花嫁さんが自分でブライダルメイクをする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブライダルメイク

結婚式とは女性にとって特別な一日で、どんな女性もその日は一番綺麗な花嫁姿を見せたいと思うことでしょう。

しかし実際には思ったようにいかなかったと感じている新郎新婦も少なくなく、主役である花嫁の「結婚式で後悔している原因」として多いのがブライダルメイクの失敗です。

友人や親戚などゲストの方々に美しい花嫁姿を見せる為に、忙しい中時間を作ってダイエットを頑張り、ブライダルエステやネイルサロン、美容室に通うといった自分磨きをしても、結婚式当日のブライダルメイクに失敗するとその努力した事は全て台無しになります。

自分が納得できるブライダルメイクは必ずしもプロのメイクとは限らず、希望すれば花嫁が自分でブライダルメイクをすることも可能です。

花嫁が自分でブライダルメイクをする方法、自分でブライダルメイクをした場合のメリットやデメリットを調査しました。

花嫁が自分でブライダルメイクをする方法

結婚式は、照明が長時間当たっていて、多くの人から注目されているので、多くの汗をかきます。多くの汗をかく状態が長時間続いても、化粧が崩れないようなベースメイクがブライダルメイクには必要です。

まずブライダルメイクの基本は、化粧崩れしないように、ベースメイクをしっかり丁寧に仕上げる事です。

また、結婚式は感動する場面が多いのでアイメイクには涙を流しても化粧崩れしないコスメを使用します。

事前の準備

化粧崩れの予防は、キメが整った綺麗な素肌づくりから始まります。メイクをヘアメイクの担当者にお任せする場合も、花嫁が自分でブライダルメイクをする場合でも、素肌が荒れているとメイクがすぐに崩れてしまい、せっかく綺麗に仕上げたブライダルメイクも台無しになります。

化粧崩れの予防の為に、日頃からしっかりとスキンケアを行い、当日は寝不足でカサカサした素肌にならないように十分な睡眠が大切です。潤いがあるスベスベした素肌は、メイクが崩れにくく、透明感があるブライダルメイクに仕上がります。

結婚式場では、非日常の状態が長時間続き、緊張や照明による熱で汗をかきやすい状態になります。

また、泣いてしまう花嫁さんも多いので涙によるメイク崩れにも気を付けなければいけません。そのためブライダルメイクには、ブライダルメイク用の専用コスメが必要です。

部分別コスメ選びのポイント

ファンデーション 厚塗りしなくてもくすみやシミがカバーでき、化粧崩れしにくいブライダルメイク用のものがおすすめ。それでも化粧崩れが心配であれば、ベースメイクだけプロに頼むという手も。
アイメイク全般 泣いても大丈夫なようにウォータープルーフのアイメイクコスメを使用しましょう。パンダ目防止が一番のポイント。
マスカラ ボリュームタイプよりもロングタイプのほうが液がさっぱりしているので化粧崩れしにくい。
アイライナー ペンシルタイプよりも筆のようなリキッドタイプがフィットしやすい。
まつ毛 つけまつげは汗や涙で落ちてしまう可能性があるので、付けまつげではなくまつげエクステがおすすめ。まつ毛エクステはつけてから3週間以内ならリペアも不要なので結婚式から逆算して計画しましょう。

結婚式で泣いてしまった場合には、目頭に含んだ涙をそっとハンカチで押さえることでアイメイクが崩れるのを防ぐことができます。

披露宴の時にお世話をしてくれる担当スタッフに、鏡と綿棒を何本か渡しておくと、アイメイクが崩れても少しの空き時間でアイメイクを直す事ができます。

おすすめのブライダルメイク

ブライダルメイクは、普段のメイクよりもかなり濃いめにしないと、衣裳や会場の雰囲気に負けてしまい貧相な印象の花嫁になります。そこでそうならないための化粧方法と効果をいくつかご紹介します。

メイクのポイント 効果
アイラインを濃く引く スポットライトにブライダルメイクが映えて華やかな印象に。
目を強調する(ライン、アイシャドウ、コンタクトなど) お人形のような可愛らしい雰囲気に。
アイラインを濃いめ、リップをベージュ系などを使って控えめにする 大人っぽい印象
アイラインをほどほどに、リップを鮮やかな色にする 華やかさが増す
アイライン、チーク、リップなどすべてを濃くする NGなメイク。やりすぎた感が出てしまう。
アイシャドウ:アクアグリーン
チーク:コーラルピンク
リップ:オレンジ
モダンな印象に。

衣裳やアクセサリーの色と雰囲気に合わせて、アイライン、チーク、リップのどれかひとつにポイントを絞ると、自然な感じで華やいだブライダルメイクになります。
鮮やかなブライダル衣裳を着る場合、アイシャドウに思い切った色を使用して目尻にも目立つ色を差すとウェディングドレス姿に見合ったブライダルメイクになります。

化粧リハーサル

ブライダルメイクは、メイク自体にどんなに力を入れても衣裳に合っていなければ全体の印象がまとまらず、キレイとは言えません。

そのため結婚式本番の前に一度リハーサルをして、衣裳や髪型、会場の雰囲気とブライダルメイクが合っているか確認する必要があります。

普段のメイクだと、ブライダルメイクが負けてしまい、全体的にぼやけた印象になります。

自分の考えていたブライダルメイクが当日の式場の雰囲気と本当に合っているのかをリハーサルで確認して、自分の理想とイメージか違う場合には予定していたブライダルメイクを雰囲気に合うように修正して結婚式当日を迎えましょう。

また、結婚式当日の花嫁は多忙です。ブライダルメイクの手順を、事前に確認する為にも結婚式のリハーサルは必要です。

お色直し時の化粧直しのタイミングなども事前に確認をしておくと結婚式当日に慌てずにすみます。

特に、和装から洋装、洋装から和装に衣裳を替える時のブライダルメイクの直しは、ベースメイクを和装寄りのベースメイクにするか、洋装寄りのベースメイクにするのかなどを、時間短縮も意識しながら確認する必要があります。

結婚式のリハーサルは、1度しか出来ない会場がほとんどです。貴重な時間を無駄にしないように、リハーサルに挑む前にメイクのイメージをある程度決めておく必要があります。

イメージを決めたら、事前準備として必要なメイク道具やアイテムをしっかり揃えておけば、実際のリハーサル後には微調整をする程度で済み安心できるでしょう。

花嫁が自分でブライダルメイクをするメリット

理想の実現

ヘアメイク担当の方もベテランから新人まで様々な人がいます。どんなに上手なメイクさんでも、相性が合わないと自分が理想とする花嫁のイメージを上手く伝えられません。

また理想の花嫁のイメージを言葉で伝えても、ヘアメイク担当の方が、真意を理解してくれるとは限りません。

例えば「ナチュラル系」「クール系」といっても自分とメイクさんとでは思い描くものが異なります。そのイメージの違いをうまく聞き出して埋めてくれるメイクさんに出会うことがブライダルメイクの成功の鍵です。

しかしなかなかそう簡単に相性の合うメイクさんに出会えるわけではありません。なりたい花嫁のイメージは、花嫁自身が誰よりも分かっています。

花嫁が自分でブライダルメイクをすると、理想のイメージを言葉で伝える苦労がなく、理想の花嫁のイメージを間違える事もありません。さらには結婚式のヘアメイク担当の方への費用を抑える事もできます。

新しい魅力を発見

ブライダルメイクを花嫁が行うには、花嫁が自分自身を見つめ直す必要があります。自分自身を客観的に見直すことで、理想の花嫁のイメージに近づけます。

そうすることで今まで気付けなかった自分の良いところを発見できます。自分の新しい魅力が発見できると、結婚式だけでなく普段のメイクをする場合にも、新しく発見した魅力を生かしてメイクができます。

花嫁が自分でブライダルメイクをするデメリット

ブライダルメイク時間の確保

花嫁が自分でブライダルメイクする場合、多忙な結婚式の中、ブライダルメイクに時間を割かなければならないというデメリットがあります。

結婚式の当日の花嫁さんは、とにかく忙しく、ブライダルメイクに十分な時間がとれない可能性があります。

また、披露宴の慌ただしさで、お化粧直しをし損ねてしまったり、慌てて失敗する可能性もあります。お色直しで休むこともできず、髪をセットしてもらいながらメイクをすることになるかもしれません。

自分のペースでメイクできないことを覚悟しておきましょう。

普段メイクとブライダルメイクの違い

ブライダルメイクは、普段のメイクとブライダルメイクの違いを把握し、ブライダルメイクに必要な様々な対策をしなければなりません。

結婚式中の花嫁には照明が絶えず当たっています。結婚式は、汗をかきやすい環境が長時間続きます。また、感動的な場面が多く、涙を流す機会も多いです。

ブライダルメイクもいつものメイクと同様に汗や涙の対策をしなければ、化粧が崩れます。化粧崩れ対策の他にも、結婚式は衣装の華やかさに負けない、遠くからでもハッキリした印象になるメイクが必要です。

ブライダルメイクは、メイクを濃くする必要がありますが、「結婚式用の濃いメイク」と「単に濃くてケバケバしい派手なメイク」との違いを理解しなければなりません。

メイク道具

ブライダルメイクは、普段のメイクと違うので、コスメも普段使用している物より、ブライダルメイク用のコスメを事前に準備するデメリットがあります。

化粧崩れを予防する為の、しっかりしたベースメイクが出来るファンデーションや、汗や涙に強いウォータープルーフの仕様のアイメイクコスメが必要です。

チークやアイシャドウも、普段のメイクよりも鮮やかな色合いの物を準備すると、華やかな印象のブライダルメイクに仕上がります。そのためのメイク道具一式をそろえる費用も予算として組んでおく必要があります。

洋装でおすすめのブライダルメイクのやり方

洋装のブライダルメイクの特徴は、ベースメイクのファンデーションです。厚塗りにならないように、肌トラブルを綺麗にカバーしながら透明感のある肌になるようにファンデーションを塗ります。

透明感のある肌に仕上げたファンデーションの後に、アイラインやチーク、シャドウやハイライトを差して、立体的に仕上げるのが、洋装のブライダルメイクです。

アイラインやチークには色々な色が揃っていますが、流行している色を選ぶのでは無く、花嫁が一番似合う色を選ぶことがブライダルメイク成功のポイントです。

以前は、ブライダル衣裳の豪華で華やかな雰囲気に合うように、煌びやかで派手な印象の自分を演出するブライダルメイクが主流でした。

しかし今は、普段の自分のイメージより少しだけ華やかに、なおかつ血色が良く透明感のあるツヤ肌に見えるようなナチュラル感のあるブライダルメイクが主流になっています。

花嫁自身の肌の質感を生かして自然な感じにすると、後悔をしないブライダルメイクになります。

また挙式のみ神社で行う場合やお色直しなどで、和装(白無垢や着物)と洋装(ウェディングドレスやカラードレス)の両方を着る和洋折衷の挙式披露宴をする場合には、洋装のブライダルメイクを和装にも合うように仕上げる事ができます。

和装にも合うように洋装のベースメイクをすることで短い時間でお色直しが出来るブライダルメイクに仕上がります。

和装でおすすめのブライダルメイクのやり方

和装のブライダルメイクは、水化粧と呼ばれている、水で溶かした白粉(おしろい)をベースメイクに刷毛を使用して塗ります。

白塗りと呼ばれているメイクです。白塗りでイメージするのは舞妓さんのようなメイクですが、舞妓さんほど顔を白くしません。今の和装のブライダルメイクは、白が浮きすぎないメイクです。

和装のブライダルメイクの特徴は、平面的なメイクで、ポイントにハッキリとした色味を差します。顔の印象は、少しぼんやりとして平面的になりますが、眉を黒に近いダークグレーで太く短めに描き(「笹眉」と呼ばれる)、赤い口紅を小さく口に引いて、顔の印象を引き締めます。

和装のブライダルメイクで使用する色は、赤、黒、白が基本色ですが、このごろは眉にブラウン系の色も使用するようになってきています。

和装のブライダルメイクは、洋装のブライダルメイクと比較すると、マットな感じでツヤ感がありません。

和装の白塗りに不安があるかもしれませんが、実際に和装の衣裳を着ると違和感なく落ち着いた印象になります。

洋装の衣裳に合わせた和装のブライダルメイクをする場合、水化粧をしない選択もあります。ただ、白無垢を着た時に、水化粧をしていないと、白無垢の白が目立ち、地肌が浮いて見えてしまうのでおすすめはできません。

カツラを被らずに地毛を結って和装する場合は、髪型によっては生え際と水化粧した肌の色に差がでてしまい見た目の印象が悪くなります。

髪型次第では、和装でも水化粧ができません。ベースメイクを洋装風に丁寧に仕上げておくと、お色直しの時には眉の形や口紅の色を塗りかえるだけで、簡単に和装から洋装に印象が変えられます。

ナチュラルで綺麗になるためのブライダルメイクのやり方

程よく濃いナチュラルメイクを意識しましょう

結婚式当日は、華やかな髪型、ボリュームのある衣裳、明るい照明など普段とは全く違う環境なので、ナチュラルメイクが好きな方もブライダルメイクは普段よりも少し濃いメイクをしないと顔がぼやけた印象になります。

ブライダルメイクは、写真映えするメイク、遠くの来賓の方にもハッキリと美しく綺麗に見える濃いめのメイクがちょうどよいとされています。

普段のナチュラルメイクに比べて、「濃いかな」「盛りすぎたかな」をイメージしましょう。

濃いメイクといっても、色の合わないファンデーションや濃すぎるアイメイクを施したケバケバしいメイクではなく、ブライダル衣装に合わせて自然に花嫁の美しさを際立たせるイメージです。

肌質が綺麗にみえるファンデーション、血色が良くみえるチーク、表情を豊かに見えるアイメイクをナチュラルな感じに仕上げます。

具体的なメイクのポイント

ブライダル衣裳を着たとき、顔の印象をハッキリさせるためには、眉やチークをほどよく濃く差すのがナチュラルなブライダルメイクのポイントです。

しかし、アイラインやアイシャドウを濃くしすぎると、華やかを超えて派手すぎる印象になり、下品なイメージを持たれる可能性があります。

結婚式は、スポットライトに照らされたり、普段より多く汗をかいたり、笑ったり泣いたりと、普段より化粧崩れをしやすい環境です。

結婚式の間、化粧崩れしないためには、ベースメイクをしっかり丁寧に塗ることが大切です。シミやくすみなど肌の気になるところにはカバー力のあるものを使用して、厚塗りになりすぎないように気を付けるとキメの細かい肌に見えます。

ナチュラルなブライダルメイクの手順は、基礎化粧品をたっぷりと使用して、肌に潤いをあたえてから、丁寧にファンデーションを塗ります。厚塗り感がない素肌を感じさせるベースメイクで、シミやくすみをカバーした透明感のある自然な肌を作ります。

ナチュラルなベースメイクが仕上がったら、素肌感がある肌に合わせた、肌色に近いピンクやオレンジ色のチークを差します。ピンクやオレンジ色のチークを入れると、元気で明るい印象になります。

アイメイクもナチュラルな感じを意識しましょう。アイホールにはヌードカラーの、肌に馴染みやすいナチュラルブラウンやピンクを差すと可愛らしい印象になります。

目の下には涙袋を強調するホワイトやラメを差して、ふんわり華やいだ印象にします。また目尻にピンクのシャドウを差すと涙袋メイクや垂れ目メイクを作ることが出来、さらに華やかに仕上がります。

眉は、しっかり描き目元を強調して目力をアップさせるように、茶色のアイブロウで太く描きます。

ブライダルメイクの仕上げは、明るめのジューシーカラーで口元の輪郭をぼかす様にリップを差します。

リップが明るすぎる場合は、全体の印象を見ながら、チークを控えめにしたりして調整すれば、ブライダル衣裳に負けない、ナチュラルな感じの、かわいくて華やかなブライダルメイクになります。

自分でブライダルメイクをするのにおすすめのコスメアイテム

ブライダルメイクに、普段のメイクに使用しているコスメとは違うコスメを使用すると、発色や色持ちが良くなります。

ブライダルメイクにおすすめのコスメやアイテムをリストアップしました。

ベースメイク

モイスチュアライジング フィルド ファンデーション

水の代わりにオレンジフラワー水を贅沢に100%使用している、潤い成分がたっぷり入った美容液のようなファンデーションです。

毛穴までカバーして、透明感のあるツルツルした上品でなめらかな肌に仕上がります。容器も可愛いのでそれだけで気分がUPしそうです。

ブランド名 ポール&ジョー ボーテ
商品名 モイスチュアライジング フルイド ファンデーション 30ml
値 段 5,000円(税別)

ウルトラHDファンデーション

ファンデーションをつけていないように感じるほど、ナチュラルな仕上がりになり、肌トラブルもしっかりカバーしてくれます。

血行がよくなるブースターが配合されていて、肌色が均一に整えられるので、生き生きした明るい肌質になります。

球体のヒアルロン酸の効果で、潤いが持続して肌にハリが与えられふっくらした感じになり、小じわが目立たなくなります。一日中、快適な付け心地のインビジブルカバーファンデーションです。

ブランド名 MAKE UP FOR EVER(メイクアップフォーエバー)
商品名 ウルトラHDファンデーション 30ml
値 段 6,000円(税別)

フェイスパウダーN

シルクのようになめらかなパウダーで、上品なツヤと透明感のあるシルクのような軽い感じの肌に仕上がるフェイスパウダーです。

様々な大きさのパウダーが、均一な化粧の膜を形成して、毛穴をカバーしてくれます。

やわらかな肌質になり、フローラルグリーンスウィートの香りに包まれます。時間が経っても、シルクの様な美しさが持続します。

ブランド名 Les Merveilleuses LADUREE(レ・メルヴェイユーズ ラデュレ)
商品名 フェイスパウダーN レフィル
値 段 8,400円(税抜)・ポット(パフ付)3,600円(税抜)

チーク

フェイスカラーローズ ラデュレ

繊細に本物のバラの花弁のように綺麗に作り込まれている、可愛い形状のチークです。エモリエントオイルが配合されていて、粉が肌に密着して白っぽくならないので、彩度が高く、みずみずしい発色に仕上がります。

朝摘みのバラの甘くて優雅な香りをまとわせるように、大きめのブラシに、花弁の形を優しくなでてブラシに色を含ませてから頬に差します。

肌に溶け合うような色彩で、バラが咲き誇っているような印象のブライダルメイクになります。

ブランド名 Les Merveilleuses LADUREE(レ・メルヴェイユーズ ラデュレ)
商品名 フェイスカラーローズ ラデュレ レフィル
値 段 7,000円(税別)・ポット3,000円(税別)

プレストチークカラーN

メルヴェイユーズが愛したカメオのマークが刻まれている、可愛すぎる形状のチークです。全部で20色の華やかなカラーバリエーションで、自分にあった好みの色を、ドレスを選ぶような感じで選べます。

フローラルグリーンスウィートの香りに包まれます。粉の含みが良い、コシのある馬毛を使用しているブラシがついています。

ブランド名 Les Merveilleuses LADUREE(レ・メルヴェイユーズ ラデュレ)
商品名 プレストチークカラーN
値 段 5,300円(税別)

フェイスパウダー

ルースパウダー

天然のダイアモンド0.1ctとラメの相乗効果で、上品な輝きに仕上がるパウダーです。デコルテ、顔や首など、メイクの仕上げに使うと、メイクの発色や色持ちが良くなります。

昼間は、自然の光にダイアモンドが反射してナチュラルに輝き、夜は、照明に反射したダイアモンドの光が、大人の煌めきを演出してくれます。

ブランド名 DIAMO(ディアモ)
商品名 ルースパウダー 10g
値 段 3,240円(税込)

エターナルハピネスパウダー

抗糖化に着目して、医師と薬剤師が共同で開発した美容パウダーです。大小大きさの異なるパールとラメが、立体感を演出して、上品で綺麗な肌色に仕上がります。

結婚式のフラワーシャワーをイメージしたローズベースのエレガントフローラルの香りの、エレガントな雰囲気に包まれます。

くすみやエンジンケアする成分や潤い成分など、10種類の美肌成分が配合されているので、お肌のケアもできる、肌馴染みが良い上質なパウダーです。

ブランド名 MarryMamory(マリーメモリー)
商品名 エターナルハピネスパウダー 28g
値 段 5,500円(税別)

アイシャドウ

フローラアイシャドウ

企画認定オーガニックのバラやジャスミンソケイの花のパウダーを使用している、肌に優しいアイシャドウです。

花のパウダーが、栄養の補給と沈静効果を発揮して、潤いあるまぶたに仕上がります。自然な色合いで、全30色のカラーバリエーションです。

ブランド名 Zuii ORGANIC(ズイ オーガニック)
商品名 フローラアイシャドウ
値 段 2,808円(税込)

フローラアイシャドウ パレットクアッド

フローラアイシャドウの4色入りパレットです。美発色のアイカラー4色を自由に重ねて、様々な表情の演出が自由自在に楽しめます。3種類のカラーバリエーションがあります。

ブランド名 Zuii ORGANIC(ズイ オーガニック)
商品名 フローラアイシャドウ クアッド
値 段 7,020円(税込)

フローラアイシャドウ パレットデュオ

フローラアイシャドウの2色入りパレットです。シアーで軽い仕上がりになります。カラーバリエーションは2種類です。

ブランド名 Zuii ORGANIC(ズイ オーガニック)
商品名 フローラアイシャドウ パレットデュオ
値 段 5,184円(税込)

リップカラー

フローラリップティント

植物のオイルとエキスにミツロウを加えた、健康的な潤いとツヤの仕上がりになる、唇に優しいリップグロスです。カラーバリエーションは9色です。

ブランド名 Zuii ORGANIC(ズイ オーガニック)
商品名 フローラリップティント
値 段 2,808円(税込)

フローラリップスティック

オリジナルのレシピで配合された、落ちにくい口紅です。クリーミーな発色で、なめらかな仕上がりになります。

配合されている、ホホバ油、ひまわり油、アロエヴェラなどが唇の荒れを予防してくれます。魅惑的なカラーのバリエーションは、豊富な18色です。

ブランド名 Zuii ORGANIC(ズイ オーガニック)
商品名 フローラリップスティック
値 段 3,456円(税込)

アイライナー

ジェルアイライナー

濃密なジェルタイプのアイライナーです。1.5mmの極細で、滑るような感覚で細いラインが描けます。

涙や水、汗に強いウォータープルーフと、皮脂やこすれに強いスマッジプルーフの2つのプルーフの効果で、長時間にじまない綺麗なラインが保てます。

クリーミーなタッチの芯なので、まつ毛の隙間や目頭にも綺麗なラインが描けます。潤いとハリを与えてくれる美容液成分が配合されているので、まつ毛の根元をケアして、ツヤのある黒目が大きく見える目元になります。

ブランド名 kingdom(キングダム)
商品名 ジェルアイライナー
値 段 1,200円(税別)

ロングウェアジェルアイライナー

濃密なジェルタイプのアイライナーです。色の持ちが良く、発色が綺麗でなめらかな描き心地です。汗をかいても落ちにくく、発色が1日中綺麗に持続します。

ブランド名 BOBBI BROWN(ボビィブラウン)
商品名 ロングウェアジェルアイライナー 3g
値 段 3,132円(税込)

ジェルペンシルアイライナー

アイライナーの液を直接容器に充填するペンシルタイプのアイライナーです。ジェルがとろけるような柔らかな芯なので、なめらかに細いラインが描けます。

1.5mmの極細のジェル芯なので、目の際や目尻に細いラインが、自由自在に描けます。9種類の美容成分が配合されていて、メイクをしながらデリケートな目の周りの優しくケアをします。

ブランド名 ベルサイユのばら
商品名 ジェルペンシルアイライナー
値 段 1,200円(税別)

マスカラ

イプノスターウォータープルーフ

2つのフラットな面と2つの斜面が組み合わさったブラシで、長く艶やかな眉毛に仕上がるマスカラです。

2つの違うタイプのワックスの配合で、グラマラスなボリュームになり、美しいカールが一日中持続します。

ブランド名 LANCOME(ランコム)
商品名 イプノスターウォータープルーフ
値 段 4,000円(税別)

グッドカール マスカラ(ロング)

塗るだけで自まつげが伸びたような美しいカールが仕上がるウォータープルーフ仕様のマスカラです。

軽く伸び、ダマにならずに軽い感じに仕上がります。しなやかなカールが一日中キープできます。

ブランド名 FASIO(ファシオ)
商品名 グッドカール マスカラ(ロング)
値 段 1,200円(税別)

その他

ズイ ミニブラシセット

持ち運ぶのに便利なミニサイズの、プロ使用のブラシが5本セットされています。用途に呈した素材を追求して、肌触りが良く、クオリティーが高い使用感です。

ブランド名 Zuii ORGANIC(ズイ オーガニック)
商品名 ズイ ミニブラシセット
値 段 8,900円(税別)

この調査内容の総括

結婚式は主役である花嫁さんが最も美しく輝ける日です。ゲストの注目を浴びるだけでなく、写真撮影の場面も多く、その美しい姿は親戚や友人たちの手元にもアルバムとしてずっと残るものになります。

信頼できるヘアメイク担当の方に、ブライダルメイクをしてもらえると良いのですが、必ずしもそういった機会があるとは限りません。

よく知らないヘアメイク担当の方や相性の悪いヘアメイク担当の方には、自分の意見が言えなかったり、自分の意見を言えたとしても、真意が伝わらなかったりします。

自分のなりたい花嫁の印象を正確にヘアメイク担当の方へ伝えられないと、一番綺麗な自分になれずに悲しい結婚式になってしまいます。

そこで最近では自分を一番分かっている自分自身でブライダルメイクに挑戦している花嫁が増えているようです。

結婚式当日の時間の調整や、事前の準備など、花嫁が自分でブライダルメイクをするのは思っている以上に大変です。

普段のメイクとブライダルメイクの違いを理解したり、化粧崩れをしないように配慮したり、お色直しの時にブライダルメイクを短時間で行う様に考えたりと花嫁の負担が大きくなります。

しかし、花嫁が自分でブライダルメイクをすることで、最高の自分を見せることが出来、満足のいく結婚式をあげる事ができるという大きなメリットがあります。

自分でメイクをした場合には、写真を見返すとそこには理想の花嫁姿の自分が写っており、結婚式の写真や映像を楽しく見られます。

メイクを後悔して最悪な気持ちにならないためにも、花嫁の負担が多くなりますが、花嫁が自分でブライダルメイクをすることは十分にメリットがあるといえそうです。

自分でメイクをすることに不安がある場合には打ち合わせで担当のウェディングプランナーに相談しながら計画を立てることをおすすめします。

大変な面もありますが、セルフメイクを頑張れば、きっと最高の笑顔の花嫁さんになれることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク