痩身エステで産後ダイエットしたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出産後、なかなか元の体型に戻らないと悩む女性は少なくありません。

体重だけではなく、ボディラインが崩れたり、お腹周りがたるんだり、下半身が太ったりと、その悩みもさまざまです。

そこで今回は、産後ダイエット方法の一つである痩身エステについて、おすすめの施術内容や得られる効果、メリット、デメリットなどをまとめてみました。

産後に太りやすくなるのはなぜ?

出産後しばらくすれば元の体型に戻ると思っていたのに、いつまでたっても体重が減らない、むしろ妊娠前より太ってしまった、という方はとても多いです。

ではなぜ、産後は太りやすくなってしまうのでしょうか。

骨盤が開くから

妊娠・出産時には、赤ちゃんが産道を通り抜けられるよう、関節や靭帯を緩めるリラキシンという女性ホルモンが分泌され、さらに赤ちゃんが通る際に内側から圧力がかかることで骨盤が広がります。

出産後、骨盤はある程度までは自然に閉じますが、妊娠前と全く同じ状態まで戻ることはないと言われています。

開いたり歪んだりした骨盤をそのままにしておくと、下半身に脂肪が溜まりやすくなったり、骨盤周りの血液やリンパの流れが滞ったりするため、ダイエットをしても痩せにくい身体になってしまいます。

また、骨盤が開いていることで、お尻が大きく、太ももが張っているように見えてしまうのです。

運動不足になるから

妊娠中は、つわりがひどくて外出できない、お腹が大きくて動くのが億劫になる、などの理由から日常生活での運動量が極端に減ります。

また、産後しばらくは免疫力のない赤ちゃんを外に連れ出すことができないため、必然的にママも外出しなくなります。

妊娠前には当たり前にしていた、「歩く」「走る」といった運動をしなくなるため、カロリー消費量が減り、基礎代謝や筋力が低下して、太りやすくなってしまうのです。

さらに、出産後は基本的に激しい運動ができない期間が続くため、ダイエットする機会が作りにくいのも、太りやすくなってしまう一因です。

食べ過ぎるから

妊娠中はとにかくお腹が空きます。

最近は、妊娠中毒症や糖尿病、難産などを防ぐために、担当医や栄養士に厳しく体重管理されることも多いですが、それでも食欲を抑えるのは難しいものです。

また、産後は赤ちゃんのお世話に手いっぱいで、自分のために栄養バランスの良い食事を作ることが難しくなるため、手軽にお腹を満たせる高カロリーの菓子パンやインスタント食品などを食べることが多くなりがちなのも、太る原因です。

母乳育児をしているママは、授乳によって本来はカロリーを消費するはずですが、それ以上に食べてしまうことで、摂取カロリーの方が上回ってしまいます。

産後ダイエットにおすすめの施術内容

出産後の身体はデリケートなため、通常のエステメニューでは刺激やマッサージが強すぎ、体に負担をかけてしまうことがあります。

サロン選びをする際は、産後専用コースがあるかどうかをチェックしましょう。ここでは、産後エステに含まれることの多いおすすめの施術をご紹介します。

骨盤矯正/美容矯正

出産後の痩身エステで特におすすめなのが、骨盤矯正コースや美容矯正コースです。

開いた骨盤や歪んだ骨盤をそのままにしておくと、血流やリンパの流れが悪くなる、むくみやすくなる、下半身に脂肪がつきやすくなるなど、ダイエットにとって良いことが1つもありません。

産後痩身コースを設けているエステの多くが、骨盤矯正のメニューを扱っているので、ぜひ受けてみましょう。

出産時に開いた骨盤をマシンやマッサージによって元の位置に戻すのが「骨盤矯正」、骨盤だけでなく全身の骨格を整えて美しいスタイルにするのが「美容矯正」です。

※参考⇒ 骨盤矯正エステでダイエット

脂肪燃焼ケア/セルライトケア

妊娠中や産後は、運動不足による基礎代謝や筋力の低下、食生活の乱れなどによって、お腹やおしり、太もも、二の腕に脂肪やセルライトがつきやすくなります。

脂肪は、時間が経つほど身体に定着して簡単には落ちなくなるため、柔らかく流動的な産後6ヶ月以内に適切にケアするのがポイントです。

ただし、脂肪やセルライト解消のメニューのなかには、もみ出しなど強度なハンドマッサージが含まれることもあるため、必ず医師の了承を得てから受けるようにしましょう。

※参考⇒ セルライトエステの痩身効果や施術方法

むくみケア

むくみは、体内の水分バランスが崩れることや、血液の巡りが悪くなることが原因で起こります。産後、むくみに悩む女性が増えるのは以下のような理由からです。

  • 出産時に血液や水分が大量に排出されるため、体が水分を溜め込もうとする
  • 運動不足や骨盤のゆがみが原因で代謝が悪くなり、血液循環が滞る
  • 授乳により体内の水分量が不足し、それを補おうと体が水分を溜め込みやすくなる

むくみがあると、実際の体重よりも太って見えます。エステサロンでは、リンパマッサージなどでリンパや血液の流れを正常に戻し、むくみを解消します。

バストアップケア

妊娠中は嬉しいくらいにバストが大きくなったのに、卒乳した途端、元に戻るどころか妊娠前よりも小さくなってしまったというのはよくある話です。

そのため、産後エステでは、バストアップを目的としたメニューを取り入れているサロンも多くあります。

マシンや乳腺マッサージにより、授乳によって小さくなったり垂れたりしたバストに、ボリュームやハリ、弾力を取り戻す施術です。

産後すぐ?授乳中?痩身エステへ通う時期はいつからが良いの?

産後の痩身エステに通える時期は、体の回復具合や体調、施術内容などによって異なります。

では、一般的にはいつ頃からできるのか、また、いつから始めるのが効果的なのかを見ていきましょう。

自然分娩の場合

体調が安定し、妊娠中についた脂肪がまだ柔らかい産後2~3ヶ月あたりからがおすすめですが、産後1ヶ月から受けられるコースを用意しているエステサロンもあります。

ただ、サロンがOKとしている場合でも、念のため定期検診の際に医師に相談し、確認をとってからの方が安心です。

帝王切開の場合

帝王切開で出産した場合、基本的に1ヶ月ほどは安静にしている必要がありますし、手術の傷口が完全に治るまでには、2~3ヶ月ほどはかかります。

体調の回復や傷の治り具合には個人差がありますが、痩身エステは産後3ヶ月からを1つの目安として考えましょう。

サロンによっては、産後2ヶ月が経過していれば受けられるところもありますが、帝王切開は自分が思っている以上に体がダメージを受けていることも多いので、必ず担当医のOKをもらってから行ないましょう。

バストケアの場合

産後のバストの垂れやサイズダウンを防ぐため、できるだけ早くバストケアをしたい方は多いと思いますが、バストケアが受けられるのは他の施術よりも少しあとになります。

授乳中のマッサージは胸が張りやすく、痛みを感じることもあるので、お子さんが卒乳したあと、またはミルク育児に切り替えて母乳が出なくなってからにしましょう。

子連れでも痩身エステへ通うことができるの?

まだ数はあまり多くなく、エリアも限られますが、最近では託児付きのエステサロンも徐々に増えつつあります。

両親や旦那さんにお子さんを預けることができない方は、子連れでも通えるかどうかをエステサロン側に問い合わせてみると良いでしょう。

ここでは、おすすめの託児付きエステサロンを4つご紹介します。

Se’s be(シーズビー)

せっかくエステに行っても、赤ちゃんの泣き声が近くで聞こえては、ママはリラックスして施術を受けられません。

そんな気持ちに配慮し、シーズビーではママが1階のエステルームで施術を受けている約1時間半の間、スタッフが2階にある託児ルームで赤ちゃんを預かってくれます。

エステルームにはビデオモニターがあるので、赤ちゃんの様子が気になるときは確認することも可能です。託児料金は無料です。

東京都新宿区原町2-15-5
都営大江戸線「牛込柳町駅」西口より徒歩1分

シーズビー公式サイトはこちら

Comfort(コンフォート)

コンフォートは、産後1ヶ月から通える、無料託児付きのエステティックサロン。

15畳の広々としたベビーシッター付きキッズルームには、ねんね時期の赤ちゃん用のベビーベッドやバウンサーが完備されています。

また、ジャングルジム滑り台やおままごとなどのおもちゃもたくさんあるので、上のお子さんを一緒に連れて行くこともできます。

東京都豊島区東池袋3-1-4 メゾンサンシャイン904
東京メトロ有楽町線「東池袋駅」より徒歩5分(池袋サンシャインシティ直結)

コンフォート公式サイトはこちら

COCOMO-RIVAIN(ココモリバイン)

ココモリバインでは、毎週金曜日の11時~16時に、託児が利用できる「ママday」を設けています。お子さんは1人なら無料、兄弟は1人につき1,200円で利用可能です。

また、最大3名の託児が可能なので、お子さんを預けながらお友達と一緒に施術を受けることもできます。

託児の対象年齢は生後3ヶ月~12歳まで。事前にお子さんのパーソナルデータ(性格・好きな遊び・愛称など)の提出が必要です。

神奈川県横浜市中区山手町100番地 サンセット山手1F
みなとみらい線「元町・中華街駅」5番出口より徒歩3分

ココモリバイン公式サイトはこちら

Ann-b(アンビー)

大阪市にある妊婦・産後・女性専門エステサロンのアンビー。

託児スタッフは全員保育士の国家資格を持っていて、施術時間にかかわらず託児料金は1回1,000円です。

普通分娩は産後1ヶ月から、帝王切開の方は産後2ヶ月から通えます。

大阪市福島区福島7-14-19 福島駅前ビル801

アンビー公式サイトはこちら

痩身エステで産後ダイエットをする効果やメリット

痩身エステで産後ダイエットをすることには、多くの効果やメリットがあります。

出産後に気になるお腹の皮のたるみを解消できる

妊娠中はお腹が大きくなるにつれ、皮膚が引き伸ばされます。そして出産後、ふくらんだお腹が一気に引っ込むため、皮膚がたるんでしまいます。

たるみは、放っておくとそのまま定着してしまう恐れがありますが、正しいケアをすれば徐々にもとの状態に戻すことが可能です。

エステでは、保湿ケアやマッサージなどで新陳代謝を促し、皮膚の再生を速めることで、たるみを解消させます。

妊娠前よりも痩せることができる

産後は骨盤が開くことにより、おしりが大きくなったり、代謝が悪くなったりして太りやすくなります。

ただ、もともと姿勢の悪さや、足を組むクセなどが原因で骨盤が歪んでいた方の場合、出産後の骨盤矯正がきっかけで、妊娠前からの歪みも一緒に解消されることがあります。

すると、妊娠前よりもおしりのサイズが一回り小さくなる、太ももが細くなる、ウエストにぜい肉がつきにくくなるといった効果が期待できます。

リラックス効果がある

出産後の女性は心身ともにデリケートな状態であるため、ストレスを感じやすく、イライラや不安に襲われることも少なくありません。

実際に、「産後うつ」を発症する女性は5人に1人と言われていますし、最近は、出産や子育てが原因で夫婦関係に亀裂が入る「産後クライシス」も問題になっています。

エステには、スリムになるという目に見える効果だけではなく、アロマオイルの香りに包まれたり、人の手でマッサージを受けたりすることによるリラクゼーション効果があります。

エステを受けることで、イライラや不安感が改善され、さらに、育児や家事に追われる日常から離れることで、息抜きや良い気分転換になると感じる方は多いようです。

プロの手で計画的にダイエットを進めることができる

エステサロンでは、プロのエステシャンが施術を行うため、自己流のダイエットよりも高い効果が期待できます。

また、カウンセラーが一人一人に合った施術内容を提案し、スケジュールを組んでくれるため計画的にダイエットを進めることが可能です。

産後の妊娠線を薄くする効果がある

妊娠線とは、急激に大きくなるお腹のスピードに、皮膚の伸びがついていけず、断裂してしまうことが原因でできます。

妊娠線は皮膚の表面ではなく、奥にある真皮や皮下組織のダメージなので、1度できるとセルフケアでキレイになくすことは難しいと言われています。

しかし、エステサロンなら、マッサージによって皮膚の再生に働きかけたり、「エンダモロジー」という、もともと傷跡の治療用に開発された機器を改良した美容器具を用いることで、妊娠線を目立たなくすることが可能です。

産後ダイエットとして痩身エステをプレゼントしても喜ばれる

出産祝いというと、ベビー服やおもちゃ、絵本など、赤ちゃんへ向けてのプレゼントが一般的です。

でも、「みんなとは違うものをあげたい」「相手の趣味が分からない」、そんなときは痩身エステのギフト券をプレゼントしてはいかがでしょう。

エステギフト券のほとんどは、インターネットで購入できるので、わざわざ店舗に買いに行く手間もありません。

「体型はなんとかしたいけど、痩身エステなんて贅沢すぎる」
「赤ちゃんは可愛いけど、たまには自分だけの時間を過ごしたい」

そんなママにきっと喜ばれることでしょう。

もちろん、出産祝いだけでなく、毎日家事に育児に奮闘してくれている奥さまへの、旦那さまからのサプライズプレゼントとしてもおすすめです。

※参考⇒ 痩身エステのプレゼントが出来るギフトチケット情報

痩身エステで産後ダイエットをするリスクやデメリット

痩身エステで産後ダイエットをするリスクやデメリットは以下の2点が考えられます。

産後すぐはエステが受けられない

出産後の自分の体型を見てショックを受け、早くなんとかしたいと思う女性は多いですが、どんなに痩せたくても産後すぐに痩身エステに通うことはできません。

産後6~8週間は、産じょく期といい、10ヶ月かけてお腹の中で赤ちゃんを育ててきた体が、ゆっくりと妊娠前の状態に戻る時期です。

産じょく期が終わり、悪露による出血がなくなり、子宮が元の大きさに戻るまでは、基本的にエステの施術は受けられません。

特に、強い力でハンドマッサージを行うセルライト除去などの施術は、出産直後の身体には負担になるため不向きです。

ただし、産後の回復のスピードには個人差があるので、体の回復具合によって、またエステサロンの施術内容によっては、1ヶ月ほどでエステを受けられる場合もあります。

料金設定が高め

初回限定価格は数千円で受けられることの多い痩身エステですが、2回目以降の通常料金は1~2万円するコースも少なくありません。

痩身効果を得るためには複数回通う必要があるため、料金面がやはり1番のネックとなるでしょう。

体験コースを受けた後に、続けて通いたいと思ったら、都度予約よりも3回コース、6回コースなどを申し込んだ方がお得になる場合が多いので、検討してみましょう。

出産前の体型に戻すまで必要となる痩身エステに通う回数と頻度

一口に痩身エステと言っても、施術内容やエステシャンのスキル、施術範囲や部位、体質などによって、効果の出方や必要な回数は変わってきます。

リラクゼーション目的であれば、月に1回など自分の好きなペースで通うのもありですが、体型戻しが目的なら、1~2週間に1回のペースで3~6ヶ月ほど継続して通うのが理想です。

また、できるだけ早く効果を出したい場合は、エステと並行して食事内容や生活習慣の改善なども必要になってきます。

出産後に脚痩せしたい場合におすすめの痩身エステの選び方

産後に脂肪がつきやすく、しかも自己流ダイエットではなかなか細くするのが難しい脚。

特に、太ももは普段自分では見えにくいため、妊娠前に履いていたジーンズが入らないことや、鏡で何気なく見た後ろ姿で気づくことも多いようです。

太ももに脂肪がつくのは、お腹周りやおしり同様、骨盤の開きが原因であるケースが多いので、まずは骨盤矯正をし、脂肪がつきやすくなる原因を取り除く必要があります。

また、太ももの脂肪は放置すると、肌表面がボコボコとしたセルライトになり、1度セルライトができると、その周りにさらに脂肪がつきやすくなるため、どんどん状態が悪化します。

