ブラシにお金をかける人も増えています。高速運動電動歯ブラシや音波歯ブラシ、超音波歯ブラシの違いをまとめました。

  • 高速運動電動歯ブラシ
    電動でブラシ部分が往復や回転運動(2000〜7000回/分)をします。歯ブラシを当てるように動かします
  • 音波歯ブラシ
    高速の音波振動(3万〜5万回/分)による水流や細かい泡を発生させることによって、毛先が触れていない範囲の歯垢も除去します。歯ブラシを当てるように動かします
  • 超音波歯ブラシ
    超音波振動(100万〜150万回/分)によって歯垢を破壊する効果があります。歯ブラシを普通に磨くように動かす必要があります
  • 音波歯ブラシと超音波歯ブラシの違いは、歯垢除去能力は超音波歯ブラシよりも音波歯ブラシのほうが歯垢やプラークの除去率が強いと言われています。2005年のソニッケアーの歯磨き方法による比較実験(Dental Products News No151)では、以下のような結果になったそうです。

    歯磨き方法 プラークの除去率(約)
    手磨き 32%
    超音波(手磨きなし) 15%
    超音波(手磨きあり) 32%
    音波歯ブラシ(弱) 55%
    音波歯ブラシ(強) 65%

    ソニックケアーは音波歯ブラシのメーカーなので100%信頼できるデータとは限りませんが、超音波は手磨きの方法によってプラークの除去率が低くなる可能性は十分考えられます。

    歯を磨くタイミング

    歯を磨くのは、食後すぐではなく、30分程時間を空けてから磨くようにしましょう。

    食事中は唾液がたくさん出ており、唾液で口内をキレイにする作用があります。しかし、食後すぐに歯磨きをしてしまうと、唾液が口内から流れてドライマウスになる可能性が高くなります。

    ドライマウスも口臭の原因の1つなので、食後すぐの歯磨きは避けてください。

    基本の磨き方

    歯みがき基本画像
    歯磨きを力まかせにガシガシと磨いたりしていませんか?歯磨きの正しいやり方をおさらいしておきましょう。

    1. 歯ブラシは、親指と人差し指で鉛筆を持つように優しく持ちます
    2. 歯ブラシの毛先を、歯または歯の歯肉に90度になるように軽くあてます
    3. 力を入れずに、歯ブラシを小刻みに動かすように1本1本丁寧に磨きます
    4. 歯と歯茎の境目は、歯ブラシを45度にあてて小刻みに動かして磨きます
    5. 前歯から奥歯までの各表面をまず磨き、裏側も磨いていきます

    歯ブラシにプラスアルファ

    基本の歯みがきに加えて行うと効果的な口臭の解消法として、歯間ブラシ、デンタルフロス、舌ブラシがあります。

    これらを歯磨きにプラスアルファすることによって、口臭の元となる汚れを確実に除去すると効果的です。

  • 歯間ブラシ&デンタルフロス:
    歯ブラシで取れない歯間の汚れを取ることができます
  • 舌ブラシ:
    舌清掃ができるブラシです。舌を出し、力を入れすぎないように舌みがきをします。粘膜を傷つける恐れがあるので、1日1回の使用までにしましょう
  • 消臭効果で即効性を求める場合

    自分の口臭に気が付いたときに、すぐに解決したい場面もあると思います。そのような場合は以下の事を試してみてください。

    • ウエットシートで口内を拭く
    • タブレットガムをかむ

    口臭対策におすすめの歯磨き粉成分

    歯磨きをする時に使う歯磨き粉でも、口臭対策をすることができます。

    口臭対策に効果的な成分を紹介するので、歯磨き粉を選ぶ際の参考にしてください。選ぶ際のポイントは、自身の口臭の原因に合った成分を選ぶことです。

    成分 作用
    塩酸クロルヘキシジン 抗菌作用があり、口内の菌を除去し口臭を防ぎます。
    塩化亜鉛 揮発性硫黄化合物という口臭の主な原因物質を抑制。
    フッ化ナトリウム
    モノフルオロリン酸ナトリウム
    フッ素のことで、口臭の原因になる虫歯を予防してくれます。
    ピロリン酸ナトリウム
    ポリリン酸ナトリウウ
    歯周病の原因となる歯石を防いでくれます。
    塩化ナトリウム ひどい口臭を放つ歯周病の進行を防ぎます。
    塩化セチルピリジニウム 歯肉炎と炎症と、最近の繁殖を抑えてくれます。
    銅クロロフィリンナトリウム 葉緑素から抽出された成分で、体臭や揮発性硫黄化合物の一部を阻害する効果があります。

    歯科医院で定期的にメンテナンス

    歯医者口臭画像
    丁寧に歯磨きをしたつもりでも、磨き残しがある事はよくあります。磨き残しが原因で歯垢(プラーク)が発生し、これが石灰化すると歯石になります。

