赤ちゃんの便秘解消方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ赤ちゃんが便秘になるのか?

赤ちゃんの便秘は、ママの母乳やミルク、離乳食など月齢によってその原因が違ってきます。そこで、赤ちゃんの月齢を新生児期・乳児期・離乳食期に分けて、便秘の原因を見ていきましょう。

新生児期の便秘

産まれてからしばらくの間、赤ちゃんは一日に何度もウンチをします。しかし、1ヶ月ほどすると徐々にウンチの間隔が空いていきます。

そのため、“赤ちゃんが便秘になったのでは?”と心配するママもいますがこの場合、単に排便のペースが変化したと考える方が良いでしょう。

まれにある新生児期の便秘の原因

  • 母乳育児の場合は『母乳不足による便秘』
  • ミルクを飲んでいる赤ちゃんの場合は『消化に時間がかかるために便秘が起こる』

ということが考えられます。

乳児期の便秘

乳児期の便秘は母乳不足している場合が多いです。母乳が足りているかは、体重がきちんと増加しているかどうかで判断することができます。

また、この時期の便秘は、母乳のもととなるママの食べ物に影響されることがあります。ママは、甘い物や脂質の多いものを摂りすぎず、和食中心で食物繊維が多く含まれた食事をすることが大切です。

さらに、赤ちゃんはたくさん汗をかくので水分不足が原因で便秘になることも少なくありません。

離乳食期の便秘

離乳食が始まると、赤ちゃんの食事内容や食べる量が便秘の原因になります。

原因として・・・

  • 食物繊維が不足
  • 水分不足
  • 食が細い
  • 便意が起こりづらい
  • ウンチが硬い

この頃の赤ちゃんは、ウンチが硬くても踏ん張って出すことができません。また、硬いウンチは出す際に痛みを感じるため赤ちゃんが嫌がってしたがらなくなることもあります。さらに、運動不足による便秘が起こるのもこの頃からです。

赤ちゃんが便秘のときの対処法は?

便秘になった原因によって対処方法は変わってきますが次のことを試してみて下さい。原因が分からない場合は、無理にせずかかり付けの小児科に相談してください。

新生児期・乳児期

●体重を量り母乳不足になっていないかを確認し足りなければミルクを足しましょう。
→水分が不足していることによる便秘に効果的です。

●大人用の綿棒の先をほぐしベビーオイルをたっぷり塗って肛門の中1~2cmのところを刺激しましょう(綿棒浣腸法)。
→腸の働きが活発になっている授乳30分後位が効果的です。

●腹ばいの姿勢にさせてみましょう。
→お腹を刺激することで便通を促すことができます。

離乳食期

●食物繊維の多い野菜や、ヨーグルトなど乳酸菌が入った離乳食を積極的に与えるようにしましょう。

●ハイハイやあんよができるようになった赤ちゃんには、追いかけっこやボール遊びなど身体を動かす遊びを沢山させましょう。そうすることで運動不足による便秘が解消されます。また、沢山動くことでお腹が空いて食事量が増えるとそれに伴いウンチの量も増えます。

●赤ちゃんにできるだけ規則正しい生活をさせましょう。食事・遊び・睡眠などの生活リズムを作ってあげることで便のリズムが整うことがあります。

赤ちゃんの便秘解消に役立つツボやマッサージ方法

「の」の字マッサージ

赤ちゃんを仰向けに寝かせ、おへそを中心に時計周りにゆっくりとマッサージします。ウンチの出る方向に腸を刺激することで排便を促します。便秘によりお腹が張っているときに効果的です。

おしりのツボ押し

赤ちゃんの肛門のすぐ上あたりを親指の腹でゆっくりと押します。強く押し過ぎないこと、爪で赤ちゃんの肌を傷つけないことに注意して行いましょう。反射的な排便を誘発する比較的即効性のある方法です。

ゆらゆらマッサージ

赤ちゃんの両脇に手を入れてしっかりと支え10回ほど左右にゆらゆらと揺らします。お腹の中に溜まったガスを排出する効果があります。

赤ちゃんの便秘が続いた時のリスク

便秘が続きウンチが硬くなると、排便する際に痛みが伴うことがあります。赤ちゃんは痛いとウンチをすることが嫌になりさらに便秘になるという悪循環が起こります。

そして、便秘の状態が長く続くと赤ちゃんは食欲がなくなってしまいます。そうなると、体重が増えなくなったり十分な栄養が摂れなくなったりする可能性が出てきます。便秘により赤ちゃんの食欲が落ちてくるようであれば早めに小児科を受診しましょう。

赤ちゃんが便秘の場合の病院や相談先はどこにすればいい?

新生児の場合

赤ちゃんを産んだ産院に相談することもできます。1ヶ月健診などのタイミングで聞くのも良いでしょう。

かかりつけの小児科がある場合

診察や問診により便秘の原因を特定することができれば、赤ちゃんに適切な対応をしてあげることができます。また、便秘の度合いがひどい場合、浣腸をして出すこともあるので1度相談してみましょう。

地域管轄の保健センター

保健センターの助産師さんや保健師さんに相談することもできます。病院よりずっと敷居が低いので小児科の先生には話しにくいことも気軽に相談できるでしょう。

赤ちゃんの便秘を防ぐための離乳食レシピ

赤ちゃんの便秘を防ぐためには、

1.便をやわらかくする食材(バナナ・人参・トマト・オレンジなど)
2.便のカサ(量)を増やす食材(豆類・海藻類・キノコ類など)
3.整腸作用がある食材(ヨーグルト・納豆・リンゴなど)

の3つをバランスよく取り入れた離乳食にすることが大切です。以下、便秘解消におすすめの離乳食レシピをご紹介します。

かぼちゃバナナヨーグルトレシピ

<材料>

  • かぼちゃ 適量
  • ばなな 適量
  • ヨーグルト(無糖) 適量

<作り方>
①かぼちゃをレンジで柔らかくなるまで加熱し、皮をとってマッシュする。
②よく熟したバナナをつぶす。
③器にかぼちゃ・バナナ・ヨーグルトをよそい、和えながら食べさせる。

海苔がゆ

<材料>

  • おかゆ 適量
  • 海苔 適量

<作り方>
①月齢に合わせた柔らかさのおかゆに海苔をちぎり入れ、軽く混ぜる
②レンジであたためたらできあがり。

納豆うどん

<材料>

  • うどん 適量
  • だし汁 適量
  • ひきわり納豆 適量

<作り方>
①月齢に合わせた長さに切ったうどんを、だし汁で柔らかくなるまで煮る。
②器にうどんを汁ごと入れ、ひきわり納豆をのせたらできあがり。

あったら役立つ赤ちゃん便秘解消グッズ

大人用綿棒

綿棒浣腸をする際に使います。赤ちゃん用綿棒は細すぎて刺激が感じにくいため、大人用の綿棒を使用しましょう。

ベビーオイル

お腹やおしりのマッサージをしてあげる時に使います。滑りがよくなるため、マッサージの際に赤ちゃんの肌への負担が軽減されます。冷たいとビックリしてしまうので、手の平で温めてから使用しましょう。

上からつりさげるおもちゃ

ねんね期の赤ちゃんにおすすめです。仰向けで寝ている際、上にメリーなどの動くおもちゃがあると赤ちゃんは触ったり蹴ったりしようとして手足をバタバタと動かします。あまり動くことができないねんね期の赤ちゃんにとって身体全体を動かすとてもいい運動になります。

オリゴ糖

便秘には食物繊維が効果的なのはよく知られていますが、オリゴ糖も同様に便秘に効果があります。オリゴ糖はビフィズス菌のえさとなり腸内環境を整えてくれるのです。オリゴ糖は母乳やミルクに多く含まれていますが、離乳食が始まると不足して便秘になってしまうこともあります。

大人だけでなく赤ちゃんにも安心して与えられる粉末状のオリゴ糖が販売されていますので、どうしても赤ちゃんの便秘を解消してあげたいときには利用してみてはいかがでしょうか。

>>赤ちゃんにもおすすめ!カイテキオリゴの公式サイトはこちら

水分不足が原因の赤ちゃんの便秘には白湯も効果的なので、カイテキオリゴを白湯に混ぜて飲ませてみましょう。お風呂上がりでのどが渇いているときには飲ませやすいようです。

まとめ

以上、赤ちゃんの便秘解消方法について調べてきましたがいかがでしたか。

赤ちゃんの身体は未熟なため、ちょっとしたことがきっかけで便秘になってしまうことがあります。そして、赤ちゃんは便秘になってもママに伝えることができないので、知らないうちに悪化したり、慢性化したりすることもあるのです。

ですからママは、普段から赤ちゃんの様子をよく観察し、便秘の兆候が見られたら早めに対処してあげることが大切です。

初期の便秘であれば、水分の量や離乳食の内容に気をつけたり、マッサージをしてあげたりすることで簡単に解消できることがほとんどです。

ただし、自宅で解消できなくて分からないことがあれば、遠慮なく小児科や保健センターに相談しましょう。このレポートが、頑張っている新米ママのお役に少しでもたてれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク
スポンサーリンク