ハイパーナイフとは?キャビテーションとどちらのほうが良いのかを徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイパーナイフ

「ナイフで脂肪をそぎ落とした」ように部分痩せができることから名前がついたハイパーナイフというエステ。

キャビテーションと同時期の2013年から流行したこともあってキャビテーションの仲間と誤解されることもありますが、痩せるための仕組みや特徴が異なる全くの別物です。

そのため、今回はハイパーナイフとキャビテーションを徹底的に比較して、それぞれがどんな人に向いているエステなのかをご紹介します。

この記事を読み終わる頃にはあなたにとって、ハイパーナイフとキャビテーションのどちらを選べば良いのか?が判断できるでしょう

全ての文章を読むのが面倒という方のために、まずはハイパーナイフとキャビテーションの向いている方の要点だけを箇条書きでまとめてみました。

ハイパーナイフが向いているのはこんな人!
  • 短い時間で部分痩せしたい人
  • 身体に優しい方法を選びたい人
  • 1回でなるべく大きなサイズダウンをしたい人
  • 冷え性やむくみなども無くして痩せやすく体質改善もしたい人
  • 部分痩せしたい箇所がたくさんある人
  • ハイパーナイフだけでいいし安く済ませたい人

有名店の「サロン・ド・フララ」かマシン直営店の「サロン・ド・ヴィーナス」がおすすめ。

キャビテーションが向いているのはこんな人!
  • なるだけ安くコースを受けたい人
  • わずかでもリスクは無い方が良い人
  • リバウンドせずに部分痩せしたい人

キャビテーションで最もおすすめなのはヴィトゥレですが、キャビテーションを取り扱っているサロンは多いです。

>>こちらのページでキャビテーション体験コースのおすすめ人気ランキングをまとめています。

どちらが良いのか?の理由をもっと詳しく知りたい方は、ここから先の記事でその理由についてもっと掘り下げて解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ハイパーナイフとはセルライトを改善し脂肪を燃焼しやすくするマシン

ハイパーナイフとは皮膚の下4cmまでの脂肪を温めながらほぐすことで肥大化した脂肪であるセルライトを小さくし、脂肪を燃焼しやすくして部分痩せできるマシンです。ハイパーナイフを使ってケアするエステのこともハイパーナイフと呼びます。

ラジオ波の一種である高周波と呼ばれる1MHzの電流を流し、水分を振動させることで体内に熱を発生させます。

合わせて読みたい

身体に電流を流すと聞くとやけどが心配かもしれませんが、ハイパーナイフはバイポーラ方式(双極)と呼ばれる仕組みを使っているためショートせず安全です。

ハイパーナイフってフェイシャルエステでも見た気がするけど?
同じマシンを使ったシワとたるみに効果がある顔用のエステね。今回は人気の高い身体用のハイパーナイフに絞って話を進めるわね。

キャビテーションとハイパーナイフは全くの別物

キャビテーションとは、超音波でできる泡を利用して脂肪自体を減らすエステなので、セルライトを解消し脂肪を小さくするハイパーナイフとは、「部分痩せ」のアプローチ方法が全く違います。

また、キャビテーションはその仕組みを使ったエステのことで「キャビゼロ」や「キャビフル」など価格も性能も色々なマシンがあり、マシンによって多少効果が違いますが、ハイパーナイフは1種類のマシンのためどこのエステサロンで受けても基本的に同じ効果が得られます。

キャビテーションについては別記事にまとめました。

合わせて読みたい
次は、あなたにハイパーナイフとキャビテーションのどちらがおすすめか見ていくわね。

ハイパーナイフとキャビテーションのどちらがいいかをチェック

詳しくは後述しますが、ハイパーナイフとキャビテーションの全8項目の特徴を比較しました。

その結果、ハイパーナイフは次のようなエステを受けたい人におすすめです。

  • 短い時間で部分痩せしたい
  • 身体に優しい方法を選びたい
  • 1回でなるべく大きなサイズダウンをしたい
  • 冷え性やむくみなども無くして痩せやすく体質改善もしたい
  • 部分痩せしたい箇所がたくさんある
  • ハイパーナイフだけでいいし安く済ませたい
ハイパーナイフは有名店の「サロン・ド・フララ」かマシン直営店の「サロン・ド・ヴィーナス」がおすすめよ。

一方、キャビテーションは次のようなエステを受けたい人におすすめです。

  • なるだけ安くコースを受けたい
  • わずかでもリスクは無い方が良い
  • リバウンドせずに部分痩せしたい
キャビテーションで最もおすすめなのはヴィトゥレ

あなたはどちらに当てはまりましたか?

