女性にオススメ!豆乳おからクッキーで置き換えダイエット1ヶ月成功体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1食置き換えと言えばダイエットドリンクが有名ですよね。

でもドリンクだと噛むっていう満足度がなくて、長く続けるとストレスが溜まりやすかったんです。

ドリンクダイエットに飽きてきたのもあって、もっと食べ応えのある1食置き換えはないかなと思いました。

そこで見つけたのがおからクッキーダイエットです。

おからには以下の効果があるので、ダイエットにおすすめです。

■おからのダイエット効果

  • 食物繊維がゴボウの約2倍(11.5g/100g)
  • ごはんよりも31%低カロリー(110kcal/100g)
  • 高タンパクなので糖質制限ができる(たんぱく質 6.1g/100g)
  • 大豆ペプチドが基礎代謝をアップさせて、脂肪を燃焼する
  • 大豆イソフラボンが生理痛やバストアップに効果的
  • カルシウム(350mg/100g)がイライラを軽減
  • 善玉菌が増えるオリゴ糖が含まれているので便秘解消に効果がある

ドリンクダイエットは液体なので、どうしても出すものが少なくなります。結果、便秘になりがちなんですよね。

おからの食物繊維は水に溶けない「セルロース」というもので、腸内の掃除をしてくれます。便秘の解消と大腸ガンの予防にもなります。

大豆のしぼりかすであるおからは大豆のカルシウムを多く含んでいるので、空腹時のイライラ解消にも効果的です。

大豆ペプチドにはエネルギーの代謝を高めてくれる除脂肪効果があり、運動と組み合わせる事でさらに効果を高める事ができますよ。

gf2160250694

おからクッキーを選ぶ方法とおすすめのおからクッキー

私は色々なメーカーのおからクッキーを試しました。

その結果、このおからクッキーは失敗だったな~と思った例をご紹介します。

■こういうおからクッキーはNG
×味が1種類だけ
×大袋入り
×人工甘味料が入っている
×味がまずい
×硬過ぎる

私は味が1種類だと絶対に飽きてしまうので、色んな味が入っているおからクッキーを選びました。

あと安いものに多いのが、1袋にどーんとたくさん入っているおからクッキーです。

タッパーに入れて食べていたのですが、どうしても枚数を食べ過ぎてしまうんですよね。

おからクッキーのレシピはクックパッドなどにもたくさんあるので、おからクッキーで一番人気のまろん1997さんのレシピでおからクッキーを手作りした事もあります。

2864fac8d893824b5c7ebd386966698e

♥ 手作りおからクッキーの材料(30~40枚分)

  • おから       100~120g
  • 薄力粉       150g
  • ベーキングパウダー 4g
  • 砂糖        大さじ2
  • 塩         ひとつまみ

♥ 手作りおからクッキーの作り方

  1. 全ての材料を混ぜる(ジップロックなどの袋で混ぜるのがオススメ)
  2. 5~7ミリくらいに伸ばして正方形に切ってフォークで模様をつける
  3. 1100Wのオーブントースターで10分焼く

このおからクッキーはつくれぽが1,000件以上あるだけあって美味しいのですが、私の場合はどうしても食べ過ぎてしまってダイエットには不向きでした(;´Д⊂)

なので意思が弱い人は、個別包装か、1食分包装のおからクッキーを選ぶ事をおすすめします。

人工甘味料もあまり体に良いとは言えませんし、保存料も無添加のものが毎日続ける上では安心です。

硬過ぎて歯が折れそうなものや、味がまずいものはやっぱり続かなくてゴミ箱に消えるので、続けられる美味しさのおからクッキーがいいと思います。

私は色々試した結果、こちらの豆乳おからクッキーをリピートしています。

国産のおからと北海道十勝産の豆乳を使用していて、人工甘味料・保存料が無添加で安心ですし、1食分の包装なので食べ過ぎる事もありません。

味も程良い硬さと甘さで美味しいですよ。私はチョコチップとプレーンと紅茶味がお気に入りです。

豆乳クッキーダイエットは1食約260円(税抜)と少しお値段が少し高めですが、夕食を作ったり、買う事を考えたら安いかなと思います。

おからクッキーは色んな種類があるので、自分好みの商品を探してみてくださいね。

私は豆乳クッキーダイエット1ヶ月チャレンジコースを夕食だけ置き換えてやってみました。

beautiful asian woman skin care image

豆乳クッキーダイエットを1ヶ月続けた方法と効果の口コミ

朝はそんなに食べないので、夕食を豆乳おからクッキーに置き換えました。

豆乳クッキーダイエットは1食約150kcalなので、今までパスタやハンバーグなど1食800~1000kcal食べていた分のカロリーを大幅に減らす事ができました。

たっぷりのブラックコーヒーやストレートの紅茶と一緒にゆっくりポリポリ食べていると、お腹の中でおからがふくらんでかなり満腹になります。

それに噛みごたえがあるので、食べた後の満足感がドリンクタイプのダイエット食品とは全然違うんです。

1食7枚入りなので1枚づつゆっくりと食べるのがオススメです。

一気に食べてしまうとやっぱり物足りなさがありますからね。ドリンクはホットにすると早食いを予防できますよ。

豆乳クッキーダイエットを始めた大きな変化は、便秘が改善された事です。

朝すごくお通じがいいので、体重計に乗ると0.1~0.3kgづつ減っていました。

食後約2時間後に踏み台昇降運動を20~30分位週に2~3回してダイエット効果をさらにアップさせようと頑張りました。

そして1ヶ月たった体重はマイナス4キロ減です!嬉しい~(´▽`)

袋を開けたらすぐ食べられるので手軽だし、心なしか胸が少し大きくなってハリが出た気がします。

これが大豆イソフラボンの効果でしょうか?女性にはすごくオススメのダイエット法だと思います。

私はおからたっぷりの豆乳クッキーダイエットをもう少し続けて目標達成したいと思います(*^^)v

豆乳おからクッキーに関する調査

食事と置き換えることでダイエットに効果があると言われている豆乳おからクッキー。その栄養から効果的な食べ方まで詳しく調査してみました。

豆乳おからクッキーのメリット

1日のカロリーが大幅にカットできる

豆乳おからクッキーの多くは1枚30kcal前後。1食7枚ほど食べても210kcal前後ととても低カロリーです。

女性の1日の摂取カロリーの目安は、年齢や体重・生活習慣によって異なりますが大体1,500~2,000kcalと言われています。

そのため、食事やおやつを豆乳おからクッキーに置き換えることで大幅にカロリーカットをすることができます。

便秘解消効果がある

豆乳おからクッキーの原料であるおからには食物繊維がごぼうの約2倍(11.5g/100g)含まれています。おからの食物繊維は、水分を含み便のカサを増して排便を促す不溶性なので便秘解消にとても効果があります。

女性に嬉しい美容成分がたっぷり

豆乳おからクッキーには、女性ホルモンと似た働きをし美肌効果や潤い効果があります。

大豆イソフラボン、基礎代謝を上げたり保湿効果がある大豆ペプチド、他にもタンパク質、アミノ酸、ミネラル、カルシウムなど女性が摂っておきたい成分が沢山含まれています。

持ち運びしやすい

液体のダイエット飲料と違い、大きさもコンパクトで都度作る必要もないのでお出かけ先にも気軽に持ち運ぶことができます。

豆乳おからクッキーのデメリット

味が単調なので、食べ続けると飽きてくるというデメリットがあります。色々な味のものを順番に食べるなどして飽きない工夫をしましょう。

それに豆乳おからクッキーだけでは栄養が偏ってしまいます。1食は置き換え、他の2食はできるだけカロリーが低く栄養価が高い食事を心がけましょう。

豆乳おからクッキーはどんな方におすすめか

ドリンクでの一食置き換えダイエットがうまくいかなかった方

1食置き換えダイエットといえばドリンクがメジャーですが、やはり飲み物だけでは満足感が得られないという声が多く聞かれます。

豆乳おからクッキーは、よく噛むことで食事をしているという満足感が得られストレスがたまりません。

また、多くのドリンクは冷たいタイプなので冬に飲むのはつらいという意見も多いです。その点でも季節を問わずに続けられる豆乳おからクッキーはおすすめです。

ダイエットしながら栄養も摂りたい方

豆乳やおからには、食物繊維や大豆ペプチド、大豆イソフラボンなど女性の身体に嬉しい栄養素が沢山含まれています。また、ご飯に比べ低カロリーなのにタンパク質が豊富です。

豆乳おからクッキーはどこで購入できるか

豆乳おからクッキーは、ネット通販、ドラッグストアやスーパーなど様々な場所で買うことができます。ただし、その際は成分や添加物をきちんとチェックしましょう。

また、メーカーによって味も違うので1度に沢山購入せず少量を試して気に入った場合まとめ買いするのがよいでしょう。

>>1食146kcal飽きずに食べれる『豆乳クッキーダイエット』のご購入のページはこちら

まとめ

以上、豆乳おからクッキーについて調査してきましたが、いかがでしたでしょうか。

豆乳おからクッキーは、ドリンクとの置き換えダイエットに比べて食べごたえや満足感があるため、ストレスが少なく長く続けることができるようです。

また、女性に嬉しい栄養素が豊富に含まれているため、ダイエットと美容を両立できるという点も嬉しいですね。手軽に続けられるダイエット方法のひとつとして、ぜひ試してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク
スポンサーリンク