ガムテープ脱毛によるムダ毛処理方法の危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛には、自宅で手軽できるものから、エステサロンやクリニックでの施術までさまざまな方法があります。

なかには驚くべき方法があり、その一つがガムテープ脱毛です。

みなさんのなかにも、”すね毛処理をガムテープでしたら、すごく抜けた”というネットの口コミを見かけたことがある方もいるかもしれません。

しかし、ガムテープ脱毛は、さまざまな肌トラブルを引き起こす可能性があるとても危険なムダ毛処理方法です。

今回は、そんなガムテープ脱毛の危険性や他のお手入れ方法との違いについて解説していきたいと思います。

ガムテープで脱毛する危険性やデメリット

ガムテープ脱毛は、得られるメリットよりも危険性やデメリットの方がはるかに大きい方法です。どのような問題点があるのか見ていきましょう。

肌荒れなどのトラブルを起こすリスクが高い

実際にガムテープによる脱毛を試した方の口コミを見ると、

「皮膚がヒリヒリして赤くなった」
「毛穴に発疹ができた」
「肌が乾燥してヒビ割れた」
「内出血のあとが黒ずんでシミになった」

など、さまざまな皮膚トラブルを起こしていることが分かります。

これは、ガムテープを剥がす際に強い力で皮膚を引っ張ることで、毛穴に負担がかかり、さらに皮膚の表面にある角質まで剥ぎ取ってしまうことが原因です。

バリアの働きをしている角質が剥がれたり損傷を受けたりすることで、具体的には、以下のような肌トラブルが起こる可能性が高くなります。

埋没毛

埋没毛は、毛が皮膚の表面に出られなくなり、皮膚の下で育ってしまう症状。

ガムテープによって傷ついた皮膚を修復するために毛穴がカサブタで覆われたり、ダメージから肌を守ろうとして角質層が硬くなったりすることが原因です。

埋没毛がたくさんできると、剃り残しがあるように見えますし、無理やりピンセットなどで毛をほじり出すと、毛穴が傷ついてさらに埋没毛ができやすくなります。

※参考⇒脱毛後に埋没毛となる原因とならないための予防対策

毛嚢炎

皮膚には、普段からブドウ球菌などの常在菌が住んでいます。

普段は悪さをしない菌ですが、ガムテープ脱毛により角質が剥がされ、皮膚のバリア機能が弱くなると、毛穴から入り込んで毛嚢炎(毛包炎)を引き起こすことがあります。

毛嚢炎とは、ニキビのような赤いブツブツで、軽い場合は痛みもかゆみもなく、自然に治ることがほとんどです。

しかし、頻繁にガムテープ脱毛などの肌に負担のかかる自己処理を行うと、悪化して痛みや膿をもつこともあります。

この場合は、抗菌剤やステロイド剤での治療が必要になります。

※参考⇒脱毛後に毛嚢炎となる原因と治し方

色素沈着

肌はダメージを受けると、表皮の基底層という部分にあるメラノサイトで、黒色のメラニン色素を作り出します。

メラニン色素を含む表皮細胞はバリアを形成し、刺激から肌細胞を守る役割をしているのです。

通常、メラニン色素は肌のターンオーバーによって排出されます。しかし、過剰に生成されると、排出しきれずに色素沈着してしまいます。

色素沈着というと日焼けでできるシミを思い出す人が多いかと思いますが、ガムテープ脱毛などの肌への強い刺激もメラニン色素を過剰に作り出す大きな原因となっているのです。

きれいに抜けない

ガムテープは粘着力がありますが、実はくっついているのは毛の先端だけ。

ワックスのようにムダ毛全体が粘着剤によって包まれるわけではないため、一度で全ての毛が抜けることはありません。

そのため、ツルツルに脱毛するためには、”貼って剥がす”を何度も行う必要があります。

また、毛の根元までしっかり粘着していない状態でガムテープを剥がすことで、毛先だけちぎれることも多く、きれいに処理することは難しいでしょう。

とにかく痛い

ガムテープにくっつくのは毛の先端だけと言いましたが、このことによって起こるもう1つのデメリットが痛みです。

毛抜きを使ったことがある人はお分かりかと思いますが、毛は根元をつかむとスムーズに抜け痛みもあまり感じません。

しかし、毛先をつかんで引っ張るととっても痛いですよね。しかもガムテープの場合、痛い思いをしたのに抜けないことも多々あります。

これを広範囲に行うとなると、まさに罰ゲームです。

ガムテープで脱毛するメリットはあるのか?

ガムテープで脱毛することのメリットは、以下の2つです。

お金がかからない

ガムテープは、ひと巻100~200円ほどで買えます。

脱毛サロンやクリニックに通う金銭的余裕がない、シェーバーなどの脱毛ケア用品にお金をかけたくない、という人には、コスパの良いガムテープは適しているかもしれません。

手軽にムダ毛処理ができる

ガムテープは、貼って剥がすだけ。準備がいらず、手間もかからず、抜けた毛はガムテープごと捨てれば良いので後かたづけも簡単です。

また、コンビニやスーパーなどどこでも手に入るので、思い立ったときにすぐにムダ毛処理ができます。

脱毛テープやブラジリアンワックスってガムテープと同じじゃないの?

粘着性のあるテープやシートをムダ毛部分に貼って毛を抜く脱毛テープやブラジリアンワックス。

「それって結局、ガムテープと同じじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんね。

しかし、大きな違いは、脱毛テープやブラジリアンワックスは、肌への使用を目的として作られていること。一方のガムテープは、梱包が主な目的です。

例えば、脱毛テープは毛に密着しやすく、皮膚にはつきにくい性質があります。

粘着部分にはハーブエキスや海藻エキスなど、肌を保護する成分が配合されているため、ガムテープよりははるかに安全性が高いでしょう。

また、欧米などの海外で人気があり、最近は日本でも専門サロンができるほど知名度が上がってきたブラジリアンワックスは、基本的にハチミツや砂糖などの天然成分から作られています。

粘度の高い液状でムダ毛全体にしっかり絡むため、ガムテープとは違い、毛を根元から抜くことができます。

肌へのやさしさについて考えられているか、毛が抜けやすい仕組みになっているか、という2点において、ガムテープとムダ毛処理用の商品では大きな差があります。

どうしても脱毛しないといけない場合、ガムテープ脱毛が可能な部位

ご説明してきたとおり、ガムテープでの脱毛は肌にとって危険であり、決しておすすめできる方法ではありません。

しかし、例えば旅行先などで他に脱毛方法がなく「どうしてもいますぐ脱毛しないといけない」という時に、自己責任で行うという前提で”ここならばOK”という部位をご紹介します。

すね毛や腕毛

体の中でも比較的皮膚の丈夫な脚や腕。脱毛テープでの処理が可能な部分なので、できないことはありません。

ただし、毛が太く濃いほど強い痛みが伴いますし、痛いということは肌へのダメージも大きいということです。使用は必要最低限にとどめ、しっかり保湿ケアをしましょう。

男性の胸毛

胸の皮膚も、脚や腕と同程度の厚さがあります。

毛量が少なければ、一度でキレイに処理できることができるので、肌への負担も最小限に抑えられるでしょう。

ガムテープによる脱毛が特に危険な部位

絶対にガムテープ脱毛をすべきでないのは、以下の部位です。

女性の顔

顔は人間の身体の中で、最も角質層が薄い部分の一つです。

メイク落としや洗顔の際にも、”あまり強くこすってはいけない”と気を使う部分なのに、粘着力の強いガムテープでの脱毛など論外です。

赤みやヒリヒリ感だけでなく、色素沈着の原因にもなるので絶対にやめましょう。

男性の髭部分

顔に使用してはいけない理由は女性と同じですが、男性の顔にはもう1つガムテープ脱毛をおすすめできない理由があります。

それは、男性の髭はとても太く濃いため、他の部分にも増して痛みが強いということ。

そして何より、髭は体毛に比べて毛根が深い部分にあるので、ガムテープではほとんど抜けません。

脇毛や陰毛

脇やVIOラインも皮膚がとても薄い部位です。それに加えて毛も太いため、強い痛みをともない、肌へのダメージも非常に大きいものとなります。

また、脇毛や陰毛は毛の生える向きが一定ではないことから、全ての毛を流れに逆らって抜くということができません。

そのため、抜けムラができやすく、きれいに仕上げるためには何度も行わなければなりません。

ガムテープによる脱毛とその他の自己処理方法との比較

ガムテープを使った脱毛が肌にとって危険であることは述べてきたとおりですが、その他の脱毛・除毛アイテムはどうでしょうか。

それぞれの特徴やガムテープ脱毛との違いについて見ていきましょう。

カミソリ

安価で手軽なことから、ムダ毛を気にし始める中高生から大人まで、愛用者が多いカミソリ。

T字やI字などの形状の違い、1枚刃や3枚刃などの刃の枚数の違い、産毛用、デリケートゾーン用などの使用部位の違い、また男性用と女性用などさまざまな種類があり、用途や好みによって使い分けることができます。

しかし、カミソリは、毛だけではなく肌表面にある角質層も削ってしまうことから、非常に肌ダメージが大きいムダ毛処理アイテムでもあります。

トラブルを防ぐためには、入浴や蒸しタオルを当てることで毛をやわらかくする、刃の滑りが良くなるシェービングフォームやジェルを使用するなどの対策を取ることが大切です。

毛抜き

広い範囲の毛をいっぺんに処理するガムテープや脱毛テープ、ワックスに対し、1本ずつ抜く毛抜きは、形をデザインしたい髭や、1本単位で整えたい眉毛の処理に適しています。

デメリットとしては、時間がかかるため脚や腕などの広い範囲には向いていないこと、また毛穴や肌への負担が大きいことがあげられます。

できるだけ負担を軽減するには、脱毛前に肌を温めるのが効果的です。毛穴が開いて毛がスムーズに抜けるため、毛穴へのダメージが少なく、痛みも感じにくくなります。

電気シェーバー

カミソリと違って刃が直接肌に当たらないため、肌荒れを起こすリスクが少ない電気シェーバー。

最近は、乾いた肌に使用するドライ剃りだけでなく、事前にシェービングジェルやクリームを塗るウェット剃り対応の機種もあります。

カミソリほど深剃りできないのが難点ですが、どの自己処理法よりも安全にムダ毛のお手入れができます。

除毛剤

除毛クリームや除毛フォームは、「チオグリコール酸カルシウム」という酸性の成分で毛を分解するムダ毛処理アイテムです。

メリットは、毛の根元から除毛できるため、カミソリやシェーバーよりも毛のない状態が長持ちすること、毛の断面が鋭利にならないため、生えたてがチクチクしないことがあげられます。

ただし、薬剤が肌に合わないと赤みが出たり腫れたりすることもあるので、敏感肌の人にはあまりおすすめできません。また、使用できる部位は脚、腕、脇などに限られます。

ガムテープによる脱毛のやり方

まず、粘着力が強いガムテープを用意します。紙製よりも布製がおすすめです。

ムダ毛処理したい部位を洗い、肌の汚れや皮脂を取り除いたあと、水分が残らないようよく拭きます。

ガムテープをムダ毛部分に貼り付け、粘着面がなじむようしっかりと押さえたら、毛の流れと反対方向に一気に剥がします。

うまく抜くポイントは以下の3つです。

  • 布製のガムテープを使う
  • 脱毛前に肌を洗って汚れや皮脂を落とす
  • 毛の流れに逆らって一気に剥がす

乳液やクリームを塗ると、粘着力が弱まって毛が抜けないので、何も塗らない乾いた肌で行います。

反対に、脱毛後はクリームなどでしっかりと保湿ケアをしないと、肌トラブルを起こすリスクが高くなるので注意が必要です。

まとめ

「体毛が濃くてムダ毛対策グッズの購入にお金がかかる」
「家にあるもので手軽に脱毛したい」

そんな方にとって、価格が安くどこのご家庭にもあるガムテープでの脱毛は便利かもしれません。

しかし、ご紹介してきたとおり、ガムテープ脱毛は、赤みやただれなどの炎症や、埋没毛、毛嚢炎などのトラブルが起こるリスクがとても高い方法です。

頻繁に行えば、美肌とはほど遠い状態になり、ひどい場合は何年も残る色素沈着ができるケースもあります。

多少お金がかかったとしても、ムダ毛処理の際は、ムダ毛専用のアイテムを使いましょう。

また、エステやクリニックでの脱毛も昔に比べ安価になりました。一度脱毛が完了すれば、半永久的な効果が得られるので、気になる方は検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週アクセスの多かった脱毛関連記事BEST3