ここからは、ハイパーナイフとキャビテーションの比較内容を詳しく説明しますね。

ハイパーナイフはキャビテーションよりもケア時間が短い

キャビテーションは脂肪を破壊するだけなので排出のためのケアをセットにする必要がありますが、ハイパーナイフはそれ自体に排出を促す効果があるため単体で受けてもOKです。

そのため、ラジオ波やハンドマッサージなどの前後のケアが必須ではないハイパーナイフはキャビテーションよりもケア時間が短くて済みます。

ハイパーナイフはキャビテーションよりも体への負担が少なくて優しい

キャビテーションと比べて骨伝導音が無く肝臓への負担が少ないためハイパーナイフの方がより身体に優しいといえます。

ケア中の身体への優しさ

ハイパーナイフは電流のため音がしませんが、キャビテーションは超音波を使うため骨伝導音の「キーン」という音がすることがあります。

この音がどうしても不快だという人もいるため、骨伝導音の無いハイパーナイフの方がエステ中は快適といえます。

ケア後の身体への優しさ

老廃物や余計な水分を排出するハイパーナイフとは異なり、キャビテーションは破壊した脂肪の中身の中性脂肪を代謝する必要があるため、わずかですが肝臓に負荷がかかります。

ハイパーナイフはキャビテーションよりエステ直後のサイズダウンが大きい

エステに通うたびに脂肪を少しずつ破壊するキャビテーションと異なり、皮膚の下4cmの脂肪にダイレクトに働きかけて脂肪を小さくしていくハイパーナイフの方が施術後のサイズダウンが大きくなります。

これは、ハイパーナイフの名前の由来である「ナイフで脂肪をそぎ落とした」という表現からも分かりますね。ハイパーナイフは公式にウエスト60cm台の人が1回で2.9cm、3回で6.1cm細くなったというデータが出ています。

ハイパーナイフはキャビテーションよりプラスαの効果が多い

ハイパーナイフは血流やリンパの巡りを良くするため部分痩せ意外にも

  • 肩こり改善
  • 腰痛改善
  • むくみ改善
  • 冷え性改善
  • 体質改善

の効果があります。1ヶ月~3ヶ月、週に1回~2回の頻度で通い続けることで脂肪を燃焼しやすく体質改善することができるのもメリットでしょう。

プラスαの機能がついているキャビテーションもありますが、エステで痩せながら身体の不調を無くし体質改善できるハイパーナイフの方が優れているといえるでしょう。

ハイパーナイフはキャビテーションと異なり複数箇所の部分痩せができる

キャビテーションは肝臓の負荷を考えて1度に2パーツまでで4日は間をあけるなど制限がありますが、ハイパーナイフは毎日全身を一気にケアすることもできます。

お腹に太もも、二の腕…など複数の箇所を短期間で一気に部分痩せできるのはハイパーナイフの強みです。

ハイパーナイフはキャビテーションと比べてコースだと料金が高いけれど単体だと安い

キャビテーションと比べるとコースだとハイパーナイフの方が高くなりがちで、単体なら1パーツ4,000円が相場のハイパーナイフの方が安くなります。

ハイパーナイフのコース料金の相場は無い!

キャビテーションの通常料金は1回あたり1.5万円~3万円が相場なのに対し、ハイパーナイフのコースの通常料金は1万円~4万円弱と幅がありすぎて相場がハッキリしません。

通常料金の例を挙げるとこんな感じです。

なぜこんなに料金差があるのかというと、ハイパーナイフにかける時間や部位数などが様々なうえ、大手エステサロンが導入していないため価格競争が起こりにくく、中小規模のエステが自由に料金を決めているからです。

公平に判断するため、ここではハイパーナイフとキャビテーションの両方を取り扱っているエステサロン「サロン・ド・フララ」の料金からどちらが安いか比較してみます。

コース名 コース内容 コース時間 コース料金
効果絶大キャビテーションセット キャビスリム、ヴィーナスライン 計70~100分 12,800円
40分デザインスリムセット ハイパーナイフ、ヴィーナスライン 計70分 14,800円
70分デザインスリムセット ハイパーナイフ、ヴィーナスライン 計100分 25,000円

セットになっているケアも時間も同じコースの料金は、キャビテーションが12,800円、ハイパーナイフは14,800円~25,000円のため、ハイパーナイフの方がキャビテーションより高いといえます。

ハイパーナイフの1パーツあたりの相場は4,000円

コースではなくハイパーナイフ単体の料金を見てみると、相場がハッキリしていて1パーツあたり4,000円ほどといえます。

キャビテーションだと手のひら1つ分1パーツのところもありますが、ハイパーナイフは1パーツの範囲が広く、お腹なら腹部全体で1パーツの扱いになるためお得です。

ただ、サロン・ド・ヴィーナスは単体で受けられますが、defi-mは各メニューに追加するオプション、LAVAはホットヨガ会員限定サービスです。ハイパーナイフだけで受けられるサロンが少ないのはネックです。

ハイパーナイフはキャビテーションよりリスクがわずかに高い

ハイパーナイフもキャビテーションも身体に滑らせるように当てていき、どちらもマシン自体は温かく感じる程度で何の危険もありません。

ただ、キャビテーションは当てる面が平らな一方、ハイパーナイフは6個の突起がついているため、エステティシャンの腕が未熟すぎると赤みや内出血を起こす可能性があります。

危険性は低いですが、万一エステ中に痛みを感じたらすぐにエステティシャンに伝えて自衛してくださいね。

ハイパーナイフはキャビテーションよりリバウンドしやすい

どちらも部分痩せに強いエステですが、ハイパーナイフは脂肪細胞を小さくし、キャビテーションは脂肪細胞を壊して減らします。

そのため、再び中性脂肪を貯めこんで大きくなれる脂肪細胞自体が残っているハイパーナイフの方がリバウンドしやすくなります。

ハイパーナイフのサイズダウン効果を定着させるには1ヶ月~3ヶ月通い続ける必要があるといわれます。

まとめ

ここまでハイパーナイフとキャビテーションを徹底比較してきました。

最後に、どちらの方があなたの部分痩せに適しているかもう一度まとめておきます。

ハイパーナイフの方が良いのは
  • 短い時間で部分痩せしたい人
  • 身体に優しい方法を選びたい人
  • 1回でなるべく大きなサイズダウンをしたい人
  • 冷え性やむくみなども無くして痩せやすく体質改善もしたい人
  • 部分痩せしたい箇所がたくさんある人
  • ハイパーナイフだけでいいし安く済ませたい人

ハイパーナイフはマシン直営店の「サロン・ド・ヴィーナス」がおすすめです。

salon-venus

サロン・ド・ヴィーナスはハイパーナイフだけでも受けられる数少ないサロンです。コースの体験は85%OFFの3,000円と安いため、まずはコースの体験を申し込むと良いでしょう。


キャビテーションもハイパーナイフも受けてみたいなら、両方を取り扱っているサロン・ド・フララ」がおすすめです。

<fulala

エステの体験は一般的に1サロン1回までなのに、サロン・ド・フララは2回の体験も選べる点も魅力です。


キャビテーションの方が良いのは
  • なるだけ安くコースを受けたい人
  • わずかでもリスクは無い方が良い人
  • リバウンドせずに部分痩せしたい人

キャビテーションで最もおすすめなのはヴィトゥレです。

ヴィトゥレのスタイル革命

ヴィトゥレはサロン・ド・フララのハイパーナイフ体験と同じ3,000円で「キャビテーション体験」ができる、コース料金も安いおすすめのエステサロンです。

合わせて読みたい


  • このエントリーをはてなブックマークに追加