日焼けOKの脱毛サロンやクリニックはあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛期間中の日焼け厳禁は、もはや常識です。

では、外回りが多い営業の人、アウトドア関連の仕事の人、屋外での部活動をしている学生さんなど、日焼けしやすい環境にいる人は、脱毛サロンやクリニックを利用することができないのでしょうか。

今回は、日焼けをしていても施術が受けられる脱毛サロンやクリニックはあるのか、また、あるとしたらなぜ日焼けをしていてもOKなのか、どこで受けられるのか、などについて解説していきます。

なぜ脱毛サロンやクリニックの脱毛では日焼けがダメと言われているのか?

脱毛サロンや医療クリニックの注意事項には、必ずと言っていいほど脱毛前後は日焼けをしないようにと記載されていますし、カウンセリングの際にもスタッフにしっかりと念を押されます。

なぜそれほどまでに、脱毛期間中の日焼けはNGとされているのでしょうか。

火傷や痛み、シミ、毛嚢炎などの肌トラブルが起こるから

肌は紫外線を浴びると、表皮にあるメラノサイトという細胞がメラニン色素を作ります。

メラニン色素は表皮にバリアを張ることで、紫外線によってDNAが破壊されたり、細胞が傷つけられたりするのを防いでくれています。日焼後の皮膚は、このメラニン色素が大量に生成されている状態です。

一方、光脱毛(フラッシュ脱毛)や医療レーザー脱毛は、肌に照射した光が毛根の黒いメラニン色素に吸収されて熱を発生させ、ダメージを与えることで毛を生えなくする仕組みです。

そのため、日焼けした褐色肌や黒い肌に脱毛を行うと、肌表面のメラニン色素にレーザーが反応してしまい、火傷をする可能性があるのです。

また、日焼け後の肌は乾燥して刺激に敏感になることから、痛みを強く感じたり、肌のバリア機能が低下して毛嚢炎になったり、シミができたりと、さまざまな肌トラブルが起こるリスクが高まります。

脱毛効果が出にくくなるから

日焼けをしていると、フラッシュやレーザーの光が肌の黒色に反応するために、本来のターゲットである毛根まで届かなくなってしまいます。

また、クリニックでは、多少の日焼けは出力レベルを下げることで対応するケースもありますが、出力を下げれば、肌ダメージが起こるリスクを減らせると同時に、脱毛効果も下がります。

いずれにしても、せっかく脱毛をしても十分な効果が得られないため、完了までに長い期間を要したり、当初の計画通りに脱毛が終わらなくなってしまいます。

脱毛前だけじゃない!脱毛期間中はずっと日焼けNGなワケ

日焼けは脱毛前だけではなく、脱毛後も十分注意する必要があります。

なぜなら、フラッシュやレーザーを照射後は、肌内部の水分が奪われてとても乾燥しやすくなるから。乾燥した肌はバリア機能が失われるため、普段よりも紫外線の影響を強く受けます。

特に、もともと色が黒くなりやすいスキンタイプの人は、少しの時間外出しただけでもしっかり日焼け跡がついてしまいます。

肌のターンオーバーの周期は部位や年齢によって異なりますが、元の肌の色に戻るまで2~3ヶ月かかることもあり、そうなると次の施術が大幅に遅れることにもなりかねません。

肌状態が安定しない脱毛後2週間ほどは特に、日焼け止めはもちろん、紫外線カット効果のある衣類を着用する、日傘をさすなどして、万全の対処法をとりましょう。

安全に、そして効率よく脱毛を進めるには、脱毛前、脱毛後に限らず脱毛中はUV対策を怠らないようににすることが大切です。

どの程度の日焼けだと脱毛できないの?

日焼けNGと言われても、「具体的にどのくらい焼けていたら脱毛できないの?」と疑問に思っている人も多いでしょう。そこで、多くのサロンやクリニックがNGとする基準をご紹介していきたいと思います。

海やプールでの日焼け

海やプールで、水着の跡ができるほどしっかりと焼けてしまうと、肌の色が元に戻る2~3ヶ月の間は施術できません。

また、ゴルフ焼けや、スキー・スノーボードなどのウィンタースポーツで雪焼けした場合も、脱毛は難しいでしょう。

夏に日焼け対策をせずに過ごした腕や足

紫外線の量が多い季節は、通勤や通学、近所への買い物などの間に、衣類から出ている腕や足が少しずつ日焼けしてしまいます。

また、紫外線A波はガラスを通すので、車の運転をよくする人は、半袖やノースリーブを着ている腕、ショートパンツやスカートをはいている足が焼けやすいです。

紫外線防止対策をせずに夏を過ごし、肌が露出している部分としていない部分の境目がはっきりしてしまった場合は、脱毛できない可能性が高くなります。

赤い、かゆい、痛いなど炎症がある日焼け

日焼け直後の赤くなっている肌、かゆみや痛み、腫れなどの炎症がある肌は、フラッシュやレーザーの刺激で症状がさらに悪化する恐れがあります。

ほぼすべてのサロンやクリニックで、脱毛NGまたは日焼け部分を避けての施術になります。

脱毛サロンやクリニックで日焼けOKの脱毛方法とその理由

肌トラブルが起きる、脱毛効果が低くなるなどの理由から、日焼け肌への脱毛はできないとするサロンやクリニックが大多数ですが、なかには日焼けをしていても脱毛可能な方法もあります。

ここでは、日焼け肌OKの脱毛方法を4つご紹介します。

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)

一般的な光脱毛や医療レーザー脱毛は、毛根のメラニン色素がターゲットですが、SHR脱毛のターゲットは毛根を包む「毛包」全体です。

毛の黒い色素に反応するものではないため、メラニン色素の多い日焼け肌でも、逆にメラニン色素の少ない産毛でも、どちらの脱毛も可能です。

また、一発で強力なエネルギーを与えるのではなく、弱い光を連続して照射させるので、痛みが少ないというメリットもあります。

ハイパースキン脱毛

毛根の根元より少し浅い部分には、バルジ領域という発毛因子(毛の種)を作り出す部分があります。

ハイパースキン脱毛は、この発毛因子に36~38度程度の特殊な光を照射することでムダ毛にアプローチし、抑毛や減毛を目指す方法です。

ターゲットはメラニン色素ではなくバルジ領域の発毛因子なので、日焼けをしていても問題なく脱毛でき、また高温による火傷や色素沈着などのトラブルが起こる可能性が低いという特徴があります。

YAGレーザー脱毛

一般的なレーザー脱毛の波長は、アレキサンドライトレーザーで755ナノメートル、ダイオードレーザーで800ナノメートルほど。

一方、YAGレーザーは1,064ナノメートルと波長が長いのが特徴です。

肌表面のメラニン色素へはほとんど反応せずに毛根まで届くため、日焼け肌はもちろん、色黒肌の人や色素沈着のある部位への脱毛も可能です。

また、男性の髭などの毛根が深い毛にも、高い脱毛効果を発揮します。

ニードル脱毛(電気脱毛)

毛穴に、ニードルという細い電気針を挿入して電気を流すことで毛根や毛母細胞を破壊し、ムダ毛を生えなくする方法です。

毛根に直接ダメージを与えるためメラニン色素の有無は関係なく、日焼け肌でも問題なく脱毛できます。

1本1本の毛を確実に処理できるため、非常に高い脱毛効果が得られます。

脱毛サロンやクリニックで日焼けOKな脱毛方法ならではのデメリット

日焼けする可能性が高い人、UVケアや美白ケアをするのが面倒な人にとってメリットの多い日焼けOKな脱毛方法。

ただ、デメリットもありますので、良い面、悪い面の両方を知ったうえで利用を検討しましょう。

ここでは、先ほどご紹介した脱毛方法別に、日焼けOkな脱毛方法のデメリットを解説していきます。

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)のデメリット

SHR脱毛は導入されて間もないことから、一般的な光脱毛や医療レーザー脱毛に比べると、扱っているサロンやクリニックは圧倒的に少ないです。

脱毛は、完了までに数回~十数回施術を受ける必要があるため、店舗が遠いと通い続けることが負担になります。ただ、近年SHR脱毛を導入するサロンやクリニックは増加傾向にあるので、通いにくさは徐々に解消されていくでしょう。

もう1つは、歴史が浅いために実績やデータが乏しいこと。数年後、十数年後の脱毛効果については分かっていないことも多く、その点もデメリットと言えるでしょう。

ハイパースキン脱毛のデメリット

成長期の毛にダメージを与える一般的な脱毛方法では、施術後数日から数週間でムダ毛が抜け落ちます。

一方、ハイパースキン脱毛は、今生えている毛ではなく毛の種に作用するため、分かりやすくポロポロと毛が抜けることはありません。このことから、目に見える効果を実感しにくいというデメリットがあります。

また、通常の光脱毛に比べて料金が高めである点もデメリットと言えるでしょう。

YAGレーザー脱毛のデメリット

YAGレーザーは、他のレーザー機器に比べて痛みが強いという難点があります。

ただし、YAGレーザーのなかでも「ジェントルYAG」というマシンは、冷却ガスを噴射しながらレーザーを照射するため、肌の感覚が麻痺し痛みを感じにくく、また、照射部を瞬間的に冷却して肌温度を下げるため、火傷を防ぐ効果もあります。

YAGレーザーの最大のデメリットは、導入しているクリニックが少ないことです。

ニードル脱毛(電気脱毛)のデメリット

脱毛効果が高いという大きなメリットがある一方で、デメリットも多いニードル脱毛。

1つめは、毛穴1つ1つに針を挿入し電気を通すため、施術完了までに長い時間がかかること。2つめは、強い痛みを伴うこと。そして3つめは、料金が高いことです。

光脱毛や医療レーザー脱毛のように、「1回〇円」や「〇円で通い放題」ではなく、「1本〇円」、または「10分〇円」といった料金設定になるため、毛量が多い人ほど高額になってしまいます。

また、現在の脱毛の主流は光脱毛やレーザー脱毛なので、取り扱っている脱毛サロンやクリニックは減少傾向にあり、施術を受けられる店舗が身近にない可能性が高くなります。

脱毛サロンやクリニックの日焼けNGの脱毛方法と日焼けOKな脱毛方法を比較

日焼けNGの脱毛方法と、日焼けOKの脱毛方法にはどのような違いがあるのか、比較してみました。

日焼けNGの脱毛方法

エステサロンやクリニックで使用しているマシンはさまざまですが、日焼けNGに共通しているのは、いずれもメラニン色素をターゲットにした脱毛方法だということです。

光脱毛 医療レーザー脱毛
脱毛方法/機種 IPL脱毛/S.S.C脱毛 アレキサンドライトレーザー/ダイオードレーザー
脱毛の仕組み メラニン色素に反応する複数の波長を含んだ光を照射し、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与える メラニン色素に反応するレーザーを照射し、毛乳頭や毛母細胞を破壊する。単一の波長で集中的に熱を集めるため、光脱毛よりも威力が強い
脱毛回数/期間 2ヶ月ごとに計12~15回/2~3年 2ヶ月ごとに計5~6回/約1年
効果 長期間に渡る減毛が期待できる 永久脱毛に近い効果
取扱いサロン/クリニック ミュゼプラチナム/キレイモ/シースリー/脱毛ラボ/銀座カラー/エピレ/ジェイエステティック/レイビス/RinRinなど 湘南美容外科クリニック/リゼクリニック/レジーナクリニック/アリシアクリニック/フェミークリニック/聖心美容クリニック/品川美容外科など

日焼けOKの脱毛方法

YAGレーザーを除いては、照射ターゲットがメラニン色素以外であることが、日焼けOKの脱毛方法の特徴です。

ただしYAGレーザーにおいても、毛根のメラニン色素にのみ反応し、表皮のメラニン色素にはほとんど影響を及ぼさないことが、日焼け肌にも照射できる理由となっています。

SHR脱毛(蓄熱式脱毛) ハイパースキン脱毛 YAGレーザー ニードル脱毛
脱毛方法/機種 ルミクス ハイパースキンカレン ジェントルYAG
脱毛の仕組み 毛包に弱い光を連続して照射することで蓄熱し、発毛を抑える バルジ領域の発毛因子に特殊な光を照射して、発毛を抑える 肌表面のメラニンには反応しない波長の長いレーザーを照射して、毛根を破壊する 毛穴に電気針を挿して電気を流し、毛根を破壊する
回数/期間 2~4週間ごとに計12~18回/6ヶ月~ 3~4週間ごとに計12~18回/1年~1年半 2ヶ月ごとに計5~6回/約1年 2ヶ月ごとに計6回前後(範囲や毛量により異なる)
効果 短期間での減毛が可能/産毛への脱毛効果が高い 長期間に渡る減毛が期待できる/産毛への脱毛効果が高い 永久脱毛に近い効果がある 永久脱毛の効果がある
取扱いサロン/クリニック ストラッシュ/ラココ ディオーネ/カレン リゼクリニック/フェミ―クリニック エステティックTBC/エステティックミスパリ/ビューティースキンクリニック

