脱毛中に日焼けをしてはいけない脱毛方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「脱毛中の日焼けがNG」という話を聞いたことがあっても、なぜだめなのか、またどのような脱毛方法でだめなのかをご存知の方は少ないのではないでしょうか。

ここでは、日焼けをしてはいけない脱毛方法やその理由、万が一日焼けしてしまった場合の対処法などを解説していきたいと思います。

脱毛中に日焼けをしてはいけない脱毛方法とその理由

日焼けは肌に大きな負担をかけます。特に脱毛中は、肌が通常よりデリケートになっているため、日焼けの影響で肌トラブルを起こすことも少なくありません。

なかでも、脱毛中に特に日焼けを避けた方が良いのは、以下の5つの脱毛方法です。

1.光脱毛や医療レーザー脱毛

エステサロンやクリニックで脱毛の施術を受ける際には、お店のスタッフに「脱毛期間中は日焼けをしないように」と必ず注意されます。

なぜなら、日焼けすることによって以下のようなさまざまな弊害が起こってしまうからです。

火傷が起こりやすくなる

光脱毛やレーザー脱毛は、メラニン色素を含む「毛乳頭」や「毛母細胞」という毛を作る元に光を照射し、熱を発生させてダメージを与える方法です。

問題になるのは、このメラニン色素。ご存知の方も多いかもしれませんが、日焼けをするとメラニン色素が大量に生成されます。そして、肌の色素を濃くすることで、有害な紫外線から肌細胞を守るという大切な働きをしています。

ところが、脱毛においてメラニン色素は非常にやっかいなものになります。

日焼けをしていると、フラッシュやレーザーが毛根ではなく肌表面のメラニンの黒色に反応し、そこで熱を発生させ、火傷をしてしまうことがあるのです。これが、クリニックや美容皮膚科、サロン側が日焼け厳禁としてしている最も大きな理由です。

脱毛効果が出にくくなる

日焼けによるメラニン色素の生成が脱毛に与えるもう1つの大きなデメリットは、脱毛効果が出にくくなることです。

マシンの光が、日焼けで黒くなった肌に反応することで、毛乳頭や毛根にまでフラッシュやレーザーが届かなくなり、本来の脱毛効果が出にくくなることがあります。

色素沈着を起こす可能性がある

光やレーザー照射をしたあとの肌は、熱がこもり乾燥が進みやすくなっています。また、日焼けをした肌も同じく熱をもっているため乾燥しています。

そのため、脱毛後の肌に日焼けをしても、日焼け後の肌に脱毛をしても、どちらの場合も乾燥が加速します。

肌は乾燥するとターンオーバーの周期が乱れやすくなり、シミやそばかすなどの色素沈着ができるリスクが高まります。

施術時の痛みが増す

日焼け後の水分量が少なく乾燥している状態の肌は、脱毛時の痛みを感じやすくなります。

また、光脱毛やレーザー脱毛は、メラニン色素に反応するという性質上、肌が黒いと必要以上にマシンが反応することで、余計に痛みを感じます。

痛みを避けるために照射パワーを下げれば、今度は脱毛効果が下がってしまいます。

2.家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、エステやクリニックで使用している機器に比べると、安全のため照射出力は低く設定されていますが、それでも、毛根周辺のメラニン色素に反応するという仕組みは同じ。

肌タイプによっては、少しの日焼けでも過敏に反応し、ダメージを受けることがあります。

また、家庭用脱毛器は自分の判断で出力の調整をする必要があり、万が一、火傷や肌荒れなどが起きても全て自己責任になるというリスクもあります。

3.ブラジリアンワックスや脱毛テープ

ブラジリアンワックスとは、はちみつなどの天然成分が主成分のワックスをムダ毛部分にぬり、その上にシートを置いて一気に剥がす方法。

脱毛テープは、あらかじめ粘着力のあるテープを脱毛箇所に張って剥がす方法です。

もともと肌質が丈夫な人であっても、赤みや熱を持っている場所に使用すると激しい痛みが生じます。また、傷ついた毛穴から菌が入り「毛嚢炎」になる可能性もあります。

4.カミソリ

カミソリは、最も肌に負担をかける脱毛方法とも言われています。それは、カミソリの刃が毛だけではなく、肌表面も削っているためです。

カミソリを使ってシェービングを行うと、角質層が薄くなり肌が無防備になります。このような状態で紫外線を浴びれば、普段よりも日焼けしやすく、また、日焼け跡も残りやすくなります。

逆に、日焼けをして軽い火傷状態になっている肌にカミソリを使えば、ヒリヒリする、湿疹ができる、腫れるなどの炎症を起こすこともあります。

5.除毛クリーム

除毛クリームは、「チオグリコール酸カルシウム」という酸性の成分で毛の主成分であるタンパク質を分解し、ムダ毛を溶かすという方法です。

除毛クリームにはほかにも、長期保存のための防腐剤や保湿のための尿素、除毛クリーム独特のツンとした匂いを抑えるための香料など、さまざまな成分が配合されており、これらが日焼け後の肌に悪影響を及ぼすことがあります。

除毛クリームはもともと、敏感肌や乾燥肌の方が使用するのは好ましくありません。日焼け後の肌は乾燥し、バリア機能が弱まっているため、成分が刺激となり、あかみ、かゆみ、ただれなどが起こる危険性があります。

どの程度の日焼けまでなら脱毛可能なのか?

「日焼け肌は脱毛不可」と言われても、紫外線に全く当たらずに日常生活を送ることはほぼ不可能です。では、どれくらいの日焼けであれば脱毛できるのでしょうか。

こんな日焼けは絶対に脱毛NG

まずは、どこのエステサロンやクリニックでも、高い確率で施術を断られる日焼けの種類を見ていきましょう。

  • 日に焼けている部分と焼けていない部分に、明らかな肌色の差がある
  • 肌が赤い、ヒリヒリするなどの炎症がある
  • 皮がむけている
  • 2~3ヶ月中に海やプールで日焼けをした

半袖やショートパンツの跡など、くっきりとした日焼け跡がついている場合、こんがりと褐色に焼けている場合、また、海やプールで長時間紫外線を浴び、痛みやかゆみ、ヒリヒリ感があるときは、当然脱毛はできません。

この程度の日焼けなら脱毛可能

では反対に「このぐらいの日焼けなら脱毛できる」という基準があるかと言えば、そういった明確なものはないため、判断はそれぞれのサロンやクリニックが行います。

目安としては、長袖を着ている冬から春にかけ、日常生活の範囲内で紫外線を浴びた程度であれば、問題なく脱毛できるでしょう。

1年のうちで紫外線の強い5~9月でも、外出時は必ず日焼け止めを塗っているのであれば、脱毛できる可能性は高くなります。

ただ、通勤通学、仕事などで屋外にいる時間が長いと、紫外線対策をしていても気づいたら焼けていたということはありますよね。

この場合、焼けていない部分と明らかに分かるほどのくっきりとした日焼けでなければ脱毛できるケースも多いですが、安全のため出力を落として施術する場合もあります。

日焼けをして脱毛NGな場合、施術が再開できるまでにかかる期間

日焼けの程度によって、また脱毛サロンやクリニックによって異なりますが、基本的には、肌が元の色に戻るまでは脱毛できません。

一例として、レーザー脱毛を行っている湘南美容外科の基準は、以下の通りです。

①ほかの部位と色調の変化が少ない日焼けは1ヶ月NG
②くっきりと日焼けの跡がある日焼けは3ヶ月NG

うっかり日焼けをした程度であれば1ヶ月ほど、自分で自覚があるほどしっかり焼けてしまった場合は、3ヶ月ほど施術が受けられないと思っていた方が良いかもしれません。

日焼けではなく、元々の肌が地黒の場合でも脱毛を断られることはあるの?

地黒の人は、生まれつきメラニン量が多く、肌とムダ毛の色のコントラストがはっきりしていません。そのため、脱毛効果が出にくい、ヤケドのリスクが高いなどの理由から、脱毛を断られるケースもあります。

脱毛サロンやクリニックでは、脱毛前に測定機によって色素メーターで数値を測ったり、診察をしたりして、施術可能かどうかを判断するため、地黒の人は一度カウンセリングを受けてみましょう。

ただし、以下にご紹介する脱毛方法やマシンは、地黒の人でも脱毛可能です。行っている施設は限られていますが、前に施術を断られたことがある人はチェックしてみてください。

SHR脱毛(スーパーヘアリムーバル脱毛)

毛乳頭や毛母細胞のメラニン色素にアプローチする一般的な脱毛方法と違い、毛根を包むように覆っている「毛包」全体に複数回に分けて光を照射する方法。

メラニン色素には反応しないため、色黒の人でも脱毛可能です。

受けられるサロンやクリニック:ストラッシュ/ラココ

ハイパースキン脱毛

毛周期のなかの「休止期」という毛が生えていない時期に、特殊な光を照射して発毛因子を減少させる方法。

毛根のメラニン色素ではなく、発毛因子に指令を出す「バルジ領域」に作用するので、肌の色が黒くても問題なく脱毛できます。

受けられるサロンやクリニック:ディオーネ/カレン

ジェントルYAG

ジェントルYAGは、多くのレーザー機器と同じく、メラニン色素に反応し毛根にダメージを与えるマシンです。

決定的な違いは、レーザーの波長がとても長く肌の奥まで届くため、肌表面のメラニン色素にはほとんど反応しないこと。そのため、肌の色に関係なく施術が可能です。

受けられるサロンやクリニック:リゼクリニック

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、別名「絶縁針脱毛」とも呼ばれ、毛穴に電気針を挿し、電流を流して毛根を破壊する仕組み。光脱毛やレーザー脱毛が現在のようにポピュラーになるまでは、主流の脱毛方法でした。

前述したように、ニードル脱毛は毛穴に直接針を刺して毛根にダメージを与えるため、メラニン色素の有無は関係なく、色黒の人でも脱毛可能です。

注意点としては、施術には強い痛みが伴い、毛穴1本1本に対して行うため時間もかかること。

ただ、ニードル脱毛はアメリカのFDA(米国食品医薬品局)が唯一永久脱毛と認めた方法なので、他のどの方法より脱毛効果は高いと言われています。

肌の色が濃く、他のサロンやクリニックでは断られてしまったという人は、痛みがあること、時間や料金がかかってしまうことも考慮したうえで、1度検討してみましょう。

受けられるサロンやクリニック:エステティックTBC/エステティック ミス・パリ/ビューティースキンクリニック

日焼けが原因で脱毛を断られた場合、当日キャンセル料はかかるの?

施術日に日焼けを指摘されて脱毛ができなかった場合、当日キャンセル料はかかるのでしょうか。脱毛サロンやクリニックの対応を見てみましょう。

脱毛サロンの場合

ペナルティが一切ない脱毛サロンもあれば、キャンセル料の発生と施術1回分の消化という、ペナルティが重いサロンもあります。

仕事で外にいる時間が長い、日常的に屋外スポーツをしているなど、日焼けする可能性が高い人は、ペナルティがない脱毛サロンを選ぶと安心です。

サロン名 対応
ミュゼプラチナム キャンセル料はなし
キレイモ 月額プランの場合、予約日の脱毛ができなくても月額料金は発生。ただしキャンセル料はなし。
脱毛ラボ 当日キャンセル料は1,000円。また、施術1回分として消化。
銀座カラー 回数コースは施術1回分として消化。脱毛し放題コースは12回目までは1回分消化、13回目以降はキャンセル料2,000円。

クリニックの場合

当日キャンセル扱いになると、キャンセル料が高額になる傾向がありますが、本人が気づかない程度の日焼けであれば、医師や看護師の判断で、出力を落として脱毛ができることもあります。

クリニック名 対応
リゼクリニック キャンセル料はなし
アリシアクリニック キャンセル料はなし
フェミ―クリニック キャンセル料として施術時間30分あたり2,000円が発生する可能性あり。
湘南美容外科 キャンセル料3,000円

脱毛中におすすめの日焼け止め対策

脱毛中の日焼けは、脱毛効果が得られない、火傷の危険性がある、脱毛の施術が受けられず場合によってはキャンセル料を取られるなど、デメリットしかありません。

お金や時間を無駄にしないためにも、安全に脱毛を受けるためにも、紫外線対策を徹底しましょう。では、具体的な対策をご紹介していきます。

日焼け止めクリームを塗る

日焼け止めにもさまざまな種類がありますが、脱毛後しばらくは肌が敏感になっているため、紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤を配合した「ノンケミカル」のものがおすすめです。

「紫外線吸収剤」は、紫外線と化学反応を起こすことで日焼けを強力に防止してくれますが、肌への刺激が強い場合があります。

一方の「紫外線散乱剤」は、肌に粒子の膜を張り、紫外線を跳ね返す仕組み。白浮きしやすく伸びが悪いという欠点はありますが、石鹸で簡単に落とすことができ、肌への刺激も比較的少ないのが特徴です。

日焼け予防が目的ならどちらでも構いませんが、脱毛後数日間、また日焼けをして赤みやヒリヒリ感があるときは、ノンケミカルの製品を使いましょう。

また、「SPF」や「PA」の数値や数によっても日焼け止め効果が異なるので、この点にも注目しましょう。

PA:+が多いほど効果が高い→DNAを傷つける「紫外線A波」を防ぐ
SPF:数字が大きいほど効果が高い→肌表面が赤くなる「紫外線B波」を防ぐ

洋服で日差しをさえぎる

夏場は肌の露出が増えて日焼けをしやすくなります。外に出るときは薄手の上着を羽織ったり、丈の長いパンツを着用したりして、脱毛部位に直接紫外線が当たらないようにしましょう。

最近ではUVカット効果のある衣類も販売されているので、そういったものを利用するのもおすすめです。また、海やプールに行く際、アウトドアスポーツをする際は、日焼け止めとラッシュガードを併用しましょう。

日焼け対策グッズを使う

より日焼け止め効果を高めたい人におすすめなのが、日焼け対策グッズです。日傘や帽子、サングラス、アームカバー、スカーフなど、お洒落と実用性を兼ね備えながら、部分的な日焼け対策を行うことができます。

食生活に気を配る

日焼け止めや衣類などで、紫外線自体をカットするのは当然のことながら、食生活を見直すことで日焼けしにくい体を作ることができます。おすすめの成分とその効果を見ていきましょう。

抗酸化作用のある「アスタキサンチン」

アスタキサンチンは、海老やカニなどの甲殻類、鮭やイクラなどに含まれる天然の赤色色素。紫外線などによって発生する活性酸素を抑える強い抗酸化作用があり、日焼けやシミなどを防止する効果があります。

紫外線に負けない肌を作る「ビタミンA・C・E」

ビタミンA・C・Eは、まとめてビタミンACE(エース)とも呼ばれ、日焼け予防に非常に有効な成分です。3つ合わせて摂取することで、より高い日焼け防止や美肌効果が期待できます。

3つのビタミンがバランスよく含まれているのは、イチゴ、カボチャ、ピーマンなど。どれもスーパーなどで手軽に手に入る食材なので、積極的に食事に取り入れましょう。

柑橘類は食べるタイミングに注意!

レモンやオレンジなどの柑橘系食材にはビタミンCがたっぷり含まれているため、日焼け防止のために積極的食べたい食材です。しかしタイミングをあやまると、逆に紫外線の吸収を促進してしまいます。

というのも、柑橘類には「ソラレン」という光毒性作用のある物質が含まれているから。ソラレンの働きは、摂取の2時間がピークでその後徐々に下がっていきますが、7時間ほどは持続します。

ですから、ソラレンを含む柑橘類を食べるのは、夕方以降にしましょう。キウイやグレープフルーツなどにも含まれるので、朝食にフルーツのスムージーを飲む習慣のある人も注意が必要です。

日焼けしやすいので気をつけたい部位

体のなかには、日に当たりやすく日焼けしやすい部位、またうっかり紫外線対策を忘れてしまう部位があります。

足/腕

足の脱毛をしている場合、ショートパンツやスカートをはくときには、日焼け止めを塗ると思いますが、いつもロングスカートやデニムを履いている人は特別なUVケアは行わないかもしれません。

しかし、スカートやパンツから出ている足首周辺にくっきり日焼け跡がついていることがあります。

また、腕も外出の際はカーディガンなどを羽織るけれども、会社や家の中では半袖でいるという人も多いでしょう。

ところが、「紫外線A波」はガラスを突き抜けるため、1日中窓際に座っているといつの間にか日焼けをしてしまいます。同じ理由で、車の運転をする人も腕はかなり焼けてしまいます。

衣類に隠れているから、室内だから、車内だからと安心せず、しっかり紫外線対策を行いましょう。

多くの女性は、外出の際にはメイクをするので、日常生活を送るうえで極端に日焼けをすることはないかもしれませんが、ベランダに洗濯物を干す際、ゴミ捨てに行く際など、毎日のちょっとした時間でもノーメイクで紫外線を浴びる時間を積み重ねると、知らず知らずのうちに日焼けをしてしまいます。

また、盲点はスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツにおいての雪焼け。海に行くときと同じくらいしっかり紫外線をガードしないと、ゴーグル跡がくっきりつくほど焼けてしまいます。

さらに、男性はもともと顔に日焼け止めを塗る習慣がないので、夏の間脱毛NGになってしまうケースも少なくありません。ヒゲ脱毛をしている人は、十分注意してください。

手の甲や指

腕は紫外線対策をしていても、意外に忘れがちなのが手の甲や指。

また、たとえ日焼け止めクリームを塗っても、手洗いの際に取れてしまうので、手の甲や指の脱毛をしている人は、意識してこまめに塗り直すか、アームカバーなどで紫外線対策をしましょう。

首の後ろ

首の後ろは直射日光を浴びやすく、非常に日焼けしやすい部位ですが、つい日焼け止めクリームを塗り忘れてしまいがちです。

うなじの脱毛をしている人で、ショートカットやアップスタイルにする場合は要注意です。日焼け止めクリームを塗ったり、スカーフやストールなどを巻いたりして日焼け対策を行いましょう。

日焼けしにくいことから日差しのきつい夏でも脱毛がおすすめの部位

脱毛部位のなかには、日焼けしにくく、夏でも特別な紫外線対策をしなくても施術できるところがあります。

デリケートゾーン

デリケートゾーンは常に下着や衣類で隠れているため、日焼けを気にしなくても良い部位です。

ただし、水着を着用する際は、Vラインの日焼けには多少注意が必要です。ボクサータイプやショートパンツ、スカートタイプのものなど、脱毛部位が出ない形の水着を選びましょう。

脇の下

脇の下は基本的には閉じていることが多いので、日常生活を送るうえでは、それほど日焼けを気にしなくても良いでしょう。

ただ、海やプールによく行く人、頻繁にテニスなどの屋外スポーツをする人、ノースリーブをよく着る人は、水面やアスファルトなどの照り返しで日に焼ける可能性があるので、日焼け止めを塗った方が安心です。

お腹やへそ周り

お腹やへそ周りも、へそ出しファッションやビキニを着用しない限り、紫外線が直接当たる心配はありません。お腹の産毛が濃く気になる人は、1年を通して日焼けを気にせず脱毛が可能です。

脱毛後、日焼けしてしまった場合の対処方法

日焼けをせずに無事脱毛を終えたからといって安心してはいけません。脱毛直後の日焼けは、肌荒れや色素沈着を引き起こすため、脱毛前と同じぐらい焼けないように気を配る必要があります。

では、脱毛後にうっかり日焼けをしてしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

肌を冷やす

脱毛後は肌に熱がこもっている状態です。そのような状態で日焼けをすると、赤みが広がったりヒリヒリしたりと、軽い火傷と同じような症状になります。

脱毛後に日焼けしてしまった場合、腕や足なら流水で、顔や首など流水で冷やしにくい部位は、保冷材に薄手のハンカチなどを巻いたもので、赤みや痛みが落ち着くまで十分に冷やしましょう。

冷却には、炎症を鎮めるとともに、これ以上火傷状態が進行しないようくい止める効果もあります。

保湿をする

脱毛後も日焼け後も、肌内部は水分が奪われた状態です。脱毛後の日焼けは、肌をひどい乾燥状態へと傾かせるので、放置していると痒みが出たり粉が吹いたりと炎症がひどくなります。

冷却をして炎症が治まったら、刺激の少ない化粧水やクリームで入念に保湿をしましょう。乾燥がひどいときは、入浴後だけでなく、起床後、帰宅後などこまめにケアするのがポイントです。

美白化粧品を使用する

日焼け直後の炎症がひどい肌には、美白化粧品は刺激が強すぎることがあるため、まずはしっかり保湿を行います。そして、肌状態が落ち着いたら、次は美白化粧品でのアフターケアを始めましょう。

美白ケアには次のような成分が配合された化粧水や美容液がおすすめです。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、角質層に浸透しづらいビタミンCを、効率よく浸透させる形に変えた成分。メラニンの生成を予防し、新陳代謝を促す働きがあります。

トラネキサム酸

シミや肝斑の治療にも使用されている成分。メラニン色素を作るもとであるメラノサイトの活動を抑制し、色素沈着を予防する効果があります。

アルブチン

アルブチンには、メラニンを黒色化するチロシナーゼという酵素の生成を抑える働きがあります。できてしまったシミには効果はありませんが、日焼け後早めの段階で使用することで、これからできるシミや色素沈着を予防することが可能です。

皮膚科を受診する

脱毛後の日焼けが悪化し、痛みがひかなかったり、水ぶくれができたりした場合は、自己判断のケアを続けずに、早めに皮膚科を受診しましょう。

そのままにしておくと、ヤケドの跡が残ったり色素沈着を起こしたりする可能性があります。

まとめ

通常では全く問題のない脱毛方法でも、日焼けした肌に行えば、さまざまな肌トラブルが生じる可能性が出てきます。

光脱毛やレーザー脱毛においては、肌への負担以外にも、脱毛効果が得にくくなる、脱毛不可になった際にキャンセル料が生じるといったデメリットもあります。

ただ、日常生活において完璧な紫外線対策をすることは難しいですし、絶対に日焼けをしてはいけないと思いながら生活することはストレスになるでしょう。

脱毛部位には日焼け止めを塗る、保湿をするなどの最低限のケアは必要ですが、それでも防げない場合は日焼け肌でも脱毛できるサロンやクリニックの利用も視野に入れてみましょう。

また、クリニックの場合、初秋頃から通い始めれば、紫外線が強くなる初夏にはほぼ脱毛が完了するケースも多いです。日焼け止め対策が面倒な方は、脱毛を開始する時期も検討してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加