妊娠中でも脱毛することはできるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛は短くても1年、長ければ3~4年ほどかかることもあります。

女性ならば、その間に結婚したり妊娠したりすることもあり得ますが、そんなときにふと、

「妊娠していても脱毛に通えるの?」
「赤ちゃんに何か影響があったりしない?」

といった疑問を抱く人は少なくありません。

そこで今回は、妊娠中の脱毛に関するさまざまな疑問について解説していきたいと思います。

妊娠中でも脱毛はできるの?

残念ながら、妊娠中に施術が受けられる脱毛エステや脱毛クリニックは、ほとんどありません。

初回のカウンセリングでは、妊娠しているかどうかの確認がありますし、契約期間中でも妊娠が分かった時点で施術は受けられなくなります。

では、なぜ妊娠中に脱毛ができないのでしょう。

「脱毛の際の光やレーザーが、お腹の赤ちゃんに何か影響を及ぼすからでは?」

と考えている人は多いと思います。”光やレーザーは毛乳頭や毛母細胞を破壊する”などと聞けば、当然そういった心配が出てきますよね。

でも、脱毛ができないのは、光脱毛やレーザー脱毛が胎児に悪影響があるからではありません。

以下で詳しく説明していきます。

光脱毛やレーザー脱毛がお腹の赤ちゃんに影響を及ぼさないワケ

脱毛が、直接赤ちゃんに悪影響を与えない理由は以下の2つです。

光やレーザーはメラニン色素にだけ反応するから

光脱毛のフラッシュやレーザーを肌に照射すると、毛根の黒いメラニン色素が光やレーザーを吸収して熱を発生させます。

すると、毛の成長をつかさどる毛乳頭や毛母細胞が熱によって破壊され、毛が生えなくなるというのが、光脱毛やレーザー脱毛の仕組みです。

照射による光やレーザーはメラニン色素以外には反応しないため、子宮やその他の臓器に影響を与えることはありません。

光脱毛やレーザー脱毛の光は、安全な可視光線だから

光は、波長の長さによって分類されます。波長が短いほどエネルギーが強く、体に与える影響も大きくなります。

短いものから、ガンマ線→X線→紫外線→可視光線→赤外線→電波の順となっています。

ガンマ線は、非常に透過性が高く臓器まで届くため、ガン治療などに使用されます。

X線は、みなさん良くご存じのレントゲンに用いられる光。そして、紫外線は太陽光に含まれる光の1つで、シミやシワ、肌の老化などを引き起こす可能性のある光です。

一方、光脱毛やレーザー脱毛に使われる「可視光線」は、照明から発せられるのと同じ種類の光で、体に害を及ぼすものではありません。

また、可視光線は皮膚表面のごく浅い部分までしか届かず、レントゲンのように体内を通過する性質もありません。

そういった意味でも、子宮やその他の内臓には影響がないと言えるのです。

なぜ妊娠中は脱毛ができないの?

光脱毛やレーザー脱毛が、胎児に影響を与えないのであれば、なぜ、エステやクリニックでは、妊娠中の脱毛ができないのでしょうか。

それには、以下のような理由があります。

肌トラブルが起こりやすい

妊娠中、女性の体にはさまざまな変化が現れます。これは、お腹の中の赤ちゃんを守るために、ホルモンバランスが通常とは変わることが原因です。

肌に関しては、以下のような症状を感じる妊婦さんが多くなります。

  • 肌が乾燥しやすい
  • 汗をかきやすくなり、かゆみや湿疹が出やすくなる
  • メラニン色素の生成が活発になり、シミや黒ずみができやすくなる

そのため、普段は何ともない脱毛の施術が刺激となり、赤みが出たり、痛みを強く感じたり、光に強く反応してやけどしやすくなったりします。

何かトラブルがあった場合でも、妊娠中は使用できる薬が制限されるため、エステやクリニックでは出産後ホルモンバランスが落ち着いてから施術を受けるように、としているのです。

妊娠時は毛深くなる人が多い!脱毛してもあまり意味がない

妊娠中は、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが多く分泌されます。

プロゲステロンは、子宮内膜を厚くする、体温を上げるなど妊娠を継続させるための重要な働きをしていますが、毛周期を伸ばすという働きもあります。

そのため、妊娠中は本来抜けるはずの毛が抜けずに、体毛が濃くなる傾向にあります。

一方、出産後プロゲステロンが一気に減少すると、今度は毛がたくさん抜けます。出産後に抜け毛が多くなったと感じるのもこのためです。

このように、妊娠前後はホルモンバランスが通常とは異なることで、毛量の変化が起こります。ですから妊娠中に脱毛の施術を受けてもあまり意味がないのです。

体が冷え、お腹が張る原因になる

施術時は薄着になり、長時間お腹や足、腕などを出すことになります。

また、冷たいジェルを塗ったり、冷却材で脱毛部位を冷やしたりもしますし、痛みを緩和するため、脱毛中ずっと冷却ガスを噴射するタイプのマシンもあります。

体の冷えはお腹が張る原因になりますし、便秘や腰痛などを引き起こしやすくなってしまいます。

同じ姿勢や無理な姿勢を取るのが辛い

脱毛の際は、仰向けになったりうつ伏せになったり、横を向いたりといった体勢を、一定時間続けなくてはなりません。

妊婦さんにとって辛い体勢もあり、また、長時間同じ体勢でいることで血流が悪くなり、気分が悪くなることもあります。

妊娠線ができやすくなる

妊娠線とは、急激に大きくなるお腹に皮膚の伸びがついてこられず、皮下組織が断裂してできる痕のこと。

1度できてしまった妊娠線はきれいに消すことが難しいので、予防ケアがとても重要になります。

妊娠線の予防には、急激に体重を増やさないこと、そして保湿ケアを十分にして肌を柔軟に保つことが大切です。

光脱毛やレーザー脱毛は肌を乾燥させるので、そういった意味でも妊娠中はおすすめできません。

脱毛中に妊娠していることがわかったらどうすればいい?

脱毛が完了するまでには、クリニックで1~1年半、エステでは2~3年ほどかかるため、脱毛期間中に妊娠する可能性もあります。

1回ごとの都度払いをしている人であれば問題ありませんが、5回コースなどを申し込んでいる場合はどうすれば良いのでしょうか。

休会する

サロンやクリニックによっては、妊娠や病気など、何らかの理由で通えなくなった際に利用できる「休会制度」を設けているところがあります。

また最近は、脱毛期間に制限のない「無期限コース」や、有効期限が4~5年と長いコースが多く登場しています。

このようなサロンやプランであれば、妊娠や出産でしばらくお休みしても、体調が落ち着きしだい再開できます。

現在脱毛中の人は、申し込んでいるプランがどのようなタイプなのか確認してみましょう。

また、これから脱毛を始める人で、結婚の予定がある人や、妊活中の人は、このような制度があるサロンやクリニックを選べば、せっかく払ったお金が無駄になりません。

休会制度のあるサロンやクリニック

ミュゼプラチナム/アリシアクリニック

無期限や有効期限の長いサロンやクリニック

サロン/クリニック コース 期限
ミュゼプラチナム 両ワキ+Vライン 美容脱毛完了コース 無期限
エピレ 全コース 無期限
ジェイエスティック 両ワキ/うで・あし/全身脱毛コース 5年間
キレイモ 全身脱毛33ヶ所永久保証付きプラン 無期限
湘南美容外科クリニック 全てのコース 無期限
リゼクリニック 全てのコース 5年間
アリシアクリニック 初回から1年が期限。ただし、5回コースは初回から3年、8回コースは初回から5年まで無料延長が可能
注意点

「回数無制限」でも、有効期限が決められているプランがあります。つまり、”○年間であれば何回受けても良い”というものです。

期限がない「無期限」とは違うので、契約の際はよく確認しましょう。

解約する

毎月一定金額を支払う「月額コース」の場合、通っても通わなくても毎月の支払いが生じてしまいます。

無駄なお金を払わなくても良いように、妊娠が分かった時点ですぐに解約しましょう。

また、すでに支払いが完了しているコースでも、返金システムが利用できるサロンやクリニックなら、通えなかった回数分の料金が戻ってきます。

期限付きで、なおかつ期限内で消化できないようなら、早めに連絡をし解約手続きをしてください。

ただし、中途解約できる期限が決まっている場合や、違約金や解約手数料がかかることもあるので、事前の確認が必要です。

妊娠中に脱毛できる部位とできない部位

「お腹から遠い足や腕、顔のうぶ毛、指毛などの脱毛なら問題ないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、妊娠中の脱毛は部位に関わらずできません。

くり返しになりますが、妊娠中に脱毛ができないのは、光やレーザーが直接胎児に影響を与えるからではなく、脱毛の施術がママの体に負担をかけるからです。

脱毛の際の痛みや冷えによる刺激で子宮収縮を起こし、切迫早産などが起こるリスクもゼロではありません。

クリニックやサロン側は、万が一のことが起こっても責任は負えないので、わざわざそのようなリスクは冒しません。

また、バレないからと言って、妊娠を隠して施術を受けることもすべきではありません。

その他、妊娠中にNGな脱毛方法

光脱毛や医療レーザー脱毛のほかにも、妊娠中には避けた方がいい脱毛方法があります。

家庭用脱毛器

妊娠中は、ホルモンバランスの関係で肌が乾燥しやすくなり、メラニン色素が増えて黒ずみができやすくなります。

そのため、普段より脱毛の際の痛みを強く感じたり、肌荒れが起こる可能性が高くなります。

また、ベッドに寝ているだけのエステやクリニックと違い、自分で脱毛器を使用する場合は、足やvラインは前かがみ、ワキ処理の場合は体をひねるなどのつらい体勢になりがちです。

無理な体勢や、長時間同じ姿勢でいることは、体の負担になるので避けた方が良いでしょう。

カミソリ

カミソリは、簡単で手軽な自己処理方法である一方で、毛と一緒に肌表面まで削ってしまうため、肌がダメージを受けやすく、さらに乾燥しやすいデメリットがあります。

カミソリで傷ついた毛穴から菌が入ると、毛嚢炎(毛包炎)になる可能性も高く、妊娠中の敏感な肌にはおすすめできません。

ブラジリアンワックスや脱毛テープ

ブラジリアンワックスとは、ハチミツなどを主成分とするワックスを脱毛部位に塗り、その上にシートをのせて一気にはがし、毛を抜くというもの。

脱毛テープは、粘着面をムダ毛に張り、同じく毛の流れに逆らってはがします。

どちらも、毛が抜ける際に強い痛みが伴うため、刺激により子宮が収縮してお腹が張る恐れがあり、肌への負担も大きいため、妊娠中の使用はあまりおすすめできません。

ただし、妊婦さん専用のコースを設けているサロンでのブラジリアンワックスは、痛みや肌への負担を最小限に抑えられるため、その限りではありません。

除毛クリーム

除毛クリームは、チオグリコール酸カルシウムという酸性の薬品で、毛の主成分であるタンパク質を溶かすことで除毛を行います。

この成分は、同じタンパク質でできた皮膚にとっても刺激になるので、敏感な妊娠時の肌には負担が大きくおすすめできません。

もう1つ除毛クリームをおすすめできない理由は「ニオイ」です。

パーマ液や染色剤のようなツンとした独特なニオイがし、また、そのニオイを消すために香料を使用したものも多く、つわり中の人は気分が悪くなる可能性があります。

妊娠中でもOKな脱毛方法

肌が敏感な時期とはいえ、ムダ毛を伸ばしっぱなしにしておくのは女性として辛いですよね。そんな妊娠中でも安心なムダ毛処理が1つだけあります。

それが、電気シェーバーです。

電気シェーバーは、外刃と内刃で構成されていて、肌に触れるのは網状の外刃。

毛をカットする鋭利な内刃は肌に触れないので、カミソリ負けや赤みなどの肌トラブルを心配せずに、ムダ毛処理ができます。

ただし、肌にやさしい電気シェーバーでも処理後の肌は乾燥しがちです。クリームなどを塗ってしっかり保湿しましょう。

妊娠中に脱毛するのにおすすめのサロン、クリニック、脱毛グッズ

脱毛はどのような方法であっても、少なからず肌に負担をかけるため、妊娠中は、基本的には脱毛をすること自体あまりおすすめできません。

しかし、そんな中でも比較的安全に脱毛ができるサロンや脱毛グッズがあります。

おすすめのサロン

妊娠中に光脱毛ができるエステサロンはありませんが、ブラジリアンワックスであれば、条件付きで受けられるところがあります。

ただし、先ほどからご説明しているとおり、妊娠中は肌が敏感になっていることから、痛みを強く感じたり、赤みや毛穴の盛り上がり痕が、通常よりも長く残る可能性もあります。

利用は体調の良いときだけにし、少しでも心配がある場合は、産婦人科の担当医に相談しましょう。

Brasilia(ブラジリア)

ブラジリアは、東京の中目黒にあるブラジリアンワックス脱毛専門のサロン。

体調を見ながらゆったりと施術できるよう、妊婦さんには通常よりも処理時間を長めに確保してくれます。

また、Vラインなどのプランでは、時間に余裕があれば、妊娠中に濃くなりがちなお腹周りの脱毛も料金内でしてもらえます。

完全個室で子供連れもOK。以下の条件を満たしていれば安心して施術を受けられます。

●安定期(妊娠5ヶ月以上)に入っている
●経過が良好で体調に問題がない
●20分程度仰向けになっても支障がない

ブラジリア公式サイトはこちら

MORENA(モレーナ)

モレーナは、東京の代々木にある日本で初めてシュガーワックスを取り入れた、ブラジリアンワックス専門サロンです。

シュガーワックス脱毛とは砂糖、レモン、水のみを煮詰めて作られたワックスを用いて行う脱毛のこと。

食べることもできる自然素材を用いているため、化学物質の経皮吸収の心配がなく、また、通常のブラジリアンワックスよりも痛みが少ないので、妊娠中でも安心して受けられます。

マタニティコースは、腰やお腹に負担のかからない低反発のリクライニングベッドを使用。希望により、アロマオイルでの妊娠線ケアも行えます。

完全なプライベート空間なので、上のお子さまを連れての来店も可能と、至れり尽くせりのサロンです。

モレーナ公式サイトはこちら

おすすめのクリニック

クリニックで行われているのは、レーザー脱毛とニードル脱毛(針脱毛)ですが、レーザー脱毛はご説明したとおり、妊娠中の施術はできません。

また、ニードル脱毛は、毛穴から針を挿入し、電流を流して毛乳頭にダメージを与えるという方法で、胎児に影響を与えることはありませんが、痛みが非常に強く、また毛穴1つ1つに対して施術を行うため、時間も長くかかります。

母体へのストレスが大きいため、妊娠中の施術は行えません。

よって、妊娠中におすすめできるクリニックは残念ながらありません。

おすすめの脱毛グッズ

妊娠中のムダ毛処理には、電気シェーバーがおすすめです。

ヘッドが大きく広い部位も短時間で剃れるボディ用、ヘッドが小さく細かい部位のお手入れがしやすいビキニライン用など種類もさまざまなので、用途によって使い分けましょう。

パナソニック サラシェ 全身用

剃り味が良いことで人気の、パナソニックの全身用ボディシェーバー「サラシェ」。

刃が上下に動くため、肌の凹凸にピッタリフィットし、剃り残しができにくいのが特徴です。

ヘッドの手前ににはポップアップ式のトリマーがついているので、ビキニラインを剃るのではなく、量だけを減らしたい人にもおすすめ。

防水タイプなのでお風呂場でも使え、丸洗いができて衛生的です。

参考価格:2,100円

パナソニック サラシェ 全身用の購入はこちら

パナソニック フェリエ ボディ用

スティックタイプのボディ用シェーバー。

薄刃で切れ味が良いのに、刃先が丸くて肌を傷つけにくいので、ビキニラインも安全に処理できます。

また、ヘッド部分が左右に動くため、くぼみのある脇の処理にもピッタリです。

値段もお手頃で、妊娠中のムダ毛処理のためだけに購入しても惜しくありません。

参考価格:2,253円

パナソニック フェリエ ボディ用の購入はこちら

出産後どのタイミングから脱毛可能なのか?

出産後、どれくらい経過したら施術が受けられるかは、サロンやクリニックによってバラつきがあります。

「生理が2~3回きてから」、または「産後2~3ヶ月後」としている施設が多いのは、ホルモンバランスが妊娠前の状態に戻るのが、ちょうどその頃だからです。

各サロンやクリニックの対応をまとめたので参考にしてみてください。

サロン/クリニック名 脱毛再開の条件
ミュゼプラチナム 母乳が止まり、生理が2~3回きてから
エピレ 産後3ヶ月以降(ワキ・胸・乳輪周りは授乳を終えてから)
ディオーネ 授乳期間が終わってから
銀座カラー 産後生理が2回きてから(ワキ・胸・乳輪周りは授乳を終えてから
ジェイエスティック 産後生理が1回きてから
湘南美容外科クリニック 産後3ヶ月以降(乳輪周りは色素沈着の度合いを確認後)
リゼクリニック 授乳期間を終え、ホルモンバランスが整ってから
アリシアクリニック 産後生理が2回きてから

脱毛と妊娠に関する疑問

脱毛と妊娠の関係性について、気になる疑問をまとめました。

疑問1. 妊娠を知らずに脱毛していた場合、胎児への影響はあるの?

くり返しになりますが、光脱毛やレーザー脱毛、ニードル脱毛の電流が胎児に影響を及ぼすことはありません。今までに、何か問題が起きたという事例もありません。

これはいずれの脱毛方法も毛穴のみに作用するもので、子宮内の胎児までは届かないからです。

妊娠が分かった時点で脱毛を中断すれば問題ないので、心配しなくても大丈夫です。

疑問2. 脱毛を中断すると効果がなくならない?

妊娠が判明し、脱毛を中断しなければならなくなった場合、期間を空けすぎることで今までや行った脱毛が無駄になるのでは?と心配な人もいるかもしれませんね。

たしかに、効率よく短期間で脱毛を完了するためには、毛周期に合わせて定期的に施術を受けるのがベストです。

しかし、脱毛期間が開いたからといって脱毛効果がなくなることはありません。

疑問3. 妊娠線があっても脱毛できるの?

出産直後は赤紫がかった妊娠線も、時間とともにだんだんと白っぽく薄くなっていきます。

完全に消えなかったとしても、白や肌色に近い痕なら問題なく施術が受けられます。

ただし、色が濃く、かゆみなどを伴う出産後すぐの妊娠線は、避けて施術する場合もあります。

避けなければいけない範囲が広いと、回数制限のあるプランでは1回の施術が無駄になってしまうので、まずはサロンやクリニックに確認しましょう。

疑問4. 脱毛すると妊娠しにくくなる?

光脱毛やレーザー脱毛の影響で妊娠しにくくなる、というウワサもあるようですが、根拠は全くありません。

何度もご説明しているとおり、光やレーザーは皮膚表面のごく浅い部分までしか届きませんし、体内を通過して内臓に何か影響を与えることもありません。

不妊との関係性もないので、安心して受けてください。

まとめ

妊娠中に脱毛の施術を受けることは、冷えやお腹の張り、乾燥などを引き起こすうえ、脱毛効果も低く良いことがありません。

そして何より、「何かあったらどうしよう」と不安を抱えながら施術を受けることは、妊婦さんの精神衛生上おすすめできません。

脱毛は出産後、体調が落ち着いてから行うのがベストです。どうしてもという場合は、電気シェーバーなど安全な方法で行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加