100名に聞いた!一番効果が高いと思うおすすめの太もも痩せ方法口コミアンケート調査結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実際に太もも痩せに成功した100名に、一番効果があった太もも痩せ方法について口コミアンケートをしました。

その結果を元に、どの方法が人気があるのか、効果があるのか、かかる費用など、いろいろな視点から詳しくまとめました。最後には効果的でおすすめの方法ベスト5も紹介しているので、参考にしてくださいね。

100名が選ぶ一番効果があった太もも痩せの方法口コミランキング

100名に聞いた太もも痩せ方法アンケート結果

効果があった太もも痩せ方法の調査結果

100名にアンケートを取って最も太もも痩せに効果があった方法を聞いたところ、18種類の方法があがりました。

TOP3は「セルフマッサージ」、「スクワット」そして「筋トレ」となり、この3種類が半分以上を占める結果となりました。

それぞれの方法を1番と感じた理由について、口コミ内容をもとにご紹介します。

1位 セルフマッサージ:22名

入浴中やお風呂上りにリンパの流れを意識したマッサージを行うことで「むくみが無くなって太もも痩せ効果を実感できた」という口コミが多くありました。

リンパマッサージ前の、雑巾を絞るようにするセルライトを潰すマッサージも人気です。

「今までウォーキングなど運動だけでは効果がなかったのに、セルフマッサージを組み合わせたら太ももが細くなった」など、他の方法を併せて行っていて、セルフマッサージのおかげで全体的に効果が高まったためセルフマッサージを一番に挙げたという意見も複数ありました。

2位 スクワット:20名

「様々な方法を試してきて、一番効果があって続けられたのがスクワット」という意見が目立ちました。筋肉がついて段々と引き締まり、太ももの間に隙間ができるなど、大きな見た目の変化が得られています。

ながら運動もOKで短時間でできる手軽さと、運動中に太ももに効いているのが実感できる点、負荷の調整が簡単で適度な疲労感と達成感が得られる点も魅力のようです。

3位 筋トレ:15名

寝る前や歯磨き中などに短時間で行う筋トレから、下半身の体幹トレーニングや専門のDVDを見て行う本格的な筋トレまで、内容は様々でした。

共通しているのは「しっかりと太ももに負荷をかけて継続的に行う」ように気を付けていることです。

スクワットよりも更に簡単で、いつでもどこでもでき、無理なく続けているうちに効果が現れることで票を集めた方法でした。

太ももまわりが最もサイズダウンできる方法はどれ?

太もも周りサイズダウンのアンケート結果

太ももまわりがもっともサイズダウンできる方法の調査結果

実際に100名の太ももまわりがどのくらいサイズダウンしたか、太もも痩せの方法ごとに平均値を出してみました。もっとも大幅に痩せた方法がジムの6cm減、最も痩せ幅が少ない登山でも2cm減と、どの方法であっても最低2cm以上は細くなることが分かります。

大幅にサイズダウンできた方法の特徴を見てみます。

5cm~6cm太ももが痩せた方法

大幅に痩せた方法は、-6cmの「ジム」、-5cmの「反復横跳び」・「水泳」・「自転車」となりました。各方法1名ずつの少数派のためデータに偏りがある可能性がありますが、続けられる人は大幅なサイズダウンが見込める方法のようです。

以下に各口コミを紹介します。

毎日欠かさずジムに行っています。食事制限ありで9キロの減量に成功しました。ウエスト、ふともも、ふくらはぎのサイズダウンにも成功しました。疲れの残らない軽い筋トレにより身体が引き締まり、長年溜まった脂肪を有酸素運動により燃焼することで、短期間で結果を出せました。(30代後半/女性)
反復横跳びです。スクワットやランニングは疲れからか長くは続きませんでしたが、反復横跳びは毎日楽にでき長続きします。継続しやすい反復横跳びだからこそ効果が現れたと思います。(20代後半/女性)
週に3回、約2,000メートル泳いでいます。徐々に体重が減少し、大根のような太ももはシャープな筋肉質の太ももに変わり、きれいな足になりました。水泳によるカロリー消費と筋肉への刺激が、余計に付いていた肉を削ぎ落としたのだと思います。(東京都/男性)
自転車をギア(負荷)はなるべく軽め1とか2を使い、AKBのヘビーローテーションに合わせたリズムくらいで漕ぎました。これを日常の通勤、買い物に行くときなどに実践しただけです。(愛知県/女性)

