キャビテーションエステで痩身効果を得るための情報まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャビテーション

「切らない脂肪吸引」ともよばれるキャビテーションは、ダイエット特集の口コミや体験ブログで話題の美容痩身法です。

痩身エステ体験コースには、キャビテーション体験メニューが増えています。人気の痩身技術であるキャビテーションのメリットやデメリットと詳しい情報を調べました。

目次

キャビテーションとは

キャビテーションとは
キャビテーション(cavitation)作用とは、液体の中の圧力差で起きる気泡の発生と物体の消滅のことで「空洞現象」とも呼ばれます。

専用のキャビテーションマシンで超音波を当てると、体内の液体は常温でも圧力が飽和蒸気圧以下に下がると発泡し、高い圧力変動を発生させます。

ダイエットエステのキャビテーション施術では、この現象を使って脂肪組織にアプローチして、体脂肪率を減らしていくのです。

  1. 皮膚表面から脂肪やセルライトに特殊な超音波を当てる
  2. キャビテーション作用によって、とても小さな泡ができる
  3. 超音波を当て続けると、泡がどんどん大きくなって破裂する
  4. 体内で脂肪細胞の細胞膜が破れる
  5. 中身の中性脂肪がドロリと流れだして乳化する
  6. 乳化した中性脂肪は血液やリンパ液によって肝臓へ運ばれる
  7. 一部はエネルギーとして消費され、体外へと排出される

脂肪細胞そのものを破壊して数を減らすので、高い痩身効果が期待できます。

キャビテーションエステで痩せる仕組み

Machines for removing the excess fat
キャビテーションは、「骨盤矯正ダイエット」や脂肪を揉みほぐす「エンダモロジー」と並ぶ、最新の痩身施術ケアです。

キャビテーションエステのマシン吸引による施術は、美容整形クリニックなどの皮膚を切って脂肪吸引する手術とは違い、破壊した脂肪細胞を体外へ排出することが可能です。

痩身エステサロンでは、「温め」→「マシンケア」→「ハンドトリートメント」が基本の施術コースです。

  1. 身体を温めて血行改善・血流アップさせる
  2. 冷え性の肉体(痩せにくい体質)の改善をする
  3. マシン(美容医療機器)により脂肪に働きかける
  4. ハンドケアによって老廃部や水分を排出する

冷え性改善、むくみ解消、脂肪燃焼効果で、ボディラインを整えていきます。

家庭用キャビテーション機器(キャビスパRFコアEXボニックプロなど)には、キャビテーション・高周波やラジオ波(RF波)によるRF吸引・赤色LEDも組み合わせた美容マシンもあります。

しかし、脂肪分解しても排出できなければ意味は無く、納得できるボディラインは手に入りません。

エステティシャンのプロの手技、脂肪燃焼マッサージやリンパマッサージの痩身メニューがデトックス効果を上げる重要なポイントです。

太ももの裏やお尻、背中はセルフエステではマッサージの力が入りにくいので、自宅ケアは難しい部位ですね。

▼人気の家庭用キャビテーションの比較記事はこちら
キャビプラスとキャビスパRFコアEXを徹底比較!「キャビスパRFコアEX」を使ってみた口コミと効果!

キャビテーションエステのメリット

5221_13
キャビテーションのメリットは、安全で確実に痩せられるうえに、リバウンドしにくく、部分痩せができることです。

むくみ解消効果

痩身エステは使用するマシンの威力も限定され医療行為にも当たらないので、効果という意味では美容クリニックの医療用マシンより多少劣るかもしれません。

しかし、キャビテーションとあわせて行う「リンパケア」や筋肉を動かす「EMS」、体を温める「ヒートマット」などの施術によって高い効果が期待できます。

硬くなった脂肪細胞そのものを壊し、血流改善やリンパの流れの促進に効果を発揮します。

流れが悪く停滞していた不要な水分や老廃物がしっかりと流れることによって、自然とむくみが解消されるのです。

セルライト除去効果

セルライトとは、脂肪細胞同士がくっつきあい、老廃物が一緒になって大きな脂肪の塊となったものです。

皮膚表面が凸凹した状態で思春期以降の女性に発生しやすく、運動や減食ではなかなか取り除くことが難しいといわれています。

しかし、塊になったセルライトにキャビテーションを当てると、水分と脂肪を乳化させることができます。柔らかく溶けだしたセルライトはリンパによって流れ出し、やがて体外へと排出されます。

