痩身エステの遠赤外線ドームサウナの効果や注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痩身エステではヒートマットや遠赤外線ドームなど身体を温めるメニューがほぼすべてのコースに入っています。

冷えている身体よりは、温かい身体の方がいいのだろうということは何となくわかりますが、なぜ身体を温めるのがいいのでしょうか。

今回はその中でも遠赤外線ドームサウナについて調査しました。

遠赤外線ドームサウナとは?

遠赤外線ドームとは、その名のとおりドーム状になった機械の中に顔だけ出した状態で横になり施術を受けます。ドームの中には、天然鉱石が置いてあり、リラックスしてマイナスイオンの効果も得ることが出来ます。

ドームに寝ているだけで体の深部からじんわりと温まるので、サウナと同じような発汗効果が得られます。施術は岩盤浴をしている状態に似ており、新陳代謝アップなどの効果があります。

また、その温熱効果は、別の施術の効果も高めるため、エステなどではコース内の最初の施術として取り入れられることも多くなっています。

痩身エステで使われる遠赤外線ドームサウナの効果

遠赤外線は赤外線の一種で、赤外線の中でも一番長い波長をもっています。

暖房器具などにも使われる遠赤外線は熱を与える効果がありますが、体に当てるとどのような効果があるのでしょうか。

皮脂腺から汗を出すことができる

暑さや運動をした時にかく汗は、体温調整のために出る汗で汗腺から出ています。しかし遠赤外線ドームは体の奥から温めるので、普段かく汗とは違う皮脂腺から汗が出ます。

皮脂腺から汗を出すことで、体内の老廃物や毒素、コレステロールなどを排出する効果があります。このデトックス効果は普段かく汗では得ることができません。

血流がよくなる

遠赤外線ドームは体温を上げるので、全身の血液循環が良くなります。

血流が良くなることで、血行やリンパの流れも良くなり新陳代謝が活発になります。

相乗効果の高さから、遠赤外線ドームとリンパマッサージが組み合わさっているコースも多いです。

免疫力アップ

体温が上がることで血行促進効果を得られるので、体の隅々まで酸素や栄養が届き免疫力が強くなる効果があります。

体温が1度下がると白血球の動きが30%下がることから、免疫力も比例して下がります。

逆に体温が1度上がれば免疫力は5倍~6倍にもなると言われています。

体の柔軟性アップ

体内温度が上がるので、血行や代謝が良くなり筋肉や脂肪、腱が柔らかくなります。

調理するときを思い浮かべると分かりやすいですが、同じ肉でも固い肉より柔らかい肉の方が味はしみこみやすいです。

これと同じように、柔らかい筋肉の方が施術をした際に、体の奥まで効果が届き痩せやすくなります。

施術前の下準備として、遠赤外線ドームで体を芯から温めることで体の柔軟性をアップしていきます。

ダイエット効果がある

遠赤外線ドームに入り横になっているだけで有酸素運動をした時と同じ効果があり、1回の使用で290~580キロカロリーを消費すると言われています。

このカロリー消費量は、1食分の食事を食べたときと同じくらいのカロリーです。

また、体が温まることで血行が良くなり代謝が上がり、脂肪をより燃焼するようになります。そのため、ダイエットに効果があります。

次の施術の効果を高める

エステでのコースなどのスタート(場合によっては最後)に組み込まれることが多い遠赤外線ドーム。ここでしっかりと身体を温めることで、セルライトを溶かし、その後の施術の効果をさらに高めることが出来るといわれています。

冷えやむくみが改善される

遠赤外線は体の奥まで届き体温を上げるので、血流やリンパの流れが良くなり、老廃物を体外に排出しやすくしてくれます。

血行が良くなることで、冷え性が改善されむくみなどを解消してくれます。

美肌になれる

遠赤外線ドームに入ってかく汗は、体に悪い有害物質や老廃物を一緒に出してくれるので、デトックス効果があります。

いらない老廃物や有害物質が排出されることで、肌のツヤやハリがよみがえるので美肌効果が期待できます。

また、古い角質や毛穴に詰まった汚れも汗と一緒に落ちるのでニキビの改善にも効果があります。

暑さに弱い人でも利用可能

岩盤浴やサウナだと暑さで苦しくなって辛いという方も、遠赤外線ドームでは顔を出しているので意外と辛さを感じずに済むことがあります。

ただし個人差があるので施術中に辛いと感じた場合は傍についてくれている担当エステティシャンへ「ちょっと温度を下げてほしい」と伝えましょう。

痩身エステでの遠赤外線ドームサウナの注意点

遠赤外線ドームサウナは安全性が高く副作用があまりないと言われていますが、デメリットはあるのでしょうか。

やけどをすることがある

遠赤外線ドームは温度が調整できるので、熱いと感じたときには温度を低くしてもらうことができますが、間違った使い方をした場合はやけどをしてしまうことがあります。

また、それほど熱く感じていなくても低温やけどの危険性も少なからずあります。

倦怠感や疲労感が出るときがある

遠赤外線ドームは使用しただけで、有酸素運動をした時と同じような効果があります。そのため、人によっては倦怠感や疲労感が出てしまう場合や、気分が悪くなってしまう人がいます。

そのような症状が出た場合は、しばらく安静にするようにしましょう。ほとんどが当日中には治るので問題はありません。

脱水には注意

大量に汗をかくので、水分補給はマメに行うようにしてください。

遠赤外線ドーム使用後は、体の代謝が良くなっているので、反対に吸収もしやすくなっています。水分を摂る際は、ジュースなどの糖分の多いものはさけるようにしましょう。

痩身エステの遠赤外線ドームがおすすめの方

遠赤外線ドームは体を芯から温めることで、上記のような効果やメリットを得ることができます。上記の効果やメリットを実感したい人は遠赤外線ドームを試してみることをおすすめします。

また、そのほかにも以下のような方も遠赤外線ドームが向いています。

サウナや岩盤浴が苦手な方

遠赤外線ドームは簡単に言ってしまうと、カプセル型のサウナです。

施術を受ける人は遠赤外線ドームの中に入って全身を温めますが、頭は外に出した状態にします。普通のサウナだと息苦しさを感じてしまう方や、たくさんの人と狭い部屋に入るのが苦手な方に遠赤外線ドームはおすすめです。

冷え性やむくみがある方

遠赤外線ドームを使用することによって、体温上昇・血流アップ・リンパの流れの改善などにより代謝が上がり脂肪の燃焼を促進します。また老廃物も汗と一緒に排出され血行が良くなるので、冷え性やむくみなどの症状の緩和もできます。

セルライトを除去したい方

遠赤外線ドームの熱で溶けて柔らかくなったセルライトをその後マッサージすることで除去することができます。また、全身を温めるので、太ももと二の腕、といったように離れた部位のセルライトでも一度に溶かすことができます。

遠赤外線ドームと他の痩身エステのマシンを比較

痩身エステではいろいろなマシンを使って施術をします。使うマシンにはそれぞれ特徴があり、効果や作用が違ってきます。

同じマシンを使っても人によって効果が違うので、自分に合ったマシンを見つけると効果が出やすいでしょう。

痩身エステで使われる主なマシンを比較しました。

マシン名 内容 効果 特徴など
遠赤外線ドーム 遠赤外線 体温上昇
大量発汗による代謝UP
ドーム型の機械に入り、体を温めることで発汗効果を得る。
他の施術の補助的な施術として使われることが多い。
エンダモロジー 吸引&ローラー 部分やせに強い
セルライト改善
強い力で吸引しながらローラーで脂肪やセルライトをもみほぐす。
あざや内出血ができないように専用のボディスーツを着る。
キャビテーション 超音波 部分やせに強い
脂肪細胞を破壊・セルライト改善
効果がすぐに実感できる。
「切らない脂肪吸引」と言われる。
キャビテーションだけでは脂肪は排出されないので、脂肪を排出するためのマッサージが必要。
ラジオ波 熱による脂肪燃焼 部分やせに強い
電磁波を流すことで脂肪燃焼効果
熱で脂肪を燃焼させ排出を促す。
体温が上がるので、代謝機能を高め、デトックス効果も得られる。
続けることで冷え性改善、体質改善効果がある。
EMS 筋トレ系 電流によって筋肉を収縮させ筋トレ効果を得る 筋肉が増えることで基礎代謝量アップ。
運動が苦手な方でも簡単に筋肉を増やすことが出来る。

遠赤外線ドームと組み合わせがおすすめの痩身メニュー

遠赤外線ドームは体を温め代謝をよくし、筋肉や脂肪を柔らかくするので他の痩身メニューと組み合わせると効果が上がります。

遠赤外線ドームだけでも効果やメリットがありますが、他の施術と組み合わせるときは、メインというよりも他の施術の補助的な役割の方が大きくなります。

ハンドマッサージやマシンを使った痩身メニューのどれとも相性がいいので、メインの施術と一緒に受けることをおすすめします。

■組み合わせの例

  • 遠赤外線ドーム→キャビテーション→ローラー→EMS
  • 遠赤外線ドーム→ハンドマッサージ→吸引&ローラー→EMS
  • ラジオ波→キャビテーション→マッサージ→遠赤外線ドーム

遠赤外線ドームと組み合わせるのがおすすめ出来ない痩身メニュー

上記でも述べたように、遠赤外線ドームは他の施術と組み合わせると施術効果が上がります。

どの痩身メニューとも相性がいいので、おすすめ出来ないメニューは見つけることができませんでした。

しかし、遠赤外線ドームが受けられない人はいます。

  • 免疫抑制剤を使用している人
  • 急性の炎症や感染症にかかっている人
  • 気管支炎などの咳が出る風邪をひいている人
  • 高熱時
  • 虫垂炎
  • 腹膜炎
  • 骨折初期の人

上記の方は遠赤外線ドームを使用することはできません。これ以外でも体調に不安があるときは、隠さずにエステティシャンに相談するようにしましょう。

遠赤外線ドームがおすすめの痩身エステコース紹介

体を温め代謝をよくする遠赤外線ドームは多くのエステサロンで使われています。その中でもおすすめの痩身エステをご紹介します。

エルセーヌ

全国に支店があり、大手のエステサロンなので安心感があります。料金設定も比較的低いので利用しやすい印象です。

エルセーヌの遠赤外線ドームの中には「ミラクルストーン」というマイナスイオンを放出する天然石が置いてあります。このマイナスイオン効果でリラックスしながら「質の良い汗」をかいて代謝を上げます。

WEBで申し込みをすると「-8cmやせる体験」を500円のワンコインで受けることができます。

コース名 -8cmやせる体験
コース詳細 遠赤外線ドーム→イオンパック&ボーン→Oラインポイントトリートメント
価格 初回体験500円/70分、通常価格は記載なし
コース名 セレブレディコース
コース詳細 スクイーズボディケア&ストレッチ→遠赤外線ドーム&ルースンイットマシン→パルスウェーブ→筋肉トリートメント
価格 初回体験1,000円/70分、通常価格10回/156,924円

エルセーヌ公式サイトはこちら

シーズラボ

シーズラボは全てのメニューを医師が開発しているメディカルエステです。

最新のマシンを使用し一人ひとりに合った施術をオーダーメイドしてくれ、
無理な勧誘がないところもおすすめです。

また、3つのダイエットのお試しメニューが5,400円で受けることができ、そのすべてにヒーティングが入っています。

コース名 全身痩せダイエットプログラム
コース詳細 トリプルシェイプ→キャビテーション→マッサージ→ヒーティング
価格 5,400円、通常価格25,920円
コース名 即効痩せキャビテーションコース
コース詳細 キャビテーション→トリプルシェイプ→デトックスマット
価格 5,400円、通常価格24,840円
コース名 セルライト徹底攻略コース
コース詳細 LPGエンダモロジー→ルミセルタッチ→プロテクノEMS→ヒーティング
価格 5,400円、通常価格21,600円

シーズラボ公式サイトはこちら

一般的なサウナよりも遠赤外線ドームサウナとの違い

遠赤外線ドームサウナが一般的なサウナに比べて何が違うのかをまとめてみました。

遠赤外線ドームサウナのほうが体の隅々まで温まる

遠赤外線ドームは、人間の体に合わせたドーム状に独自設計されており、体の中心に向かって遠赤外線が均等に放射されることで一般的なサウナルームよりも圧倒的に体の温まり効果が高いです。

サウナは室内温度、座る位置や座り方などで体の隅々まで均等に温めるのが難しいです。

遠赤外線ドームサウナは外に頭を出しているからのぼせない

ドームサウナ内は線赤外線ヒーターの温度は60℃がMAXとなっていて、頭は外に出しているのでのぼせにくいです。

ドーム内の温度は25℃から45℃となります。それに比べてサウナの部屋の温度は100℃とかなり熱く、それだけの熱気になると頭も熱くなってのぼせやすいです。

遠赤外線ドームサウナは呼吸がしやすい

実際に岩盤浴やサウナを経験したことがある方ならわかると思いますが、熱い空気が鼻や喉の器官を通るため呼吸がしにくいです。さらに部屋が密室になっていることから余計に息苦しいです。

ドームサウナでは、頭の部分は外に出ていることから、呼吸がしにくいこともなく、酸欠の恐れもありません。

遠赤外線ドームサウナは皮脂腺から汗をかく

線赤外線ドームサウナは皮脂腺から汗をかくため、体脂肪やダイオキシンといった有害物質も排出しますが、サウナは汗腺からしか汗が出ないため、運動やトレーニングでかく汗と差がありません。

まとめ

多くのエステサロンの痩身メニューで取り入れられている遠赤外線ドームについて調べました。

遠赤外線ドームは入るだけでおよそ1食分のカロリーを消費してくれるので痩身効果がありますが、それだけではなく老廃物や有害物質を排出してくれるデトックス効果があることがわかりました。

遠赤外線ドームの使用をしばらく続けることで、冷え性やむくみの解消のほか、代謝が改善され太りにくい身体を作ることができます。

生活習慣や運動不足は簡単には改善しにくいものですが、遠赤外線ドームを利用し「質の良い汗」を流すことで根本からの体質改善に効果があるといえそうです。

多くのサロンのコースにこの遠赤外線ドームが組み込まれているので、まずはお試しコースなどでその発汗効果や他の施術との相性を見てみるのもよさそうです。いくつかのサロンを試してみて、自分にあったサロンを見つけてみてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク