ヒト幹細胞化粧品の特徴や効果とデメリットまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幹細胞という言葉を聞いたことはありますか?皮膚などの失われた細胞を再び生みだす能力を持った細胞のことで、再生医療に使用されるなど注目を集めています。

その幹細胞培養液を配合した化粧品「ヒト幹細胞化粧品」は、今人気がでてきているコスメの一つです。

ここでは、ヒト幹細胞化粧品のメリットやデメリット、効果、料金などについてまとめてみました。

ヒト幹細胞化粧品の特徴

ヒト幹細胞化粧品の特徴についてまとめてみました。

まず、ヒト幹細胞化粧品といっても、化粧品の成分に幹細胞(ステムセル)そのものは含まれていません。

幹細胞を培養する際に分泌されるタンパク質や様々な種類のアミノ酸、成長因子などの有効成分が含まれる「幹細胞培養液(ステムセル培養液)」が配合されています。

幹細胞培養液は皮膚細胞を活性化させ、肌の再生能力を高めます。通常の化粧品よりもアンチエイジング効果や美肌効果が高いのが特徴です。

化粧品の中に使われている幹細胞培養液の種類

化粧品で主に使われる幹細胞の培養液はヒト由来を含め、大きく分けると3種類あります。

動物性由来の幹細胞培養液

動物性由来の幹細胞培養液は、羊のプラセンタ由来や幼羊の毛根にある幹細胞が使用されます。人間の皮膚細胞に近く、有効成分が肌に比較的馴染みやすいといえます。

しかし、危険性が低いとはいえ幹細胞摂取の元になる動物からのウィルス感染など安全面のリスクがあります。羊由来成分は他の動物から抽出する幹細胞よりも安全性が高く栄養が豊富なのが特徴です。

また、動物性由来の幹細胞培養液は皮膚が拒否反応を起こす可能性もあるので、敏感肌の人は特に注意が必要です。

植物性由来の幹細胞培養液

植物性由来の幹細胞培養液には、リンゴの幹細胞やアルガンツリーの芽から摂れる幹細胞などを使用します。

植物性由来の幹細胞化粧品は潤い機能や抗酸化作用が高めで、安全性にも優れています。しかし人間の細胞とは異なる幹細胞なので、ヒト由来に比べると効果は劣ります。リーズナブルなので毎日のスキンケアの一つとして利用するのがおすすめです。

ヒト由来の幹細胞培養液

ヒト由来の幹細胞化粧品によく使われているのが、ヒトの皮下脂肪や神経細胞、歯茎から摂取した幹細胞の培養液です。

ヒト脂肪由来幹細胞培養液には細胞そのものに働きかける成長因子が豊富に含まれていて、再生美容の分野でもよく用いられます。

厳しい審査を通過した培養液が使われ、肌内部環境を整えるたんぱく質が多く含まれているのが特徴です。

ヒト幹細胞化粧品の効果

ヒト幹細胞化粧品で得ることができる効果についてまとめてみました。

細胞を活性化させる効果が高い

人の細胞には、レセプターと呼ばれる特殊な形をしたカギ穴があります。そのカギ穴に適合する、リガンドと呼ばれる物質があてはまることで細胞が活性化します。

ヒト幹細胞由来には、そのリガンドと呼ばれる成長因子が動物性由来や植物性由来よりも豊富に含まれているため、細胞を活性化させる効果が高くなります。

アンチエイジングケアに適している

ヒト幹細胞化粧品には保湿に非常に効果が高いコラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸などが豊富に含まれるので、潤いを補給してシワやたるみを改善できます。

年齢を重ねるにつれて働かなくなってきた細胞の動きを活性化させ、肌本来の力を取り戻すこともできるため、アンチエイジング効果としてエイジングケアに適しています。

メラニンを抑制しての美白効果

再生美容効果が高いヒト脂肪由来幹細胞培養液が成分に入っている化粧品では、シミの原因となる物質の分泌を抑えメラニンを抑制するなど肌内部を活性化し再生する働きがあります。そのため、美白効果があるのでシミ対策にも有効です。

ヒト幹細胞化粧品のデメリット

ヒト幹細胞化粧品のデメリットについてまとめてみました。

コスメの価格が高い

ヒト由来幹細胞化粧品は、動物由来幹胞化粧品や植物由来幹細胞化粧品に比べコスメの価格が高くなります。割高になる理由として、ヒト幹細胞の培養液を抽出するには、安全性を確保するための過程や原料の確保など様々な要因があります。

ターンオーバー週期から効果が出るまでに時間がかかる

肌質の改善にはターンオーバー(肌の生まれ変わり)が関係しています。ターンオーバー周期には個人差があり、理想的な人だと28日周期です。

そのためヒト幹細胞化粧品を使い始めても、すぐには目に見える効果は期待できません。高額な化粧品なだけに、効果があるのか無いのか分からないまま使い続けるのには少し抵抗があるかもしれません。

培養液の安全面が不安

人から抽出される幹細胞培養液なので、ウイルスなどに感染していないのか気になるところですね。幹細胞の培養は最終工程までに何度も殺菌し、全数無菌検査を行い、合格した幹細胞のみ化粧品として製品になります。そのため安全面においては安心できるのではないでしょうか。

