医療レーザー脱毛後に色素沈着ができる原因と対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療レーザー脱毛は、エステの光脱毛(フラッシュ脱毛)に比べて高出力のマシンを使用しているため非常に脱毛効果が高く、短期間でツルツルの肌になることが可能です。

一方、高出力であるがために、人によっては肌に受けるダメージが大きく、色素沈着してしまうリスクがあるとも言われています。

そこで今回は、医療レーザー脱毛後に色素沈着ができる原因と、万が一できてしまった場合の対処法などについて解説していきたいと思います。

医療レーザー脱毛後に色素沈着する原因

肌は、外部から何らかの刺激を受けると、表皮の一番下にあるメラノサイトという部分で「メラニン色素」を作り出します。

メラニン色素というと、日焼けを思い浮かべる人が多いと思いますが、脱毛の際に発生する熱や施術後の肌の乾燥によっても生成され、肌を刺激から守るバリアの役割を果たしています。

通常、メラニン色素は役目を終えるとターンオーバーによって排出されますが、肌への刺激が大きいとメラニン色素も大量に作られるため、排出しきれず肌に残り、シミのようになってしまうことがあるのです。

また、生活習慣の乱れにより肌のターンオーバーが乱れることも、色素沈着を起こす一因となっています。

医療レーザー脱毛後の色素沈着によるデメリットいろいろ

では、万が一色素沈着ができると、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

色素沈着が改善するまで施術ができない

医療レーザー脱毛は、ムダ毛を作るもとである毛根部分のメラニン色素に反応してダメージを与え、脱毛を促すという仕組みです。

ところが、色素沈着した部分にはたくさんのメラニン色素が集まっているため、本来毛根に反応するはずのレーザーが肌表面に反応し、火傷(やけど)をしてしまう危険性があります。

そのため、色素沈着の状態によっては施術を断られるか、その部分を避けて脱毛を行わなければなりません。

レーザーの出力が上げられず脱毛効果が下がる可能性がある

レーザーは、一定の高さまでは出力を上げるほど脱毛効果が高くなりますが、同時に肌への負担も大きくなります。

クリニックでは、一人ひとりの肌状態に合わせ、最も効果的でかつ安全な出力を見極めながら照射するため、色素沈着のある部分は、たとえ施術可能な状態でもあまり出力を上げられません。

そうなると、本来の脱毛効果が出にくく、予定していた回数や期間で終わらない可能性も出てきます。

顔・腕・足などにできると人目が気になる

医療レーザー脱毛による色素沈着は一時的なものが大半です。とはいえ、顔や腕、足など人目につきやすい部分にできた場合、特に女性は治るまでの間とてもストレスを感じるでしょう。

夏でも長袖を着たり、コンシーラーやファンデーションで隠す人も多いですが、友人や恋人に会うのが嫌になったり、会社に行くのが億劫になってしまう人もいます。

治療費がかかる

医療レーザー脱毛による色素沈着の多くは、肌のターンオーバーによって徐々に外側に押し出され、最終的にはアカとして剥がれ落ちていきます。

しかし、生活習慣の乱れやストレス、睡眠不足などによりターンオーバーがスムーズに行われなかったり、継続的に肌ストレスを受けたり、あやまった肌ケアを続けたりすることで色素沈着が定着し、シミとして残ってしまうことがあります。

そうなった場合、医療機関で治療を受けることになりますが、シミ治療は時間がかかるうえ、美容医療の扱いになるため保険適用外になり治療費も高くなります。

レーザー治療をした場合は、数万円単位の費用がかかることもあります。

色素沈着リスクが高い危険な医療レーザー脱毛方法

医療レーザー脱毛はその名のとおり医療行為なので、専門的な知識を持った医師や看護師のもと、安全に配慮して施術を行っています。しかし中には、色素沈着のリスクがある危険なレーザー脱毛を行っているクリニックもわずかにあります。

