家庭用EMSマシンの特徴と目的別に合わせたおすすめマシンを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭用EMSは自力で運動して筋肉を使わなくても、家で鍛えたい部位に当てるだけで筋トレができるマシンです。

ただ、ひとくちに家庭用EMSと言ってもマシンによって効果が違うことがあります。

なので、せっかくお金を出して家庭用EMSを買ったのに思うような効果が出なかった!なんて残念な結果にならないように、ここでは目的に合わせたおすすめの家庭用EMSを紹介します。

家庭用EMSマシンの特徴と購入時のポイント

医療機関で体のリハビリなどに使われるEMS(神経筋電気刺激療法)の仕組みを使い、家庭で手軽に電気刺激を利用した筋トレができるよう開発されたのが家庭用EMSマシンです。

運動をしなくても筋肉が鍛えられるのは魅力的ですね。自分の都合のいい時に使えるうえにTVを見ながらなど「ながら運動」もできるため、運動が苦手な人はもちろん、忙しくて運動する時間がとれない人にも人気です。

デメリットがあるとすれば、本体を購入するだけでなく粘着パッドやジェルなど消耗品を購入し続ける必要がある点でしょう。マシンごとに用意された消耗品を使わないと火傷や故障の原因になるため、消耗品は必ず正規品を使用しましょう。

家庭用EMSとひとくちに言っても周波数によって鍛えられる筋肉が異なるため、周波数を確認して購入するのがポイントです。

3つのタイプに分かれる家庭用EMSマシン

家庭用EMSは大きく分けて3つのタイプに分かれます。


  • 付ける部位が決まっているタイプ
  • どこにでも張り付けられるタイプ
  • 手に持って動かすタイプ

付ける部位が決まっているタイプの家庭用EMSは各部位に適した特徴的な形をしていて、クリスティアーノ・ロナウド選手のCMでおなじみの「シックスパッド」が有名です。

2018年にライザップから発売された「3D Shaper」も人気が高まりつつあるほか、タレントのヒロミさんプロデュースの「VUP SHAPER EMS(VアップシェイパーEMS)」も知られています。

腕でも足でも好きな場所に張り付けて使うタイプとしては性能面の優秀さからパーフェクト4500HOT、スタイリフトなどがおすすめランキング上位に入ります。

一方、手に持って動かすタイプはEMSがオマケ程度な美容機器が多くなります。ただ、ボニックプロは自動で周波数が変化することから、EMS目的の購入もおすすめなマシンとなります。

周波数別に人気の家庭用EMSマシンを比較

ここまで紹介してきた人気の家庭用EMSマシンの周波数は5Hzから5,000Hzまであり、一覧にするとこんな感じです。

EMS名 周波数
3D Shaper 5Hz~80Hz
シックスパッド 20Hz
VアップシェイパーEMS 200Hz~5,000Hz
パーフェクト4500HOT 4500Hz(干渉波)
スタイリフト 5000Hz
ボニックプロ 企業秘密
マシンによってずいぶん差があるけれど…何が違うの?
低周波は表面付近、高周波は深部の筋肉を鍛えられるのよ。

周波数によって鍛えられる筋肉が違い、低周波は表面付近を鍛えて見た目を引き締め、高周波は深部の筋肉を鍛えて痩せやすい体質に近づけます。

このようにダイエット効果が異なるため、目的別におすすめの家庭用EMSマシンは異なってきます。

目的別に合わせたおすすめの家庭用EMSマシン

家庭用EMSを購入するうえで主に出てくる悩みとして、


  • 表面上の筋肉を鍛えて見た目を改善したい
  • インナーマッスルを鍛えて痩せやすい体質へ改善したい
  • できる限りお金をかけずに家庭用EMSのマシンを試してみたい

といったことが挙げられます。

こちらではそれぞれの目的別に合わせたおすすめの家庭用EMSマシンをご紹介していきます。

表面上の筋肉を鍛えて見た目を改善するなら3D Shaperやシックスパッド

1Hz~1000Hzの低周波EMSは皮膚の数ミリ下の筋肉を鍛えられるため、見た目を変えるために筋肉をつけるなら3D Shaperやシックスパッドがおすすめです。

低周波EMSは抵抗が大きく痛みを感じやすいのが欠点ですが、どちらも強度も変えられるし痛みを感じにくい作りのため心配はいりません。

このように似ている2つですが、お腹のダイエットのために家庭用EMSを購入するなら、3D Shaperがおすすめです。

なぜなら3D Shaperは理想のウエストを手に入れるために作られているからです。トレーニング目的で作られているシックスパッドとはちょっとコンセプトが違いますね。

それに、同じ範囲を鍛えられるシックスパッドアブズベルトが42,984円なのに比べて3D Shaperは31,104と11,880円も安く購入できます。

3D Shaperは10分~16分の3つのモードに分かれていて、短時間で筋肉を鍛えられるのもポイントです。

公式サイトはこちら

ただ、3D Shaperはウエスト専用の家庭用EMSのため、腕や脚などお腹以外の場所を引き締めたい人はシックスパッドになります。

シックスパッド効果

ムッキムキに鍛えたい人も1回あたり23分みっちり筋肉を鍛えるシックスパッドの方が良いでしょう。

シックスパッドは世界最高峰のEMS理論から、最も効果が高くなると言われる20Hzの低周波を使用しています。

電源が入ったまま肌から離すとアラームが鳴る機能があり便利です。

シックスパッドは実際に購入していて、失敗したと感じたことも込みで詳しく書いています。

合わせて読みたい

公式サイトはこちら

インナーマッスルを鍛えて痩せやすい身体に体質改善するならパーフェクト4500HOT

3000~50000Hzの高周波EMSは皮膚の下10~15cmの深い部分まで届きインナーマッスルを鍛えることができるため、痩せやすい体質になるために筋肉を鍛えるならパーフェクト4500HOTやツインターボがおすすめです。

個人差はありますが、高周波EMSなら基本的に痛みはほとんどありません。

しかし、高周波EMSはパッド式になり慣れるまでは最も効果が出る位置に貼るのが難しいのと、価格が高くなりがちなのがデメリットです。

この2つ高周波EMSを比べると、価格はどちらも15万円ほどなのに、干渉波という仕組みを採用していてより「深く」「広く」「強く」効果を発揮できるパーフェクト4500HOTの方がおすすめです。

パーフェクト4500HOT画像

干渉波は振動を影響させあう仕組みで医療用のEMSにも採用されています。温熱効果もついていてより効果的に筋肉を鍛えることができます。

パーフェクト4500HOTは2016年5月の楽天ランキングのEMS部門で1位を獲得していて、レビューには効果があったという書き込みが多いです。

業務用メーカーが開発した日本製の家庭用EMSであり、3年保証がついているのもポイントです。

パーフェクト4500HOT公式サイトはこちら

15万円は高いなぁ。EMSをちょっと使ってみたいだけなんだけど…。
それなら、安いEMSを買ってまず試してみるのはどう?

お金をかけたくないなら格安料金のVアップシェイパーEMSかボニックプロ

できる限りお金をかけずに家庭用EMSマシンを試してみたい方には10,980円で購入できるVアップシェイパーEMS、お腹に限らず全身に試してみたいし、そもそも脂肪が気になるって方にはボニックプロがおすすめです。

筋肉を鍛えるのには時間がかかりますが、Vアップシェイパーは560デニールの生地で作られていて3方向から腹筋をシェイプしてくれるので、着けるだけですぐにスタイルアップできます。

Vアップシェイパー

鍛える筋肉を意識することで筋トレはより効果的になりますし、着けるだけで腹筋が意識できるVアップシェイパーはお腹痩せにピッタリと言えるでしょう。

3つのモードがあり200Hz~5,000Hzと幅広い周波数を利用しているため、アウターマッスルもインナーマッスルも刺激できます。安いのに9段階の強度レベル調整機能がついているのもポイントです。

タレントの菊地亜美さんがたった1ヶ月1日10分の使用でお腹周り-10cmを達成したことでも有名です。
VアップシェイパーEMSの公式サイトはこちら

一方のボニックプロはプロの現役エステティシャンである山口美都希さん監修の美容機器であり、EMSのほか大手エステサロンでも人気のラジオ波(RF)とキャビテーション機能もついていて、筋肉も付けたいけど脂肪も気になる方にぴったりです。

ボニックプロとは

女性の手にもフィットしやすい形なので全身にEMSをかけやすいうえ、丸ごと水洗いできるのも便利です。HOTモード・SHAPEモードの切り替えもでき、気になる部分に各5分ずつ当てるだけで、簡単に美ボディケアができます。

周波数が変化して押したり揉んだり叩いたりといった感覚のEMSで、強さも3段階調整できます。

使用ジェルは、トウガラシやショウガを配合した今話題の温感引き締めジェル。体をしっとりさせポカポカと温めながらマッサージできます。ふわっと広がるフレッシュベリーの香りもリラックス効果があります。

合わせて読みたい

公式サイトはこちら


今回は家庭用EMSを紹介しましたが、エステサロンでもEMSは受けられます。比較した記事も書いたので、興味のある方は読んでみてくださいね。

合わせて読みたい
おすすめの家庭用EMSを再チェック


  • このエントリーをはてなブックマークに追加