    歯石は歯みがきをしただけでは、除去できません。特に歯周ポケット内にたまっている歯石などは歯科医師など専門家に除去してもらう必要もあります。

    歯周病が進めば悪臭の原因になりますし、詰め物が古くなるとそこから細菌が入り虫歯や口臭の原因になります。

    老後も長く自分の歯でいられるように歯周病治療や虫歯治療へ通い、治療後は再発予防のためにセルフケアをしっかり行いましょう。歯周病リスクを減らすために、3カ月おきなど定期的にメンテナンスで通院する事をおすすめします。

    食べ物や飲み物で口臭を防ぐ

    口臭を防ぐ食べ物
    口臭を悪化させる食べ物を紹介しましたが、今度は口臭を防ぐ食べ物や飲み物を紹介します。

    口臭を防ぐ食べ物

    口臭を防ぐのに効果的な食べ物を紹介します。意識して食事に取り入れてみましょう。

    食べ物 消臭効果
    ガム 噛むことで唾液の分泌が促され、口内の乾燥を防ぐことで口臭を予防します。フラボノイド配合のガムなら、より消臭効果を高めてくれます。
    パイナップル パイナップルには酵素がたくさん含まれています。この酵素が、舌苔を取り除いてくれるので、口臭を予防することができます。
    梅干し 梅干に含まれるクエン酸には殺菌作用があります。また、唾液の分泌を促進するので洗浄抗菌作用にも期待できます。
    リンゴ ペクチンという食物繊維の一種が、口臭対策に効果的です。また、リンゴ酸やクエン酸には殺菌力や消臭効果があります。

    腸が汚れると悪玉菌の数が増加し、ガスが発生します。このガスが口臭や体臭の原因となります。

    善玉菌よりも悪玉菌の数が増えてしまう事を「菌交代」といい、加齢が進むと悪玉菌の数は増えていきます。

    また、動物性たんぱく質の摂取のしすぎでも、悪玉菌は増加してしまいます。腸内環境を整える対策法として、乳製品、発酵食品、食物繊維の多い食事を心がけるといいでしょう。無理なダイエットも菌交代を進めてしまう要因となるので、気を付けてください。

    口臭を抑える成分を多く含む野菜も口臭予防に効果的です。野菜には整腸作用や食物繊維を豊富に含むものがあり、健康面にも効果的です。ビタミンCとビタミンEをともに摂取すると抗酸化力がさらにアップするのでおすすめです。

    口臭を防ぐ飲み物

    口臭を防ぐ飲み物
    口臭を防ぐ飲み物を紹介します。食事の時に意識して飲むようにしましょう。

    飲み物 消臭効果
    牛乳 牛乳を飲むと胃壁に膜が作られて、匂いの元であるアルニンを包み込んでくれます
    緑茶・紅茶 お茶に含まれるカテキンには消臭効果があります。紅茶を飲む時にレモンを入れてレモンティーにすると、レモンに含まれるクエン酸が口内の雑菌の繁殖を抑えてくれます
    烏龍茶 烏龍茶はカテキンやポリフェノールが含まれており、虫歯菌を抑えてくれたり、歯のエナメル質を保護したりする働きがあります

    特に烏龍茶は即効性があるのでオススメです。

    口臭を改善する8つの方法

    口臭を改善する方法画像
    口臭の原因は、食べ物や喫煙、アルコールなど生活習慣に密接しています。

    また、病気が原因の口臭で悩まない為にも、病気にならないように健康的な生活習慣を身につけたいものです。口臭の予防法として、生活習慣を改善するべき方法を8つ紹介します。ぜひ対処法を参考にしてください。

    ①こまめに水分補給をする

    口臭対策こまめに水分補給画像
    体内の水分が減ってしまうと、抗菌・殺菌効果のある唾液分泌量が減ってしまい、口内が乾燥して口臭を招いてしまいます。こまめに水分を摂取して、口内を清潔に保ちましょう。

    ②しっかり噛んで食べる

    口臭対策方法しっかり噛んで食べる画像
    よく噛んで食事をすることで、唾液腺が刺激され唾液が分泌されます。そして唾液が増える事で、口内の細菌の増殖を防いでくれる効果があります。

    しっかり噛まないと食べ物が胃腸で消化されず、便秘の原因にもなってしまいます。便秘がひどくなると体内の食べ物が腐敗し、腐敗臭が血液によって全身に巡って肺から息をするときに吐き出されてしまい、口臭が発生する原因になってしまいます。

    ③ドライマウスに注意する

    口臭原因ドライマウス画像
    常に口を開けていると、口内が乾燥し、ドライマウスになって口臭が発生します。口が開いたままだと風邪もひきやすくなるので、できる限り口を閉じるように意識し、乾燥しやすい冬はマスクをつけるようにしましょう。

    就寝時に口呼吸になってしまう方は、いびきをかいているかもしれません。いびき対策として、マウスピースを用いる治療法があります。歯科医院ではオーダーメイドのマウスピースを保険適用でき、3割負担で作成できるのでいびきも口臭も軽くなるかもしれません。

    また、薬の副作用で一時的に口内が渇くことによって、口臭が発生する事もあります。このような場合も、マスクを使用しましょう。

    ④禁煙をする

    口臭原因たばこ画像
    煙草は口臭の大きな原因の1つです。煙草自体の臭いも然ることながら、血流が悪化して唾液の分泌が悪くなり、口内の雑菌の増殖を招いて、更に口臭がひどくなる可能性もあります。

    ⑤ストレスを溜めない

    口臭原因ストレス画像
    ストレスを感じたり極度の緊張状態になったりすると、口の中がネバネバすることはありませんか。これは、精神的な不安が唾液の減少を誘発するからです。

    ⑥飲酒は控える

    口臭原因飲酒画像
    アルコールを過剰に摂取すると、アルコール分解のためにできるアセトンが肺に運ばれ、息をするとアセトン臭がしてしまいます。また、アルコールは口内の水分を奪うので、乾燥による口臭もひどくなります。

    ⑦睡眠をしっかり取る

    口臭原因睡眠不足画像
    睡眠不足になると自律神経が乱れ、交感神経が過剰に働くようになります。そうなると、唾液の分泌量が減少して口内が乾燥するので、口内環境が悪くなり、口臭がきつくなってしまいます。

    ⑧食後すぐに水を飲んで口の中を洗う

    口臭原因食後水を飲んで口の中を洗う画像
    口臭の為にも、食後すぐに歯磨きをした方がいいのではないかと思いがちですが、食事中は唾液がよく出るので、口内の細菌数は少ない状態です。

    歯を磨くより、食べかすが舌の上に付かないように水を飲むことがおすすめです。食べかすは、口内を酸性に傾かせるので、虫歯や口臭の原因になります。食後の口の中の清掃は、歯周病予防にも効果的です。

    おすすめのサプリメント成分

    口臭オススメサプリメント成分画像
    サプリメントを摂取することで、口臭予防や消臭対策をすることもできます。初回のみお得な価格で試すことができるサプリメントもあるので、自分に合うサプリメントをいろいろ試してみましょう。

    それでは、口臭に効果的なサプリメント成分を紹介します。

    ペパーミント・バラ・ジャスミンなどの香り成分

    ペパーミントやバラ、ジャスミンのサプリメントは、体内から良い香りを漂わせることで口臭を緩和します。このタイプはマスキング効果と言って、香りで口臭を紛らわせる方法なので、口臭自体が消える訳ではありません。

    一時的な対策ではありますが、爽やかなペパーミントの香りや、バラの香りなどが身体から漂うので、口臭対策だけではなく体臭対策もできるのがメリットです。

    カテキン・渋柿成分・柿タンニンなどの消臭成分

    消臭効果のある成分を使ったサプリメントは、すぐに口臭を消す訳ではありませんが、補助的に使用することで、臭いを緩和してくれます。

    シャンピニオンや乳酸菌などの腸内環境を整える成分

    便秘気味な人におすすめなのが、シャンピニオンや乳酸菌を配合したサプリメントです。腸内環境も口臭には大きな影響を与えているので、腸内環境を整えて、口臭の改善を目指しましょう。

    まとめ

    口臭原因画像
    自分ではなかなか気付かない口臭ですが、最近は若年層の口臭が問題にもなってきています。

    ストレス社会の現代だからこそ、予防対策のために規則正しい生活リズムを心がけて生活習慣を整えましょう。口内環境を良い状態にキープする為にも歯磨きをはじめ、口腔内のケアをしっかり行う事が大切です。

    それでも口臭が続く人は、もしかしたら病気の可能性があります。歯医者や内科で口臭の相談することもできますし、口臭外来という専門科もあるので一度診察を受けてみましょう。

    口臭は自分の健康状態を知る、バロメーターでもあります。症状がある場合は、病院で受診することをおすすめします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    スポンサーリンク

    Categories: 健康

    健康カテゴリ 最新記事

    朝起きられない人の原因は?ぐっすり寝てスッキリ起きる方法

    「起床時刻になってもなかなか起きられない」「ついつい二度寝して寝坊してしまった」あなたにはそんな経験がありませ […]

    体臭の原因をチェック!体臭や加齢臭を消す改善方法

    普段自分の体臭が気にならなくても、汗をかいた後などに体臭を感じる人は多いのではないでしょうか。 自分の体臭はわ […]

    やる気が出ない原因と対策!やる気スイッチを押す5つの方法

    やらなきゃいけないことがあるのに、どうしてもやる気が出ないことってありますよね。やるべきことの前でこんな顔にな […]

    体がだるい原因は?疲労回復ストレッチと体質改善方法

    一過性のだるさなら十分な休息をとれば疲労回復しますが、いつまでたっても体のだるさが抜けず、慢性的に疲れやすいと […]

    熱中症の原因と症状は?熱中症の予防法と対策ドリンクレシピ

    熱中症が心配な気温になる日が夏以外でも増えてきました。ポケモンGOに熱中するあまり、熱中症になる人が出ないか心 […]

    ひなみ

    本気で痩せる気はあるのに横になっていたい乙女心。
    アラサー独身。趣味は漫画を読むこと。
    食べることが大好きなので、簡単ヘルシーなレシピを考えたり作るのが好きです。
    楽に痩せられるらくやせダイエット方法を日々模索中です。

    ひなみ – who has written posts on ひなみのダイエットは明日から.