どのようなクリニックや脱毛方法なのか、見ていきましょう。

カウンセリングをしない

通常、医療レーザー脱毛の施術前には、カウンセラーによる問診や医師・看護師による肌状態のチェック、場合によってはテスト照射を行います。

しかし中には、契約後すぐに施術をする医療クリニックも。

事前にカウンセリングや診察がないと、肌に合わないマシンや、強すぎる出力で施術が行われる危険性があり、色素沈着を引き起こすリスクが高まってしまいます。

初めから強い出力で照射をする

医療レーザー脱毛は、出力が弱すぎると毛根に与えるダメージが少なくしっかりと脱毛効果が得られないため、ある程度までは出力を上げる必要があります。

しかし、出力を上げれば、その分肌に与えるダメージも大きくなるため、クリニックや美容皮膚科では個々の肌質や毛質、毛量、部位などに合わせた出力調整をしています。

また、初めての施術の際は弱めの出力から始め、脱毛後の肌に問題がなければ、2回目以降出力を徐々に上げていくケースがほとんどです。

ですから、初めから出力を高く設定したり、こちらの希望に沿って出力をどんどん上げるようなクリニックは、色素沈着のリスクが高まるので注意が必要です。

色素沈着リスクが低い安全な医療レーザー脱毛方法

医療レーザー脱毛による色素沈着リスクを低くするには、施術者の経験や知識もさることながら、マシン選びも重要になってきます。では、色素沈着リスクが低い医療レーザー脱毛方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

バルジ領域に働きかけるもの

通常の医療レーザー脱毛は、メラニン色素に働きかけて毛乳頭や毛母細胞を破壊する仕組み。一方、最近注目されているのは、「バルジ領域」と呼ばれる毛の成長を促す司令塔の役割をしている部分に働きかけ、発毛を止める方法です。

高温を発生させる一般的なレーザーとは違い、体温程度の熱を細かく照射し、蓄熱させることで徐々にダメージを与えます。そのため、火傷や肌トラブル、色素沈着のリスクが低くなります。

バルジ領域に働きかけるマシン

マシン名 受けられるクリニック
メディオスターNeXT PRO 湘南美容外科
リゼ・クリニック
ゴリラクリニック(メンズ専用)
ソプラノアイスプラチナム 聖心美容クリニック
ビューティースキンクリニック

冷却機能が搭載されたもの

冷却装置が搭載されたマシンなら、照射時に冷却ガスを噴出するため、一時的に感覚が麻痺し、痛みを感じにくいという特徴があります。

また、照射部分を瞬時に冷やすため、熱がこもって火傷をし、色素沈着するリスクを避けることができます。

冷却機能が搭載されたマシン

マシン名 受けられるクリニック
ジェントルレーズ(アレキサンドライトレーザー) 湘南美容外科
レジーナクリニック
フェミ―クリニック
G-MAX(アレキサンドライトレーザー+ヤグレーザー) フェミ―クリニック

メラニン色素に反応しないもの

レーザーの波長が長く肌の奥深くまで届くヤグレーザーは、肌表面に与えるダメージが少ないのが特徴。肌の表面にあるメラニン色素にはあまり反応しないため、日焼け肌はもちろんのこと、地黒肌やシミやホクロ、色素沈着がある肌にも脱毛が可能です。

ただし痛みが強いため、他のマシンで脱毛できないIラインやOラインなど、部分的に使用するケースが多くなります。

ヤグレーザーの中でも「ジェントルYAG」には冷却ガスシステムが搭載されているので、色素沈着の原因である火傷のリスクを軽減させることもできます。

メラニン色素に反応しないマシン

マシン名 受けられるクリニック
ジェントルYAG(ヤグレーザー) リゼ・クリニック
フェミークリニック
メンズリゼ

医療レーザー脱毛後に色素沈着しないためのアフターケア方法

医療レーザー脱毛後に色素沈着が起こる原因は、火傷や乾燥、紫外線といった肌への刺激ですが、これらは次のようなアフターケアによって回避できます。

冷却をする

医療レーザー脱毛後に肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりした場合は、冷やしたタオルや薄手の生地を巻いた保冷剤などで、できるだけ早く患部を冷やしましょう。そうすることで、余熱のように火傷の症状が進むのを防ぐことができます。

また、脱毛当日は、湯船につかったり、お酒を飲んだり、激しい運動をしたりといった体温が上がる行為は避けた方が良いでしょう。

保湿をする

レーザーはメラニン色素に反応して熱を発するため、その熱によって肌内部の水分が奪われます。

乾燥した肌はバリア機能を失い、ターンオーバーがうまく行われずに色素沈着を引き起こす原因になるので、脱毛期間中は保湿がとても重要です。

特に、脱毛当日は刺激の少ない化粧水で水分をたっぷり補い、その後保湿性の高いボディクリームなどを塗って水分が逃げないようにフタをしましょう。

水分量の多い潤った肌は、脱毛時の痛みを感じにくいために高い出力での施術が可能になり、結果、脱毛効果も高くなるなど良いことだらけです。

日焼けをしない

医療レーザー脱毛後の肌は、軽い火傷状態になっています。熱を帯び、乾燥してダメージを受けているため、ほんの少し紫外線に当たるだけで日焼けをしてしまいます。

日焼けをするとメラニン色素が大量に生成され、色素沈着を引き起こすリスクが高まります。脱毛期間中は、日焼け止めクリームや帽子、日傘などで紫外線対策をしっかり行いましょう。

また、少なくとも脱毛後1~2週間は、海やプールなど強い紫外線を浴びる場所にはいかない方が無難です。

かいたりこすったりしない、我慢できないときは軟膏を塗る

医療レーザー脱毛後は、肌が火照ってかゆみが生じることがありますが、掻くと刺激になり、メラニン色素が生成されて色素沈着しやすくなります。

かゆみがある場合は、患部を冷やすと治まることが多いので、ぜひ試してみてください。

ただし、熱冷まし用の冷却シートには、メントールやハーブなど、肌の刺激になる成分が含まれているので適しません。濡らしたタオルを冷蔵庫で冷やしたもの、または薄手の布を巻いた保冷剤などが良いでしょう。

それでも治まらないときは、脱毛したクリニックでかゆみ止めの軟膏を処方してもらいましょう。

また、こすることも色素沈着の原因になります。脱毛箇所にはナイロンタオルなどは使わず、石鹸やボディソープを十分に泡立て、手の平でやさしく洗いましょう。タオルドライの際もゴシゴシこすらず、水分を押さえるようにして拭くと良いでしょう。

生活習慣や食生活を見直す

色素沈着を防ぐには、肌のターンオーバーを正常化する必要があります。ターンオーバーがしっかり行われないと、古い角質がいつまでも残るため、色素沈着がなかなか改善されません。

ターンオーバーの乱れは、ホルモンバランスが影響することも多いので、生活習慣を見直してみましょう。

基本的なことですが、質の良い睡眠をとる、栄養バランスの整った食事をする、ストレスを溜めないようにするといったことが大切。これらは、できてしまった色素沈着の改善だけでなく、予防法としても有効です。

食事面では、特に以下のようなメラニンの生成を抑える効果のあるビタミン類をたっぷり摂るよう意識しましょう。

  • ビタミンA:緑黄色野菜・卵・牛乳
  • ビタミンB群:肉・魚・卵・納豆
  • ビタミンC:キウイ・いちご・さつまいも・ブロッコリー
  • ビタミンE:アボカド・アーモンド・ごま

火傷跡が濃い場合は早めに医療機関を受診する

脱毛部位が1~2日赤くなる程度の軽い火傷は、医療レーザー脱毛では珍しくありません。上記でご紹介したようなアフターケアを行っていれば、跡が残らず治るケースがほとんどです。

しかし、照射口の跡がそのままつくような濃い火傷跡ができた場合は、脱毛を受けたクリニックに連絡して対処法を聞くか、皮膚科を受診しましょう。

早いうちに適切な処理をしないと、色素沈着が長く残ってしまうことがあります。

医療レーザー脱毛で色素沈着しやすい部位とその理由

色素沈着は全身どこにでもできる可能性がありますが、特にできやすい箇所があります。理由とともに見ていきましょう。

自己処理の頻度が高い「脇」

脱毛を始める際、ほとんどの人が最初に行う脇。多くのクリニックやエステサロンが、他の部位に比べてお手頃な料金設定をしているのも人気の理由です。

しかし脇は、最も色素沈着が起こりやすい部位の1つ。皮膚が薄いのに毛は濃いため、出力設定をあやまると火傷を起こしやすいのが理由です。

また、頻繁に自己処理をする部位でもあるため、もともと傷や炎症などが原因で肌状態が良くなく、そこにレーザーを当てることで、さらに肌がダメージを受け色素沈着が起こってしまうケースもあります。

ワキ汗が気になるからといって施術前に制汗剤を使用する行為も、毛穴が詰まって脱毛効果が落ちるだけでなく、制汗剤に含まれる成分がレーザーに反応し、色素沈着を起こす恐れがあるのでやめましょう。

皮膚が薄く摩擦の多い「VIOライン」

Vライン(ショーツからはみ出る部分)、Iライン(陰部の両側)、Oライン(肛門周り)は、皮膚が薄くデリケートな部位。

それに加え、下着や月経時のナプキンによる摩擦で、もともと黒ずみができている部分でもあるため、レーザーが肌表面に反応しやすく、火傷のリスクが高くなります。

そして、火傷や刺激によって色素沈着が起こり、更に肌の色が濃くなるという悪循環に陥る可能性があるので、脱毛時は十分に注意が必要です。

肝斑がある人は注意したい「顔」

顔脱毛をするとシミが消えるという話を聞いたことがある人も多いかもしれません。

たしかに、多くのクリニックで使用しているアレキサンドライトレーザーはシミ治療にも使われているため、シミやホクロが薄くなる例も中にはあるようですが、そのシミが「肝斑」だった場合、レーザーを当てることで色が濃くなる恐れがあります。

そのため、多くのクリニックでは、肝斑があると顔脱毛ができません。逆に、正当な理由もなく「肝斑があっても『おそらく』大丈夫だと思う」といったあいまいなことを言うクリニックは注意が必要です。

「肝斑があるけどどうしても顔脱毛を受けたい」という場合は、レーザートーニングや内服液、外用薬で肝斑の治療を済ませてからにしましょう。

傷や毛穴の炎症がある「ひざ下」

よくスカートをはく人はもちろんのこと、足湯に入るとき、エステに行くとき、ネイルサロンでフットネイルをするときなどに、処理していないと恥ずかしい思いをするひざ下。女性は、1年中気が抜けない部位です。

ひざ下は自己処理の頻度が高いうえに、気になるときに気軽に処理できるので、外出前に時間がないからといって何も塗らずにカラ剃りしたり、脱毛後そのままにしたりと、ケアを怠りやすい部位でもあります。

そのため、カミソリ負けによる傷や毛穴の炎症があったり、カサカサと粉をふくように乾燥している人も多く、レーザー照射がさらにダメージとなって色素沈着しやすいのです。

太く濃い男性の「髭部分」

男性のヒゲは太く密集しているため、レーザーがメラニンに反応しやすくなります。

さらに、男性は顔に日焼け止めを塗る習慣がなくメイクもしないため、肌が常に紫外線にさらされている、頻繁にカミソリでの自己処理をするためにすでに肌荒れが起きている、などの理由により、レーザーによる刺激を受けやすく、色素沈着を起こす可能性が高いと言えます。

アトピー肌やニキビのある人

どの部位であっても、アトピー性皮膚炎で肌にもともと色素沈着がある場合や、広い範囲に渡ってニキビができている箇所は、色素沈着が濃くなったり、新たにできる可能性があるので脱毛できません。

また、アトピーの治療でステロイド外用薬を使用している場合、脱毛数日前から塗布しないようクリニックから指示が出ることもあります。

これは、ステロイド剤がレーザーの光を吸収しやすいという特徴があるからです。

医療レーザー脱毛でできてしまった色素沈着は治るの?対処方法をご紹介

脱毛後のアフターケアが不十分だった場合、また、ときにはしっかりケアしたにも関わらず色素沈着ができてしまうこともあるでしょう。

色素沈着のなかには、普段のスキンケアだけでは改善が難しいケースもあるので、その場合は以下のような方法を試してみてください。

美白クリームやサプリメントを使用する

ビタミンC誘導体、アルビチンといった美白効果の高いクリームやローションを使用したり、L-システイン、トラネキサム酸などが含まれたサプリメントを摂取するのも1つの方法です。

どちらも、成分の種類ももちろん大切ですが、成分量も非常に重要です。

服用タイプの場合、すでにできている色素沈着に高い効果が期待できるのは、薬局で処方箋なしで購入できる「第3類医薬品」。サプリメントよりも美白成分の含有量が多くおすすめです。

ピーリングをする

ピーリングとは、古い角質を剥がし肌のターンオーバーを正常化する方法。

自宅で行えるものには、石鹸、ローション、クリーム、ジェルなどさまざまなタイプがあり、継続して使うことで色素沈着を薄くする効果が期待できます。

ただ、ホームケア用は安全に考慮しているため、効果もマイルド。しっかり治したい場合は、クリニックでのケミカルピーリングがおすすめです。

クリニックでは、グリコール酸、サリチル酸、乳酸などの薬液を使用し、角質をやわらかくして剥がし皮膚の新陳代謝を促します。

なお、エステで受けられるピーリングは、トラブルが起こらないようクリニックの薬液よりも濃度を薄くして使用しています。美肌効果はありますが、色素沈着の改善という面から見ると、やはりクリニックのケミカルピーリングには劣ります。

ハイドロキノンを使う

色素沈着の改善に高い効果が期待できる「ハイドロキノン」。ビタミンCやプラセンタがシミの予防に役立つのに対し、ハイドロキノンは予防ケアに加え、すでに沈着しているメラニン色素にも働きかけます。

アメリカではポピュラーな「シミ消し薬」として昔から使われてきましたが、日本では取扱いが難しいこと、白斑などの副作用のリスクがあることなどから、長い間処方薬として扱われ、2001年にやっと市販薬としても販売できるようになりました。

市販薬と処方薬の違いは濃度。薬局や通販で買えるものの多くは1~4%ほどですが、病院では5%以上、場合によっては数十パーセントもの高濃度のハイドロキノンを処方してもらえる場合もあります。

並行輸入の場合、市販品でも5%以上のものが購入できますが、副作用が起こる可能性があるうえ、何か起こった場合も自己責任になるため、あまりおすすめできません。

安全で高い効果を望むのであれば、美容皮膚科などで処方してもらうのが良いでしょう。

レーザー治療を行う

医療レーザー脱毛によって起こる色素沈着は、一時的なものが多く、時間はかかってもターンオーバーとともに解消されることがほとんどです。

しかし、一刻も早く消したい場合や、濃い色素沈着になってしまった人は、レーザー治療を受けるという選択肢もあります。

レーザー治療は、1回で済むものや、5回前後通うものなどいくつか種類があり、料金も医療機関によって幅があります。決して安いものではありませんが、根本的治療や即効性を求めるなら、最も効果が高い方法であることは間違いありません。

まとめ

医療レーザー脱毛で色素沈着が起きてしまうのは、病院側で言えば出力の上げすぎ、受ける側で言えばアフターケア不足が主な原因です。

医療レーザー脱毛にある程度の痛みはつきものですが、いつもよりも痛みを強く感じたときには、その場ですぐに施術者に伝えましょう。そうすることで、出力の上げすぎが原因の色素沈着を未然に防ぐことができます。

そして、最も大切なのがアフターケア。施術後に痛みや赤みが出たら十分に冷やすこと、保湿をしっかりすること、施術前後に日焼けをしないこと、この3つを守ることで、色素沈着が起こるリスクを大きく減らせます。

せっかく脱毛したのに色素沈着ができてしまっては、また別の悩みによって肌が出せなくなってしまいます。しっかり対策をして、キレイな肌を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加