セルライトは、ダイエットして体重が減ったからといって自然になくなるものではないので、キャビテーションと呼ばれる脂肪細胞を溶かす効果のあるマシンや、プロのマッサージで除去するのが効率的です。

脚全体の太さが気になる方場合は骨盤矯正を、できてしまったセルライトを何とかしたい場合は、キャビテーションやマッサージなどセルライト除去に特化したコースを選ぶと良いでしょう。

産後ダイエットで大人気!おすすめの痩身エステサロン

最後に産後ダイエットに定評のある、おすすめの痩身エステサロンを4つご紹介します。

フェイバリックスグループ

フェイバリックスグループは、北海道から沖縄まで全国展開している、女性専用痩身エステサロンです。

産後ダイエットコースは2種類。脂肪やセルライトの燃焼と分解+骨格矯正+代謝アップを促すαコース、そしてラジオ波やデトックスマッサージでの脂肪燃焼+リンパデトックスマッサージを行うβコースです。

どちらも施術時間は70分ですが、お得な月額制コースなら、αコースβコースの組み合わせ自由で、45分のコースが月に2回受けられます。

料金:αコース70分32,400円(Web限定お試し価格4,980円)/βコース70分21,600円(Web限定お試し価格3,980円)/月額制コース17,280円

フェイバリックスグループ公式サイトはこちら

エステサロンPMK

エステサロンPMKでは、3つの異なる産後痩身エステメニューの中から自由に選べる「産後ボディケアエステ3回プラン」を展開しています。

また、骨盤のゆるみやセルライト、身体の歪みに効果のある「パワーツリー・スリミング」を体験できる、お得な初回限定コースもあります。

全ての店舗が駅近で通いやすさは抜群。全室完全個室なので、リラックスして施術が受けられます。

料金:産後ボディケアトライアル60分コース5,800円/産後ボディケアエステ3回プラン39,800円

PMK公式サイトはこちら

Mother(マザー)

マザーは、麻布十番にあるブライダル・マタニティ・産後エステの専門店です。

下半身太りやぽっこりお腹が気になる人向けの骨盤矯正メニューのほか、全身の引き締めやセルライトケアのメニューなど、産後専用ボディコースは全5種類。

1ヶ月検診で日常生活を送るのに問題がないと判断されれば、施術可能です。

料金:骨盤矯正60分12,960円/全身キャビテーション90分21,600円(キャンペーン期間中は初回限定で半額になることも)

マザー公式サイトはこちら

銀座エミール

銀座で41年続く老舗のエステサロン銀座エミールでは、産後1~2ヶ月後から通える産後骨盤ダイエットコースを展開しています。

こちらは産後の骨盤のゆるみや腹筋の広がりを改善するためのコースで、腰回りやウエストの引き締めやお腹のたるみ解消などの効果が期待できます。

また、サロンには託児ルームが併設されており、保育士が無料で赤ちゃんを預かってくれます。

料金:1回当たり14,000円+調整パック代10,000円(+初回のみ指導料20,000円)

銀座エミール公式サイトはこちら

この調査内容の総括

産後の自分の体を目の当たりにし、一刻も早くなんとかしたいと思う女性は少なくありません。

ただ、通常ダイエットと言えば食事制限や運動がメインとなりますが、産じょく期の激しい運動は今後の体に悪影響を与えることになりかねませんし、授乳中は、3食栄養バランスの良い食事をしっかり食べなければ母乳が出なくなる恐れもあります。

そこでおすすめなのが、今回ご紹介した産後用の痩身エステです。

本来、出産後はヤセ期と言われており、体調や時期に合わせて適切な施術を受けることで、妊娠前の体型に戻ることも、それ以上のスタイルになることも夢ではありません。

また、産後の痩身エステは、毎日の育児で疲れた心と体をリフレッシュできるというメリットもあります。

いつまでも旦那さまの自慢の妻、お子さんの自慢のママでいるために、ぜひ出産後は痩身エステでスタイルアップを目指してください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加