クリニックの医療レーザー脱毛の効果やメリット、デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリニックで行う医療レーザー脱毛は、ほかの脱毛方法と比べて非常に効果が高く、早く確実にムダ毛をなくせると言われています。

そこで今回は、医療レーザー脱毛の仕組みやメリット・デメリット、高い脱毛効果の秘密について解説していきたいと思います。

クリニックで行われる医療レーザー脱毛の種類

ひとくちに医療レーザー脱毛といってもさまざまな種類があり、クリニックによって使用している機器が異なります。

ここでは、代表的な5種類の医療レーザー脱毛を、その特徴とともにご紹介します。

濃い毛の脱毛に効果的「アレキサンドライトレーザー」

アレキサンドライトという鉱石を使った機器であり、日本で最初に導入された医療レーザー脱毛器でもあります。

レーザー脱毛器としての歴史が長く、脱毛効果も実証されているため、現在でも多くのクリニックで利用されています。

毛根の黒いメラニン色素にレーザーの光を吸収させて熱を発生させ、毛乳頭や毛母細胞といった毛を作る元を破壊する方法で脱毛を行うことから、色素の濃い毛に高い脱毛効果を発揮します。

光脱毛に比べて痛みが強いと言われるレーザー脱毛器ですが、アレキサンドライトレーザーの代表機種であるジェントルレーズは、照射の際に冷却ガスを勢いよく噴射して皮膚の感覚を麻痺させることで、痛みを軽減しています。

アレキサンドライトレーザーを用いた脱毛器
ジェントルレーズ

脇・ひざ下からVラインまで全身の脱毛が可能な「ダイオードレーザー」

鉱石を使用した機器であるアレキサンドライトレーザーに対し、ダイオードレーザーは人工の半導体を使用したレーザー脱毛器です。

毛乳頭や毛母細胞を破壊する仕組みは、他のレーザー脱毛と同じですが、施術時間が短い、照射範囲が広い、さまざまな毛質や肌質に合わせて波長を変えられるといった特徴があり、アレキサンドレーザーと並んで多くのクリニックで導入されている人気の高い脱毛器です。

世界第1位のシェアを誇る「ライトシェア・デュエット」も、このダイオードレーザーを採用した脱毛器です。

ダイオードレーザーを用いた脱毛器
ライトシェア・デュエット/ソプラノアイスプラチナム/メディオスターNeXT PRO

根が深いVIOや男性のヒゲに効果が高い「YAGレーザー」

YAGレーザーは、正式にはロングパルスヤグレーザーと言い、他の機器よりもレーザーの波長が長いのが特徴です。

アレキサンドライトレーザーが755㎚(ナノメートル)、ダイオードレーザーが800~940㎚なのに対し、YAGレーザーは1,064㎚です。

波長が長いことで、肌の奥深くまでレーザーが届くため、Vライン、Iライン、Oラインや男性の髭など、根が深い毛にも高い脱毛効果があります。

さらに、肌表面には吸収されにくいため、日焼けや色素沈着などで肌色が濃い場合でも施術ができるメリットがあります。

ただし、難点は痛みが強いこと。YAGレーザーの届く位置が深いため、肌表面に塗る麻酔クリームが効きにくい点もデメリットと言えるでしょう。

YAGレーザーを用いた脱毛器
ジェントルYAG

蓄熱を利用した痛みの少ない脱毛器「バルジ領域に作用するレーザー」

従来までの毛乳頭や毛母細胞に作用させる脱毛器とは違い、毛穴の近くにある「バルジ領域」や毛根を包む「毛包」全体をターゲットに照射する新しいタイプの脱毛器です。

バルジ領域とは、毛の種ともいえる発毛因子を作り出す部分。このバルジ領域に弱い光を連射して徐々に加熱する「蓄熱式」という方法で、毛の発育を止めます。

高い熱を使用しないため、痛みが少ないのが特徴。「メディオスターNeXT PRO」は、このバルジ領域と、毛乳頭の両方に作用する機器です。

バルジ領域に作用するレーザーを用いた脱毛器
HAYABUSA/メディオスターNeXT PRO

日焼け肌でも脱毛できる「G-MAX」

アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの2つのレーザーを搭載した脱毛器で、正式名称をジェントルマックスと言います。

両方の機能を必要に応じて使い分けることができるため、日焼けや色素沈着のある部位とそうでない部位が混在した人には大変おすすめです。

照射口のサイズを選べることから、細かい部位、広い部位のどちらにも使用可能。照射速度が速いため、背中などの広い範囲の脱毛にも適しています。

クリニックによる医療レーザー脱毛の効果やメリット

毛根のメラニン式をターゲットにする脱毛の仕組みは、医療レーザー脱毛も光脱毛も、さらには家庭用脱毛器でも基本的には同じです。では、なぜ医療レーザー脱毛は脱毛効果が高いと言われるのでしょうか。

医療レーザー脱毛器の効果やメリットについて解説していきます。

半永久的な脱毛効果が得られる

医療レーザー脱毛には、エステサロンの光脱毛や家庭用脱毛器と大きく異なる点が2つあります。

1つめは、医療レーザー脱毛は出力(ジュール数)が高いこと。

体の組織の一部である毛乳頭や毛母細胞を「破壊する」ことは医療行為です。そのため、高い出力が出せる医療レーザー脱毛器は、クリニックや美容皮膚科などの医療機関でないと扱えません。

一方、脱毛サロンの光脱毛は、医療レーザー脱毛器よりも出力が低い値に制限されており、行えるのはあくまでも「減毛」です。

2つめは、光脱毛が複数の波長を含み、広い範囲に光が広がるのに対し、レーザーは単一の波長で狙った部位にピンポイントでパワーが届くことです。

光脱毛は、今ある毛根にダメージを与えることで一時的な脱毛効果はありますが、毛根の組織が回復すれば、また毛が生えてくる可能性があります。

しかし、レーザーの強いパワーで一度破壊されてしまった毛乳頭や毛母細胞は再生することがないため、医療レーザー脱毛は半永久的な脱毛効果を得ることができるのです。

少ない回数、短い期間で脱毛が完了する

医療用レーザー機器は照射パワーが強いことから、少ない回数、短い期間での脱毛が可能です。

エステの光脱毛では、脱毛が完了するまでおよそ12~18回かかりますが、医療レーザー脱毛の場合、6回前後で自己処理が必要ない状態になるケースがほとんどです。

医療機関なので安心

医療レーザー脱毛は、医師が常駐する医療機関で行います。

脱毛前に診察があるクリニックも多いため、敏感肌、乾燥肌、アトピー肌など、肌状態に不安がある人でも安心して施術が受けられますし、万が一施術が原因で肌トラブルが合った場合にも、すぐに処置や治療が受けられます。

また、医療機関ならではのメリットとして、痛みが心配な方には、麻酔クリームや麻酔テープ、笑気ガスなどの麻酔を使うことが可能です。

毛質や肌質に合わせた多種多様な脱毛器がある

ムダ毛の生え方には個人差がありますし、同じ人でも、太さや濃さ、密集度、色素沈着のあるなしなどが部位ごとに異なります。

ですから、1つの脱毛器が、誰にでも、どの部位にでも同じように効果があるとは限りません。

その点、医療レーザー脱毛には、得意分野の異なる多種多様な脱毛器があるので、剛毛な人、日焼けした人、痛みに弱い人など、さまざまなタイプの毛質や肌質に合わせた脱毛が可能です。

意外!?医療レーザー脱毛は結果的には安く脱毛できる

医療レーザー脱毛は、光脱毛に比べて高いと思っている方も多いと思います。

たしかに、脱毛サロンのなかには、ワキ脱毛が期間無制限で数百円~数千円というところも少なくありませんが、回数制限のあるコースに関しては、必ずしも光脱毛が安いとは限りません。

というのも、光脱毛で完璧に毛がなくなる状態になるには、平均して12~18回ほどは施術を受ける必要があるから。

例えば6回コースなどでは、満足のいく仕上がりにならないことが多いため、追加料金を払って施術を受ける人も少なくありません。

その点、医療レーザー脱毛なら、基本コースを受ければほぼ脱毛が完了するため、追加料金が発生するケースがあまりなく、結果的には安く済んでしまうことが多いのです。

クリニックによる医療レーザー脱毛の副作用やデメリット

脱毛効果が高い、早く脱毛が完了するなど、出力が高いことによるメリットの多い医療レーザー脱毛ですが、高出力がゆえのデメリットもあります。

光脱毛に比べて痛みが強い

医療レーザー脱毛は、エステで行う光脱毛よりも出力が強いため、その分どうしても痛みは強くなってしまいます。

痛みを感じやすいのは、毛が太い部分、毛が密集している部分、肌色が濃い部分、そして皮膚が薄い部分です。特に、VIOなどのデリケートゾーンや男性の鼻下やあご髭は、「うっ」と声が出てしまうくらい痛いと感じる人もいます。

また、肌が乾燥したり、日焼けなどの炎症を起こしたりしているときにも、痛みを感じやすくなります。

ただし、痛みに関しては個人差が大きいため、「ドキドキしながら受けたけれど、意外に平気だった」という人も少なくありませんし、照射回数を重ねて毛の密度が減れば、それに伴い痛みも減ります。

さらに、痛みが少ない脱毛器を選ぶ、麻酔クリームを使うという選択肢もあるので、痛みが心配な方は無料カウンセリングで相談してみましょう。

肌トラブルの可能性がある

出力が強いことでもう1つ懸念されるのが、照射によるヤケドなどの肌トラブルです。

もちろん医療レーザー脱毛は、看護師などの医療従事者が、肌状態や毛の太さ、密集度などに合わせ適切な出力で施術を行うため、通常であればトラブルが起こることはほとんどありません。

ただし、ひどく乾燥した肌や、日焼け直後の肌に照射した場合は、赤みやヒリヒリ感が出たり、埋没毛やヤケドになったりする可能性もあります。

軽い炎症であれば数日で改善するケースがほとんどですが、水ぶくれなどができた場合は、施術を受けたクリニックに連絡をして指示を仰ぎましょう。

クリニックによる医療レーザー脱毛効果を実感するのに必要な回数

エステの光脱毛に比べ、脱毛が早く完了する医療レーザー脱毛ですが、具体的にいつ頃から効果を実感できるのでしょうか。

1回目の照射で一旦生えている毛は全てなくなる

医療レーザー脱毛の場合、1回目の施術をして1~2週間ほどで毛が抜け始め、今生えている毛は、一旦ほぼ全てなくなります。

その後、毛のない状態が数週間続き、やがて、1回目の照射時に「休止期」だった毛が成長して皮膚の表面に出てきます。

そのタイミングを見計らって2回目の照射、3回目の照射と繰り返していきます。

つまり、医療レーザー脱毛では、施術を受けるたびに数週間毛のない状態がキープできるため、1回ごとに脱毛効果が実感できます。

自己処理が必要なくなるまでの回数

では、自己処理がほとんど必要なくなるまではどのくらいの回数が必要かというと、およそ5~6回が目安です。多くのクリニックで、5~6回が基本コースとして設定されているのはそのためです。

ただ、脱毛効果の出る回数は、個人差もさることながら、脱毛部位によっても大きな違いがあります。ですから、全身脱毛をしたとしても、どの箇所も同時に終了するわけではありません。

剛毛は少ない回数で効果が現れ、産毛は時間がかかる

レーザー脱毛器の光は、黒いメラニン色素に反応することから、剛毛の方がより光を集めやすく脱毛効果が早く現れます。そのため、ワキ毛や濃いすね毛などは5~6回で満足のいく仕上がりになることが多いです。

ただ、同じ剛毛でも、VIOラインには下着の擦れなどによる色素沈着があることから、皮膚表面にレーザーが反応して毛根までパワーが届きにくく、脱毛効果が出にくい場合があります。

また、産毛にはメラニン色素が少ないことから、顔や背中などの細い毛にはレーザーが反応しにくく、完璧な仕上がりを求める場合は、10回程度かかることもあるようです。

いつまで生えないのか?クリニックの医療レーザー脱毛効果の持続性

医療レーザー脱毛は、毛乳頭や毛母細胞という毛を作る元を熱によって破壊します。

破壊された組織は再生することがないため、毛周期に合わせ、全く毛が生えない状態まできちんと施術を行えば、その後毛が生えてくることはほとんどありません。

照射漏れがあったり、体質やホルモンの関係で、産毛のような細い毛が数ヶ所生えてくることがあったとしても、脱毛前のようにたくさん濃い毛が生えることはないと考えて良いでしょう。

クリニックの医療レーザー脱毛の効果なしとならないよう、受ける側が注意するべきこと

医療レーザー脱毛の効果を十分に得るためには、いくつか注意点があります。しっかり確認して、効率的に脱毛を進めましょう。

定期的に通う

毛には、成長期、退行期、休止期という「毛周期」があり、このサイクルに合わせて施術を行うことで、高い脱毛効果が得られます。

クリニックでは、最も効果の出るタイミングで通えるよう、目安の通院期間を教えてくれますので、指示に従いできるだけ定期的に通うようにしましょう。

※参考⇒脱毛の際に重要となる毛周期について解説

日焼けをしない

紫外線を浴びると、肌のメラノサイトという細胞が黒色のメラニン色素を生成してバリアを作り、有害な紫外線から細胞を守ろうとします。

一方、レーザー脱毛は毛根部分のメラニン色素に反応して熱を発生させる仕組みなので、日焼けをしていると肌の色に反応してしまい、ヤケドを起こしてしまう恐れがあります。

機器によっては日焼け肌でも施術可能なものがありますが、それはあくまでも「肌の色が濃くても大丈夫」ということ。

赤みやかゆみなどの炎症がある日焼け肌には、どのようなマシンであっても照射できません。

また、レーザーが肌表面に反応することで、毛根までパワーが届かなくなり、十分な脱毛効果が得られなくなるというデメリットもあるので、脱毛期間中は紫外線対策をしっかり行って、日焼けしないようにしましょう。

※参考⇒脱毛中に日焼けをしてはいけない脱毛方法

保湿ケアをする

乾燥した肌は、肌のバリア機能が弱くなり、刺激に敏感になっている状態。そのため、肌トラブルが起きやすく、痛みも感じやすくなります。

痛みが強いと、出力を下げざるをえなくなるため、脱毛効果も下がってしまいます。

逆に、水分量が多い肌は痛みを感じにくいだけでなく、レーザーのエネルギーも毛根までしっかりと伝わり、効率的に脱毛が進められます。

脱毛効果を上げるためには、保湿はとても重要です。化粧水やクリームなどでしっかりとケアを行い、潤いのある肌を保ちましょう。

脱毛期間中に毛を抜くのは絶対NG!

医療レーザー脱毛は2~3ヶ月おきに通うのが一般的なので、その間毛が生えてきて、自己処理をしなければならないこともあるでしょう。

もちろん、自己処理をすること自体は問題ありませんが、気をつけたいのがその方法。毛抜きや脱毛テープ、ブラジリアンワックスなどの「毛を抜く」行為はNGです。

なぜならレーザー脱毛は、毛根のメラニン色素に反応する脱毛方法だから。

毛抜きなどで毛根ごと抜いてしまうと、レーザーが狙うターゲットがなくなるため、脱毛効果が得られなくなってしまいます。

脱毛期間中の自己処理は、肌への負担が少ない電気シェーバーを使用しましょう。

医療レーザー脱毛の疑問にお答えします!

ここでは、医療レーザー脱毛に関して、多くの人が抱く疑問にお答えしていきます。

顔や背中にニキビがあっても脱毛できるの?

脱毛できるかできないかはニキビの状態によって変わってきます。

初期ニキビである「白ニキビ」であれば、問題なく脱毛できるクリニックが多いでしょう。

しかし、炎症があって痛みや赤みがあるニキビや、膿んでいるニキビ、またレーザーに反応してしまう黒っぽいニキビが多数ある場合は、症状が改善されるまで脱毛できません。

ただし、2~3個など数が少ない場合は、その部分を避けて照射することもあります。

顔脱毛は効果が出るまで時間がかかるって本当?

医療レーザー脱毛は、毛根の黒いメラニン色素に反応して熱を発生させるため、太く濃い毛の方が吸収できる光の量が多く、脱毛効果が出やすいです。

反対に、細く色が薄くメラニン色素の薄い産毛は、吸収する光の量が少ないため脱毛効果が出にくくなってしまいます。

女性の顔の毛は、ほとんどが産毛なので、脱毛が完了するまでには他の部位よりも長い期間がかかってしまうのです。

医療レーザー脱毛でワキガが治るの?

私たちに体には「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2つの汗腺があります。

エクリン腺から出るのは99%が水分のサラッとした汗なのに対し、アポクリン腺から出るのは、タンパク質や脂質、糖質、アンモニアなどが含まれたベタベタとした汗。ワキガは、このアポクリン腺から出た汗に、菌が繁殖することで起こります。

ワキガになるかならないかは、アポクリン腺の数や大きさによって決まるのですが、これらは生まれつき決まっているもの。

医療レーザー脱毛を受けたからといって、アポクリン腺の数が減ったり、小さくなったりすることはないため、脱毛が直接的な原因でワキガが治ることはありません。

ただ、毛がなくなることでワキの通気性が良くなり、雑菌が繁殖しにくくなって、ニオイが軽減することは考えられます。

医療レーザー脱毛を受けると毛穴がなくなるの?

「医療レーザー脱毛を受けたら毛穴がなくなった」というネットの口コミを見て、脱毛に興味を持つ人も多いでしょう。

しかし、脱毛をして毛がなくなったからといって、毛穴自体がなくなることはありません。

ただ、カミソリや毛抜きなどのムダ毛処理をしなくなると肌へかかる負担がなくなるため、肌荒れや乾燥をしにくくなり、肌が潤ってキメが整います。

すると、毛穴が引きしまり目立たなくなる効果が期待できます。

医療レーザー脱毛によって、実際に毛穴がなくなることはなくても、毛穴の目立たないツルツルの肌になることは可能です。

医療レーザー脱毛で使う麻酔って効果があるの?

医療レーザー脱毛の痛みは、よく”輪ゴムでパチンとはじかれる感じ”と表現されますが、感じ方は本当に個人差が大きいものです。

最近は、痛みを感じにくい工夫がされている機種も多いので、「全く痛くない」「耐えられないほどではない」という人がほとんどですが、どうしても我慢できない人や痛みが怖い人は、麻酔を使うことも可能です。

麻酔には、鼻から吸うタイプの「笑気ガス」、痛みを抑えたい箇所に塗ったり貼ったりする「麻酔クリーム」や「麻酔テープ」があります。いずれも、無痛にするというよりは、気持ちをリラックスさせて痛みを軽減する目的で使用します。

また、男性専用のゴリラクリニックなどでは、局所麻酔注射も行っています。

女性の体の脱毛では、そこまでの痛みはないため使用されませんが、男性のヒゲ脱毛は人によっては強い痛みを伴うことから、まれに使用するケースもあるようです。

施術料金とは別に費用がかかりますが、どうしても痛みが心配な人は、カウンセリングの際に相談してみましょう。

家庭用レーザー脱毛器に医療レーザー脱毛と同じ効果はあるの?

家庭用レーザー脱毛器の”毛根やその周辺組織を破壊する”という脱毛方法は、クリニックで行う医療レーザー脱毛と、基本的に仕組みは同じです。

しかし、医療機関で使用するレーザー機器は出力が非常に高いため、医師や看護師などでなければ使用できません。

家庭用脱毛器は、医療従事者ではない一般の方が安全に使えるよう出力が低くなっているため、同じレーザー脱毛であっても、医療機関で受けられるものと同等の効果を得ることはできません。

医療レーザー脱毛効果の視点から見ておすすめのクリニック

基本的に大手であれば、どのクリニックを選んでもしっかりと脱毛効果は得られます。

ただ、扱っているマシンが多い方がどんな毛質や肌質にも対応してもらえるため、より高い脱毛効果を実感できますし、通い放題プランがあれば納得がいくまで通院できます。

ここでは、そういった脱毛効果の視点から見ておすすめの人気クリニックを4つご紹介したいと思います。

湘南美容外科クリニック

両ワキ脱毛が、期間・回数無制限で3,400円という、医療機関とは思えないほど低価格な湘南美容外科。

医療脱毛レーザーの効果をとりあえず試してみたいという人には、大変おすすめのクリニックです。

定番の「アレキサンドライトレーザー」のほか、湘南美容外科オリジナルでメラニン色素とバルジ領域の両方に働きかける「ウルトラ美肌脱毛」、また男性限定で「メディオスター NeXT PRO」の、3種類の脱毛器を扱っています。

診察料や軟膏などの薬代、テスト照射が無料。関東、関西を中心に全国に72院を展開しています。

湘南美容外科クリニック公式サイトはこちら

アリシアクリニック

アリシアクリニックは医療脱毛専門の皮膚科。関東地方でトップクラスのクリニック数を誇っています。

VIOライン全ての脱毛ができる「VIO脱毛セット」、ひざ上・ひざ下に足の甲と指が含まれる「脚脱毛セット」などのお得なセットプランのほか、好きな場所を1ヶ所から選べるセレクトプランもあります。

全身脱毛は8回コースと脱毛し放題コース、その他の部位には5回コースもあるので、毛質や毛量に合わせて無駄なく通えます。

脱毛機器は、照射範囲が広くスピーディーな施術が可能な「ライトシェアデュエット」を使用しています。

アリシアクリニック公式サイトはこちら

リゼクリニック

直営院13院、提携院6院を展開する医療脱毛専門のリゼクリニック。

女性医師、女性スタッフのみのクリニックなので、脱毛のみならず肌の悩みも安心して相談できます。

「ライトシェア・デュエット」「メディオスターNeXT PRO」「ジェントルYAG」の3種類のレーザー脱毛器を使用。ひとりひとりの肌質や毛質に合わせた施術を行っています。

診察料や処方薬代だけでなく、剃り残しがあった場合の剃毛料、さらには予約キャンセル料も無料。脱毛料金以外に余計なお金がかからない明確な料金システムが人気です。

リゼクリニック公式サイトはこちら

フェミークリニック

フェミ―クリニックは、東京と大阪に6院を展開する開院15年の歴史をもつ美容皮膚科。

「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「YAGレーザー」「G-MAX」のほか、照射口がレーザー脱毛器のなかでも最も大きい「ベクタス」という機種も扱っています。

長年の症例データと多彩な脱毛器により、色黒肌や敏感肌、アトピー、アレルギーなどさまざまな肌タイプに対応することができます。

フェミ―クリニック公式サイトはこちら

クリニックの医療レーザー脱毛で効果が出なかった場合、別でおすすめの脱毛方法は?

医療レーザー脱毛は、非常に効果が高い脱毛方法です。

通常の毛であれば、毛周期に合わせてきちんと施術を受けたのに効果が出ないということはほとんどありませんが、毛根が深い男性のヒゲや、メラニン色素の薄い産毛は、脱毛効果が出にくいことも考えられます。

また、メラニン色素の生成がなくなった白髪もレーザー脱毛の効果は期待できません。

そんな毛にもおすすめなのが「ニードル脱毛」です。

毛穴にニードルと呼ばれる細い電気針を挿して電流を流すことで、毛根や周辺細胞を直接破壊する方法です。

メラニン色素をターゲットとしないため、剛毛でも産毛でも、白髪でも関係なく脱毛でき、また光脱毛やレーザー脱毛のように、毛根が深すぎて光が届かないということもありません。

ただし、1つ1つの毛穴に対して施術を行うため、時間や費用がかかること、また痛みが強いことがデメリットとしてあげられます。

まとめ

痛みをやわらげる工夫がされ、さまざまな毛質や肌質に対応できる機種が増えたことから、医療レーザー脱毛は、以前よりさらに多くの人が満足できる効果が得られるようになりました。

これから脱毛をしようと考えている人、エステの光脱毛でいまいち効果が感じられなかった人は、ぜひ医療レーザー脱毛を検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加