化粧品となればどこの培養液なのか分かりづらくなりますが、人から抽出されている成分だということを踏まえた上でヒト幹細胞化粧品を使うようにしましょう。

人気の高いおすすめヒト幹細胞化粧品

ヒト幹細胞化粧品の中で、最も人気が高いオススメのコスメ化粧品を紹介します。

HITOYURAI+30 リペアセラム(美容液)

特に美白に力を入れたい人にオススメなのが、サロンでも導入されている「HITOYURAI+30 リペアセラム」です。

リペアセラムに使われているヒト由来幹細胞は、神経細胞培養液です。神経細胞培養液はメラニン細胞の増殖を抑える働きが高いので、肌の美白効果が高いです。

皮膚の免疫力に効果的なたんぱく質も配合されていて、コラーゲンやエラスチンが通常の2.5倍生成し健康的な肌を作っています。その他、植物性由来のアミノ酸成分がシワ改善に効果を発揮します。

美容液だけでなく幹細胞培養液の化粧品を一式揃えたい人は、美容液2本、マスク3枚、化粧水、乳液、クリームのセットを49,800円で購入できます。

■使用方法
クレンジングや洗顔で顔の汚れを落とします。

HITOYURAIを1回1~3滴手にとり、おでこ・両頬・鼻・あごにのせ、顔全体になじませます。

化粧水やクリームで顔に水分と油分を与え保湿します。シワやたるみなどが気になる部分は重ね塗りします。

商品名 ヒトユライ セラム (美容液)
内容量 12ml
価格(税込) 12,960円送料無料

※使用期限:未開封で2年、開封後は冷蔵庫へ保存し約1年間です。

AKIKO HAS-β プレミアムエッセンスの公式サイトはこちら

AKIKO HAS-β プレミアムエッセンス(美容液)

2016年から消費者商品の安全性と品質を審査する機関「モンドセレクション」で2年連続で最高金賞を受賞しているのが「AKIKO HAS-β プレミアムエッセンス」です。

幹細胞美容液として導入されるアイテムですが、他にもメイク落としや洗顔料、マスク、UVミストなどの商品も開発されていてシリーズで利用できます。

「AKIKO HAS-β プレミアムエッセンス」は高度な先端テクノロジーによって幹細胞から抽出されたタンパク質の複合体HASを配合しており、お肌のハリやキメの細かさなどを保ち、アンチエイジングに効果を発揮します。

またスエヒロダケの菌種から抽出されたβグルカンは、ヒアルロン酸よりも高い保湿力と浸透力を発揮するので、肌内部から潤いを保つことができて乾燥肌も改善できます。比較的リーズナブルな点もポイントです。

商品名 AKIKO HAS-βプレミアムエッセンス
内容量 15ml
価格(税込) 9,612円送料無料

プレミアムエッセンスの公式サイトはこちら

ステム アクティブエッセンス(美容液)

WABIOの「ステム アクティブエッセンス」は美容液1本で1ヶ月使用できます。肌質に合わなかったり効果を実感できなかったりした場合は、お届けより30日以内であれば返金保証がついている点も魅力です。(※定期お届けプランで購入の場合に適用)

ヒト由来の幹細胞培養液を含んでおり、角質ケアから保湿、整肌、バリア機能の強化、肌内部のリズムを整える作用などが期待できます。

また保水成分として知られるヒアルロン酸の6倍もの保水機能を持つスイゼンジノリ多糖体も贅沢に配合しています。

国内生産で品質へのこだわりがあり、アルコール不使用、無香料、無着色、無鉱物油、無パラベンなので敏感肌の人も使用できる低刺激な化粧品です。

商品名 ステム アクティブエッセンス
内容量 20ml
通常価格(税込) 20,000円+送料800円
定期お届けプラン 18,000円送料無料
※30日間返金保証付

ステム アクティブエッセンスの公式サイトはこちら

ヒト幹細胞化粧品の平均料金相場

ヒト幹細胞化粧品の料金を以下の一覧表として比較してみました。

商品名 容量 価格
ヒトユライ セラム (美容液) 12ml 12,960円
AKIKO HAS-βプレミアムエッセンス 15ml 9,612円
ワビオ ステム アクティブエッセンス 20ml 20,000円
ディアガイア エイジレスナイトリペアエッセンス 20ml 12,000円+税
エクラトーキョー プレミアムエッセンス 30ml 16,200円
XLUXES プロケアリバーサーセラム 10ml 19,440円

有名なヒト幹細胞化粧品美容液の価格を一覧にしてみました。容量や美容成分の濃度などが異なるため一概には言えませんが、20mlほどの美容液の場合はおおむね1万円~2万円くらいが相場といえるでしょう。

まとめ

ヒト幹細胞化粧品は幹細胞自体の働きではなく、幹細胞の培養液に含まれている豊富な美容成分が美肌効果を高めていることが分かりました。

通常の化粧品よりもアンチエイジング効果や美白効果に優れています。しかし、1本あたりの価格が高いので金銭的な問題があったり、倫理的な観点からヒト幹細胞化粧品をなかなか利用し辛いと言うデメリットもあります。

ヒト幹細胞化粧品は1度使ってみたら良さが分かるので、まずは2~3ヶ月続けて使用してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週アクセスの多かったフェイシャルエステ関連記事BEST3


スポンサーリンク
スポンサーリンク