キャビプラスの効果を検証!家庭用キャビテーションを買った口コミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でセルライトを何とかしたいと思って足をひたすら揉んでみるもののイマイチ効果が実感しづらく、もっと早く効果を上げる方法はないものかと自宅でセルライトを減らす方法を探していました。

スポーツや筋トレをしてもなかなか続かないし、下半身だけ効果的に痩せたい!

しかし最近、超音波でセルライトを落とす「キャビテーション」をエステ体験して、セルライトが落ちる効果を実感したんです。

そのことがきっかけで自宅で使えるキャビテーションはないかとネットで探した結果、楽天で人気の家庭用キャビテーションマシン「キャビプラス」を購入しました!

キャビプラスは雑誌やメディアに多数取り上げられ、高評価を受けている自宅用キャビテーションです。

楽天市場のデイリーランキングでは1位を受賞していて、実際に試した梅宮アンナさんやあびる優さんも使い心地を絶賛していたそうです。

キャビプラスセルフエステ体験口コミ「結構人気らしいけどいい値段だった…!」

キャビプラス体験「家庭用だと効果が弱いんじゃないですか?」

家庭用ダイエット器具購入体験談「効果あるなら私も買いたいかも」

キャビプラスを選んだ理由やキャビプラスの痩身効果、注意点など実際に使用した感想と合わせて紹介させていただきます!

★おすすめPICK UP!こちらも一緒に見ておきたい!
人気の家庭用キャビテーションマシン「キャビプラス」と「キャビスパ」のどちらが良いのか?徹底比較した記事となります。
キャビプラスとキャビスパRFコアEXの機能を比較

目次

キャビテーションとは超音波で脂肪細胞を破壊するエステ機器

セルライト除去自宅キャビテーションボディライン効果

キャビテーションとは超音波を発生させることによって脂肪細胞を溶かし、気泡がはじける力を利用して脂肪細胞を破壊する家庭用痩身エステ機器です。

キャビテーションという言葉の意味は「空洞現象」といって、液体の圧力差によって泡の発生と消滅が起こる物理現象をいいます。

1秒間に数万回の振動をキャビテーションで作ることによって、脂肪細胞と細胞を浸す間質液に気泡が発生、消滅します。気泡の発生と消滅を高速で繰り返す事によって泡の間に圧力差が生まれ、圧力に耐えられなくなった破裂の衝撃派によって脂肪細胞が破壊されます。

このようにキャビテーションは超音波を利用した「メスを使わない脂肪吸引」として2013年頃から導入された新しい痩身技術なのです。キャビテーションのメリットをまとめました。

キャビテーションのメリット

  • 痛くない
  • 脂肪細胞の数を減らす
  • リバウンドしない
  • 部分痩せができる

セルライトが付きやすい下半身にキャビテーションは効果的です。

キャビテーションを始めたきっかけ

脂肪溶解系キャビプラス体験談

体験エステで揉みだしやキャビテーションの施術を受けて、キャビテーションの即効性と効果の持続性を実感し、体験エステを渡り歩いてきた結果、2カ月で以下の効果がありました。

体験エステ5回の効果

  • 体重・・・・2.4kg減
  • 体脂肪率・・1.1%減

体験したエステは全部で5つです。

5つの体験エステの中で一番効果が大きいと感じたのが以下の2つのキャビテーションエステでした。

  • スリムビューティーハウス公式サイト
  • スリムビューティーハウス体験エステ

  • たかの友梨公式サイト
  • takanoyuri

    キャビテーションの動かし方やリンパマッサージの仕方なども参考になりますし、脂肪を落としやすくなる効果が2週間続くので、こちらの2社はおすすめです。勧誘もコースの紹介程度でほとんどありませんでした。

    しかし1人1回初めて利用する人限定の体験サービスもすぐに終了してしまい、エステを契約してキャビテーションを続けるかどうか悩んでいました。

    キャビテーション相場価格

    キャビテーションの契約をためらったのは価格の相場がかなり高いことが理由です。キャビテーションの価格を公開しているエステサロンの通常金額を比較しました。(この金額以外にも入会金などがかかります)

    キャビテーションの相場価格(1回)

    • ラ・パルレ(60分)31,500円
    • たかの友梨(20分)10,000~12,000円
    • スリムビューティーハウス(20分)7,600円

    キャビテーションは半年は続けないと効果が出にくいため、キャンペーン価格で見積もりしてもらった結果、3カ月で30万円や6カ月で50万円のコースがキャビテーションの相場でした。

