お風呂で出来る脚痩せダイエット方法について徹底調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お風呂で脚痩せダイエット

お風呂へ入浴中の時間を利用したダイエットは、予想以上に脚痩せ効果が出やすいって知っていましたか?

代表的なお風呂で行うダイエット方法には、高温反復浴、浴室でのエクササイズ、半身浴をしながらのマッサージなどがあります。

どのようにすれば効果的に脚痩せができるのか、徹底調査してみました。

お風呂の中で脚痩せダイエットをするための下準備

まずは、お風呂へ入る前に必要な下準備について解説していきます。

ダイエット方法に合わせた湯量や温度調整をする

ダイエット目的に合わせ湯船を準備しましょう。温度は湯温計を使って調整します。

高温反復浴なら40℃~43℃程度、中温反復浴なら39℃程度の、肩までつかれる量のお湯を張ります。

マッサージやエクササイズをするなら38℃程度のお湯を心臓より下の位置、半身浴ダイエットに適した高さまで入れましょう。

防水・防滴時計を準備する

高温反復浴や中温反復浴は時間を計って行います。

通常の時計をそのまま持ち込むと故障する可能性があるので、防水時計や防滴時計があると良いですね。防水スマホケースを使うのも手です。

防水スマホケースをわざわざ購入するのが手間な場合、100円ショップで購入できるジップロックの中にスマホを入れてることで簡易的な防水も可能です。

水分補給用の水を準備する

入浴は何もしなくても汗をかきます。41℃のお風呂に15分間入浴することで800mlもの汗をかくというデータもあります。

脚痩せダイエットを行うとさらに発汗量が増すので、入浴前だけでなく、入浴中も水分を摂取しましょう。

水分補給用の水や水素水などをあらかじめ浴室に準備してください。その際は、氷を入れて冷たくしたりせず、温度は常温のものを用意しましょう。

湯舟の出入りを繰り返す反復浴のダイエット方法

湯舟に出たり入ったりを繰り返す反復浴ダイエットの方法について解説していきます。

高温反復浴の方法

40℃~43℃程度の熱いお湯に入ったり出たりを繰り返す方法です。お湯につかるときは、肩までしっかり入りましょう。

  1. かけ湯します
  2. お湯に3分つかります
  3. 湯船から出て5分休憩します
  4. お湯に3分つかります
  5. 湯船から出て5分休憩します
  6. お湯に3分つかります

休憩時に脚に冷水をかけるとセルライトに効果があるといわれます。また、冷え性の方や身体が冷えている冬場は、初めの浸かる時間を5分に伸ばすとより効果的です。

※注意点:体に大きな負荷がかかるので、具合が悪くなったらすぐに中止してください。

高温反復浴の効果

脚のむくみ解消、引き締めのほか、脂肪燃焼や新陳代謝を促す効果もあります。

中温反復浴の方法

39℃程度のぬるめのお湯に入ったり出たりを繰り返す方法です。高温反復浴同様、肩までしっかり浸かりましょう。

  1. かけ湯します
  2. お湯に5分つかります
  3. 湯船から出て5分休憩します
  4. お湯に8分つかります
  5. 湯船から出て5分休憩します
  6. お湯に5分~8分つかります

中温反復浴の効果

血流やリンパの流れを促すため高温反復浴に準じた効果が得られるほか、20分のジョギングと同じくらいのカロリーを消費できると言われています。

高温反復浴と中温反復浴のどちらがいいのか?

どちらを選んでもダイエット効果はそこまで変わりません。なぜならば温度が高いと体が温まるのも早いですが、その分お風呂に入っている時間が自然と短くなります。

逆に温度が低いと体が温まるのは遅くても入っている時間はその分長くなるため、結局どちらを選んでもそこまで差がないということになります。

以上のことから、お風呂にゆっくりと浸かることが好きな方は温度が低い中温反復浴、熱いお風呂へ入るのが好みな方は高温反復浴がおすすめです。

ダイエットは一日や二日で効果が出るものではなく続けることが大事なので、自身がストレスを感じず楽しめるやり方を選んでいきましょう。

入浴中にできる太ももやふくらはぎの引締め効果があるエクササイズ

入浴中にできる太ももやふくらはぎ部分の引締め効果の高いエクササイズやマッサージのやり方について説明しています。

バタ足ダイエット

  1. 湯船で脚を伸ばします
  2. 脚の付け根から動かすように脚を上下にバタバタさせます

20回程度行いましょう。 お風呂が狭い場合は膝を曲げても大丈夫です。

バタ足ダイエットの効果

太もも・ふくらはぎ・ウエストの引き締め効果があります。足のむくみ解消にも良いので、慣れてきたら50回を目安に頑張ってみると、より大きな効果が得られます。

太ももダイエット法

1.お風呂の縁に腰かけて、脚はお湯につけます
2.両脚または片足ずつクルクルお湯をかき混ぜるように足を回します

20回を1セットとし、慣れてきたらセット数を増やしていきましょう。

太ももダイエット法の効果

湯船に浸からずにするエクササイズなので、体がのぼせるのを気にせずにできます。 主に太もも・ウエスト・お尻を引き締められ、姿勢を正しておこなえばより効果を得られます。

簡単脚痩せマッサージ

  1. 20分程度半身浴して身体を温めます
  2. 足の裏全体を揉みほぐします
  3. 足首を後ろからつかむようにして、5~6回膝裏までさすり上げます
  4. すねの側も下から上へさすりあげます
  5. 膝裏のくぼみを指で押します
  6. 膝裏から太ももの付け根に向かってさすりあげます

リンパの流れを意識してマッサージすると効果的です。

マッサージ効果

リンパの流れが促されて、老廃物の排出がスムーズになります。むくみの改善やセルライトの改善に効果的です。

脚痩せ効果を高められるお風呂グッズ

脚痩せグッズを使用することで痩身効果をさらに高めることができます。その中でも人気の高いおすすめグッズを紹介します。

防水機能の付いた家庭用美容機器の使用

防水機能が付いた家庭用美容機器を使用すれば、内側から脂肪をケアできます。 ハンドマッサージよりも効果が高いと言われているエステサロンの人気痩身ケア、RF(ラジオ波)やキャビテーションなどができる家庭用美容機器も販売されています。

ボニックプロ

おすすめの家庭用マッサージ機器は「ボニックプロ」です。
・特徴…ラジオ波、キャビテーション、EMSが1台ででき、コードレスタイプなので使いやすいです。
・効果…気になる部分に5分あてるだけで痩身効果を得られます。

ボニックプロの詳細はこちら

発汗作用のある入浴剤を入れる

入浴剤の成分に、重炭酸やカプサイシン(トウガラシ成分)が入ったものは発汗作用を高めます。発汗効果や血行促進効果によってデトックス効果も高まります。

バスクリン 薬湯すっきり発汗浴

発汗作用のあるおすすめの入浴剤は「バスクリン 薬湯すっきり発汗浴」です。

・特徴…10種類の食物エキスと生薬有効成分によって、身体を温め保湿します。
・効能…温浴作用によって発汗させ、疲労・疲れ・肩こりに効果があります。

薬湯すっきり発汗浴の詳細はこちら

お風呂専用着圧レギンスを履く

着圧レギンスと水圧によるダブルの加圧で下半身が締り、むくみが解消できます。アルファックスから販売している「お風呂de着圧 ふくらはぎシェイパー」は比較的手に入れやすく、口コミでも「伸縮性に優れていてよかった」など好評です。

お風呂de着圧 ふくらはぎシェイパー

お風呂で使用するおすすめの着圧レギンスは「お風呂de着圧 ふくらはぎシェイパー」です。

・特徴…速乾素材なので、水にぬれても気持ちよく使用できます。
・効果…気になるふくらはぎを絞るように加圧しすっきりさせます。

お風呂de着圧ふくらはぎシェイパーの詳細はこちら

お風呂の中で脚痩せダイエットをするのがNGなケース

お風呂の中で脚痩せダイエットをするのが危険なのでNGな方について説明しています。

妊娠中の方は足のむくみを取る程度で終わらせる

妊娠中は母体と胎児に負担がかかるので、エクササイズによる脚痩せダイエットはNGです。足のむくみをとるマッサージ程度にしておきましょう。

半身浴ダイエットをする際も、長時間にならないように注意してくださいね。

心臓が弱い方や高血圧の方はNG

特に高温反復浴は41℃前後の高い湯温の湯船に数回出入りを繰り返します。血圧の変動によって心臓や血管に負担をかけてしまい体調を悪くする恐れがあるので、避けましょう。

半身浴をしながらのエクササイズであったとしても、長時間は行わないようにしてくださいね。

飲酒後の入浴ダイエットはNG

飲酒後は肝臓がアルコールを分解する際に水を必要とするため、体内の水分が不足しています。入浴による発汗によって水分が失わると脱水症状を起こしやすくなります。

脱水症状はダイエット以外でも翌日の二日酔いにもつながりやすいため、お風呂につかるのではなく、軽いシャワーを浴びる程度にしておきましょう。

飲酒後はお風呂につかること自体がおすすめではありません。

貧血になりやすい方、のぼせやすい方はNG

体質的に貧血になりやすかったり、のぼせやすい方は、お風呂での脚痩せダイエットは止めておきましょう。湯船から出た際に、めまいや転倒などの思わぬ危険性があります。

湯船に浸かっているときには、水圧と湯温で血圧が上昇しています。 途中で気分が悪くなったりめまいが起こったりした時は中止しお風呂から出ましょう。

お風呂上がりにおすすめの脚痩せストレッチやエクササイズ

お風呂上りは代謝が上がった状態で身体が柔らかくなっているので、ストレッチやエクササイズの効果も高まっています。

脚痩せにおすすめのストレッチ方法について以下にまとめていきます。

太ももの裏とふくらはぎを柔らかくするストレッチ

太ももの裏とふくらはぎの凝り固まった筋肉にアプローチすることで、セルライト除去や脚痩せ効果が見込めます。

具体的な手順

STEP1:床に脚を伸ばして座り、脚を開く
STEP2:左足を曲げて、その足裏を右太もも裏に付け、右足のつま先は上を向ける
STEP3:右手で右足をつかみ、上半身を右脚につけるように倒し、20秒キープする
STEP4:左右の脚を入れ替えてSTEP1~STEP3の手順を繰り返す

脚パカエクササイズ

口コミ等で太ももがスリムになったと話題のエクササイズです。2週間で太もも周りのサイズが2㎝減ったとの報告もあり、即効性が期待できます。

具体的な手順

STEP1:仰向けに寝て、脚をまっすぐの状態のまま、床に対して垂直に上げる
STEP2:STEP1の状態で脚をパカパカと開閉するのを10回行う
STEP3:STEP2を3~5セット行う

弓ぞりエクササイズ

骨盤が広がっているとヒップの位置が下がり、太もももたるんで太くなってしまいます。
この骨盤の広がりを矯正するのがこの弓ぞりエクササイズです。

具体的な手順

STEP1:うつぶせに横になり、左右の膝とくるぶしをそれぞれ密着させた状態で、膝を曲げる
STEP2:両膝が離れないようにしたまま背中を限界まで反らせ、3秒キープ
STEP3:3秒経過したらフッと力を抜く
STEP4:STEP1~STEP3を5セット行う

入浴後のマッサージにスリミングジェルを併用することで脚痩せ効果アップ

入浴後のマッサージにむくみを取る成分や引締め効果の高い成分が多く含まれているスリミングジェルやスリミングクリームを併用することでさらなる脚痩せ効果を見込むことができます。

クリームの中には保湿成分も多く含まれているため、入浴後の乾燥を防げることから敏感肌や乾燥肌の方にもおすすめです。

※参考⇒ スリミングジェルとマッサージクリームの脚痩せ効果と副作用

結局、お風呂で出来る脚痩せダイエット方法で1番おすすめなのはどれ?

入浴によるダイエットには、大別すると「肩までつかる反復浴」と「半身浴をしながらのエクサイサイズやマッサージ」の二つの方法がありました。

20分間あたりの消費カロリーを比べた場合、高温反復浴は300kcal、半身浴ダイエットは56kcal程度と、高温反復浴の方がエネルギー消費は大きくなります。しかし、痩せたい部分のエクササイズやマッサージをプラスすることによって、半身浴ダイエットでは高い部分痩せ効果を得られます。

したがって、お風呂で出来る脚痩せダイエット方法で1番のおすすめは、半身浴中のエクササイズやマッサージの組み合わせになります。

ただ、のぼせやすい方には半身浴は向かないので、エクササイズやマッサージはお風呂を出た後に行うと良いでしょう。近い効果が得られます。

※参考⇒むくみ解消で脚やせダイエット!X脚O脚改善で更にメリハリ美脚!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク
スポンサーリンク