通常ではなかなか取れにくいとされるセルライトですが、キャビテーションの施術を最低でも5回以上繰り返すことにより、かなりの効果が期待できます。

セルライト対策に長年悩んできた人には朗報といえるのではないでしょうか。

高周波のラジオ波施術の併用はさらに効果が高く、ハリのある肌になれるといわれています。

リバウンドしにくい

脂肪細胞を小さくするタイプの痩身技術では、脂肪細胞が再び大きくなればエステで施術を受けた効果は無くなります。

しかし、キャビテーションは脂肪細胞自体の量を減らすことができます。

摂取エネルギーが多く消費エネルギーの少ない生活を続ければ新しく脂肪細胞が増えてしまうのには変わりありませんが、実質的にはリバウンドしにくいです。

痛みが無い

キャビテーションは施術中に痛みの不快感がなく、快適に施術を受けられるのもメリットです。

美容整形外科の脂肪吸引とは違い、メスや注射針を使わないので身体に傷が残ることはなく、脂肪冷却法のようなダウンタイム(腫れ・赤み、青あざが戻るまでの期間)もありません。

副作用や後遺症の心配もなく、安全なので身体に負担をかけないですみます

部分痩せできる

運動や食事制限では胸から先に痩せやすく、下半身の太ももやふくらはぎはあまり痩せないということもあります。

しかし、キャビテーションなら直接脂肪細胞にアプローチするため、脂肪が気になる部分だけを痩せることが可能です。

キャビテーションエステのデメリット

NG
良いことばかりに思えるキャビテーションですが、デメリットもあります。

肝臓に負担がかかる

キャビテーションで溶け出た中性脂肪の多くは肝臓で分解されます。

一時的に肝臓の負担が大きくなるので、だるさや眠気、下痢がおこることがあります。

施術の前後1時間に食事をしたり、たばこを吸ったりすることは避けましょう。

血液の中の中性脂肪が多くなることもあり、血管の疾患があったり肝臓の機能が悪かったりする人は施術を受けられません。

即効性がない

中性脂肪の排出は、体が持っている自然な代謝によって行われます。

効果が出るまでの期間は3~4日はかかるため、施術を受けたその日に劇的に痩せることはできません。

むくみ解消により若干サイズダウンする人もいますが、痩身効果を実感するまで数日かかる点はデメリットといえます。

費用が高い

1回あたりの施術料金はそこまで高いわけではないのですが、理想の身体を手に入れるためには複数回施術を受ける必要があり、費用がかさんでいきます。

脂肪細胞の中身は放っておくと体にそのまま吸収されてしまうので、排出させるためのリンパマッサージのアフターケアが必須です。

たるむ可能性がある

自然排出とはいっても、たくさんのぜい肉にキャビテーションをすることで肌がたるんでしまう可能性もあります。

急激にスリムになる場合は皮膚が緩むのは当然ですね。

エステの他の引き締めケア併用メニューのトータルエステや、ボディクリームでのマッサージで、たるみ対策も一緒に行いましょう。

マシンや装置に効果が左右される

キャビテーションは機械による痩身のため、ハンドマッサージほどはエステティシャンの技量が必要とはされませんが、装置の性能には左右されます。

高い出力を出せる高価なマシンならば超音波を深いところまで届けられるため高い効果あります。しかし、安いマシンによっては痩身効果が出にくいものもあります。

また、ごく初期には痛みや火傷の恐れがあるキャビテーション機器もあったようですし、マシンによっては骨が振動することでキーンとした音が響いたりします。

短時間で消えることがほとんどですが、個人差もあり施術後も耳に音が残り不快だという人もいます。

安全性の高いキャビテーションを選びたいなら、装置にお金をかけている大手有名サロンやメディカルエステサロンを選ぶとよいでしょう。

完全個室サロンやスタッフとの相性、痩身マシンの違いもあるので、キャビテーション実際に一度お試しコースで試してサロン選びをするのがオススメです。

痩身効果を得るのに必要な回数と通う頻度

4062_10
キャビテーションによりリンパに流れ出した老廃物やセルライトは、約3~4日のスローペースで流れていきます。

分解された脂肪細胞は肝臓で処理して排出されますので、肝臓機能に負担もかかりますから、続けてすぐに行うことはあまりおすすめしません。

集中ケアの場合は少なくとも1週間に1~2回程度の頻度が望ましいとされていますが、身体に負担の少ない週1回が最もおすすめです。

初回体験1回だけでも痩身効果を実感できる人が多いようですが、それなりの効果を期待するのであれば、週1回のペースで最低でも5回以上の施術が必要といわれています。

月1回程度のサロン通いで、食事管理や運動、他のダイエット法を併用しつつ、じっくり継続する人もいます。

体質や体内脂肪量は一人一人同じではないため、結果には個人差があります。短期間でしっかりとした効果が得られる場合もありますが、中には短い期間では効果を得られず10~20回行う人もいます。