日焼けNGな脱毛サロンやクリニックとの掛け持ちや使い分けは可能なのか?

夏場などは、腕や足は日焼けしているけれども、脇やVIOラインは全く焼けていないということもあると思います。

このような場合、「焼けていない部位は一般的なサロンやクリニックで、日焼けした部位だけ日焼けOKの脱毛サロンやクリニックで」というように、掛け持ちしたり使い分けたりすることはできるでのでしょうか。

掛け持ちは可能

最近では、「2つのサロンやクリニックと契約した方が予約が取りやすい」「複数のキャンペーン料金を利用できる」など、費用や時間の節約を目的に、2つの脱毛サロンやクリニックを掛け持ちする人は珍しくありません。

もちろん、日焼けを理由とした掛け持ちも問題ないですし、サロンなどに申告する義務もありません。

ただ、それぞれの脱毛方法には適切な脱毛間隔があるため、全身脱毛をしている人は、同時期に同じ部位の施術を行わないよう注意が必要です。

自分でスケジュール管理するのが難しい場合は、日焼けを目的に掛け持ちしている旨を、サロンやクリニックに伝えておいた方が安心です。

クリニックは数種類のマシンを使い分けることができる

クリニックでは、肌質や毛質に合わせた施術を行う目的で、数種類のマシンを扱っているところも多くあります。

日焼け肌に施術可能なマシンを導入しているクリニックであれば、日焼けの状態を見て肌に合ったマシンを選択してくれるため、他店との掛け持ちをしなくてもすみます。

脱毛サロンやクリニックの日焼けOKな脱毛方法がおすすめの部位

日焼けOKな脱毛方法は、基本的に全身どの部位の脱毛も可能ですが、特におすすめの箇所をご紹介します。

日焼けしやすく産毛の多い「顔」

季節を問わず常に露出している顔。日焼け止めクリームやUVカットスプレー、帽子などで紫外線対策をしても、完璧に日焼けを防ぐことは難しいかもしれません。

特に、仕事で外にいる時間が長い人や、ゴルフ、テニスなどの屋外スポーツをする人は、日焼けOKな脱毛方法が安心です。

また、顔脱毛は産毛の除去がメイン。メラニン色素をターゲットにする方法では脱毛効果が出にくいのですが、毛包やバルジ領域に作用する脱毛方法なら、色素の薄い顔の産毛でも高い効果が期待できます。

日焼けの盲点「脇」

日常生活において直射日光を浴びることの少ない脇ですが、紫外線量の多い夏は、ノースリーブや水着を着てると、アスファルトや海・プールの水面の照り返しにより意外と焼けてしまいます。

また、自己処理の頻度が高く、色素沈着が起こりやすい部位でもあるので、黒色に反応しない日焼けOKの脱毛方法がおすすめの部位です。

日焼け止めを塗らない男性の「髭」

男性は真夏でも日焼け止めを塗る習慣がなく、女性のようにメイクをしないため、顔は常に無防備な状態で紫外線を浴びています。

そのため、気づかない間にしっかりと日焼けをしていて、夏の間の施術を断られる人も少なくありません。

YAGレーザーは、レーザーの波長が長いため肌表面のメラニン色素には反応しにくく、また、毛根が深いムダ毛の脱毛にも効果があるので、男性の髭脱毛に適しています。

色素沈着が気になる「VIOライン」

VIOラインは日焼けをするような部分ではありません。しかし、下着やナプキンの摩擦、自己処理による刺激などが原因で、多くの女性が黒ずみや色素沈着に悩んでいる部位です。

色素沈着の濃い部分も日焼け同様、火傷の危険性や脱毛効果が出にくいといった理由で施術を断られるケースが多いですが、日焼け肌OKの脱毛方法であれば、VIOなど黒ずみがちな部分の脱毛も可能です。

