エステ脱毛前に自分で行う事前処理方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛サロンでは、「施術前に自宅でムダ毛の事前処理をしてきてくださいね」と言われます。

でも、事前処理ってどうすればいいの?いつ、どれくらいの長さにすればいいの?と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、エステ脱毛前に行う自分で行う事前処理方法について、詳しく解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

エステ脱毛前に事前処理が必要な理由

「脱毛をしに行くのに、なぜ事前に処理する必要があるの?」「ムダ毛処理がいやでサロンに通うのに、毎回処理していくなんて面倒」そんなふうに思う人は多いと思います。

そこでまず、なぜエステ脱毛を受ける前に自分で事前処理をしなければならないのか、その理由を見ていきましょう。

光脱毛の効果を出すため

脱毛サロンでは、光脱毛という方法を導入しています。

肌に光を照射すると、毛根のメラニン色素に反応して熱に変わり、毛を作るもとである毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えるという方法です。

ところが、ムダ毛が伸びていると光がムダ毛の黒色に反応してしまい、毛根まで届かなくなることがあります。

せっかく施術を受けたのに脱毛効果が得られなかった、ということがないように、事前のムダ毛処理はとても重要なのです。

毛が長い状態だとヤケドや痛みのリスクがある

ムダ毛が伸びていると熱エネルギーが毛根部分に届かないというお話をしましたが、そのことで起こるもう一つのデメリットがあります。

それは、照射部分を火傷する危険性があること。

肌の表面に毛が伸びて長い状態だと、毛穴だけでなく毛に沿って広い範囲に熱エネルギーが行きわたってしまうため、皮膚が熱によるダメージを受けやすくなります。

具体的には、ヤケドのようにヒリヒリしたり赤みが出たり、照射の際の痛みが増したりする恐れがあります。

施術時間を短縮するため

脱毛サロンは、ジェル不要のマシンや照射範囲の広いマシンを導入するなどして、施術時間をできる限り短縮するよう努力しています。

シェービングを一人ひとりに行うとなると、とても時間がかかりますが、自己処理をしてきてもらえれば、施術時間は大幅に短縮できます。

施術時間が短くなれば、1日に施術を受けられる人の数が増えるので、サロンではより多くの予約を入れやすくなりますし、回転率を上げたり、シェービングにかかるサロンスタッフの人件費を抑えたりすることで、施術料金を低く設定することもできます。

お客さん側からしても、施術時間が短くなることで、予約が取りやすい、待ち時間が短い、低価格のサービスが受けられるなどの恩恵が受けられます。

自宅で自己処理を済ませてくることは、エステサロン側にとっても、受ける側にとってもメリットが大きいのです。

エステ脱毛前の事前処理のやり方

普段の自己処理は、カミソリ、毛抜き、ワックスなど人によってさまざまですよね。

なかには、脇は毛抜き、足はカミソリのように処理箇所によって使い分けている人もいるかもしれません。

ただ、エステ脱毛前の事前処理もいつも通りで良いのかというと、そうではありません。

エステ脱毛前の事前処理は電気シェーバーがおすすめ

実はほとんどの脱毛エステでは、事前処理に電気シェーバーを使うことをおすすめしています。

理由は、電気シェーバーは、肌に負担をかけたり、肌をあやまって傷つけるリスクが少なく、誰でも安全にムダ毛の処理ができるからです。

電気シェーバーとは、外刃と内刃の2種類の刃で構成される、電池式または充電式のシェーバーのこと。

外刃で挟んだ毛を内刃でカットすることで、鋭利な刃が直接刃に当たらず安全に自己処理ができます。

男性の髭剃りのような形のボディ用と、I字型のスティックタイプがあり、ボディ用は、足や腕、背中など広い範囲に、スティックタイプは小回りがきくため細かい部位の処理に適しています。