回数を限定することはできませんが、一般的には5回以上10回程度が理想といわれています。

キャビテーションエステがおすすめの人

5091_6
キャビテーションは誰でも効果を実感しやすいので、運動や食事制限をせずに効果的に痩せたい人におすすめです。

体質改善をふくめたトータルな痩身トリートメントが受けられるので、とくに「痩せにくい体質で他の施術ではあまり効果がなかった人」や「頑固なセルライトが落とせない人」に適しています。

ある程度費用がかかるため、本気で痩せたい方向けのダイエット方法です。

二の腕や太もも、ヒップやお腹周りの脂肪がつきやすい部位に特に脂肪燃焼キャビテーションは効果的です。
全身痩身コースだけでなく部分痩せをしたい、お悩み部位が決まっている方にもおすすめですね。

背中や肩甲骨周りをほぐしてスッキリさせ、下腹部をケアして骨盤周りの筋肉にも効くスリムビューティハウスの骨盤矯正キャビテーションもオススメです。

痩身専門サロンやダイエット専門エステでは、美肌や引き締めも含めたトータルエステコースもあります。

ラパルレのメソセルライト撃退セレクトコースには、脂肪部分に積極的に働きかける脂肪細胞まわりの脂肪燃焼コース同時体験もあります。

期間限定の体験キャンペーンや、初回限定体験クーポンを配布している店舗もあるので、リーズナブルな価格で最先端マシンのキャビテーショントリートメントを試すことができますよ。

おすすめのキャビテーションエステ

高出力で高性能なキャビテーションマシンを使っている実績豊富な大手エステサロンを4か所ご紹介します。

シーズ・ラボ

業界初の温冷機能付きのキャビテーションを導入しているシーズ・ラボ。

温めながらの施術による脂肪燃焼と老廃物の排泄効果、冷却による引き締め効果と循環促進効果も期待できます。

サロン名 シーズ・ラボ
公式サイト https://www.ci-z.com/
コース名 全身痩せダイエットプログラム・部分痩せ「即効痩せキャビテーションコース
料金 全身:80分
25,920円(税込)1クール15回 / 349,920円
即効痩せ:60分
19,440円(税込)
体験コース 5,400円(税込)
店舗 東北から九州まで

たかの友梨ビューティクリニック

全国のエステティック技術大会で5年連続金賞を受賞し、技術力の高さに定評があるたかの友梨ビューティクリニック。先端マシンを利用したキャビテーションに特化したコースが有名です。

サロン名 たかの友梨ビューティクリニック
公式サイト https://www.takanoyuri.com/index.html
コース名 TAKANO式キャビボディコース
料金 部分:約20分
ビジター料金12,000円(税抜)
会員料金10,000円(税抜)
上半身or下半身:約50分
ビジター料金21,000円(税抜)
会員料金18,000円(税抜)
体験コース TAKANO式キャビボディコース 50分 3,000円(税込)
店舗 全国

キレイサローネ

段階的にレベルチェンジが可能なキャビテーションマシンを導入しているため、脂肪層の厚みに対応した効率の良い施術が可能なキレイサローネ。遺伝子検査も受けられる定額制のエステサロンです。

サロン名 キレイサローネ
公式サイト https://kireisalone.jp/
コース サイズダウンコース メソキャビテーション
料金 月々15,980円
店舗 東京・大阪・神奈川

スリムビューティーハウス

スリムビューティーハウスの骨盤キャビテーションとはキャビテーションだけではなく、むくみを繰り返す骨盤の歪みも整えてくれるメニューです。
骨盤周りの筋肉を鍛えて姿勢を整え、リンパの流れを悪くする原因を解消します。

サロン名 スリムビューティーハウス
公式サイト https://www.slim.jp/‎
コース 骨盤+キャビテーション
料金 1回16,900円~20,800円
店舗 全国

体験談レポはこちら→スリムビューティハウス骨盤キャビテーション体験コースの口コミ

キャビテーションエステ体験コースおすすめ人気ランキング<2016~2017年最新版>はこちら

キャビテーションは効果ナシ?体験コースで効果を見極める方法

7195_3
「EMSマシンのビリビリとした電気刺激がちょっと痛い」
「インディバのようなラジオ波マシンは脂肪を燃焼している熱さを感じる」
「エンダモロジーの吸引マッサージは眠ってしまうぐらい気持ちがいい」

痩身エステで使うほとんどのマシンは痛みや熱などの効果を体感することができます。

それに比べてキャビテーションは、耳の奥に「キーン」とした超音波の音は響いても、痛みや熱さを全く感じないため「本当に脂肪を溶かす効果があるのか?」と疑問を感じる人もいます。

音と痛みは効果に関係ある?

「キャビプレミアム」のように不快な音が全くしないキャビテーションマシンも発売されており、実際に導入しているジェイエステで体験してみましたが、本当に音がしませんでした。

しかし、痛みを感じないのはキャビテーションを使っているエステティシャンがマシンを上手く使えているからこそ痛みを感じないだけで、技術が下手な人が使うと施術中に強い痛みを伴うことがあります。

キャビテーションの施術中は超音波を放つパッドを肌に軽く押し付けて円を描くように動かし続けるのですが、これを動かさずにストップすると、一部分だけに集中して超音波を当てることから、皮膚の奥に針でつついたようなチクチクとした痛みを感じます。

キャビテーションの体験コースを受けてみて、痛みを感じたほうが効果が高く感じるかもしれませんが、そのエステティシャンの技術がイマイチということです。

施術中の痛みがあることに対して「これは効果が出ているからだ」と我慢してしまう方もいますが、EMSのように運動系マシンではないので気を付けましょう。

本当に脂肪が溶けて柔らかくなっている?

効果を確かめるには、一部分だけ終わった後に自分の手で触らせてもらうことで確認していきましょう。

たとえば脚痩せコースで太もも部分のキャビテーションを受けるのであれば、片足が終わった状態で両足を触ったり揉んだりして比べます。

そうすることで、キャビテーション前とキャビテーション後で贅肉の柔らかさの違いを感じることができます。

差をあまり感じないようであれば、キャビテーションマシン自体の性能かエステティシャンの技術がイマイチなことから、施術自体が上手くいっていない可能性が高いので、そのサロンに通うことはおすすめできません。

キャビテーションエステと組み合わせると効果の高い施術

キャビテーションと組み合わせることで相乗効果が期待できる施術を紹介します。

キャビテーション前に行うと効果が高くなる施術

ヒートマット

全身を芯から温め、短時間でたっぷりの発汗を促します。血行促進や脂肪燃焼効果も高める相乗効果が十分期待できます。

※参考⇒ 痩身エステで使われるヒートマットの効果と人気の理由

遠赤外線ドームサウナ

遠赤外線の効果で身体を芯から温め発汗作用を促す温熱療法です。脂肪燃焼ドームとも呼ばれ、老廃物や有害物質を排出する効果も期待できます。

※参考⇒ 痩身エステの遠赤外線ドームサウナの効果や注意点

ラジオ波

高周波を照射し、振動による摩擦熱を発生させることでその部位を温める効果があります。代謝をアップとセルライト撃退の相乗効果を促します。

※参考⇒ 痩身エステに置いてあるラジオ波マシンの効果と安全性

サーモシェイプ

ラジオ派よりも高い高周波を照射することにより、身体をしっかりと温める効果があります。体温を上昇させ更なる代謝アップを促します。

※参考⇒ 痩身エステで効果が高くて人気のサーモシェイプ

ゲルマ入浴

ゲルマニウム温浴とも呼ばれます。有価ゲルマニウムが溶けた湯に手足を付けることで、身体を温め新陳代謝や発汗作用を促す温浴療法です。冷えやデトックスにも効果があります。

※ワンポイントアドバイス
身体をしっかりと温めることのできる施術を先に行うことで、キャビテーションの効果を高めることができます。

この他「岩盤浴」や「バンテージ」も同様の効果があるといわれています。痩身エステでキャビテーションを行う場合には、このような施術が組み合わさっているコースがおすすめです。

キャビテーション後に行うと効果が高くなる施術

リンパドレナージュ

リンパマッサージとも呼ばれています。リンパの流れに沿ってマッサージを行うことで、流れを活性化させます。キャビテーションで溶け出た脂肪や老廃物を効率よく流す作用があります。合わせて行うことで、相乗効果が非常に高いといわれています。

※参考⇒ 痩身エステのリンパマッサージ情報まとめ

エンダモロジー

強力なローラーの作用により、血行やリンパの体液の流れを改善させることができます。凝り固まったセルライトを揉み解して除去する働きをする、効果的なボディトリートメントです。相乗効果が非常に高いといわれています。

※参考⇒ 痩身エステのエンダモロジーによる施術内容とダイエット効果

EMSマシン

中周波~高周波の刺激によりインナーマッスルに働きかけます。筋力をアップし基礎代謝を高める効果があります。キャビテーションと合わせて行うことで脂肪を溜め込みにくい痩せやすい体質になるといわれています。相乗効果が期待できます。

※参考⇒ 痩身エステのEMSマシン情報まとめ

※ワンポイントアドバイス
キャビテーションの施術後には、溶かした脂肪細胞を老廃物や不要な水分と共に効率よく排出させるため、血行やリンパの流れを促進させる作用のある施術を行うことが効果的です。

また痩せやすい体質を作るために、運動が苦手な人でもEMSマシンで筋肉を活性化させる作用もプラスに働きます。

キャビテーションエステの効果を最大限に高める工夫

水を飲む
ちょっとした心がけで、キャビテーションの効果を最大限活かすことができます。

水分を大量に摂取する

まずはたくさん水を飲みましょう。水分補給でリンパ液の流れがよりスムーズになります。また、サロン帰りにウォーキングすると、中性脂肪をさらに排出しやすくなります。

施術直後は高カロリーの食事を控える

キャビテーション後は吸収が良くなるため、施術前後1〜2時間は高カロリーな食事を控えると良いでしょう。油分や糖分の多い食事、アルコールを避けて肝臓に優しいヘルシーな食事を心がけてください。

運動と組み合わせる

キャビテーション後2週間ほどは、脂肪が柔らかくて落としやすい期間になります。

積極的に運動をしたり、階段を使って身体を動かしたり、お風呂で脂肪を揉んでこの時期をダイエット促進のために有効に使うのがオススメです。

脱毛後にキャビテーションはしてもいい?

脱毛後の肌はデリケートになっているのでキャビテーションを同日に施術することはおすすめしません。

脱毛後、何日期間をあけたらいいのかは肌の状態にもよりますが、肌を刺激しないためにも1週間~2週間はキャビテーションエステを控えるようにしましょう。

詳しくはこちら→脱毛後の痩身エステについて

ハイフ痩身とキャビテーションの違い

ハイフ痩身のハイフ(HIFU)とは高密度焦点式超音波「High Intensity Focused Ultrasound」の略語です。

太陽の光を虫眼鏡で集めて火を起こす原理で、ハイフ痩身は肌にはダメージを与えずに皮膚から1.3cmの深さにある脂肪細胞を破壊します。

しかし、ハイフ痩身には脂肪の厚みが2.5cm以上ないと他の組織を傷つける可能性がある点や、軽い痛みや出血を伴うリスクがあります。

安全面を比較すると、ハイフ痩身よりもキャビテーションの方がおすすめです。

※参考⇒ 痩身エステにあるハイフ(HIFU)の効果やおすすめサロン紹介

まとめ

痩身エステ脚痩せ体験談画像
リバウンドせずに安全で、部分痩せできるキャビテーションは、女性の理想の美ボディを目指す強い味方となります。

施術中の音や肝臓への負担など気になる点もありますが、健康な人なら特に心配することはありません。肥満のタイプや太った原因、体質にもよりますが、キャビテーションエステで効果的に痩せることは可能です。

美体リンパサロンやトータルビューティサロン、キャビテーショントリートメントを実施するサロンも増えていますね。

出力の高い最先端痩身マシンを使っているエステで、切らない脂肪吸引とも言われるほど効果の高いキャビテーションを、是非お試し体験してみてください。

優雅なエステタイムを楽しみながら痩せてみませんか?

▼キャビテーションエステの最新人気ランキングはこちら
キャビテーションエステ体験コースおすすめ人気ランキング<2016~2017年最新版>

▼人気の家庭用キャビテーション「キャビプラス」と「キャビスパRFコアEX」の比較記事はこちら
キャビプラスとキャビスパRFコアEXを徹底比較!
「キャビスパRFコアEX」を使ってみた口コミと効果!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク