光脱毛による家庭用脱毛器の効果はあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エステやクリニックに通う手間なく、自宅で好きな時間に脱毛ができることで人気の高い家庭用光脱毛器。

最近は、たくさんのメーカーからさまざまな機能が搭載された脱毛器が発売されています。

そこで今回は、光脱毛による家庭用脱毛器の脱毛効果や、効果を上げるための使用方法などについて解説していきます。

家庭用脱毛器で行われる光脱毛の種類

家庭用脱毛器の仕様や説明を見ていると、光脱毛器、フラッシュ脱毛器、IPL脱毛器など、さまざまな名称が記載されています。

これらは全て、IPL(インテンス・パルス・ライト)という脱毛方法で、キセノンランプを使用した脱毛器です。

毛根の黒いメラニン色素に吸収される光を照射して熱を発生させ、毛根や毛の成長に関わる細胞にダメージを与えることで、発毛を抑えます。

使用し続けることで減毛効果が期待できる家庭用脱毛器には、ほかにもレーザー脱毛器、バルジ式脱毛器、超音波脱毛器などがありますが、レーザー脱毛器のトリア以外はあまり出回っておらず、口コミサイトなどの情報がほとんどありません。

家庭用の光脱毛器といった場合は、このインテンス・パルス・ライトを使用したものを指すのが一般的です。

光脱毛による家庭用脱毛器の効果やメリット

家庭用の光脱毛器には、脱毛サロンやクリニックにはないメリットがたくさんあります。どんな点が優れているのか、具体的に見ていきましょう。

自宅で好きな時に脱毛ができる

家庭用脱毛器の最大のメリットは、なんといっても好きな時にいつでも自宅で脱毛できること。

脱毛は完了するまでに長い期間を要します。エステサロンやクリニックは毎回予約を取って通う必要がありますが、ときには体調が悪くなったり、急な残業や予定が入ったりすることもあるでしょう。

人気のサロンはキャンセルすると次の予約が取りづらくなることがあり、また、キャンセル料金が発生するサロンやクリニックもあります。

その点、家庭用脱毛器なら事前に予定を立てなくても、お風呂上がりや休日など、都合の良い時間にいつでも脱毛ができます。

仕事が忙しい人、小さなお子さんがいて家を空けられない人、何度も通うのが面倒な人、近くにサロンがない人などに、家庭用脱毛器は大変便利です。

全身脱毛が安くできる

以前に比べてサロンやクリニックの脱毛料金は安くなってきたとはいえ、全身脱毛となると、やはり数十万円はかかってしまいます。

ほとんどのコースには回数制限があるため、決められた回数で脱毛が完了しないと、さらに追加料金を払って継続する必要も出てきます。

また、最初は「ワキ脱毛だけ」と思っていても、脱毛効果を実感するにつれ、他の部位もキレイにしたくなる女性は多いもの。脱毛サロンやクリニックであれば部位を追加するごとにお金がかかってしまいます。

その点、家庭用脱毛器なら、満足のいく仕上がりになるまで、また途中で脱毛部位が増えたとしても、何度でも何ヶ所でも脱毛ができます。

背中やうなじ、IラインやOラインなど、自分で処理するのが難しい部位はサロンやクリニックにお任せした方が良いケースもありますが、全身脱毛を安く行いたい方、脱毛したい部位がたくさんある方には、家庭用脱毛器はとても経済的です。

家族みんなで使える

家庭用脱毛器の意外なメリットの1つとして、家族みんなで使えるという点があります。

家庭用光脱毛器の価格帯は4~7万円ほど。決して安い買い物ではありません。

しかし1台あれば、ワキ毛が気になり始めたお子さんや全身脱毛をしたいお母さん、さらにはヒゲを減らしたいお父さんまで家族全員で使えるため、結果的には経済的です。

「いくら家族とはいえ、みんなで使いまわすのはイヤ」という方も、照射ヘッドの付け替えができるカートリッジ式の脱毛器なら大丈夫。それぞれが自分用のカートリッジを所有すれば、衛生面の心配もありません。

誰にも見られることなくムダ毛処理ができる

いくら毎日たくさんの人の施術をしているサロンやクリニックのスタッフであっても、自分の毛深さや体型を見られるのを恥ずかしく感じる人は少なくありません。

また、ほかの部位は気にならないけれども、ビキニラインだけは抵抗があって、サロンやクリニックに通うのを躊躇している人もいるでしょう。

男性であれば、ムダ毛ケアをしていることを誰にも知られたくない、女性のエステティシャンがいる脱毛サロンに通うのは恥ずかしいという思いもあるかもしれませんね。

でも、家庭用脱毛器なら、体型やムダ毛にコンプレックスがある人でも、人に見られるのは抵抗がある部位でも、誰にも気兼ねなく脱毛ができます。

光脱毛による家庭用脱毛器の副作用やデメリット

光脱毛による家庭用脱毛器ならではのたくさんのメリットをご紹介しましたが、もちろん良い面ばかりではありません。購入後に問題が出てこないように、デメリットもしっかり理解しておきましょう。

効果が得られるまでに時間がかかる

家庭用の場合、安全面を考慮し脱毛サロンやクリニックのマシンに比べて照射出力が弱くなっています。そのため、満足できる結果が得られるまでにはどうしても時間がかかってしまいます。

「来年の夏までに」「半年後の結婚式までに」などのタイムリミットがあるのなら、クリニックの医療レーザー脱毛を受けた方が良いでしょう。

ただ、家庭用脱毛器でも、回数を重ねるごとに毛量が減ったり、毛が細くなったりといった効果が出てくるので、自己処理はどんどん楽になります。

気長にムダ毛を減らしていければ良い人に、家庭用脱毛器は向いています。

部位によっては脱毛サロンやクリニックの方が安い

複数の部位や全身脱毛を考えているならば、コスパが非常に良い家庭用脱毛器ですが、脱毛したい部位が少ない場合は、脱毛サロンやクリニックの方が安くすむケースもあります。

特に、ワキ脱毛は多くのサロンやクリニックがキャンペーン価格で施術を提供しており、数百円~数千円で脱毛が完了することもあります。

もちろん、サロンに通う際には交通費もかかりますが、ワキ脱毛以外考えていないのであれば、脱毛器を購入するよりも安くすむこともあるでしょう。

カートリッジの照射回数が決まっているためランニングコストがかかる

家庭用脱毛器は、あらかじめ照射回数が決まっています。

カートリッジ式であれば、使用回数を使いきったら新しいものを買い足す必要がありますし、カートリッジ交換ができない機種であれば、本体自体を買い替えなければなりません。

ですから、購入の際は本体価格だけでなく、ランニングコストについても考える必要があります。

照射回数は、数千発というものから、全身脱毛にも十分な数十万発のものまで、機種によって大きな差がありますが、基本的には、照射回数が多いほど、また1ショットの照射範囲が広いほどコスパが良く、ランニングコストは安くなります。

使用方法を誤ると火傷や炎症を起こすリスクがある

家庭用脱毛器の使用で懸念されるのが、火傷や炎症などの皮膚トラブルです。

もちろん、使用方法をきちんと守ればそういったリスクはほとんどありません。

しかし、最近の脱毛器は操作方法がシンプルなタイプや、液晶画面を見れば簡単に使えるものが多いため、取扱い説明書をよく読まずに使い始める人も少なくありません。

始めから出力を上げたり、同じ場所に何度も照射したり、冷却や保湿をしっかり行わなかったりすれば、いくら安全な脱毛器であっても、トラブルのリスクが上がってしまいます。

脱毛サロンやクリニックとは違い、家庭用脱毛器の使用で起きたトラブルは全て自己責任になるので、注意事項はしっかり守るようにしましょう。

脱毛の準備からアフターケアまで全て自分で行う必要がある

家庭用脱毛器を使用する場合、照射だけでなく冷却や保湿など、脱毛サロンやクリニックで行う準備やアフターケアの全てを、自分で行う必要があります。

家庭用光脱毛器は、最初は2週間に1回ペース、脱毛効果が出始めたら徐々に間隔を空けていく場合が多いので、頻度の高い開始当初は特に面倒に感じるかもしれません。

家庭用脱毛器による光脱毛効果を実感するのに必要な回数

家庭用脱毛器を購入するにあたり、どれくらい使用したら脱毛効果が現れるのかは、最も気になる部分だと思います。実際のところはどうなのでしょうか。

脱毛エステやクリニックよりも回数が多くかかる

脱毛完了までにかかる回数は、クリニックの医療レーザー脱毛で5~6回、エステサロンの光脱毛で12~18回ほど、いずれも2ヶ月に1回の施術が目安です。

では、家庭用脱毛器はどうかというと、誰でも自宅で安全に使えるよう照射パワーが低くなっているため、サロンやクリニックよりも回数が必要です。

ほとんどの光脱毛器は、2週間に1回程度の使用を推奨していますが、このペースで半年~1年、つまり12~24回使用したあたりから、毛量が減る、毛が細くなるなどの脱毛効果が出てきたという口コミが多く見られます。

脱毛部位によって効果が出始める時期は違う

脱毛器は、毛質や肌状態などによって照射パワーを使い分ける必要があるため、効果が出始める時期は個人差が大きく、また部位によっても変わってきます。

例えば、Vラインは皮膚が薄く痛みを感じやすいことから、あまり出力が上げられません。また、下着の摩擦でできた黒ずみに光が反応することで、毛根まで光が届かないことがあります。

こうなると、十分な脱毛効果が得られず、回数が多くかかってしまいます。

また、脱毛器の光は黒いメラニン色素に反応するため、メラニン色素の薄い産毛をターゲットとする顔脱毛も、回数や期間が多くかかります。

反対に、剛毛なワキは強めの出力での照射が可能になり、脱毛効果が早く出る傾向にあります。

いつまで生えない?家庭用脱毛器による光脱毛の効果の持続性

時間や手間をかけて手に入れたムダ毛のない肌。

できれば永久に効果が持続してほしいと誰もが思うことでしょう。しかし、残念ながら家庭用脱毛器による光脱毛には、永久脱毛の効果はありません。

現在、永久脱毛をうたえるのは、ニードル脱毛と医療レーザー脱毛のみ。家庭用脱毛器で得られるのは「減毛効果」なので、脱毛後しばらくすると、ポツポツと毛が生えてきてしまう可能性があります。

しかし、一度ほとんど自己処理がいらない状態まで脱毛したら、その後はメンテナンスとして毛が生えてくるたびに照射することで、ムダ毛のない肌をキープすることは十分可能です。

家庭用脱毛器の光脱毛が効果なしとならないための注意点

家庭用脱毛器の効果を最大限に得るためには、正しく使うことがとても大切です。ここでは、脱毛器を効果的に使うためのポイントをご紹介していきます。

適切な出力と頻度で照射する

脱毛には、部位に合った適切な出力や効果的な頻度があります。

できるだけ早く脱毛効果を出したい気持ちは分かりますが、初めから出力を最大レベルにしたり、毎日のように使用したりすれば、効果が出ないどころか、ヤケドや炎症などの肌トラブルを起こしてしまいます。

逆に、いつまでも低すぎる出力で照射していても脱毛効果は上がりません。

最初は低い出力から始め、痛みが強すぎないか、赤みは出ないかなどの様子を見ながら、徐々に適切な出力まで上げていきましょう。

また、多くの脱毛器では使い始めは2週間に1回程度、効果が出始めたら1ヶ月に1回、2ヶ月に1回と徐々に使用間隔をあけていくものが多いようです。

メーカーが推奨する使用頻度は、研究データなどを元に、安全で高い脱毛効果を出せるよう定められたものです。しっかり守るようにしましょう。

脱毛前後に冷却をする

光を照射した後の肌は熱をもっているため、放っておくと乾燥したり赤みが出たりして照射ができなくなる恐れがあります。

また、乾燥により角質層が硬くなることで、毛が皮膚表面に出られなくなる埋没毛ができる可能性もあります。

脱毛後は、よく冷やした濡れタオルや、薄手のハンカチを巻いた保冷剤などでしっかり冷やして鎮静させましょう。

脱毛部位をあらかじめ冷やしておくと、痛みを感じにくくなり、強いパワーでの照射が可能になるというメリットもあります。

保湿を徹底する

脱毛器は、毛根部分で熱を発生させる性質上、照射後は肌が乾燥しがちです。

乾燥は肌のバリア機能を弱めるため、痛みを強く感じたり、肌が炎症を起こしたりしやすくなります。痛みがあると出力が上げられませんし、肌荒れや乾燥がひどいと照射自体できなくなってしまいます。

反対に、水分が多く潤いがあって柔らかい肌は光を通しやすく出力も上げやすいため、脱毛効果が高まります。

脱毛前後はもちろん、お風呂上がりや外出後など肌が乾燥していると感じたら、化粧水やクリームなどでしっかり保湿ケアをしましょう。

毛抜きを使用しない

家庭用脱毛器は、毛根の黒いメラニン色素に反応して脱毛を行います。

そのため、毛抜きなどで毛根ごと抜いてしまうと光のターゲットがなくなり、脱毛効果を得ることができなくなってしまいます。

脱毛期間中のムダ毛処理は、毛抜き、ブラジリアンワックス、脱毛テープなどの「毛を抜く」行為は避け、肌への負担が少ない電気シェーバーを使用しましょう。

照射の際に光を見てしまったら、目に影響はある?

家庭用脱毛器のほとんどは、鼻下やアゴの脱毛は可能でも、目の周辺に使用することは禁止しています。

これは、脱毛器の光が黒いメラニン色素に反応することから、光を直接見てしまうと網膜が光を集めてダメージを受ける危険性があるからです。

ただこのケースは、故意に目をめがけて照射した場合です。他の部分に当てた光を見て眩しく感じたからといって、目に何らかの影響が出ることは考えられません。

しかし、安心して使用するためには、眉毛や目の下など、あやまって目に当ててしまうような部位には照射しない、サングラスが付属されている場合は装着するなど、使用上の注意をしっかり守ることが大切です。

家庭用脱毛器を価格・照射回数などから比較

家庭用脱毛器の購入を検討する際に重視するポイントは、人それぞれ。例えば以下のようなものがあります。

  • 全身脱毛をしたいから、できるだけたくさん照射できるものが良い
  • 肌が弱いから、出力調節が細かくできるものが良い
  • お手入れをできるだけ短時間ですませたいから、照射口の広いものが良い

そこで、価格や仕様など、選ぶ際のポイントなる部分で家庭用脱毛器を比較していきます。

商品名 照射回数 出力調整 照射口の広さ 脱毛可能部位 本体価格
ケノン 100万発 10段階 7㎠(オプションで9㎠もあり) 目の周辺・外陰部を除く全身 69,800円
レイボーテ グランデ 60万発 10段階 12㎠ 目の周辺を除く全身 108,000円
パナソニック 光エステ 15万発 5段階 5.4㎠ 外陰部を除く全身 3~5万円
ケスルン 30万発 10段階 4.9㎠ 目の周辺・外陰部を除く全身 64,800円
ツーピーエス 13万2千発 8段階 6.51㎠ 目の周辺・外陰部を除く全身 40,556円
ラヴィ 10万発 7段階 7.4㎠ 目の周辺・外陰部を除く全身 39,800円
フィリップス ルメア プレステージ 25万発 5段階 4㎠ 目の周辺・外陰部を除く全身 4万円前後
センスエピ X 30万発 5段階 2.7㎠ 目の周辺・外陰部を除く全身 29,800円

光脱毛効果の視点から見ておすすめの人気家庭用脱毛器

それでは、光脱毛効果の観点から見ておすすめな、家庭用脱毛器の人気機種4つをご紹介します。

家庭用光脱毛器人気No.1「ケノン」

家庭用脱毛器といえばケノンというほど、口コミやアンケート調査で常に上位にランクインする大人気商品。

部位や肌状態に合わせて10段階もの細かい出力調節ができ、照射回数は最大でなんと100万発(レベル1の場合)。最大出力で使用しても30万発使用できるため、1つあれば全身脱毛がラクにできます。

照射面積が7㎠と広いため、お手入れが短時間で完了できますが、オプションでさらに大きい9㎠カートリッジの購入も可能です。また、美顔ケアができるカートリッジも標準装備。

本体は1年、カートリッジは2年の保証がついており、購入後のアフターケアも万全です。

ケノン公式サイトはこちら

ヤーマン社のハイグレード脱毛器「レイボーテ グランデ」

レイボーテグランデは、美容家電のパイオニア「ヤーマン社」のシリーズ最高峰の光脱毛器。

12㎠というワイドな照射面積でスピーディーに脱毛ができること、ラージ、スモール、フェイスの3種のランプで、濃く太い毛はもちろん顔のうぶ毛にも対応していること、オプションで照射後の肌の冷却ができるクールヘッドが付けられることなど、他メーカーの脱毛器にはないおすすめポイントが多数あります。

またレイボーテグランデが照射する広範囲の光の中には、美肌効果が狙える光も含まれています。

価格は少々高めですが、顔からデリケートゾーンまで全身脱毛を考えている方にはとてもおすすめな脱毛器です。

レイボーテ グランデ公式サイトはこちら

多機能なのに操作は簡単「ケスルン」

湘南美容外科クリニックの医師監修による通販サイトシーオーメディカルと、ヤーマンが共同開発した家庭用美容脱毛器のケスルン。

10段階の出力調整、スピーディーにお手入れができる10連射モード、通常の照射のほかに「痛み軽減用」「細かい部分用」「美顔用」の3種類のアタッチメントがついた、ハイスペック脱毛器です。

脱毛後は、クールボタンに切り替えるだけで冷却ができるので、面倒な保冷剤の準備もいりません。

ケスルン公式サイトはこちら

脱毛しながら美容効果も期待できる「パナソニック 光エステ」

皮膚科専門医の監修により開発されたパナソニックの光エステ。

ワイドな照射口の「ボディ用」、幅狭でキワまでお手入れしやすい「ビキニライン用」、細かい部分に当てやすい傾斜つきの「フェイス用」の3種類のアタッチメントつきで、それぞれの部位に合ったケアができます。

光の刺激により古い角質が剥がれやすくなることで、キメの整った肌になる効果も。コードレスなので、リビングや寝室、旅行先など、どこでも手軽に使えます。

通信販売が多い家庭用脱毛器のなかで、光エステは店頭販売もされているので、実際に商品を見て確かめられるのも大きなメリットです。

パナソニック 光エステ公式サイトはこちら

光脱毛の家庭用脱毛器で効果が出なかった場合、別でおすすめの脱毛方法は?

残念ながら家庭用光脱毛器では思うような効果が得られなかった人のために、おすすめの脱毛方法をご紹介します。

家庭用レーザー脱毛器「トリア」

毛根のメラニン色素に「光」を当ててダメージを与える光脱毛に対し、同じくメラニン色素に「レーザー」でダメージを与えるのが家庭用レーザー脱毛器です。

ただし現在のところ、家庭向けで購入できるレーザー脱毛器は「トリア」のみになります。

トリアは、クリニックで使われている「ダイオードレーザー」技術を採用した脱毛器。光脱毛器に比べて照射パワーが強いため、早い段階で脱毛効果を感じる人が多いようです。

照射口が狭いためお手入れに時間がかかる、光脱毛器よりも痛みが強いといったデメリットもありますが、ワキやデリケートゾーンなどメラニン色素の多い濃い毛の脱毛には適しています。

30日間の返金保証と2年間の品質保証がついています。

トリア公式サイトはこちら

エステサロンの光脱毛

エステサロンで使用しているマシンは、家庭用脱毛器にに比べて照射パワーが強いことから、家庭用光脱毛器に満足できなかった人でも、脱毛効果を得られる可能性が高くなります。

通う手間や費用はかかりますが、自分では難しい部位の脱毛ができる、照射漏れのリスクがないなど、サロンならではのメリットも多くあります。

クリニックの医療レーザー脱毛

エステサロンの光脱毛よりも、早く確実に脱毛効果を出したい場合は、脱毛クリニックや美容クリニックの医療レーザー脱毛がおすすめです。

サロンのマシンよりもさらに出力が高いため、特にデリケートゾーンなどは痛みを感じやすいというデメリットもありますが、ほとんどの場合2ヶ月おきに5~6回といった短期間、少ない回数で脱毛が完了します。

まとめ

家庭用脱毛器は、エステサロンやクリニックでの脱毛と比べると出力が弱いため、脱毛効果や持続性に関しては確かに劣ってしまいます。

しかし、だからと言って効果がないわけではなく、決められた頻度でコツコツと続ければ、きちんと脱毛効果は得られます。

また、時間や予定にしばられずいつでも好きなときにお手入れができる、脱毛したい部位が多いほどお得になる、姉妹や親子など1台あれば家族みんなで使えるなど、家庭用脱毛器にしかないメリットもたくさんあります。

仕事や子育てが忙しくサロンやクリニックに定期的に通えるか不安な人や、近くに脱毛できる施設がない人、時間はかかっても良いから自分のペースで脱毛を進めたい人は、ぜひ家庭用脱毛器を検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加