日焼けOKな脱毛方法でおすすめの脱毛サロン

それでは、日焼け肌でも安心して施術が受けられる脱毛サロンをご紹介します。

ディオーネ

ディオーネは、敏感肌や乾燥肌、小さな子供など、今まで脱毛することが難しかった人でも安心して施術が受けられるハイパースキン脱毛を採用しています。

メラニンではなく、発毛因子に作用する特殊な光を照射するため、日焼けをしていても高い熱が発生せず、痛みや肌トラブルを招くことなく脱毛が可能です。

また、ハイパースキン脱毛の光にはフォト美顔の光が含まれているため、日焼けで乾燥しがちな肌をハリやツヤ感のある肌へと導いてくれます。

全国に120店舗を展開しているので、通いやすいのもおすすめポイントです。

ディオーネ公式サイトはこちら

ストラッシュ

ストラッシュは、4段階に分けた光を連続照射し、肌に負担がかからないように徐々に毛包全体の温度を上げて脱毛効果を上げるSHR脱毛を採用。

メラニン色素には作用しないため、日焼け肌だけでなく、産毛や金髪の脱毛も可能です。毛周期を気にする必要がないので、スピーディーに全身のムダ毛脱毛ができます。

また、月額制、パックプラン、都度払いと支払方法が選べるのも、気軽に通える脱毛サロンとしておすすめの理由です。

ストラッシュ公式サイトはこちら

日焼けOKな脱毛方法でおすすめの医療脱毛クリニック

医療機関である脱毛クリニックや美容皮膚科でも、日焼けOKの脱毛方法を導入しています。医師の下で安心して脱毛を行いたい方におすすめの医療脱毛クリニックを紹介します。

リゼクリニック/メンズリゼ

リゼクリニックでは、肌状態や毛質を見極めたうえで、3種類の脱毛マシンの中から最も適したものを医師が選択し、施術を行っています。

日焼け肌や色素沈着の濃い部位には、波長が長く肌表面のメラニン色素に反応しにくいヤグレーザーのなかでも痛みが少ない「ジェントルYAG」が使用できます。

赤みが強い、皮がむけているなど、炎症が強い場合は脱毛できない可能性もありますが、その場合でもキャンセル料は発生しません。

日焼け肌の方でも安心して脱毛できる、安全性と脱毛効果を兼ね備えたおすすめのクリニックです。男性専用の「メンズリゼ」もあります。

リゼクリニック公式サイトはこちら

ビューティースキンクリニック

日焼けをしていても脱毛可能な、さまざまな脱毛方法を取り扱っているクリニック。SHR脱毛やYAGレーザー脱毛に加えて、現在はあまり取り扱いのない電気脱毛の施術も可能です。

新宿に1店舗のみですが、肌状態や毛質によって、多くの選択肢の中から脱毛方法を選べるので、通える範囲にある方には大変おすすめです。

ビューティースキンクリニック公式サイトはこちら

ゴリラクリニック

男性専門のゴリラクリニックでは、全5種類のレーザー機器を扱っており、マシンを使い分けることで、日焼け肌はもちろん、あらゆる肌タイプ、毛質、毛量に対応できます。

また、毛が濃く毛根も深い髭は、体の中でも最も痛みを感じる部位の1つですが、希望により笑気ガス・麻酔クリーム・局所麻酔を使用することも可能です。

もちろん、髭だけでなく、ビキニラインを含む全身のあらゆる脱毛が可能です。

ゴリラクリニック公式サイトはこちら

まとめ

肌表面のメラニン色素に反応しない、または影響の少ない方法であれば、日焼け肌への脱毛も可能です。

日常生活において紫外線を浴びる機会が多い人、今までに日焼けや地黒を理由に施術を断られたことがある人は、ぜひ諦めずに、このような脱毛機器を扱っている施設で1度カウンセリングを受けてみてください。

ただし、日焼け肌OKのサロンやクリニックであっても、施術日当日に赤みなどのひどい炎症がある場合は脱毛できません。

脱毛期間中は、日焼け止めを塗る、UVカット加工の服を着る、美白化粧品を使用するなどして、できるだけ日焼けをしないように心がけましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加