ファスティング酵素ドリンクの代用品ガイドまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近広く認知されるようになった酵素ドリンクによるファスティング(断食)。

酵素ドリンクの良さはわかっていても費用が安くないため、酵素ドリンク以外のもので代用したいと思う人も少なくないようです。

今回は、酵素ドリンクの代用に関して、ダイエット効果、方法、代用できる商品、メリット、デメリットなどをご説明します。

酵素ドリンクの代わりに野菜ジュースでファスティング(断食)できる?

野菜ジュースでもファスティングすることはできます。しかし、野菜ジュースだと酵素ドリンクよりダイエット効果が減少する可能性やダイエットを挫折する可能性が高くなる傾向があります。

<理由>
・市販の野菜ジュースだと、酵素が死滅している
ビタミンやミネラルなどの栄養素は保たれていても、ダイエットを促進する酵素を補給することはできません。その理由は、野菜ジュースが原材料の野菜を加熱して水分を蒸発させ濃縮し輸送された後に再度水分を加えてジュースに還元されているからです。つまり、熱処理される段階で酵素が死滅してしまうのです。なお、手作りの野菜ジュースならば酵素を補給できます。

・市販の野菜ジュースに糖分が含まれる場合は、ダイエットに逆効果
・市販の野菜ジュースに添加物が含まれる場合は、毒素が増える
・腹持ちが、酵素ドリンクほど良くない

野菜ジュースだと空腹を感じやすく断食途中で挫折してしまったという意見が多く見られます。

ファスティングは酵素ドリンク以外で代用できる?

酵素ドリンク以外で代用できます。ファスティング期間中の食事を、野菜ジュースやヨーグルトなど酵素ドリンク以外のもので置き換えて、栄養補給することができます。

野菜ジュースを手作りしている人も多くインターネットや雑誌にレシピが掲載されていることもあります。ただし、野菜ジュースを代用する場合と同じく、ダイエット効果の減少や挫折する可能性が指摘されています。

酵素ドリンクの代わりに代用したものでのダイエット効果

ダイエット効果は酵素ドリンクよりも減少するケースが多いようです。

<理由>
・酵素ドリンクほど多くの種類の酵素を補給できる飲み物はない
・酵素ドリンクの方が消化しやすい
酵素ドリンクは事前にある程度消化が進んでいる発酵飲料のため、野菜ジュースやグリーンスムージーよりも消化しやすく消化酵素を代謝酵素として使えるように作られています。
・空腹を感じやすい
酵素ドリンクは栄養素が豊富なので比較的空腹を感じにくいようです。野菜ジュースだけではなくミキサーですりつぶしたグリーンスムージーでも、すぐにおなかがすいてしまって辛いという意見が多く見られます。

酵素ドリンクがなかった時の代用品とその効果

・手作りの野菜ジュース、グリーンスムージー、酵素ジュース
生野菜や果物の酵素が摂取できます。手間と時間がかかるけど楽しんで作る、材料を偏らないように配慮することがポイントです。

・青汁
手軽にビタミンやミネラル、アミノ酸、食物繊維などが摂れ、ファスティングに向いています。基礎代謝が向上し、脂肪燃焼、便秘解消効果があります。

・クレンズジュース
最近、ニューヨークやロスのセレブから発信されて話題になり始めたコールドプレスジュース。低速で素材をすりつぶすため酵素や栄養素が壊れにくい上に消化の負担も軽いため、酵素ドリンクの代用品としてぴったりです。

・みそ汁
発酵食品のみそには酵素が豊富に含まれています。注意点はおみそを溶かす時の温度。50度以上だと酵素が壊れるため、ぬるめの温度に冷やしてからみそを溶かしてください。

・ヨーグルト
乳酸菌によって腸内環境が改善されデトックス効果が高いのでおすすめです。

酵素ジュースを手作りする方法は

自分で野菜や果物を発酵させてジュースを作るには、どうしたら良いのでしょうか。

容器は、ガラスやプラスチックの透明な容器を使う方が発酵度合いが分かりやすくておすすめです。材料は、できれば無農薬で旬の野菜や果物を選ぶと良いです。

≪作り方≫
1.材料を洗う
もし農薬が心配ならば、水洗いする前にボールに少し重曹を入れて1分程度つけておくと良いでしょう。

2.材料を切る
できるだけ皮が付いたままがおすすめです。発酵をスピードアップするために細かく切りましょう。

3.容器に入れる
砂糖⇒材料⇒砂糖⇒材料⇒砂糖の順番で容器に入れて、ほこりが入らないようにガーゼをかけておくと良いでしょう。酵素は生きているので密封しないように注意してください。

4.毎日混ぜて出来上がり
早ければ半日で水分が出るので、よく手を洗って素手で混ぜます。毎日1~2回は混ぜましょう。表面に細かい泡が出てきて、混ぜるとシュワシュワ白い泡が立ち込めると出来上がったサインです。あとは材料を取り除きザルでこして完成です。完成後は冷蔵庫で保存しましょう。

<注意点>
鼻にツンとくるアンモニア臭がしたら発酵を通り越して腐敗しているサインですので飲まずに廃棄してください。

酵素ドリンクの代わりに代用できる市販商品

酵素ドリンクを代用したいけど手作りは大変なので避けたいと思う方に、代用できる商品をご紹介します。

ジュースクレンズ(サンシャインジュース)

クレンズジュースの中でも注目度の高い商品です。冷凍されていて飲む前に解凍すれば良いので便利です。ただし、値段が安くなく、酵素ドリンクと同じか酵素ドリンクを超える費用がかかります。

>>ジュースクレンズ(サンシャインジュース)をご購入のページはこちら

緑汁(ユーグレナ・ファーム)

青汁は野菜から作られますが、緑汁は藻類の石垣産ユーグレナ(ミドリムシ)から作られていて野菜、肉、魚に含まれる栄養素もバランスよく補えるメリットがあります。さらに、石垣産ユーグレナには細胞壁がないので、消化率がよく胃への負担を軽くすることができます。

>>緑汁(ユーグレナ・ファーム)をご購入のページはこちら

酵素ドリンクの代用するメリット、デメリット

メリット

・費用を安く抑えることができる
・好きな味を作れる
・酵素ドリンクを選び購入する手間が省ける
・手作りを楽しめる

デメリット

・ダイエット効果が減少する
・空腹感が解消されにくいのでダイエットを失敗しやすい(経験者の多くが酵素ドリンクの方が腹持ちが良いと感じています。)
・栄養バランスが崩れ体調を崩す可能性がある(栄養不足になると代謝酵素が作られなくなってしまいダイエットにマイナスになります。)
・胃を休めることが難しくなりデトックス効果が低下する可能性がある
・酵素ドリンクよりも費用が高くつく場合もある(特に手作りで野菜ジュースを作ろうとすると、材料費が高くつくこともあります。)
・携帯に不便(酵素ドリンクならば携帯用も発売されていますが、代用品だと見つかりにくいようです。)

酵素ドリンクの代用の注意点

酵素ドリンクを他のもので代用する場合、どのようなことに気を付ければ良いでしょうか。

・栄養バランスを意識する
酵素ドリンクは栄養バランスが保たれていますが、他のものを代用する場合には多くの種類の栄養を摂取できるように注意しましょう。栄養不足になると代謝低下、筋肉低下によって酵素が作られなくなり、脂肪燃焼能力が低下するため、ダイエット効果が減少します。

・野菜ジュースは、ミキサーではなくジューサーで作ると搾りかすが少なく胃に優しい
ちなみに、低速回転ジューサーが酵素を壊しにくいため最もおすすめです

まとめ

ここまで、酵素ドリンクの代用についてお伝えしましたが、参考になりましたか? ファスティング期間中に酵素ドリンク以外のもので代用することは可能ですが、ダイエット効果、健康維持、空腹感対策、手間の点から、酵素ドリンクを使う方がおすすめです。手作り野菜ジュースや酵素ドリンク以外の飲み物でファスティングをする場合は、栄養バランスに気を付けて頑張ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク
スポンサーリンク