脱毛サロンの脇脱毛でワキガに治る?それともなってしまうのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛サロンで脇脱毛をするとワキガが治る、逆にワキガになってしまう、この両極端のウワサはいったいどこからきているのでしょうか。

どちらにせよ、現在ワキガで悩んでいる方や、これから脇脱毛をしようと思っている方にとっては、とても気になる問題ですね。

そこで今回は、この2つの噂について詳しく解説していきます。

そもそもワキガって何?原因は?

ワキガは、正式には腋臭(えきしゅう)といい、独特の脇汗臭がする症状です。

ではなぜワキガが発症するのか、まずはその原因から見ていきましょう。

ワキガはアポクリン腺が原因

私たちの体には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2種類の汗腺があります。

エクリン腺は全身にある汗腺で、ここから出る汗は99%が水分。残りの1%は塩分や尿素です。エクリン腺から出る汗は、主に体温調節の役割をしています。

一方、アポクリン腺は、ワキの下・外耳道(耳の中)・乳輪・へそ・陰部・肛門など、限られた部位にある汗腺で、タンパク質・脂質・糖質・鉄分・アンモニアを多く含む、ベタベタとした濃度の高い汗を出します。

もともと、アポクリン腺から分泌される汗自体にニオイはありませんが、皮脂や垢などと混ざり合い、肌に住む常在菌に分解されることで、あの独特のニオイが発生するのです。

エクリン腺から分泌される汗の成分のほとんどが水なのに対し、アポクリン腺には雑菌のエサとなる成分が豊富に含まれていることが、ニオイの原因です。

ワキガは多汗症とは違う

脇に大量の汗をかく人の中には、「自分はワキガなのではないか?」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、汗が異常に多い場合は、ワキガではなく多汗症の可能性があります。

多汗症は全身に汗をかく「全身性多汗症」と、手のひら、足の裏、脇の下、顔などにかく「局所性多汗症」の2種類があります。

多汗症の汗はアポクリン腺ではなく、エクリン腺から出ます。放っておけば雑菌が繁殖して臭いますが、ワキガ独特の腐敗臭とは異なります。

また、多汗症は、極度の緊張などによる精神的発汗が原因であることが多いようです。

ワキガと多汗症の違い

ワキガ 多汗症
汗腺の種類 アポクリン腺 エクリン腺
原因 遺伝(アポクリン腺の数) 極度の緊張など精神的なもの
発生部位 おもに脇 全身または局所
ニオイの特徴 ツンとした腐臭 ムッとした汗臭いニオイ

ワキガのニオイはフェロモン!?

エクリン腺から出る汗は、体温調節の働きをしています。では、アポクリン腺から出る汗は、どんな働きをしているのでしょうか。

その昔、人間はニオイで敵か仲間かを識別したり、フェロモンと呼ばれる特殊なニオイを出すことで異性を引きつけ、種を繁栄させたりしてきました。

そのニオイを出しているのがアポクリン腺です。つまり、アポクリン腺の働きは、ニオイを作り出すこと自体にあったと考えられています。

人類の進化により、現在はニオイでの識別やフェロモンとしての役割を果たすことはなくなりました。

それどころか、多くの人にとってワキガは、不快なニオイ、悩みの種となってしまいました。

ワキガ臭のする人としない人がいるのはなぜ?

誰にでもあるアポクリン腺ですが、人によって数や大きさに違いがあります。

ワキガのニオイが強い人は、アポクリン腺の数が多く、一つひとつの粒が大きい傾向があります。

これは、生まれつきの体質によるもので、遺伝によるところが大きいです。

両親ともにワキガの場合は約80%、片方の親の場合は約50%が子どもに遺伝すると言われています。

私ってワキガなの?分かりやすいワキガの判断方法

人間は、長い時間同じニオイを嗅いでいると鼻が慣れるため、自分がワキガだと気がつかない場合があります。

反対に、ニオイに敏感な人や汗っかきの人の場合、自分はワキガなんじゃないかと過剰に心配してしまうこともあります。

そこで、ここではワキガの人の傾向や判断方法をご紹介します。

当てはまるからと言って必ずワキガだということではありませんが、身に覚えのある項目が多いほどワキガである可能性が高くなります。

  • 両親またはどちらかの親がワキガ
  • 耳垢が湿っている
  • 脇毛や胸毛などの体毛が濃い
  • 脇の下に黒ずみがある
  • 脇に黄色い汗染みができる

脱毛サロンの脇脱毛を受けてワキガが治った、改善したと言われる理由

”脱毛サロンの脇脱毛を受けるとワキガが治る”という脇脱毛経験者の口コミを目にし、「ワキガとムダ毛の悩みが一度で解消できるなら、ぜひ受けたい!」と思っている方もいるかもしれません。

なぜ、このようなことが言われるようになったのでしょうか。

照射の光がアポクリン腺にダメージを与えるから?

脱毛サロンの脱毛方法は、毛根の黒いメラニン色素に反応する光を当てることで、毛母細胞や毛乳頭にダメージを与え、毛が生えないようにするという方法です。

この脱毛の際に使用する光が、ワキガの原因であるアポクリン腺にもある程度のダメージを与え、ニオイの軽減が期待できると考えられているようです。

ただし、この説には科学的な根拠はないので、わき脱毛を受けることでワキガが治るというのには、別の理由がありそうです。

脱毛することでワキガの原因である雑菌が繁殖しにくくなる効果がある

ワキガのニオイを発生させる原因である皮膚の常在菌は、毛根周辺に多く住んでいます。

そのため、ワキ毛があると汗が毛にからみつき、蒸れて菌が繁殖しやすい環境になるのです。

逆に、脱毛をしてムダ毛がなくなると通気性がよくなるため、アポクリン汗腺から出る汗を分解する常在菌が繁殖しにくくなります。

ニオイの元となる材料が揃わなければ、ワキガ臭は発生しないわけですから、脱毛をして雑菌が繁殖しにくい環境を作ることは、ワキガ臭の予防に一定の効果が期待できます。

脱毛サロンで脇脱毛を受けたからといって、完全にワキガを治すことはできませんが、ニオイを軽減する効果は十分に期待できそうです。

エステサロンの脇脱毛を受けてワキガになった、悪化したと言われる理由

一方で、エステサロンで脇脱毛を受けると、ワキガになるという情報も耳にします。そんな話を聞くと、サロンで脱毛しようと考えている方は心配になってしまいますよね。

しかし、これは全く根拠のない話です。では、なぜそのように言われるようになったのでしょう。

①ワキ毛がないことで汗を感じやすくなるから

まず考えられるのが、ワキ毛がなくなったことで脇を伝わる汗を自分で感じやすくなるという理由です。

実際は、脱毛したからといって脇汗の分泌量は変わりません。

しかし、体感的にたくさん出ているような気がして、臭いや汗染みが気になり、精神的に不安になることによって本当に汗をかいてしまうのです。

これを「精神性発汗型の多汗症」といいます。

あせったときや、ドキドキしたとき、緊張したときなど、精神性発汗が原因で出る汗は、一度にたくさん出るうえ、濃度が高くベタベタとして乾きにくいという特徴があります。

そのため、ワキの常在菌が繁殖しやすい環境ができ、アポクリン腺から出た汗からニオイが発生してしまうという可能性が考えられます。こういったケースの場合、

ワキ汗をかいているのでは?という不安から脇に意識が集中する
  ↓
その結果、発汗量が増える。
  ↓
臭いや汗染みが気になる
  ↓
不安になってさらに汗をかく

といった悪循環になってしまいます。

②ワキ脱毛とワキガ臭の出るタイミングが一緒だったから

先ほどもご説明した通り、ワキガは体質によるものです。

産まれたときからアポクリン腺の数は決まっているため、脱毛をしたからといって、急にワキガ体質になることはありません。

では、なぜワキ脱毛をしたとたん、ワキガ臭が出るようになったかと言えば、2つ目に考えられるのは、「ワキ脱毛をした時期とワキガ臭の出るタイミングがたまたま一緒だった」ということです。

ワキガ体質の人が、実際にワキガを発症するタイミングには個人差があります。最も多いのは、アポクリン腺が活性化する第二次成長期の9~13歳頃です。

しかし、人によっては1人暮らしや仕事を始め、生活習慣や食生活が変わったタイミングや、妊娠を機に発症するということもあります。

また、軽度であったため気がつかなかったのが、脇脱毛をしたことで脇に意識が行くようになり、はじめてワキガだったことに気づいたという可能性も考えられます。

いずれにしても、ワキガの原因であるアポクリン汗腺は、脱毛が原因で数が増えたり、大きくなったりすることは決してないので、安心して脱毛サロンに通ってください。

カミソリやシェーバーの自己処理脱毛をするとワキガになる?

カミソリやシェーバーを使っての自己処理も、ワキガとは何の関係性もありません。

ただし、自己処理の際にワキ周辺の皮膚を傷つけてしまうと、傷口付近に細菌が繁殖し、ニオイの元ができやすい環境を作ってしまう可能性があります。

手間や仕上がりのキレイさ、衛生面などから考えても、ワキのムダ毛処理は脱毛サロンやクリニックにお任せするのがオススメですが、どうしても自己処理をする場合は、直接カミソリの刃があたって皮膚を傷つけてしまう心配のない、電気シェーバーがおすすめです。

クリニックの脱毛ならワキガにならないの?

くり返しになりますが、ワキガは産まれつきの体質です。

ですから、美容皮膚科やクリニックの医療レーザー脱毛が直接的な原因で、ワキガになることも治ることもありません。

ただし、エステ脱毛と同様、脇毛がなくなることで常在菌の繁殖が抑えられ、ニオイが軽減する可能性は期待できます。

ワキガがばれるのが恥ずかしくて脇脱毛が受けられない場合の対処方法

ワキのニオイが気になる人は、「エステティシャンに臭いと思われたらどうしよう」「ワキガが原因で施術を断れることはないの?」など心配なことも多いでしょう。

まず、サロン側がワキガを原因として施術を断ることはあり得ません。その点は心配しなくても大丈夫です。

また、サロンスタッフは、施術中マスクをしているため、ニオイには気づかれないことがほとんどです。

とは言え、やはり気になってしまうという方も多いでしょう。以下の方法を行うことで、ニオイの軽減ができるのでぜひお試しください。

サロンに行く前にシャワーを浴びる

睡眠中は、想像以上にたくさんの汗をかいています。

前日の夜にシャワーを浴びていたとしても、サロンに行く当日はおでかけ前にもシャワーを浴び、雑菌が繁殖する原因を取り除いておきましょう。

ただし、熱すぎるお湯は交感神経を刺激し、代謝が良くなり発汗が促されてしまいます。

シャワーの際は、無駄な汗をかかないよう、ぬるめのお湯を使用するのがポイントです。

除菌シートで拭く

出かける前や、サロンのトイレなど、タイミングをみてアルコール除菌シートやウエットティッシュで脇をさっと拭くのも効果的です。

サロンでは、施術を行う部屋に通されたあと、着替えをする間エステティシャンが一旦退室します。

施術直前に除菌シートで拭くことで、ニオイはかなり軽減できるでしょう。

パウダー入りシートや制汗剤はダメ!

脇を拭く際に、パウダー入りの汗拭きシートはNG。パウダーは毛穴をふさぐため、脱毛器の光が届きにくくなり、脱毛効果が下がってしまいます。同様の理由で、スプレータイプのパウダー入り制汗剤や、ワキガ対策クリームも施術前には使用できません。

万が一、ワキガになってしまった場合の対処方法

ワキガの人にとって、汗をかきやすい夏や、部屋を閉め切ることが多い冬は、ニオイに気づかれていないかとても気になることと思います。

ワキガを根治するためには、医療機関でのレーザー治療や注射、手術などが必要ですが、多くの方は汗対策をしたり、ケア商品を使用したりすることで、ワキガを上手に乗り切っています。

ここでは、ワキガが発症してしまった場合の対処方法をご紹介していきます。

ニオイを抑える

アポクリン腺自体は、なくすことができません。しかし、以下のような方法で雑菌の繁殖をしにくくし、ニオイのもとを作らないようにすることは可能です。

  • ワキ脱毛をして脇に汗がこもらないようにする
  • 除菌シートでこまめに汗をふく
  • デオドラント剤を使用する
  • 外出前にシャワーを浴びる
  • 消臭効果の高い「ニオイ対策石鹸」を使用する
  • 脇の風通しが良くなる、袖がふんわりしたラインの服を着る
  • 水がたまりやすいポリエステルではなく、綿など天然素材の服を着る

衣類にニオイがつかないようにする

衣類にニオイがしみついてしまうと、除菌シートなどで患部を拭いても、1日中臭ってしまいます。

ですから、殺菌消臭効果の高い消臭スプレーを衣類にかけておく、脇汗パットを使用し、こまめに取り換えるなどの方法で、ニオイがしみつかないような対策方法をとることが大切です。

その他の対処方法

アポクリン汗腺から出る汗は、ホルモンバランスと深い関係があります。

ホルモンバランスが乱れると、汗の分泌量が増えてニオイを発生させる可能性が高くなってしまいます。

ホルモンバランスを整えるためには、適度に運動をしたり、趣味の時間を過ごしたりしてストレスをためないこと、睡眠時間を十分にとることが大切です。

また、食生活においては、肉類やバターなど動物性タンパク質や脂質を取りすぎると、アポクリン汗腺の働きが活性化され、ワキガのニオイが強く出る傾向にあります。

ワキガが気になる方は、和食中心の食生活に切り替えることをおすすめします。

ワキガ治療と脱毛に関するQ&A

ワキガの治療には、ミラドライ、シェービング法、電気凝固法など多くの方法がありますが、代表的なのがボトックス注射と手術です。これらの治療と脱毛に関する疑問にお答えします。

ボトックス注射と脱毛は同時進行できる?

ボトックス注射というとアンチエイジングを想像する方も多いと思いますが、脇へのボトックス注射には、汗腺の活動を抑制することで汗を抑える「制汗効果」があります。

アポクリン腺からの汗が減るとニオイの原因菌の繁殖が減るため、ワキガのニオイが軽くなったり、なくなったりする効果が期待できます。

手術のように傷も残らず、気軽にできることから、ワキガに悩む方たちに人気の治療法です。

しかし、体内に薬剤を投与することから、人によっては腫れたり赤くなったりといった症状が出る場合もあるため、ボトックス後に脱毛を受ける際は2週間程度は間を空ける必要があります。

ただし、脱毛は2~3ヶ月おきに受けるのが一般的なので、並行して行うことは可能です。

同時進行したい場合は、医師に相談してみましょう。

ワキガの手術と脱毛はどっちを先にした方がいい?

これから、脱毛もワキガの手術も両方したいと考えているならば、手術を先に行いましょう。

ワキガの原因であるアポクリン腺は、毛根を包む毛包部分に沿って存在するため、アポクリン腺の摘出手術を行えば、同時に毛包も除去されます。

そのため、ワキガの手術を行うと、多ければ70%ほどの毛が生えなくなります。

ワキガ手術を先に行い、術後しばらく様子を見てから、残った部分のみ脱毛するのがおすすめです。

まとめ

エステで脇脱毛をすることで、ワキガが治ることはありません。もちろん、脇脱毛が原因でワキガになることも決してありません。

ただし、脇脱毛をすることでワキを清潔にし、雑菌が繁殖しにくい状態にすることは可能です。

もしもワキガ体質だったとしても、アポクリン腺から出る汗を分解するための常在菌が少なければ、ニオイを抑えることができるからです。

そういった意味では、エステサロンの脇脱毛を受けることは、ワキガ対策として有効と考えられます。

一方で、ワキガの手術を行えば、同時に脱毛効果を得られることは確かです。

ワキガとムダ毛の悩みを一気に解決したい場合は、1度美容外科などで無料カウンセリングを受けてみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加