100名の方に聞いた52種類のおすすめ便秘解消法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消におすすめの方法について100名の方にアンケートでお聞きしました。ヨーグルトや水分を大量に補給するといったおなじみのやり方から少し変わったやり方まで52パターンの便秘解消法が集まりました。

全く同じ意見だったモノに関してはそのうちのひとつだけピックアップしてご紹介させて頂いていますが、同じヨーグルトを使った便秘解消法でも、朝一番に食べたり、夜にホットヨーグルトとして食べたりと微妙に使用方法が違うモノに関しては分けてあります。

現在、便秘でお悩みの方にとって少しでも参考になれば幸いです。

52種類のおすすめの便秘解消法

1.ヨーグルトで便秘解消:10票

ヨーグルト

私のお勧めの便秘対策はヨーグルトです。
といっても普通に食べるんじゃなくて、守って欲しいポイントは二つです。
まず、朝起きて食べる。理由は簡単です。寝起きって一番腸が活発に活動するので、それにあわせてヨーグルトと食べてあげるんです。
二つ目は小さい量ではなく、大きいサイズのヨーグルトを食べることです。
小さいのを食べたところで、乳酸菌のほとんどは胃酸にやられてしまうので意味がないんです。しかし沢山食べるとある程度は生き残って腸内までたどり着きますし、胃酸でやられた乳酸菌がエサになってドンドン増えていくんです。

朝起きてすぐにファミリーサイズ(400ml前後)のヨーグルトを食べる、これがとってもお勧めです。

2.プルーンを食べる:8票

プルーン

私が実践して一番高い効果が得られた便秘解消法は、プルーンを食べることです。生のプルーンでも構いませんが、ドライフルーツの方が栄養価が高いし扱いやすいので、私はドライプルーンを毎日食べるようにしています。人によってちょうど良い量が違うと思いますが、私は一日3つほど食べています。プルーンが最もおすすめな理由は、効果が出過ぎて下痢で苦しむことがないからです。子どもが乳児だった頃に便秘になった時にも、プルーン果汁を与えるとあっという間に解消していました。

3.食物繊維を含む野菜を食べる:6票

野菜

お勧めの便秘解消法は、夕食の時に食物繊維を多く含む野菜を食べることです。例えば、サラダでレタス、セロリ、キャベツ、ブロッコリーを食べ、煮物でたけのこ、ごぼう、玉ねぎなど、味噌汁に長ネギや大根などを入れ、それに加え腸の働きを良くすると言われる善玉菌を増やす働きがある納豆を食べれば完璧です。これで翌朝起きると間違いなく便通がありますが、万全を期すのであれば、起きてすぐに冷水を飲んだり、朝食時に牛乳やヨーグルト等の乳製品を食べればより効果があると思います。

4.とにかく水分補給をマメにする:6票

水を飲む

水分をこまめにとることが便秘解消に一番効果があると思います。実際、仕事が忙しくてこまめに水分を取れなかったときはお通じがかなり悪くなりますし、出たとしても便がとても固く、排便にかなり時間がかかってしまいます。一方水分をきちんととった日の次の日は便が固くなることはなく、排便がとてもスムーズです。食物繊維などを多く採ることも大切だとは思いますが、私にとっては水分の摂取量が快便には何より大切です。

5.乳酸菌サプリメントを取る:6票

サプリメント

同じように飲むタイプの便秘薬でも医薬品などは効果がありすぎて、お腹を下してしまうことが多いので敬遠してしまいます。一方、乳酸菌のサプリメントですと、乳酸菌の力で腸内環境を整えて、気持ち良いお通じを促してくれるので、下痢や腹痛とは無縁です。腸内環境の改善のために、ヨーグルトや野菜などをたくさん摂取しようと思っても、毎日のことですので、なかなか摂取しきれないこともあります。サプリメントですと、とても手軽に摂取できるので便利です。

6.便秘解消マッサージ:4票

マッサージ

マッサージは直接腸へ刺激を与えるので即効性があると考えられます。時計回りにお腹をマッサージします。さするより、軽く押さえると腸が活性化されます。また、ゴルフボールを使ったマッサージも効果があります。腸は緊張すると活動が鈍くなるので、リラックスをして入浴後に行うと良いでしょう。女性は特に体を冷やさないように気を付けてください。マッサージをしてかたい部分がある場合は、便が溜まっていると考えられます。無理をしないで、特にやさしくマッサージをしてください。

7.ウォーキングをする:4票

ウォーキング

便秘の解消にお勧めなのはウォーキングです。緩性便秘が日本人に一番多いといわれていますが、これは筋力不足で便を押し出す力が弱まった事によっておこる便秘です。なので運動を習慣化することで便秘を防ぐことができます。腹筋なども良いのですが、あまり辛いと続けられません。その点ウォーキングなら運動が苦手な人でも無理なく出来るのでお勧めです。歩くことで筋力も鍛えられますし、骨盤が動くことで腸に刺激がいき、排便のための蠕動運動を促してくれます。便秘の一因であるストレスも解消でき、良いことずくめです。

8.おから商品を食べて便秘解消:3票

おから

おすすめの便秘解消法は、毎日おからを食べることです。おからはそのままでは食べづらいので、おからクッキーやシフォンケーキなどのスイーツやおからの炒り煮やおからチキンナゲットにして食べると美味しく食べられます。おからは食物繊維たっぷりなので便秘知らずになれます。水分不足になると逆に便秘になってしまうので、一緒に水分をいっぱいとることが便秘解消のポイントです。おからは安いので誰にでも取り入れやすい方法です。

9.りんごを食べる:3票

りんご

私はよく一週間便が出なかったりすることがあるのですが、りんごを食べると快便になりすぎて逆に柔らかくなってしまうことがあります。毎日りんごを夜に食べると快便になり腸が動いている音がするようになります。私はこれを始めてから快便になり毎日便ができるようになりました。もともとりんごが好きだったので続けられたというのもありますが、気軽に食べることができるのでおすすめです。

10.グラノーラで便秘解消:3票

グラノーラ

おすすめなのは、グラノーラを食べるだけという簡単なものです。

食物繊維が豊富だし、ドライフルーツも入ってるを選ぶとフルーツの甘さが加わり、おいしく食べやすくなります。
あと、美容にいいのもいいです。便秘で肌が荒れるので、フルーツグラノーラは便秘に肌荒れどちらにも効果があるので一挙両得です。

牛乳で食べてもおいしいですが、ヨーグルトを加えたほうが整腸作用もあるので、より便秘に効果的です。

それでも出ない頑固な便秘の場合、下腹に手を当て円を描くようになでると、不思議と解消できます。外からの刺激で腸の動きが活発になるからかもしれません。

11.大正製薬「コーラック」を服用する:3票

大正製薬が出している「コーラック」による便秘解消法は簡単!夕食を食べ終わってから一時間以上経過したのちに、コーラックを指示通り飲み、翌朝までゆっくり寝るだけです。起きて二時間以内に便意を催すはずです。注意点としては、この薬は腸の内容物を出し尽くすまで出ますので、飲んだ次の日は半日トイレと往復するかもしれません。また重度の硬い便になってしまう方は、この薬を使うことができません。

12.寝起きに飲む炭酸水:2票

普段から便秘で、出ない時は一週間近く出ない事もあります。美容目的で炭酸がいいと聞き家庭で作れる炭酸水を作るマシーンを購入した所、便秘に効果抜群でした。朝おきてすぐ炭酸水をコップ1杯のんだ初日の朝、快便でした。思わぬ効果にびっくりです。病院でもらった手術前に飲む便を出す薬でも規定量以上飲んでも効果が無かったくらいの便秘だったので、本当に驚きでした。今は2日に1回のペースになったので、炭酸水が一番効果があると思っています。

13.バナナを食べます:2票

発酵食品や食物繊維を多く含む食品がいいというので、試したところ一番効果があったのがバナナでした。
ヨーグルトは乳製品が体質的に合わないので、効きすぎて下ってしまいます。
ゴボウやサツマイモは、消化しきれないのか便秘が悪化しました。しかもガスが溜まるのでお腹が張って痛くなります。
しかし、バナナだけは食べたその日にトイレに行きたくなります。お腹が下ることもなく、溜まっていたものが出るのでいいです。
バナナは手に入りやすいですし、食べやすいので薬を使いたくない子供にもおすすめです。

14.こんにゃくゼリーを食べること:2票

私は昔から便秘に悩んでいて、便秘薬もよく服用していました。
しかし継続して服用していると薬が効かなくなってしまい困っていました。
ある日、寝る前にこんにゃくゼリーを食べると翌朝少しおなかが痛くなって便がすっきりと出たことがありました。
日中食べても特に同じ効果を感じませんが、寝る前に食べると翌朝~午前中には効果があります。
1回に4~5個食べるようにしています。
効果をなくしたくないので毎日は食べないようにしています。
薬ではないので妊娠中もとてもお世話になりました。
どうしても出なくて困っているときや、旅行やイベント前等便秘を解消しておきたいときにこの方法を使っています。

以下、全て1票ずつとなります

15.野菜ジュースとヨーグルトジュースを混ぜて飲む

便秘を解消するために野菜を多く摂ったり食物繊維を多く摂るように心がけています。私は野菜ジュースにヨーグルトジュースを半分ずつ混ぜたものを朝ごはんの時に飲むようにしています。するとお昼までには必ず排便があります。以前はバナナジュースや野菜ジュースをミキサーで作っていましたが、洗い物が増えるので手軽につくれる野菜とヨーグルトジュースを飲んでいます。

16.運動不足で便秘の場合は自転車に乗るのがおすすめ

出産後、ひどい便秘に悩まされてヨーグルトや野菜中心の食生活などいろいろ試したのですがあまり効果はありませんでした。そんな頃、子供が幼稚園に入園してその送り迎えに必要なので自転車を購入して乗るようになったのですが、ペダルをこぐために足を動かすことが腸への刺激になったのかあんなにひどかった便秘がいつの間にか治っていました。普段運動不足だったせいもあると思いますが一日に20分くらいの自転車でも効果があったので、私と同じように普段あまり体を動かさない便秘症の人にはお勧めしたい方法です。

17.酒粕入り甘酒を飲む

私のお勧めは酒粕入り甘酒です。米の粕ですから線維が十分あります。
スーパー等で買ってきて、お鍋で二つを混ぜてお湯を入れて、ことこと煮ます。これをカップで飲むのです。2杯も飲めば十分でしょう。

大抵翌日にお通じがあります。それも大して力まないでツルリと出ます。ほかには副作用はありません。いちどお試しください。

18.たくさん食べて腸の中身を押し出す

しばらく便が出ない状態が続くときには、とにかく食べまくることで、便秘を解消しています。

始めたきっかけは、便秘とは無縁である夫の一言でした。

「食べる量が少ないんだから出る量も少ないんだよ。」と言われ、夫と同じ程度の量を食べてみると、あっさりと便秘が解消されました。

ちょっと苦しいなと思うぐらい、たくさん食べるのがポイントです。消化に良いごはんや麺を中心にすると、胃への負担が少なくて安心だと思います。

毎日実行すると太るので、便秘がちな日だけ実行しています。

19.納豆にオリーブオイルをかける

私の便秘解消最強アイテムは、納豆にオリーブオイルを混ぜることです。納豆には食物繊維が多く、悪玉菌を撃退するリノール酸が含まれています。また、オリーブオイルは便秘解消の妙薬として、イタリアではお子様にティースプーン1杯を飲ませるそうです。大人なら2杯で、高齢者にも効果があります。オリーブオイルには食物繊維も含まれ、オレイン酸が便を柔らかくし、便の滑りが良くなるおまけ付きだからです。納豆が苦手な人は、オリーブオイルだけでも効果があります。サラダやパン、パスタやフレンチなど様々な料理に使えるのでお勧めです。

20.漢方茶とハーブティーを飲む

色々と試した中で一番スッキリしたのは漢方茶、ハーブティーでした。
漢方茶は冬葵葉茶というものを使ってます。飲んでから8時間ほどで効果が出るのですが、筆者には少し強いみたいで軽い腹痛になります。それと同じくらいスッキリするブレンドハーブティーに最近出会いました。ネットで購入出来る排出系のハーブティーなのですが、味も美味しく0カロリー、そしてスッキリします。
最近では漢方茶よりもハーブティーを飲む事が多くなってきました。
お腹がどんよりして悩んでいる方には是非試してみて頂きたい2点です。

21.ヤクルト三本飲みでビフィズス菌を大量摂取

私の便秘解消法は、完全にビフィズス菌に頼った解消法です。ヤクルトを三本、続けて飲む!これは結構お腹の調子が改善に向かって働き始めてくれて、すぐに効果が出てくることが多いです。下剤が全く効かなかった時に、この方法を知人に教えてもらって即実行したところ、あんなに強情だったお腹の具合が、とてもスムーズに改善することができました。さすが、ビフィズス菌だなと、とても感心しました。それからは、いつもこの方法で便秘解消を行っています。

22.手作りリンゴシェイク

15年以上便秘知らずの私のお勧めはリンゴシェイクです。ミキサーにきれいに洗ったリンゴを皮ごと半分、それにひたひたになるくらいの牛乳を入れて2分くらいまわしてクーッと一気に飲む!数分すれば腹部を絞るような痛みが、と言ってもこの痛みけっこう快感なんです。バナナシェイクを作ろうとしたらなかったからリンゴにしてみただけです。なぜ効果があるのか難しいことはわかりません。

23.ミロを毎日飲むことです

私のおすすめはミロを飲むことです。
長年頑固な便秘に悩まされてきましたが、ミロを飲むようになってから便秘知らずになりました。
ポイントは、ミロの粉末を多めに牛乳に溶かすことです。
マグカップ一杯の牛乳に対し、スプーンに山盛り2杯は入れたいですね。
ミロが少なめだと、おいしくないですから…。おいしくないと続きません。

24.脂肪燃焼スープ

脂肪燃焼スープは、たっぷりの野菜を煮込んだスープです。キャベツ、玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、もやし、大根、ピーマン、トマトなど柔らかくなるまで煮込み、めんつゆや、鶏がらスープ、塩などで味付けするだけのシンプルで簡単な料理です。たっぷりの野菜を食べることで、食物繊維をたくさん摂取できるので、腸内環境が改善され便秘解消されます。食事の前にお腹いっぱい食べます。血液循環も良くなり、代謝もアップします。野菜不足を解消し、体の中からきれいになるので、ありがたいです。

25.『梅シロップの炭酸割り』がおすすめです

私のおすすめは『梅シロップの炭酸割りです』
青梅を砂糖漬けにして作った『梅シロップの炭酸割り』を飲んだところ、見事な効果がありました!分量などはお好みです。
たぶん、梅の持つ強力なクエン酸に整腸作用があったのではないかと思います。今も継続して飲用していますが、新陳代謝もよくなったのか、肌荒れが治ったばかりが、肌のきめも整った感じで、思わぬ効果もありました!

26.バランスボールを使った腰回しがおススメです

腸の蠕動運動を促進するために、腰をグルグルと回す運動をすることは便秘解消に効果があります。
鏡の前で全身を映しながらすると、上手に運動できるのですが難しい場合にはバランスボールを使うと簡単です。

バランスボールに腰掛けて、転ばないように気をつけながら右回転・左回転を5回ずつぐらい1セットで行いました。
早い場合にはまわし始めてすぐくらいから、おなかがグルグルと音がしたりします。

お風呂上りのストレッチもかねて運動、就寝前に行いました。
朝起きたらすぐに湯冷ましをコップ一杯飲む、そうすると朝食の後すぐにきれいにトイレをすませることができます。
自然で穏やかな便通があるので、体にも負担がかかりません。

27.爪先立ち

爪先立ちを5分間ほどしているだけ、という簡単なものです。
これにはちゃんと理由があり、つま先立ちをすることによって、人間の第二の心臓といわれる「ふくらはぎ」に力がかかり
その作用によって血液が全身を巡っていくからなのです。
爪先立ちをすることで、便秘の原因と言われている血行不良を改善して、腸が活発的にはたらくようになり、
便通を良くしてくれる、というわけです。
ちなみに、爪先立ちはなるべくよい姿勢で行うのが効果的ですが、
最初から5分間つま先立ちするのはなかなか大変です。
そんな方は、無理せずまずは1~2分から始めるのがおすすめです。

28.トイレを我慢しないことが便秘にならない秘訣

トイレを我慢すると便秘になりやすいと思います。野生動物はトイレを我慢することはありません。人間だけが我慢するのです。我慢することは動物の摂理に反していることなのです。だから人も催したらすぐにトイレに行くのが本来の姿です。しかし高度な社会生活を営む現代人はそうはいきません。そこで我々は便秘になるのです。便秘を避けるにはやはり催した時にすぐトイレに行ける環境を作るべきだと思います。しかし会社勤務などしているとそううまくはいきません。できる限りトイレの時間を習慣づけることが便秘にならない秘訣だと思います。忙しくてもトイレの時間を優先的に設けてください。

29.タウリンサプリをのむ

タウリンを飲むと便が柔らかくなり便秘に効きます。食後に含有量1000mgほど飲むのが効果的です。含有量が多いサプリを探すには海外からの個人輸入がいいと思います。私はiHerbからNOW社のタウリンサプリを購入し飲んでいます。タウリンは滋養強壮によく特に肝臓の働きを高めます便秘以外にも良い効果がタップリなのでぜひおすすめです。便秘だけじゃない効果を実感出来ると思います

30.朝起きてすぐに冷たい牛乳を一気飲みする

朝起きて、すぐにコップ一杯の冷たい牛乳を飲みます。私は、たいていこの方法で、トイレに行きたくなります。牛乳が苦手だというかたは、飲むヨーグルトでも良いと思います。便秘薬を飲む方法が一番早いかもしれませんが、薬に頼るのには抵抗がやはりあるので、ここは、普段から取り入れやすい、誰もが口にできる牛乳や飲むヨーグルトが良いと思います。牛乳も飲むヨーグルトも体に良い飲み物ですので、安心して試すことができると思います。

31.毎朝一杯のコーヒー牛乳

牛乳だけでは物足りない感じがしてコーヒーを入れることでコーヒー牛乳を作って飲んでいます。カフェインは便秘によい働きをするそうで、お通じの調子がとてもよいです。便秘解消のためだけでなく、香りに癒されたり、様々なフレーバーコーヒーを飲んだりと、楽しんで続けられるのがよいと思います。

32.夜寝る前に温めた牛乳を飲む

わたしも便秘で悩んでいて、薬も使ったことがあるのですが体に合わず断念しました。
そんなわたしが便秘の時にやるのが、夜に温かい牛乳を飲むことです。朝に飲むとお腹が痛くなったり、不調になりやすい人でも夜に飲む牛乳は大丈夫だと言う人は多いはずです。
温めた牛乳は、腸を優しく温めてくれ、体の緊張がほぐれてきます。朝起きた時にトイレに行くと、便秘がスッキリ解消です。牛乳の味に飽きてきたら、ハチミツを溶かしたりして、味を変えています。

33.緑茶ココア

ここ最近、調子がよく続けているのが「緑茶ココア」です。緑茶とココアには、それぞれ腸環境に良い成分が入っているようで二つを一緒に摂ることで相乗効果があるそうです。毎朝、空腹に飲むようになってから便秘が解消してきました。慣れてしまえば味も悪くないし、簡単でオススメです。

34.病院で処方してもらえるシンラックというお薬

私はもともと便秘体質でした。
もう4年くらい市販の便秘薬を服用して、なんとか出していました。
その頃一番使っていた薬はコーラックでしが、コーラックはお腹がすごく痛くなったり、気分が悪くなったりすることも多かったので、使い続けることが負担ではありました。
そんな時妊娠が発覚して、お医者さんからシンラックを処方されました。
シンラックは液体で水に数滴垂らして飲むので、ずっと錠剤を使っていた私には最初は抵抗がありました。
それにコーラックに体が慣れていたので、効き目が感じられず、なかなか便も出てくれませんでした。
でも徐々に慣れていくと、コーラックの様にお腹が痛くなることなく、ちゃんと便を出す事ができるようになりました。
値段的には病院代と薬代がかかってしまうので市販薬より高くつきますが、お腹の痛みがないのですごく気に入ってます。
一番は食事や運動でコントロールが良いと思いますが、それが効かない体なのでそこは割り切って4日に一度くらい飲むようにしています。

35.朝起きてからコップ1杯のお水

朝起きてからコップ1杯のお水を飲むと腸が動きだして、便意を催します。長い間悩まされていましたが、これで解消してきました。ポイントは何も食べないで最初に1杯水を飲んでしばらくゆっくりした状態になることです。だんだんお水が腸に渡って効いてきます。慣れてきたら水を牛乳に変えたりしてもよいです。もし便意が来ない場合は、睡眠が足りないこともあるので、たくさん寝たほうが良いです。また朝が弱い人もゆっくりした時間を必ず持って自分の時間を作ることが良いです。

36.朝にホットレモン

私はレモンが大好きなのですが、ホットレモンがマイブームになっていました。そんな中ふと「あれ、ホットレモンを飲むとお通じの調子が良い気がする」と感じました。そこでレモンについて調べてみることに。なんとレモンには便を緩くする作用があるというではないですか!市販の便秘薬なんかと違って、ホットレモンを摂取するとほんの数時間で自然な便意が来ます。しかも便が緩くなっているからスルッと出せるんです。ホットレモンお勧めです!

37.糸こんにゃくを1袋まるごと食べる

こんにゃくには食物繊維が豊富に含まれていますので、便秘解消に役立ちます。糸こんにゃくをまるごと1袋分、お湯で湯がいて、しょうゆやポン酢など好きな調味料で味付けして食べるだけです。私の場合、1日ほどすると、お腹がギュルギュルと鳴り出し、溜まっていた便が一気に出ます。この時に溜まっていた分だけ、もしかするとお腹の痛みが発生するかもしれませんが、どうしても便秘で困ったときには荒療治としてはもってこいの方法です。

38.白湯

白湯には便を柔らかくしてくれる、内臓や腸の動きを活発にしてくれるといった効果があると言われていて、私は朝起きてすぐと食事中、寝る前に飲み、冷たい飲み物はなるべく飲まないようにしています。個人差はあるかもしれませんが、私には効果抜群で悩んでいた便秘が解消されました。便秘薬に頼らず、身体に良いものを摂取することで便秘が改善されて本当に嬉しいです。また、白湯は体の中から温めてくれるため冷えによる代謝や免疫力低下の防止にもなるので、この寒い時期には特におすすめの方法だと思います。

39.時間帯を決める

毎日、同じ時間帯にトイレの便器に座ると、それが習慣となり私は自然と出るようになりました。自分の出そうな時間帯を探り、便意がもよおさなくても、便座にとりあえず座り、数分はじっとしておきます。出なくとも次の日もまた同じ時間帯に座ります。例えば、きっちり何時と決めないで朝起き、ご飯を食べてから1時間後にトイレに入ると決めておきます。いつもより遅く起きても食事をして1時間後にトイレに行くという習慣にできます。私はこの方法で幼少時代からの長年の便秘から解消できたので、おすすめします。

40.ビール酵母

雑誌の特集で、ビール酵母でお通じが良くなったと書いてあるのを見て、これは今試すしかたないと感じ、早速ビール酵母を買い飲んで見ました。すると翌日スッキリと出たのです。それ以来私はビール酵母を便秘で困った時にのんでいます。

41.酢玉葱で頑固な便秘が解消

私の場合、酢玉葱を食べ出してから、10代の頃からの頑固な便秘が嘘のように解消さました。作り方は、玉葱を薄く切り塩を少々降って約2時間おいた後、もろみ酢と蜂蜜をかけて冷蔵庫で一晩冷やしておきます。これを毎朝毎晩食事の前か後に食べます。キャベツを大量に食べても、冷たい牛乳を飲んでも、青汁もヨーグルトも効かなかった便秘ですが、酢玉葱だけは何故か効果がありました。これのおかげ今は便秘知らずの身体になれました。

42.病院で酸化マグネシウムを処方

毎月通院している内科で酸化マグネシウムを処方してもらい飲むようになってからは、便通がとてもスムーズになりました。
その日の便の状態に合わせて飲む量を、調節しています。
お腹が痛くなったり、クセになったりしないので凄く気に入っています。
これから先もお世話になるつもりです。

43.脂身の多いお肉を食べるのがオススメです

便秘の時、大抵の人は食物繊維が多く含まれるヘルシーな食材を摂取するのではないでしょうか。ですが私の場合は違います。

むしろあまり野菜や海藻類は食べずに、油たっぷりの食事を意識して摂るよう心掛けています。ここで言う『油』は、お肉に含まれる動物性の脂質のことを指します。

つまり、鶏肉や豚肉、牛肉などのお肉類を良く食べているというわけです。

私は「なんだかお通じの調子が悪いかも…」感じると、すぐに唐揚げ、トンカツ、ステーキといったジューシーな肉料理を摂取します。

なぜなら、お肉をたくさん食べると、その後気持ちが良いほどに便がスルッと出てくるようになるからです。

恐らく、お肉の脂質(油)が便を軟らかくしてくれているんだと思います。

お肉は腸の悪玉菌を増やすからダメ、なんていう情報もありますが、私の場合バナナやヨーグルトよりも断然効果がありました。

44.オリーブの実で便秘解消

私の便秘解消法をご紹介したいと思います。
それは「オリーブの実をたべること」です。オリーブの実といえばカクテルの中や、イタリアン料理に添えられているあの実です。

グリーンのオリーブと黒いオリーブがありますが熟成が違うだけで同じ物です。まだ若い実がグリーンで、よく熟した方が黒いオリーブです。
食べるのはお好みでどちらでもいいと思います。

ご存知のようにオリーブの実から絞ったのがオリーブ油です。
オリーブ油でもいいとは思いますが、私は実の味が好きなのでそちらを食べています。だいたい1日3~4個を料理に使ったり、そのままつまんだりして食べています。

便秘に効果があるから食べ始めたわけではなく、好きで食べるのにハマってたら、あんなに頑固だった便秘がなくなったのに気づいたんです。
オリーブは健康にもいいですしぜひ試してみてくださいね。

45.毎日コーヒー朝昼晩1杯

僕は男ですが便秘に悩まされています。薬も効果がないしどうしようかと思いました。そんなある日、便秘が原因ではありませんが、コーヒーが好きなってしまいました。徹夜での仕事が増えたり、寝る時間がないのが理由です。すると飲み続けていると、いつの間にか便秘が解消されているのです。おそらくカフェインの利尿作用やらなんやらが効いていると思われます。今では便秘に悩まされることはなくなりました。便秘に困っているのであれば試してみる価値ありです。

46.酵素飲料を使って健康的に便秘解消

私は便秘になると酵素飲料を飲むようにしております。酵素には野菜や海藻類などがたくさん入っているので便秘にとても効果があると感じております。便秘は不規則な食生活に覆いに関係していると思われるので身体の中から自然な物を使って解消をするのが私の中では一番良いと思っております。飲み続ける事が一番良いと思うのですが、私の中では酵素飲料は高いなと感じるので便秘になりがちの時だけ飲むようにしています。また適度な運動も必要ですので、買い物に行く時もなるべく歩いていくように心がけています。

47.日々のごはんを玄米食に変える

最近出てないなと思った時の便秘解消法は「玄米ご飯」です。白米に置き換えて食べるだけで、毎日スルッとお通じがあります。カロリーも低く、よく噛んで食べることになるので、ダイエットにもなりますし、ビタミンやミネラル豊富で健康にも良い。毎日だと飽きますし、白いご飯にこそ合うおかずも食べたいので、いつも玄米ではありません。

48.うつ伏せゴロゴロ

10年来便秘の私が色々試した結果、一番効果があったのはうつ伏せでゴロゴロすることでした。番組名は忘れてしまいましたが、テレビの健康番組でやっていたものです。

ずっとうつ伏せが辛いようなら横向きになったりしながらでもOKです。
普段圧力のかからない腹部に適度な圧力がかかることで、小腸が刺激され、蠕動運動が活発になるそうです。

ヨーグルトや便秘茶よりも即効性がありますし、お金もかからないのでお勧めです。私は1週間に3度ほどだった便通が、ほぼ毎日あるようになりました。

49.流行りのチアシードで解消!

便秘にはすごく悩まされ、酷い時は1週間以上お通じが無いこともありました。

最初は便秘薬を飲み続けていたのですが、やはり癖になり、効かなくなっていきました。その後、ヨーグルト、青汁、マッサージなど便秘に良いと聞くものは一通り試したつもりですが、思った程の効果は私にはありませんでした。

辿り着いて今現在、毎日の食事にチアシードをプラスしただけでほぼ毎日お通じがあるようになり、お腹の不快感もなくなりました。

50.毎日きなこヨーグルト

私がもっともおすすめと思える便秘解消方法は、毎日きなこ入りのヨーグルトを食べることです。便秘には周期があって、でない時だけ対応するという人も多いのですが毎日対応することで、便秘のがあまりひどくならないという結果になると実感しているので、便秘ではない時でも毎日対応し続けるということが大きな意味をもつのです。

そしてなぜきなこヨーグルトなのかというと、価格が安く、栄養的にも優れていて、毎日食べてれる味だからです。

51.毎朝のオールブラン

月並みですが、毎朝、オールブランに牛乳かけて良く噛んでゆっくり食べてます。

水分を沢山取らないと逆に便秘というか…お腹が詰まった重い感じになってしまうので、水分をとるために白湯を飲んでます。

少しの腹痛とグルグルっと突然お腹が鳴りだしたら出てくる合図。この腹痛とすこし時間がたったら訪れる空腹に慣れるまでに数日かかりますが、パターンを覚えてしまえば出先での腹痛に困る事もなくお昼過ぎにはスルンと快便。晩ご飯を少なめにして20g程度のオールブランを食べれば毎朝いい感じにトイレタイムを過ごせますよ。

52.ダノンビオを食べる

私の場合、便秘になった時はダノンビオを食べると効果があります。4個パックになって売っているのですが、2個食べるとより効果があります。

おいしいし、色んな種類の味があります。カロリーが気になる場合、プレーンもあります。ですので薬や運動などとは違っておいしく楽しく便秘解消になります。

ただ、4個パックで約200円と、普通のヨーグルトより少し高めなので、スーパー安売りの時になるべく買うようにしています。それでも便秘薬やサプリを買ったりするよりは安上がりではないかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?同意見でもっとも多かったのはプレーンを食べることでしたが、総合的にはヨーグルトや牛乳といった乳製品、あとは同じく食物繊維が豊富な野菜や果物を食べることが人気のようですね。

あとは、ウォーキングやマッサージといった身体を動かすことによる便秘解消法も人気でした。

予想外に感じたのは乳酸菌サプリメントを使用している方がそれなりに多かったのと、逆にコーラックのようなお薬を使うことを推奨する方がほとんど居なかった点ですね。

薬に対しての副作用などに怖さを感じるのとは逆にサプリメントであれば大丈夫という安心感があるのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク
スポンサーリンク