キャビテーションエステコースの料金価格比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャビテーションと呼ばれるマシンはセルライト除去に効果的だと言われていることから、多くの痩身エステサロンでキャビテーションエステコースが用意されていますが、いったい施術費用はどのくらい必要なのでしょうか。

今回は人気のキャビテーションについて、施術金額を中心に詳しく紹介します。

キャビテーションエステのコース契約時の料金価格比較データ表

サロン名 コース名 料金
キレイサローネ サイズダウン定額コース 月額15,980円(税別)
D.D.Labo 全身痩身コース 月額9,980円(税別)
ヴィトゥレ 全身痩身40%OFFプラン(39回) 月額制9,500円~(税別)
ラ・パルレ ・キャビテーション燃焼コース(80分)
・キャビテーション排出コース(80分)
32,400円(税込み)
37,800円(税込み)
たかの友梨 ・TAKANO式キャビボディ
(部分・約20分)
・TAKANO式キャビボディ
(上or下半身・50分)
ビジター12,000円(税別)
会員料金10,000円(税別)
ビジター21,000円(税別)
会員料金18,000円(税別)
シーズ・ラボ 全身痩せダイエットプログラム(80分)
速攻痩せキャビテーションコース(60分)
1回25,920円(税込み)
1回19,400円(税込み)
銀座グラティア 超特急ウエストor美脚燃焼コース(120分)
脚や瀬エステ集中コース(60分)
25,000円(税別)
15,000円(税別)
フェイバリックス お手軽プラン30日3回プラン(45分/1回) 通常48,600円
ジェイエステティック 凹凸ボディケアコース(75分)
きゅっと引き締めコース(75分)
1回14,000円(税別)
1回14,000円(税別)
エステタイム 月額制痩身(月2回・計60分) 通常月額4,980円(税込み)

価格比較データ表から見るキャビテーションエステコースの平均価格相場

キャビテーションエステコース料金は、月額料金か施術1回あたりの料金か、どちらかの価格設定がされています。

月額制のエステサロンの場合、エステによって月に何回施術を受けることができるか回数が決まっています。

しかし、たとえ月に1回だけ通うとしても、月額制の平均価格相場が1万円~1万5千円程度なのでリーズナブルです。

また、月額制エステサロンでは、キャビテーション以外のエステ施術方法もパックになっていることが多いので、キャビテーションと併せてさまざまな痩身マシンやハンドマッサージを受けることができます。

1回当たりの値段は、エステサロン店によって料金設定がさまざまです。エステサロンによって施術時間や施術内容が異なりますが、多くのエステサロンが約60分から80分の施術時間を設けており、料金は2万円前後から3万円台までとなっています。

公式サイトに価格表が載せてあるエステサロンもありますが、初回体験コースを受けてからコース料金を提示するところもあります。

価格比較データ表に掲載されていないエステサロンでも、キャビテーションのお試し体験コースがあれば、エステコースを取り扱っているので、気になるエステサロンがあれば、まずはお試しコースを予約することをおすすめします。

キャビテーションエステのお試し体験コースの料金価格比較データ表

サロン名 コース名 料金
ヴィトゥレ 体験プラン 3,000円(税別)
ラ・パルレ 速攻!セルキャビ美脚コース(60分) 4,000円(税込み)
たかの友梨 TAKANO式キャビボディコース
(上半身or下半身・50分)
3,000円(税込み)
シーズ・ラボ 全身痩せダイエットプログラム(80分)
速攻痩せキャビテーションコース(60分)
5,400円(税込み)
5,400円(税込み)
スリムビューティハウス 骨盤キャビテーション(70分) 3,000円(税込み)
Bloom 60分お試し体験 4,000円(税別)
銀座グラティア お試し激やせ痩身100分×2回 5,000円(税別)
ジェイエステティック 選べるエステ体験コース(凹凸ボディケアコース・きゅっと引き締めコース各60分) 5,000円(税込み)
ベルルミエール 新カラダ革命コース(90分)
部分痩せスペシャル痩身コース(上半身or下半身・60分)
3,240円(税込み)
2,160円(税込み)

