ダンディハウス新宿本店でトリプルバーン痩身法の体験コースを受けてきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダンディハウスの看板

★体験者プロフィール

  • 年齢:40歳
  • 性別:男性
  • 職業:自営業
  • 受けた体験コース名:トリプルバーン痩身法
  • サロン名:ダンディハウス
  • 店舗:新宿本店
  • 身長:181センチ
  • 体重:66.1キロ
  • 体脂肪率:15.5%
  • 基礎代謝量:1545キロカロリー

ダンディハウスのトリプルバーン痩身法を受けようと思った目的

身長181センチ66.1キロと、どちらかというと痩せ型の体をしており、体脂肪率も15.5%と決して多いわけではありません。

同姓代の男性と比較してみても身長は高く体重は平均以下となります。

男性の全国平均 自分
年齢 40~49歳 40歳
身長 170.9cm 181cm
体重 70.3kg 66.1kg

※参照:厚生労働省の国民健康・栄養調査

そんな決して肥満とは言えない自分が「なぜ、わざわざダンディハウスのトリプルバーン痩身法に通おうと思ったのか?」は3つの理由があります。

お腹についた贅肉だけ落ちない

海やプールで水着姿になるたびに服を脱ぐと「意外とお腹あるんですね」と言われます。

ぽっこりお腹の見本のような体型をしており、特に脇腹部分の贅肉が筋肉トレーニングや有酸素運動をしてもまったく落ちなかったことから、この贅肉は自力のトレーニングでは落ちないのかもしれないと考えて痩身エステに通おうと考えました。

トレーニングは日常的に行っており、この3年間、週二回は加圧トレーニングに通っています。

仕事のストレスから常に倦怠感がある

主にパソコンを使った仕事をしているため、一日8時間以上はパソコンの前に座って仕事をしています。自営業であるためそれ以外の時間帯も頭の中は仕事のことばかりでいっぱいで、ストレスがたまっているためかつねに身体に疲れが残っている状態です。

以前は毎晩飲むお酒をストレス解消にしていたのですが、食生活の悪さからひどい便秘になり、切れ痔が悪化したことから、ほとんどお酒を飲まなくなりました。

二日酔いになることはなくなりましたが、ストレス発散の機会も少なくなり、常に身体に疲れが残っている状態です。

極度の冷え性

自分は男性でも珍しいぐらい冷え性で、夏場でもクーラーが苦手で室内では上着を羽織り、冬になると足の指先が冷えてつらいので、分厚い靴下を履くか、足元を温めるための電気ストーブを置かないとつらいぐらいです。サウナや岩盤浴に通った時期もあったのですが症状はまるでよくなりませんでした。

以上、3つの悩みをエステサロンであれば、同時に解消できるのではないかと考えたことでメンズエステを探すことになりました。

なぜ、ダンディハウスを選んだのか?

単純な理由となりますが、何年も前から駅に貼ってある広告やインターネット上の広告でもダンディハウスを見て知っていたからです。

ずっと、スマップの木村拓哉さんが広告に出ていることからインパクトもあったこともあり、よく覚えていました。

同じくよくJR山手線の広告で見かけていたメンズTBCも気になっており、ダンディハウスとどちらに行こうか悩んだのですが、そのときメンズTBCの新宿店と渋谷店のどちらもが二週間先まで予約で埋まっていたためダンディハウスへ行くことにしました。

ダイエットコースの中身を見てみたモノの見たことがない施術内容やマシンの説明ばかりで実際に受けてみないとわからないと思い、あまり見ていません。

その後、ダンディハウス公式サイトから一週間後に来店というカタチで予約しました。前日には確認のメールとお電話を頂きました。電話は出られなかったのですが、明日の確認ということでご丁寧な留守番電話メッセージが入っていました。

トリプルバーン痩身法の体験コース当日

予約通りの14時に新宿本店へ行きました。場所はJR新宿駅の東口から出てすぐ斜め前に見えるビックカメラ新宿東口駅前店とグッチのお店の隣なのですごくわかりやすかったです。

地下鉄丸の内線の7番出口もすぐ隣だったので、丸の内線で来られる方も通いやすい場所ですね。

実際にお店についてみると高級ホテルのように高級感のある入り口で、中に入り受付のスタッフさんに14時から予約を入れていることを伝えると、丁寧な対応でロビーのような場所に案内されました。

ダンディハウスの待合室

そこで用紙を渡されてひとつずつ記入していきます。以下が自分の情報となります。

質問内容 回答
服用中の薬 プロペシア
お酒の量 毎日適量
食事 外食が多い
サプリメントを日常的に摂取しているか? していない
アレルギーはあるか? ハウスダストアレルギー、軽いぜんそく
運動は行っているか? 加圧トレーニングを週二回
毎日歩く時間 60分
ストレス イライラすることが多い
パソコンの前に座っている時間 8時間
睡眠時間 7時間
入浴 毎晩お風呂に入る

記入後、ロッカールームへ誘導されて、持っている荷物をすべてロッカーに預けて、トランクスのみ履いた状態で外に出るよう指示されました。

ダンディハウスの着替え

ロッカーを出たところに置いてあった体重計に乗って、現在の身体のデータを取りました。

データがとり終わった後はロッカールームに戻り、棚に置いてあるバスローブを羽織って出てくるよう指示されました。

施術前のカウンセリング

着替えた後はカウンセリングルームへ誘導されていきます。移動中、多くの施術室の前を通っていくのですが、そのほとんどにお客さんがいました。

ヒゲ脱毛をしている人や泥パックらしきものを顔に塗ったまま寝ている人など、皆さん受けているコースもさまざまでしたが、こんなに多くの方がメンズエステを受けているのかと驚きました。

カウンセリングルーム

綺麗な部屋の中で待っていると案内していただいた方とは別のカウンセラーの方が来て、部屋の中で施術前の事前カウンセリングが開始しました。

「見た目はスリムでダイエットコースを受ける理由が全く無さそうなのになぜ来られたのでしょうか?」

そこで今回の3つの目的について順番に相談していった回答を端的にまとめて載せておきます。

お腹の贅肉が取れない理由についての回答

セルライトがついており、これは運動では取りにくい。ダンディハウスにあるセルライト除去マシンを使うことで解消のお手伝いが出来る。

仕事のストレスから疲れがある

マッサージも受けることでストレス解消のお手伝いが出来る。

冷え性がつらい

男性でトレーニングもしているのに基礎代謝量が1500台とかなり低い。日本人男性の平均が1700だからかなり下回っている。あと、身体の水分量が2キロと多いため、水をため込みやすく、排出しにくい身体の作りになっている。その理由から体が冷えやすく冷え性の原因となっている。

最初に計測したデータを元にお話していただいているのでどれもこれも納得いく内容が多かったです。

たしかに、自分で思い返してみても、水分は1日4リットルぐらいは水を飲むのですが、日常生活の中で大量の汗をかくケースがほとんどありません。夏の暑い日に周りの人がダラダラと汗をかいていても、自分はほとんど出ていない状況になることも多々あります。

自分の身体の状況も聞いたうえで、最初に申し込んだときそのままのトリプルバーン痩身法を受けるのが良いと言われて施術室へ案内されました。

遠赤外線サウナで発汗

まずは体を温めるということで、カプセル型のサウナに入ることになりました。日焼けサロンのように寝転がって入るカプセルなのかなと思っていたら、座って顔だけ上に出すタイプでした。

カプセルの中にはタオルが敷かれてありサウナと全く同じ状態なことから、顔以外の部分は普通のサウナに入っている不思議な感覚です。

15分入っていて、自分ではかなり汗が出たと感じていたのですが、冷え性なことから普通の方よりも汗が少ないほうだったようで、技術スタッフの方から「すごい汗の量が少ないですね!」と驚かれました。

ダンディハウス公式サイトには写真が載っていませんでしたが、エステティックミスパリのほうに写真が載っていたのでこちらを引用掲載しておきます。

ミスパリの遠赤外線ドームサウナ

※ 引用元:http://www.miss-paris.co.jp/

ファットバーンのEMSマシンで筋肉運動

サウナを出た後すぐ近くの施術室へ通されて、そこで仰向けに寝るように指示されました。

ベット横に置かれてた大きな機械から線で繋がれたパットを施術スタッフの方が手際よく全身にペタペタと貼り付けていきます。

貼り付けられた後はシートにくるまれて、上から体の部分を赤外線ライトで照らされていきます。

何のマシンなのか聞いたところ「ファットバーンと呼ばれるEMSマシンです」との答えが。

20分間に渡り、全身20か所に8種類の電気刺激を加えることで、有酸素運動1時間分と同じ運動効果が得られるとのことです。

パットがつけられた後、技術スタッフからの確認を受けながら、体の部位ごとに流す電気量を調整していきます。

自分は加圧トレーニングにも行っていることから「こんなマシンで運動ねぇ」と最初は舐めていたのですが、はじまってみたらびっくり。

自分が思っていた以上に刺激があり、8種類の電気刺激で色々な角度から全く違う刺激が来るので飽きることもありません。

シートにくるまれた時点でポカポカと暖かかったので、そのまま寝てしまいそうだと考えていたのですが、寝るどころか思わず「これは効くなぁ」と声が漏れてしまうぐらいでした。

その間、スタッフの方と色々とお話していたのですが、仕事のストレスがすごいたまっているのがわかりますねと言われました。

理由としては、背中部分の電気刺激が他より圧倒的に強い状態でも平気だからです。背中部分に疲れがたまっている人は仕事につかれており、この部分は自律神経が通っているから、強い刺激を求めているとのことです。

デスクワークなことから、家の近くの整体やマッサージにもよく行くのですが、まったく同じことを言われるので納得できました。

どこに行っても「背中のコリがすごいですね」と言われますからね。

そんな会話をしているうちにファットバーンの施術が終わり、くるまれていたシートを空けたら汗がグッショリ。

開ける前からシート内で汗がチャプチャプと水たまりのようになっていたのでわかっていましたが、いざ空けてみるとこんなに出ていたんだと驚きました。

最初の遠赤外線サウナとは比べものにならないぐらい大量の汗が出ました。

その大量の汗をロッカールームでふき取って、新しいトランクスへ履き替えて次の施術へ向かいます。

セルライトバーンとミリオンウェーブ

別の施術室へ移動して、そこでセルライト除去するための施術を受けていきます。

施術室にはマシンが二つ置いてあり、その二つを同時に受けていくことになります。それぞれを別々で解説しておきますね。

セルライトバーン

セルライトバーンは、掃除機の先にコロコロローラーがついたマシンでセルライトが気になるお腹や足の部分の脂肪を吸い出しながらほぐしていきます。

脇腹部分など自分でも気になっている部分をやってもらっているときは、ゴリゴリと音がするのでセルライトがたまっているのがすごくわかりやすいですね。

このように固くなっている脂肪の塊を表面上に吸い出しながら、ゴリゴリと揉み解していくことで壊していきます。痛みもあるのですが「これがセルライトを除去するということなんだ」と、とても実感できる施術でした。

その中でも特に内太ももと脂肪とか全然関係なさそうなワキ部分をゴリゴリしてもらっているときが痛かったです。

内太ももはともかく、脂肪とかあまりなさそうなワキが痛いのはリンパの流れが滞っているからですね。リンパの流れを良くすることで血流もよくなり脂肪も流れやすくなるし、肩こりの改善にも繋がるリンパドレナージュと呼ばれる施術となります。

ちなみにかなり痛いと感じた場合は、スタッフの方がマシンの強さを調整してくれます。

腰回りや太ももは痛いといってもまだ大丈夫なほうだったのですが、ワキ部分は痛すぎたのでマシンの出力を下げてもらいました。

ミリオンウェーブ

もうひとつはミリオンウェーブというマシンで、ファットバーンのEMSマシンよりもはるかに大きなパットを腰回りに着けたあと、そのまま放置です。

装着した部分に対して、1秒間に50万回~100万回のミクロ波で体の深部の脂肪を刺激してくれると説明を受けたのですが、最初のほうは全然ピンときませんでした。

ただ、時間が経つうちにどんどんとお腹の奥の部分まで熱くなってきたのでよくわかりました。

施術中に胃腸の状態も確認

お腹部分をやってもらっているときに「便秘症じゃないですか?」と聞かれて驚きました。最初のカウンセリング時にも別に話していなかったからです。

お腹のセルライトと胃腸から来る貼りから来る感触が違うらしくて経験値からすぐわかるとのことです。お腹の中の状態がかなりよくないと指摘されました。

正にその通りで、便秘もかなりひどいほうで、悪化したことからむごい切れ痔になり、この施術を受ける直前まで、お医者さんからもらった便をやわらかくするお薬を飲んでいたからです。

この便秘症なこともぽっこりお腹の原因になっているとご指摘を受けました。

そこから普段の食生活を聞かれて、食事に対してのアドバイスをいろいろと受けたのですが、これが全部的確だったので、普段不摂生だった自分にはとても参考になりました。

そんなこんなで楽しい会話を楽しんでいたら、あっという間に時間が過ぎて全ての施術完了です。

施術後はロッカールームに併設されているシャワールームで体中の汗を流していきます。

ダンディハウスのシャワールーム

施術後に受けた営業と勧誘について

シャワーを浴びてスッキリした後、最初と同じカウンセリングルームへ移動。そこからカウンセラーからいろいろと自分の体の状況に合わせたプランを提示していただきました。

3カ月24回or6カ月24回コース

体の状況を改善して、その状況を維持するために必要とする回数が24回が理想とのことです。週2回のペースで通うのであれば3カ月。仕事など他ごとが忙しいのであれば週一回のペースで6カ月の二択から選ぶことが出来ます。

1回あたり18,000円+そのときに使うジェルなどの料金も含まれることから、1回あたりに必要とする金額が約20,000円となります。

生活習慣に合わせたサプリメント

自分の生活習慣に合ったサプリメントをご紹介いただきました。

ヨーグルン:腸内環境をよくする働きがあるから便秘症におすすめ
カーボカット:外食続きだからおすすめ

ここまで提示を受けた後「いかがでしょうか?」と正式入会するかどうかの答えを求められました。

今回、エステの体験コースを受けること自体が初めてであり、他のメンズエステである、メンズTBCやメンズラパルレとも比較してみたいと考えて、今回はお断りしました。

ネット上では、勧誘がキツイという口コミを観たこともあるので、ここから引き止め工作が始まるのかと身構えていたのですが、拍子抜けするぐらい何もなく、これで終了です。

1時間以上、引き止められることも覚悟していたのですが、それこそ上に書いた説明だけなので、15分ぐらいで全て完了しました。

その後、態度が豹変することもなく、帰りのエレベーター前まで暖かく見送ってもらってダンディハウスのトリプルバーン痩身法の体験コースは全て終了です。

受ける前と受けた後の変化

施術前 施術直後 施術1日後
体重 66.1キロ 65.5キロ 64.9キロ
体脂肪率 15.5% 15.3% 14.5%
ウエスト周り 76センチ 76センチ 74センチ

(※施術翌日の体重計は自宅の物で測っています)

施術翌日の計測は自宅の体重計を使ったため正確なデータとは言えませんが、それでも自分でも感じるぐらいお腹まわりがすっきりしています。

それ以外にも感じた変化をいくつか紹介しておきます。

普段ならない部分の筋肉痛がすごかった

週一回以上のペースで加圧トレーニングに通っているので、筋肉痛にはよくなるのですが、今回の体験コースを受けた翌日からの筋肉痛は加圧トレーニングでは全くなったことがない場所ばかりでした。

あとは、普段鍛えている部分なのにそれ以上に筋肉痛がひどかった部分があります。

腹筋と太もも部分ですね。この二か所は加圧トレーニングでも腹筋運動とスクワットで鍛えているにも関わらずそのときよりも強い筋肉痛になりました。

お腹の贅肉がいつもより柔らかい

終わってからのお腹のお肉がプニプニと柔らかくなりました。

最初は「これ逆に太ったんじゃないのか?」と焦ってウエストを測ったら実際には施術前よりもウエストが2センチも縮んでいました。

凝り固まったセルライトを壊すと柔らかい贅肉になって、それから脂肪が落ちると施術中に技術スタッフの方が言っていましたが、一回だけでも体感できるレベルなのは驚きました。

施術直後は疲れが取れてスッキリ

整体やマッサージに行くと、施術中も気持ちよくて眠いのですが、終わってからの眠気もすごかったりします。

その後が寝るだけならともかく、仕事でやらなきゃいけないことがあると眠気が出て困るのでいけないのですが、今回の体験コースは施術中も眠くなかったですが、終わってからも眠気が来るどころか逆にスッキリしていました。

仕事が忙しい合間に通うことも出来ると認識出来ました。

トルプルバーン痩身法がおすすめの方

実際に自分自身がトリプルバルーン痩身法を受けてみて、この体験コースがおすすめと感じた方について説明していきます。

運動が嫌い、もしくは苦手な方

ずっと寝ているだけで、あれだけの大量の汗をかき、翌日の筋肉痛になるケースは、普通ないと思います。

慢性的な運動不足で美容健康面で不安がありながらも、運動すること自体がイヤな方におすすめです。

ぽっこりお腹を引っ込めたい

中年男性に多い、通称ビール腹とも言われる「ぽっこりお腹」の贅肉は長年のセルライトの蓄積でなかなか引っ込みにくいので、きちんとしたセルライトケアを受けることで科学的に落としていくことができます。

エステサロンに不安がある方

エステに対して興味はあるけど不安がある方にとって、運営会社の株式会社シェイプアップハウスは1984年からミスパリからスタートしてその経験を元にメンズエステであるダンディハウスもスタートしています。

他にもISO9001(国際品質保証規格)認証を受けているサロンでもあり、CMなどで見かける知名度だけじゃなく実績面でも安心です。

それでもダンディハウスに納得がいくのかどうかは個人差があるので、確実なのは自分自身で体験コースに行ってみることですね。

ダンディハウスのトリプルバーン痩身法の体験コース詳細はこちら

店舗情報

店舗名 ダンディハウス新宿本店
住所 東京都新宿区新宿3-26-13
新宿中村屋ビル 4F
最寄駅 JR新宿駅東口出口、東京メトロ丸の内線新宿駅7番出口、小田急線新宿駅、京王線新宿駅、西部新宿線の西部新宿駅
営業時間 平日:11:00~21:30
土日祝日:10:00~19:00
公式サイト http://www.dandy-house.co.jp/

新宿近辺にある店舗情報

ダンディハウスには新宿本店以外にも新宿近辺に複数店舗展開しています。自宅や勤務先から近くて通いやすいほうをお選びください。

店舗名 ダンディハウス新宿東口店
住所 東京都新宿区新宿3-37-11
安与ビル5F
最寄駅 JR新宿駅東口から出たルミネエスト南隣のビル内にあるため、新宿東口本店のすぐそばとなります。
営業時間 平日:11:00~21:30
土日祝日:10:00~19:00
店舗名 ダンディハウス渋谷宮益坂店
住所 東京都渋谷区渋谷2-20-11
渋谷協和ビル 11F
最寄駅 JR渋谷駅、東京メトロ銀座線渋谷駅を出て渋谷ヒカリエ隣のビルとなります。
営業時間 平日:11:00~21:30
土日祝日:10:00~19:00
店舗名 ダンディハウス池袋店
住所 東京都豊島区池袋2-2-1
ウイックスビル4F
最寄駅 JR池袋駅、東京メトロ線の池袋駅、東武鉄道線池袋駅、西武鉄道線池袋駅、到着後C6番出口近辺となります。
営業時間 平日:11:00~21:30
土日祝日:10:00~19:00


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク
スポンサーリンク