脱毛エステに通うなら1台は持っておきたい電気シェーバー

「電気シェーバーなんて持っていないし、脱毛のためだけに買うのはもったいない」という方もいるかもしれませんね。

でも、脱毛エステに通うなら電気シェーバーは1台あると本当に便利です。

脱毛は1~2回で終わるものではありません。少なくとも12~15回程度は通い、毎回自己処理は必要です。

電気シェーバーはカミソリと違い、事前にジェルやシェービングクリームなどを塗る手間も洗い流す手間もないので、処理がとても楽にできます。

また、高いイメージがあるかもしれませんが、余分な機能がついていないシンプルなタイプなら1,500~2,000円ほど。替刃式のT字カミソリとほとんど変わりありません。

サロンによっては、電気シェーバーを持参すれば、背中など自分では届かない部分のシェービングを手伝ってくれるというところもあります。

安いもので十分なので、ぜひ1台購入することをおすすめします。

エステ脱毛前の事前処理でやってはいけないムダ毛処理方法

エステ脱毛前に絶対にやってはいけない、できるだけ避けた方が良い事前処理方法を紹介します。

光脱毛の効果を下げるため毛抜きの自己処理はNG

光脱毛は、毛根周辺のメラニン色素に反応して熱を発生させ、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与える方法。

毛抜きで毛根ごと抜くと、光のターゲットがなくなるので、脱毛効果が得られなくなってしまいます。

また、毛抜きでの自己処理は、毛が皮膚の下に埋もれたまま伸びる「埋没毛」の原因になります。埋もれている毛は、光脱毛では処理できません。

以上の理由から、毛抜きだけでなく、脱毛テープ、ブラジリアンワックス、電動脱毛器など、抜くタイプのムダ毛処理方法はすべてNGです。

カミソリによる処理は肌への負担が大きい

自宅での自己処理というと、1番に思い浮かぶのはカミソリでのシェービングかもしれません。

たしかに、どこのご家庭にもあるものですし、広い部分が一気に剃れるため、処理が短時間で楽にできます。

しかし、カミソリは自己処理のなかでも、肌への負担が大きい方法の1つです。

見えにくい部分や届きにくい部位を無理に剃ることで、肌を切ってしまう危険もありますし、目には見えなくても、カミソリは毛と一緒に肌表面の角質層を削っています。

角質層にダメージを受けると、肌は外部刺激を受けやすくなります。そのため、光脱毛の熱に過剰に反応し、赤みや乾燥、肌トラブルなどが起こりやすくなってしまいます。

除毛クリームは直前に肌荒れが起こる可能性あり

除毛クリームは皮膚表面のムダ毛を除去する方法なので、エステ脱毛前の自己処理に用いても大丈夫なように思えます。

しかし、除毛クリームはアルカリ性の薬品で毛を溶かすという方法なので、使用後の肌は薬品によって肌荒れを起こす可能性があります。

肌トラブルの状態によっては施術ができない場合がありますし、肌がダメージを受けている状態で施術を受けると、さらなるトラブルを招いたり、施術中の痛みを強く感じたりといった心配もあります。

そのようなわけで、脱毛サロン前の自己処理として除毛クリームはおすすめできません。

エステ脱毛前の自己処理は何日前にすればいいの?

脱毛前の自己処理を何日前にするかの指示は、「前日か当日に」「2日前に」など、サロンごとに多少異なりますが、どのサロンでも施術日の前日に処理して問題が起こることは、まずないでしょう。

ただし、カミソリを使った場合、当日や前日ではダメージを受けた肌が回復しない恐れがあります。

その点、電気シェーバーなら、エステでの施術直前の処理にも使用するくらいですから、肌への負担を心配する必要はありません。

脱毛前の自己処理は、「前日に」「電気シェーバーで」行いましょう。

エステ脱毛前の自己処理は何ミリにすればいい?具体的な長さを知りたい

脱毛前の自己処理は、どれくらいきれいにしないといけないの?どれくらいからがNGなの?と疑問に思う人も多いことと思います。

たしかに、細い毛は、前日に処理すれば1日で目立つほど生えることはありませんが、脇やアンダーヘアなどの太く濃い毛は、処理の翌日には黒い点々が見えたり、少し毛が生えてきたりすることがありますよね。

脱毛サロンによって毛の長さの許容範囲は異なりますが、前日に処理して伸びた程度の長さでNGになることはありません。

点々が見える程度であれば全く問題ないですし、1ミリ程度であれば指摘されることはないでしょう。

ただし、2~3ミリまで伸びてしまうと剃り残しと判断されることもあるので、注意が必要です。

部位別で見るエステ脱毛前に自己処理をする際の注意点

自己処理する際には、部位別にいくつかの注意点があります。全身脱毛をする人は処理部分が多くてちょっと大変ですが、シェービング方法のコツをおさえて上手に処理してくださいね。

腕や足

腕や脚は皮膚が平らでシェーバーがあてやすく、処理しやすい部分だと思います。

ただ、意外に見逃しがちなのが、太ももの内側や裏側、二の腕の裏側など。毛が薄いので普段はあまり気がつきませんが、脱毛する際には、細い毛もうぶ毛も処理しなければいけません。

明るい場所で確認しながら、丁寧に剃りましょう。また、全身脱毛をする人は手足の指や甲も忘れないようにしてください。

ワキ

脇毛は腕や足と違い、毛の生えている方向が一定ではありません。色々な方向から生えているため、シェーバーの当て方を工夫しながら、剃り残しができないよう丁寧に処理しましょう。

胸やお腹

胸やお腹は、自己処理を経験したことがない人も多いと思います。

ほとんどが産毛なので、剃り残しができやすい部位の一つです。処理後は、自然光や蛍光灯の下で、剃り残しがないかよく確認するようにしてください。

背中・おしり・腰

手が届きにくく見にくい体のうしろ側は、自分一人で完璧に処理するのは難しいかもしれません。

そこで、脱毛サロンの多くは、基本的には自宅で自己処理をしてきてもらい、処理もれ部分は補助するという対応をとっています。

また、サロンによっては手の届かない部位に限り、有料または無料でシェービングをしてくれるところもあります。

サロンによって、対応が大きく異なる部分なので、事前に必ず確認しましょう。

デリケートゾーン/ハイジニーナ脱毛の場合

デリケートゾーンはVIOラインともいい、Vラインはショーツからはみ出る部分、Iラインは陰部の両サイド、Oラインは肛門周辺を言います。

そして、ハイジニーナとはVIOすべてを脱毛して無毛状態にすることを言います。それぞれについて、処理する際の注意点を見ていきましょう。

Vライン

Vラインの毛は長いので、いきなりシェーバーを使うと絡まってしまいます。最初にハサミで短くカットしてから、シェーバーで剃りましょう。

また、Vラインは全部なくしたい人(ハイジニーナ)もいれば、逆三角形やオーバル、四角など理想の形がある人もいると思います。

理想の形がある場合は、全身が映る鏡でバランスを確認しながら少しずつ整えていきましょう。

その際、ヘッドの大きいシェーバーは小回りがきかず、細かい処理ができないので、フェイス用電気シェーバーやデリケートゾーン用のスティックタイプのシェーバーがおすすめです。

Iライン

IラインもVライン同様、長い毛はまずハサミでカットします。

Vラインのように立った状態では処理部分が見えないので、体育座りをし、足を左右に開いて、角度がつけられる鏡を前に置きます。

そして、見えやすいように鏡の角度を調節し、確認しながら慎重に剃っていきましょう。

もちろん使用するのは、電気シェーバーです。Iラインは粘膜に近いので、決してカミソリは使わないでください。

Oライン

処理前にハサミで短くカットすることは他の部分と同じですが、あまり奥の方までハサミを入れるのは危ないので、できる範囲にとどめておきます。

鏡を床に置いたら、またいで立ち、確認しながらシェーバーで剃っていきましょう。

OラインはVラインと違い、残す毛の形を気にする必要はないので、見えない部分は手で触り、毛のある部分は全て剃って大丈夫です。

顔の自己処理は、普段の顔剃りのように仕上がりの美しさ重視ではなく、脱毛効果を重視する剃り方が大切です。

ツルツルに仕上げるのならカミソリが1番ですが、脱毛前はそこまで深剃りする必要はありません。やはり、使用するのは電気シェーバーがベストです。

また、顔は産毛がほとんどなので、必ずしも前日の夜に処理しなくても大丈夫。

肌が弱い人はむしろ、肌状態が回復する期間を作るため、施術の2日前くらいに処理した方が良いでしょう。

事前処理を忘れたり剃り残しがあった場合はどうなるのか?

きれいに処理したつもりだったのに剃り残しがあったり、事前処理を忘れてサロンに行ってしまったりした場合はどうなるのでしょうか。

自己処理しないままではエステ脱毛を受けられない

自己処理が不十分、または自己処理を忘れた場合の対応は、サロンによってさまざまですが、共通して言えるのは、処理をしていない状態では施術は受けられないということ。

処理をしていない場合は、当日の施術がキャンセルになったり、その部分を避けての施術になることもあります。

背中やおしりといった手の届かない部分はどうすればいい?

背面部分は自分では見えにくいので剃り残しができやすく、体が硬い人はそもそも手が届かないこともあるでしょう。

こういった事情は、サロンでも当然分かっているので、手が届かない部位の剃り残しは無料で行ってくれることも少なくありません。

また、体の背面部位のみ、無料または有料でシェービングサービスを行っているサロンもあります。

デリケートゾーンの処理も自分でするの?

皮膚がやわらかく毛が太いデリケートゾーンも、自分で処理するのが苦手な人が多い部位です。

できればサロンでしてほしい、と思う人も多いかもしれませんが、VラインやIラインの補助をしてくれるサロンはほとんどありません。

比較的多いのは、ヒップ奥、つまりOライン部分の補助です。

剃り残しを無料で処理してくれるサロンもあれば、シェービング料金を払って処理してもらうサロンもあります。

剃り残しや事前処理を忘れた場合の脱毛サロン別の対応一覧

事前処理や剃り残しがあった場合の対応は、サロンによってそれぞれ異なります。そこで、人気サロンの対応をまとめてみました。

サロン名 対応
ミュゼプラチナム 剃り残し部分を避けて施術、または当日の施術不可/襟足・背中・ヒップ奥の剃り残しは補助あり
キレイモ うなじ・背中・ヒップ・Oラインのシェービングは無料
銀座カラー 「スペシャル価格コース」はシェービング1回につき3,000円/「プレミアムファストパスコース」は襟足・背中・腰・ヒップ・ヒップ奥はシェービング無料、他の部位は自己処理/両コースとも剃り残しがある場合はその部分を避けて施術
脱毛ラボ 剃り残し部分は有料でシェービング。顔・VIOを含むコースは1,000円、顔・VIOを含まないコースは1,500円
エピレ シェービングサービスはなし。剃り残し部分は避けて施術
ジェイエステティック 剃り残しがある場合は当日の施術ができない可能性あり
シースリー 背中など手が届かない部分の剃り残しは無料シェービング補助あり(ただし自宅から電動シェーバーを持参する)
エピレ 背中など手が届かない部分の剃り残しは無料シェービング補助あり(ただし自宅からI字型の電動シェーバーを持参する)
ストラッシュ 一部のプランを除きシェービング代金は無料
ディオーネ 剃り残し部分は無料でシェービング

まとめ

どの脱毛サロンでも、施術前のムダ毛処理は自分でしていくのが基本です。

剃り残しがあった場合、無料で処理してくれる親切なサロンもありますが、だからといって全く処理せずに行くことや、適当に処理していくのはマナー違反です。

面倒に思える脱毛前の処理ですが、大変なのは初めの数回だけ。

回数を重ねるごとに、毛量が減り毛質が細く薄くなって、手間がかからなくなるので、最初は頑張って丁寧に処理していきましょう。

どうしても自己処理が面倒、苦手という場合は、シェービングサービスが含まれている脱毛エステやコースを検討しても良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週アクセスの多かった脱毛関連記事BEST3