お試し体験コースの料金比較から見る平均価格相場

キャビテーションの体験コースの料金相場は、通常料金よりもお試し価格でお得になっていることが多いです。60分前後の施術時間で目安は平均3千円から5千円台です。

どのエステサロンも、キャビテーションのみという訳ではなく、痩身コース内容にキャビテーションの施術を加えているので、痩身効果を実感することができる安心の内容となっています。セルライト除去効果の高さから、セルライトエステコースの中に組み込まれているケースが多いですね。

ただし、月額制の料金設定を行っているエステサロンでは、お試し体験コースを取り扱っていない場合が多い傾向にあるようです。

※参考⇒ キャビテーションエステ体験コースおすすめ人気ランキング<2016~2017年最新版>

格安キャビテーションエステのメリット

キャビテーションエステの内容や価格はエステごとにさまざまです。最近は格安キャビテーションエステも充実してきており、キャビテーションエステが身近な存在になってきました。格安キャビテーションエステのメリットは以下の通りです。

  • 〇価格が安いので初めての人でも気軽に試すことができる
  • 〇お財布に優しいので何度も通うことができる
  • 〇部分痩せを目指している人に向いている
  • 〇施術効果を実感できなくても諦めがつきやすい

格安キャビテーションエステのメリットは、やはり価格面です。少しでもお手頃にダイエットを行いたいと考える人は多いのですが、キャビテーションは1度の施術では効果が出ない痩身方法です。

週に1、2回の施術を勧められることが多く、継続して行う必要があることが理由で、どうしてもお金が掛かってしまいます。

格安キャビテーションだとお財布に優しいので、目標サイズに達するまで継続することも可能です。

また、たとえ効果を実感することができなくても、高額な痩身プランを組んだ場合は後悔も大きいですが、格安キャビテーションなら諦めもつきやすいです。

格安キャビテーションエステのデメリット

格安キャビテーションエステのメリットは、何といってもその安さですが、格安だからこそのデメリットもあります。格安キャビテーションエステのデメリットは以下の通りです。

  • ×キャビテーションの施術のみが格安で、必要なオプションの料金が高い可能性がある
  • ×必要な施術がセットになっていない
  • ×1回あたりの価格が格安でも効果が出るまで継続すると、高額になってしまう可能性がある

格安キャビテーションエステを受けるにあたり気を付けたいのが、キャビテーションの施術に必要なケアがきちんと行われているかどうかです。

キャビテーションの効果を確実に得る為には、キャビテーションマシンで脂肪細胞を破壊させ、破壊した脂肪や老廃物を体外に排出しなくてはいけません。

その為、キャビテーションの施術と一緒に、ヒートマットで発汗を促したり、ハンドでリンパマッサージをしたり、器械による筋肉運動で筋肉をつけて脂肪燃焼を高めたりする施術を行わなくてはいけません。

格安キャビテーションは、これらの施術コースが別になっていたりオプションになっていたりする場合があるので、別途料金が必要となってくることがあります。

それでは、いくらキャビテーションが格安でも、結局施術価格が高額になってしまいます。とはいえ、必要な施術がセットになっていない格安キャビテーションエステを受け続けても効果は全く出ないので、延々と施術を受ける羽目になり施術回数も増えて高額になります。

損をしない為にも、格安キャビテーションエステの施術内容をしっかり確認するようにしましょう。

そして、エステに通うのが金銭的に厳しいと考えるのであれば、家庭用キャビテーションマシンもあります。

以下、家庭用キャビテーションマシンの料金について説明していきます。

家庭用キャビテーション機器の料金価格比較データ表

機器名 搭載機能 使用可能箇所 料金
キャビスパRFコアEX ・キャビテーション
・ラジオ波
・EMS
・フェイスモード
・バストモード
・防水
腕、ウエスト、脚、ヒップ、フェイスライン、ネック 通常価格45,000円(税別)
美ルルキャビスタイル ・キャビテーション
・RF温熱
・振動マッサージ
・赤LEDエステ
背中、腹、脚、腕、顔、ヒップ 19,800円(税込み)
ドクター・キャビエットゴースト ・MFIP
・ラジオ波
・EMS
・キャビテーション
・ディープヒートシステム
・赤色LED
二の腕、腹部、太もも、ふくらはぎ、背中、腰、ヒップ 定価215,000円(税別)
LIFE PUZZLE LMH17 ・ラジオ波
・キャビテーション
臀部、脚、腹部、腰 179,900(税込み)
キャビプラス ・キャビテーション
・ラジオ波
・赤色LED
・EMS
腕、お腹、太もも、フェイス 通常価格49,800円
(税込み)
販売価格19,800円
(税込み)
Liposonix家庭用 ・キャビテーション
・ラジオ波
・SONIC
・EMS
・防水
ふくらはぎ、二の腕、下腹など 18,000円(税込み)

料金価格比較データ表から見た家庭用キャビテーション機器の平均価格相場

家庭用キャビテーション機器には大きく分けて、家庭用のみの機器と業務・家庭両用タイプの機器の2種類があります。

キャビテーションの周波数は、小さいほど身体の奥まで振動が届きやすく、40khz前後の周波数が効果的であると言われています。ただし、極端に体重が重い場合や皮下脂肪が厚い場合はこの通りではありません。

この条件を満たしているのが業務・家庭両用タイプのもので、価格は20万円台前後とかなり高額な価格相場となっています。

ですが、エステサロン同様のキャビテーション周波数なので効果はかなり期待できそうです。

家庭用のみのキャビテーション機器の平均価格相場は、キャビテーションの他にラジオ波や赤色LEDなどの機能が搭載されたもので約2万円弱が相場となっています。

家庭用のみのキャビテーション機器の周波数は、330khzより高いものが多いです。効果的だと言われている周波数からは離れていて、業務・家庭両用タイプのものより大分お安い価格帯です。

周波数は大きく変わりませんが、搭載機能が多くなると家庭用のみのキャビテーション機器でも少し価格が高くなる傾向にあります。

自分の都合のいいときに効率よくケアできるのが魅力的な家庭用キャビテーションですが、注意してほしいのは、自分でケアする場合は、背中など手が届かない範囲もあるという点です。太ももの裏側や二の腕、お尻などの施術部位もケアしづらいと思います。

まとめ

「メスのいらない脂肪吸引」として注目を集めているキャビテーションは、多くのエステサロンで取り扱われている痩身エステメニューの1つです。

以前はキャビテーションエステの価格も高額でしたが、現在はお得な月額制エステの痩身メニュー内容に含まれていたり、エステサロンによっては格安でキャビテーションエステの施術を行っていたりするところもあります。

また、初回限定価格で体験コースも用意されています。キャビテーションエステが初めての人でも安心して施術でき、おすすめです。1度お手頃価格で体験エステをし、キャビテーションの効果を実感してみるといいでしょう。

ただし、キャビテーションエステは継続する必要があるので、1度だけだと効果が実感できなかったり金銭的な負担が大きくなったりします。ついつい格安でキャビテーションエステが受けられるエステサロンを選びがちになりますが、格安キャビテーションエステにはメリット・デメリットがあるので、よく検討してから利用するようにしてください。

エステサロンが割高だと感じるのであれば、家庭用のキャビテーション機器や、業務・家庭両用タイプのキャビテーション機器も販売されています。

今回の調査レポートを参考に、自分にとってダイエット効果と料金面から、コストパフォーマンスがいいのはエステサロンなのか家庭用なのかを検討して、キャビテーションエステで理想のボディを目指してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク