痩身エステで使われるヒートマットの効果と人気の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痩身エステに行くと、ほとんどのサロンでヒートマットや遠赤外線ドームサウナを使った体を温める施術が入っています。

安全に効率よく体を温めることが出来るヒートマットの使い方や効果、ヒートマットを使ったおすすめのメニューについてまとめていきます。

ヒートマットとは

電熱線が張り巡らされていることで温熱効果があるマットです。体の芯から温めることによる発汗作用や新陳代謝促進をはじめとする体質改善効果を目的として作られていることから、主にダイエットを目的とした痩身エステで使用されています。

ひとことでヒートマットと言っても、セラミック製、温度や消費電力調整付きなど、さまざまな種類が存在します。

二つ折りか三つ折りのパターンがあり、折り曲げても大丈夫なようカーボン線が使われています。

痩身目的以外にもゲルマニウム温浴や岩盤浴機能もついたマットは、デトックス効果も見込めることから、リラクゼーションサロンでも導入する店舗が増えてきています。

痩身エステで使われるヒートマットの使い方と手順

ベッドにヒートマットを敷きその上に横になり、頭だけを出した状態で体をすっぽりと包みこみ身体を温めます。

身体の芯から温めることができるので、代謝が上がり、人によっては1リットルもの汗をかきます。

脱水症状にならないように、始める前や途中で水分を補給するようにしましょう。

また熱すぎると感じたときは、温度調節が出来るので温度を下げることも可能です。

身体を温めると、脂肪や筋肉が柔らかくなり次に行う施術の効果が上がります。

施術前の段階で最初にヒートマットを行うサロンと、マッサージなどの施術を行いリンパの流れを良くさせた後にヒートマットを使い、代謝を上げて痩せやすい身体を持続させる狙いのサロンとがあります。

また、初めと終わりの両方にヒートマットを組み込んでいるサロンもあります。

どのタイミングでヒートマットを使うかはサロンによって違いがありますが、ほとんどのサロンでヒートマットや遠赤外線ドームなどが組み込まれています。

身体を温めることが、どれだけダイエットに重要なのかが伺い知れます。

痩身エステで使われるヒートマットの効果

身体を温めて大量の発汗を促すヒートマットですが、使用する事でどのような効果が期待出来るのでしょうか。

施術の効果を高める

ヒートマットは、頭は外に出して身体だけを温めるものなので、安全になおかつ短時間で身体全体を温めることが可能となります。

身体を温める事で筋肉や脂肪が柔らかくなり、その後にマッサージやマシンなどの施術を行うため、体の奥までその効果が届きやすくなり、施術効果自体が飛躍的に上がると言われています。

代謝が良くなる

肉料理を思い浮かべてもらうとわかりやすいと思います。脂身を温めるとみるみると脂が溶け出しますが、反対に冷めてしまうと、溶けた脂も白く固まってしまいます。

人の身体も同じで、温めることで固まっていた脂肪が溶け、血行が良くなりむくみや冷え性などが改善されます。

また体温が上がるので、代謝が良くなり痩せやすい身体になります。

※補足情報:冷えとダイエットの関係

人は運動をしなくても、ただじっとしているだけでエネルギーを消費しています。

生命維持のために使われるエネルギーが基礎代謝となりますが、冷えと深く関係があります。

冷えにより血行不良が起き、内臓の温度が低下すると、基礎代謝も下がります。
内臓温度が1度下がると基礎代謝が12%も下がると言われています。

冷えは痩せにくく太りやすい身体を作る事に繋がり、身体の不調や老化を早める結果にもなりかねません。

デトックス効果がある

遠赤外線タイプのヒートマットの場合は、遠赤外線が身体を深部から温めるため、普段かく汗腺から出る汗とは違い、皮脂腺から汗を出すことができます。

皮脂腺からの汗は、体の中の老廃物やコレステロールなどを含み、汗と一緒に体外へ排出することができるのでデトックス効果を得ることが出来ます。

※補足情報:デトックス効果とは

デトックスとは「毒素の排出」という意味があります。毒素は身体にとって悪影響となるもの全てを指しています。

脂肪はもちろんですが、老廃物や精神的なストレスにも働きかけ、美容にも良く心身共に健康になるためのものです。

痩身エステのヒートマットのデメリット

施術中には痛みもなく、横になっているだけで身体全体が温まりメリットが多いように思えるヒートマットですが、デメリットについてもまとめていきましょう。

低温やけどをしてしまう可能性がある

高い温度に設定されていた場合や、長時間使用した場合には低温やけどをしてしまうことがあります。

通常だと10分~30分くらいの使用が多いのですが、ヒートマットに30分に入るのはかなり長いと感じる場合もあります。

また温度が高いと熱いと感じるだけでなく、皮膚にピリピリとした痛みを感じる事もあります。

少しでもおかしいと感じたら、我慢せずすぐにスタッフに伝えるようにしましょう。

汗をかくことによる不快感

薄いビニールのようなパラフィンシートを直接巻いてヒートマットに入ると、大量に汗をかいても吸い込まず、そのまま汗が溜まっていきます。

どれくらい汗をかいたかわかるのはメリットですが、汗による不快感で最後までヒートマットに入っていられない人もいます。

上記の低温やけどにしても、汗による不快感にしても、肌に触れる部分にタオルを巻くことで防ぐことが出来ます。

サロンの施術方法や順序などもあり、一人だけタオルを巻いて欲しいとは言いづらい可能性もあります。

肌の弱い人や汗だくになる事に我慢が出来そうにない場合は、あらかじめどのようにヒートマットを使うのかを確認しておいた方が良いかもしれません。

通常のヒートマットは効果が少なめ

通常のヒートマットは、電熱線で温度を上げて身体を温め発汗を促します。

短時間で身体全体を温められ汗をかくことが出来ますが、遠赤外線タイプでなければデトックス効果は得られません。

通常のヒートマットの場合、他の施術と組み合わせる事で痩身効果が上がりますが、ヒートマットだけでの痩身効果はあまり期待出来ないと言えます。

痩身エステのヒートマットがおすすめの方

痩身エステのメニューの中には、高確率で入っていることが多いヒートマットですが、ヒートマットはどのような方におすすめなのでしょうか。

汗をかきにくい人

普段から汗をかきにくい人は、代謝が悪くなっているため多少の運動をしたくらいではそれほど汗をかきません。

そのような人でもヒートマットなら、大量に汗をかくことが出来ます。

ヒートマットは温度調節が出来、スタッフが熱さの確認を取りながら調節をしてくれます。

汗をかきにくい人は、他の人と同じ設定温度だと全く汗をかかずに終わることがあるそうです。

自分は汗がかきにくいと自覚がある人は、普通の人よりも少し高い温度に設定してもらうようにすると良いでしょう。

セルライトがある人

ヒートマットは固くなったセルライトを温めて溶かし、体外へ排出しやすくしてくれるので、セルライトで悩んでいる方にはおすすめです。

痩身エステでは、脚やお腹周りなど部分ごとの施術になりますが、ヒートマットは身体全体を温めるので、1回のヒートマットで身体全体のセルライトに効き目があるのも嬉しい効果と言えます。

痩身エステで使われているおすすめのヒートマット商品

サロンで使われているようなヒートマットは家庭でも使うことが出来て、一般の方でもインターネットなどから購入することが出来ます。

家庭にヒートマットがあれば、エステサロンに通うよりはるかに安い値段で毎日使うことが出来るのが利点です。

代謝が上がり痩せやすい体質に改善するために、家に1台あっても良いかもしれません。

デトックス作用があり、使い勝手が良さそうな売れ筋ランキング1位の遠赤外線ヒートマットを紹介します。

遠赤外線ヒートマット3

サロンでもよく導入されている人気の三つ折りタイプのヒートマットです。

横幅も広めに作られていてきつい思いをすることなく、身体を完全に包み込むことができます。気密性が高く熱が逃げにくいので、発汗しやすく使いやすいのが特徴です。

遠赤外線がマットの上から下まで入っているので、身体全体を温めることが可能です。

商品名 遠赤外線ヒートマット3(三つ折り)
販売価格 53,460円(購入するサイトによって多少前後します)
サイズ 長さ175cm×横幅72-84cm
重量 6kg
温度 25-75度
温度調節 11段階(5度間隔)
タイマー 20、30、40、60分の4段階
その他 ・業界トップクラスの遠赤外線量
・防水加工で汗に強い

*上記の仕様に胸元を折り曲げて使用するなど、使用用途に合わせて調節できる「セパレート機能」を付けた商品が64,260円で購入できます。

家庭で使うのならセパレートはあまり必要ないかと思いますが、サロンで使用するために購入を検討している場合は、こちらの商品はおすすめです。

ヒートマットを始めとする、エステ機器を多く取り扱う卸店などもあり、1万円以上の購入であれば送料も無料というショップもあります。

「美セラ」http://www.bisella.com/
「ビューティーガレージ」http://www.beautygarage.jp/

ヒートマットと組み合わせるのがおすすめの痩身エステメニュー

痩せるためには「冷え」は大敵であり、身体を温めて代謝をよくするのは痩身エステを受ける際の基本と言えます。

そのため身体を温めるヒートマットは、ほとんどの痩身エステのメニューに組み込まれており、キャビテーションやハンドマッサージなど、どのメニューと組み合わせても痩身効果を上げる働きがあります。

サロンによってヒートマットを組み込む順番が異なりますが、他の施術の効果を上げることを考えると、一番初めにヒートマットを入れたメニューがおすすめと言えます。

痩身エステの中では、キャビテーションやEMSと比較をするとメインのメニューとは言い難いヒートマットですが、サロンを選ぶ際にはどのタイミングでヒートマットが組み込まれているかを確認して決めるのも良い方法です。

組み合わせの施術 内容と効果
キャビテーション 超音波を使ったマシンで脂肪細胞を液状化させることが出来ます。そのため体外への排出がしやすく、即効性が期待できる施術です。
EMS 電気を用いた筋肉トレーニングマシンです。
インナーマッスルが鍛えられ、脂肪燃焼が促進され筋肉をつけることが出来、代謝を上げる効果もあります。
ハンドマッサージ 人の手による施術で安心感があります。
細かなセルライトにも対応して老廃物なども排出してくれるため、美しいボディラインを作れます。

ヒートマットがおすすめの痩身エステ

ヒートマットをメニューの中に取り入れているサロンは多くありますが、中でも通いやすく体験が出来るおすすめのサロンをまとめました。

スリムビューティーハウス

骨盤の周りの筋肉を鍛え、正しい位置に戻すことで痩せやすい身体にします。

体験コースだけでも様々な種類があり、500円から利用することが出来ます。

ヒートマットは体験コースメニューの最後に組み込まれていますが、タオルを巻いてくれるので、やけどの心配や汗による不快感はありません。

サロン名 スリムビューティーハウス
体験コース名 骨盤Beautyコース
体験料金/時間 500円/70分
施術内容 1、EMSで骨盤周りの筋肉を鍛える
2、オリエンタルパック
3、ヒートマットで全身を温める
4、カッピング
5、ハンドマッサージ
公式サイトURL http://slim.jp/

ラ・パルレ

落ち着いた雰囲気のラ・パルレは店舗数も多く30年以上の実績がある大手のエステサロンです。

メニューの一番初めにヒートマットを使った施術が入っていて、パルレ流の浸透型ジェルを使った赤ラップヒートマットで発汗をアップさせます。

500円で2種類の体験コースが利用でき、他にもお得な値段で利用できる体験コースが揃っているのでおすすめです。

サロン名 ラ・パルレ
体験コース名 メソセルライト撃退セレクトコース
体験料金/時間 500円/70分
施術内容 1、赤ラップヒートマットで発汗を促す
2、ハンドトリートメント・RFサーモ・Mキューブウェーブの中から選べる
3、ローラートリートメントで脂肪を揉みほぐす
4、JUJUで筋肉運動
公式サイトURL http://www.parler.co.jp/

エステティックミスパリ

他のエステサロンと比べると料金が少し高く、高級エステサロンとして人気があるミスパリですが、通常価格22,000円が9,000円で体験することができます。

ヒートマットは遠赤外線タイプなのでデトックス作用がありおすすめです。

メニューの中盤に遠赤外線サウナ、最後に遠赤外線ヒートマットを取り入れることで、柔らかくなった脂肪を体外に排出する作用を促しています。

サロン名 ミスパリ
体験コース名 トリプルバーン痩身法
体験料金/時間 9,000円/施術合計時間1~3時間
施術内容 1、セルライトを揉みほぐすセルライトバーン
2、脂肪を柔らかくするミリオンウェーブ
3、発汗を促すカプセル型の遠赤外線サウナ
4、引き締め効果があるファットバーン
5、デトックス効果がある遠赤外線ヒートマット
公式サイトURL http://www.miss-paris.co.jp/

まとめ

ダイエットの効果を上げるためには、いかに身体を温め代謝を良くするかがカギとなります。

身体を温めるために、食事の面からでは生姜を取り入れる事は良いとされていますが、毎日生姜を使った料理を食べるというのも、実際には難しいものです。

根菜類の野菜やネギ、豆類など、身体を温めダイエットにも良いとされる野菜は積極的に摂り、日常的に運動なども取り入れていくと代謝を上げる効果につながります。

それでも特に冬場は、軽い運動をしたくらいでは身体が温まったと実感することは難しいかもしれません。

その点、体内深部まで身体を温めるにはやはりヒートマットの施術が効率が良いと言えます。横になっているだけで体を温めることが出来るのです。

また、遠赤外線タイプのヒートマットならデトックス効果もプラスされ一石二鳥と言えます。

ほとんどのサロンの痩身メニューで、ヒートマットや遠赤外線ドームサウナなどの身体を温める施術が入っているのは、その効果と効率に基づいていると言えます。

ヒートマットにも色々な種類があり、メニューに組み込まれているタイミングもサロンごとに異なりますので、まずは体験に行き自分に合ったサロンを見つけるようにしましょう。

またエステの施術で効率よく代謝を上げつつ、普段の生活でも食事や適度な運動を心がけるだけでより痩せやすい体質へと近づき、効果も持続する事が期待出来ます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク
スポンサーリンク