毎日~週3くらいと、皆さん高い頻度で行っているようです。誰にでも毎日できる方法とはいえませんが、毎日のように行える自分に合った方法を見つけられたため、大幅にサイズダウンできたと言えそうです。

4つの方法は、どれも有酸素運動という点も共通しています。脂肪燃焼効果と筋力アップにより、体重減少しつつ太ももをホッソリさせられる点が魅力ですね。

4cm~5cm未満太ももが痩せた方法

-4.9cmの「ランニング」、-4.1cmの「エステ」・「セルフマッサージ」と続きます。各4名・5名・22名が勧めているので、多くの人が取り入れやすく効果が期待できる方法と言えます。

ランニングと答えた人には「お尻と太ももの境界がぐっと引き締まった」「太ももの間に隙間ができた」など、数値的な減少以上に、見た目に変化が感じられたと答える人が目立ちました。ぜい肉が取れるのはもちろん、太ももに筋肉がついて引き締まり、シルエットが良くなるメリットもありそうです。

エステと答えた人には、太ももを太くしている原因のセルライトを落としたくて通い始め「確実に短期間に痩せられた」と答える人が多くいました。リンパマッサージや複数の痩身マシンを組み合わせた施術を受け、エステティシャンのアドバイスに従って半身浴なども取り入れることで、リバウンド無しの痩せやすい体質が手に入ったようです。

セルフマッサージには「むくみがとれた」「血行が良くなって足が軽くなった」といった口コミが多く、脂肪が減ったというよりはリンパマッサージによるむくみ解消で細い太ももを手に入れた人が目立ちました。マッサージするタイミングは「湯船につかりながら」派と「お風呂上り」派の2タイプに分かれました。

太もも痩せ方法を試した期間とサイズダウン量は関係ある?

太もも痩せにかかる期間のアンケート結果

太もも痩せ方法を試した期間とサイズダウン量の調査結果

なるべく早く太もも痩せをしたい人に朗報です。

100名の太もも痩せを行った期間とサイズダウン量の関係を調べたところ、1週間・2週間で-2.9cm、3週間で-2.8cm、1ヶ月で-3.3cm、2ヶ月で-3.4cmとなりました。

つまり、たった1週間太もも痩せを頑張れば、ほっそりした太ももが手に入る可能性があるということです。

太もも痩せを続けると3ヶ月くらいから更に細くなり、1年など長い期間続けることでより細い太ももがキープできることも分かりました。いくら頑張ってもこれ以上細くならないと悩む中だるみ期も、いずれもっと細くなると思えば頑張れそうですね。

短期間でのサイズダウンが期待できる太もも痩せ方法はどれ?

短期間での太もも痩せサイズダウンアンケート結果

短期間でのサイズダウンが期待できる太もも痩せ方法の調査結果

1週間~2週間で太もも痩せした16名の方法の詳細はこのようになりました。

2名以上が効果を実感できた、短期間で太もも痩せできる方法TOP3は「セルフマッサージ」・「筋トレ」・「スクワット」です。

セルフマッサージ:5名

皆さんに共通するのは、元々むくみがちで太ももの太さを気にしていたという点です。リンパマッサージでむくみが改善されて細くなったのでしょう。

毎晩、丁寧にリンパに沿ってマッサージすることで、早い人は3日目くらいから効果を感じはじめています。事前に写真をとっておいて見返すと、より細さが実感できてモチベーションが上がるようです。

筋トレ:4名

同じ方法でマッサージするセルフマッサージと違って、自重トレーニングや椅子を使った筋トレなど、内容がバラバラでした。

4名中2名が挙げていたのが足パカ運動です。「仰向けに寝転んで足を90度に上げてパカパカするだけ」という、お手軽な筋トレなので、ぜひ取り入れてみましょう。

スクワット:2名

アメリカを中心に流行した「30日スクワットチャレンジ 」を参考に2週間行い、効果を実感したようです。

「実際に本当にキツくて1ヶ月やり通せるなら誰でも美脚になれると思います。」というコメントがあるので、30日はやりきらずに2週間で挫折したのでしょうか。それでもたった2週間で3cmも太ももが細くなるなら、やる価値のある方法でしょう。

太もも痩せにかけている費用はいくら?

太もも痩せ方法にかけた費用アンケート結果

太もも痩せにかけている費用の調査結果

最も多かったのは全くお金をかけずに太ももを細くしているグループで、7割を超えました。続いて多かったのが5千円未満のグループで、内訳の多くはセルフマッサージ用のボディクリーム代やマッサージオイル代です。

1万円未満のグループは、ウォーキングやランニングのウェアやシューズ代、筋トレ用のDVD代など本格的なダイエットを始めるために費用をかけていました。5万円未満は自宅で効果的なケアができる家庭用マシンが増え、5万円を超えるグループはスポーツジム代とエステ代でした。ちなみに、最高金額はエステの100万円です。

純粋に全員がかけた費用の平均を計算すると18,697円となりましたが、一部の高額費用が全体を押し上げているため、この金額が太もも痩せの相場とは言えません。

無料から5千円未満の人が85%を占めるため、太もも痩せにかける金額はおおむね5千円未満と言えるでしょう。

おすすめの太もも痩せ方法ベスト5を紹介

ここまで見てきた結果をもとに、おすすめの太もも痩せ方法のベスト5を口コミと併せて紹介します。

5位 エステ

ダイエット効果を持続させるには継続する必要がありますが、1回でも効果を感じられて、サイズダウン量が-4.1cmと大きいエステが5位です。

リバウンドしない細い太ももを手に入れるために3ヶ月通った人が多く、平均して42万円ほどかけているため、潤沢に資金をかけられる人におすすめの方法です。

自己流でいくら頑張っても太ももの脂肪やセルライトは全く落ちませんでした。そこで思い切ってエステに行ってみたところ、リンパマッサージや複数の痩身マシンでの施術を受けて確実に短期間で脂肪やセルライトを落とすことができたので、やはりお金はかかるけれどプロにお願いするのが一番だと思いました。(福岡県 30代前半/女性)
エステサロンで脂肪細胞を減らす効果があると言われるキャビテーションというマシンをした翌朝、モデルのように太ももがスラッとしていてビックリしました。今では太ももで引っ掛かっていたデニムがブカブカになり、買い直さないと下がってくるようになりました。(埼玉県 20代後半/女性)

4位 ランニング

多くの人がおすすめしている方法の中では最もサイズダウン量が大きく、平均して-4.9cmの太もも痩せができているランニングが4位です。

ランニングシューズ代はかかってしまいますが、長く続けられる人も多く、代謝が上がって全身の痩身効果も得られる、おすすめの方法です。

走ることで自然と太ももに負荷をかけてたくさん動かせる上に、動かすという行為自体があまり面倒に感じなかったことから一番効果的だと思いました。太ももに筋肉がしっかり付き、単にぜい肉が取れて痩せるだけでなく引き締まってシルエットがよくなりました。(三重県 30代後半/女性)
ストレッチや半身浴はすぐに元にもどりました。それに比べてジョギングは、太ももの裏と内側に効きますし、骨盤や姿勢にもいいので、効果が持続します。おすすめは自分の足1つ分ほどに歩幅を抑え、ゆっくりと丁寧に小走りする方法です。20分ほど走るだけでお尻と太ももの境界がぐっと引き締まるのがわかります。(30代前半/女性)

3位 スクワット

多くの人がおすすめする太もも痩せ方法2位にランクインしていて、完全に0円でできるスクワットが3位です。

太ももが細くなったと感じるまでに最短でも2週間はかかり、多くの人は1ヶ月くらい経ってから実感できる、少し時間がかかる方法です。女性なら筋肉がつきすぎて逆に太くなる心配はほとんどないようですが、それでも心配な人は負荷のかけ方を調整しているようです。

サイズダウン平均が3.3cmと少なめなのは、途中で挫折してしまいがちなためのようです。続けることが出来れば、大きな効果が期待できます。

スクワットチャレンジを参考に一回50回ずつ朝と夜に計100回、足を広げてつま先を外に開いてスクワットをしていました。すもうスクワットは四股踏みをイメージして少し軽い気持ちで出来るし、内腿だけがすごく疲れるので内腿に負荷がかかっていることが実感できました。(岡山県 20代後半/女性)
お尻を突き出したスクワットを続けて1週間程で効果があるように感じました。「お尻を後ろに突き出した方が効果がある」というのをテレビで観てから実践するようになりました。他の方法だと長くは続かない私がスクワットだと回数を自分で決められて続けられました。(三重県/女性)

2位 筋トレ

多くの人がおすすめする方法TOP3に入っていて、サイズダウン平均が3.7cmの太ももの筋トレが2位です。

多くの人が1ヶ月以内に太ももが引き締まったと感じていて、基本的には無料でできます。色々なやり方がありますが、太ももの筋肉を意識して、しっかり負荷をかけて行うのがポイントです。

横になってできるので寝る前にもできるし、そんなにキツくない方法なので長期間続けられます。一緒に腹筋も鍛えられてぽっこりお腹が改善するし、更にお金もかからない方法なのでゆっくりじっくりやっていける人なら効果的だと思います。一日10分くらいを毎日続けていると意外と細くなりました。(20代前半/女性)
私の場合は内腿の隙間に憧れがあり、どうにかして作れないかと色々な方法を試してみました。一番効果があったのは、椅子に浅く座り、タウンページなどの厚みのあり少し重たいと感じる物を太ももの間に挟んでテレビを見たり、仕事をしたりという方法です。1週間すると少しずつではありますが、効果を感じられました。(東京都 30代前半/女性)

1位 セルフマッサージ

最も多くの人が効果があったと答えた太もも痩せ方法であり、平均して4cm以上のサイズダウンが期待できるセルフマッサージが1位です。

早い人は1週間で女性らしい細い太ももを手に入れています。

お風呂の中でマッサージを行う人の平均サイズダウンは3.8cm、湯上りにマッサージを行う人の平均サイズダウンは4.4cmでした。より大きい太もも痩せ効果を得たい場合は、専用のオイルやクリームを利用すると良いでしょう。

体温が上昇し、血流が良くなり、代謝が上がるお風呂の中で太ももをマッサージすれば、むくみも取れ老廃物も汗と一緒にどんどん排出されていくと思います。毎日続けることが大切であり、マッサージにより太ももにたまった脂肪や水分を徹底的に絞り出す感覚で行うと、自然と太ももの見た目もそれに答えてくれました。(広島県/男性)
スリミングオイルを毎日の入浴後に使用してオイルマッサージを行いました。太ももだけでなく足先から腿の付け根のリンパ節まで上下にマッサージしました。私はむくみがひどく立ち仕事をしているのでむくみ取りに効果のあるマッサージで太ももがサイズダウンしました。オイルにはアロマ効果や保湿効果があるので肌トラブルにも対応できて一石二鳥でした。(30代前半/女性)

番外編

今回ベスト5に選ばれなかった方法でも、太ももの部分痩せに成功した人たちがいます。

自分に合った、日常生活に取り入れられる方法を見つけられたのがポイントのようです。新しい太もも痩せ方法を見つける手助けになるかもしれないので、ここまでに紹介できていない方法を、口コミと共に紹介しておきます。

踏み台昇降運動:おすすめ人数5人

空き時間に自宅で片手間で行える点が人気の踏み台昇降運動。注意点は、足を高く上げて、しっかり負荷をかけるように気を付けることのようです。

お金をかけずに自宅で出来る有酸素運動を探して、踏み台昇降運動にいきつきました。20センチほどの高さの踏み台を作り、その踏み台の上り下りを毎日10分ほど繰り返しています。最初の頃は筋肉痛になります。ダンボールに雑誌などをつめれば踏み台の完成です。(新潟県 30代後半/男性)

エクササイズ:おすすめ人数5人

寝転がって片足ずつ上下させたり、筋トレで人気だった足パカダイエットを取り入れたり、脚をプルプルさせるなど、色々な体操を組み合わせてやっている人が目立ちました。ながらエクササイズをするのが、長続きするコツのようです。

脂肪は揺れると消費される(痩せられる)そうなので、プルプルとゆらしています。テレビを見ながら、寝る前に、授業中に、仕事の合間に…スキマ時間で出来るのも魅力です。特にオススメなのが、入浴中です!入浴中だと、水の抵抗もありいつも以上にプルプルと揺れ、3分もすれば効果を感じられます。(大阪府 20代後半/女性)

ウォーキング:おすすめ人数5人

買い物のついでに、通勤の行き帰りに、友達と2人でなど、普段の生活に上手にウォーキングを取り入れているようです。加圧ウェアを着てより効率的に部分痩せをした口コミもありました。

通勤の行き帰り、片道30分ほど歩くようにしてから、太ももをはじめダイエットに成功しました。特に速く歩くこともなく、ただ歩くだけなので簡単でしたが効果は目に見えてありました。 走るより歩く方が継続しやすく筋肉もつきすぎないので、脂肪が多い場合は効果的だと思います。(福岡県 30代後半/女性)

家庭用ダイエットマシン:おすすめ人数4人

1万円~3万円くらいのウォーキングマシンやEMSマシンなどを自宅で空き時間に使用したようです。マシン購入によりモチベーションがアップし、成功につながるようです。

EMSを太ももに付けているだけで筋肉を引き締めることができました。テレビを見ながらでもできるし、運動が苦手な私でも続けられました。今までは仕事と育児が忙しいのでダイエットは続きませんでした。でもEMSは他のことをしながらダイエットができるし、お金をかけていることでほどよいプレッシャーがあって成功させるぞという気持ちになりました。(京都府 30代後半/女性)

空中自転車こぎ:おすすめ人数3人

基本は足を上に上げて行う方法ですが、壁に手をついて片足ずつ回している人もいました。こぐ時間は10分間くらいが効果的なようです。完全に無料なのに家庭用ダイエットマシンと同程度の3.8cmのサイズダウンが見込める方法です。

布団の上でお尻から上をしっかり垂直に持ち上げて両手で腰をホールドして、空中自転車こぎをしています。これをすると重力がかかるため太ももの筋肉を思ったよりもよく使えます。毎日だいたい5分から10分続けるだけで太ももがどんどん引き締まってくるのがわかります。(女性 )

階段:おすすめ人数2人

エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使うだけの簡単な方法です。サイズダウンは少なめですが、それでも数か月続ければ2~3cmの減少が見込めます。

今まではマンションの5階まで、いつもエレベーターを使用していたのですが、それをやめて常に階段を使うことを心がけました。特に、階段を上るときはなるべく足を高く上げながら上るようにしました。はじめはきつかったけれど、しだいに慣れてきました。ももを高く上げることによって、ももの筋肉が引き締まり、サイズダウンすることができました。(神奈川県/女性)

家庭用マッサージマシン:おすすめ人数2人

エステと比べると効果が出るまでに2倍ほどの時間がかかり、効果は弱めのようですが、あまりお金をかけずにセルライトや脂肪の少ない太ももを手に入れられて満足度は高めでした。

今までサランラップを巻いたり、空気椅子をしたり、色々試しましたが効果がありませんでした。マッサージ機械を使用してマッサージをしたら、血流が良くなるのか、脂肪を燃やすのか、効果があり、びっくりしています!!(広島県 30代前半/女性)

ストレッチ:おすすめ人数2人

筋肉を柔らかくし、血流を良くすることで、下半身にたまった老廃物を流して太もも痩せにつなげたようです。 階段の上り下り同様サイズダウン量は少なめですが、短時間で楽にできる点がポイントです。

下半身がかなり太り気味の洋ナシ体形なので、血流の改善が重要だと思いました。とくに座りっぱなしで運動不足なので、太もも付け根あたりにあるリンパの流れも悪く、全体的に冷え性になってしまっていたので。 部分的に改善するよりも、全身の血流とリンパの流れを良くすることがまずは先決だと思います。(大阪府 40代前半/女性)

登山:おすすめ人数1人

太もも痩せのために登山をしているというよりは、登山したら太ももが痩せたという口コミでした。健康的でスレンダーな身体が手に入る趣味が見つかれば、一石二鳥ですね。

例えば食事制限などで体重を落とし、結果的に太ももが細くなっても健康的とは言えないと思います。 その点、登山で筋力を鍛え太ももが細くなれば、引き締まったラインでなにより健康的です。 登り、下りどちらも筋力を使います。自分の実力にあった場所を選び、安全重視は必要ですが、それを守れば楽しく続けられ、持久力も付き効果が得られます。(群馬県/女性)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク
スポンサーリンク