    かなり大きな金額になるので、自宅で使える手頃な家庭用キャビテーションがないか調べてみる事にしました。

    家庭用VSエステ!キャビプラスの効果を比較

    The machine which breaks fat

    キャビプラスのキャビテーションの周波数は330~360kHzですが、エステで使用しているキャビテーションの超音波は18~40KHzの低周波です。

    一見キャビプラスの効果の方が高いのかと勘違いしてしまいますが、低周波の方が深い脂肪層まで届くので数値が低い方が効果が高いという事になります。

    スキンケア用の超音波は1~3MHz(1,000~3,000kHz)の高周波で、皮膚などの浅い層に効果があります。

    顔にも使用できるキャビプラスの効果は、単純に計算するとエステの1/8~1/9(11~12%)程度なのかもしれません

    エステの業務用キャビテーションの価格は200万円以上するものもあるので、やはりエステの効果は高いだけあるんですね。

    キャビプラスのメリットデメリット

    セルライト家庭用エステ機器効果
    壊れた脂肪細胞は肝臓で分解されて排出されますが、エステのキャビテーションは効果が強いので1週間以上感覚をあけないと肝臓に負担がかかってしまいます。

    キャビプラスなら毎日使用できるので、体には安心かもしれません

    キャビプラスのメリットは、毎日少しずつ気長にセルライトをケアしたらエステの1/10の価格で済むことと、エステに通う時間が省けることです。痩身エステに通うと太った体を写真に撮られたりするので、恥ずかしい思いをしたくない人にもオススメです。

    さらにキャビプラスには「高周波ラジオ波」「EMS」「赤色LED」が内臓されているので、相乗効果に期待することにしました。

    キャビプラスの嬉しい機能

    • 高周波ラジオ波…1秒あたり50万回の振動数で体を温める
    • EMS…電気信号で筋肉を動かす
    • 赤色LED…乾燥予防・肌を活性化させる

    キャビプラスメリットデメリット

    キャビプラスのデメリットは10分で電源が切れる点と、充電式ではないので使う時にコードが邪魔になる点です。

    しかし、充電式はバッテリーが弱ったり、ずっと充電していると壊れやすいというデメリットもあるので、私は充電式じゃない方がいいです。使いたい時にすぐ使えるならコード位は慣れの問題かなと思います。

    10分で切れるのは本体の熱を冷ますためなので、冷ましている時間は溶かした脂肪をマッサージする時間にしています。家庭用で連続で使用できるということは、それだけパワーが弱いという事になると思うので、これもしょうがないかなと思っています。

    ヤーマンのキャビスパEXと迷いましたが、以下の点が気になったので購入を見送りました。

    キャビスパを購入しなかった理由

    • 顔に使用できない
    • 充電式なので故障が心配
    • 美肌の機能がないので乾燥しそう
    • 専用ジェル価格がキャビスパの4.6倍以上

    ヤーマンのキャビスパはお風呂で使用できる防水が魅力的でしたが、やっぱりエステと同じやり方の方が効果が高いと思いますし、防水って結構壊れやすい印象があるんです。

    以前、私はヤーマンのノーノーヘアーを持ってましたが、すぐに壊れてしまった上にあまり効果がなかったので会社自体にいい印象がありませんでした。消耗品の専用ジェルが高すぎるのもイマイチだと思いました。

    セルエステもキャビプラスと形がよく似ていましたが、専用ジェルを使ったらメッキが剥がれたとか効果がないという口コミを見てやめました。というわけで色々比較した結果、キャビプラスを思い切って購入しました!

    キャビプラス公式サイト

    キャビプラスのセット内容

    キャビプラス買った内容

    注文してから2日位でキャビプラスが届きました!専用ジェルは今ならサービスでついてきます。

    段ボール箱には会社名などの文字は一切ありませんでしたし、配達伝票の商品名は「美容機器」と「精密機器」の2つから選べるので、中身を家族に知られたくない人でも安心して購入できます。

    キャビプラス商品写真画像

    箱の中にはキャビプラスと電源ケーブル、説明書が入っています。説明書は保証書とセットになっているのでなくさないようにしましょう。

    箱や備品は返品や交換の時に不足していると保証対外になるので、捨てないように注意してください。

    公式サイト以外での購入も保証対象外になってしまうので、転売などで購入するのはやめておいた方がいいです。

    保証期間は1年間ですが、購入時に3,000円追加して支払うと2年間延長保証になります。

    キャビプラス専用ジェルヒアルリッチ画像

    キャビプラス専用ジェルの「ヒアルリッチ」は1キロの大容量で、当分なくなりそうにない程あります。なくなったら公式サイトにて2,680円(税込)で購入できますし、2個以上なら割引があります。

    通販でもっと安いものはないかと探してみましたが、他の商品は容量が少なく割高だったので、このジェルの値段は良心的な価格でした。

    キャビプラスの準備と効果を上げるタイミング

    キャビプラス使用前用意するもの

    キャビプラスを始める前に水を1杯飲んで、終わった後にも1杯飲むことで老廃物を流れやすくします。

    ケア1時間前とケア後2時間は食べ物を食べないようにすると効果が上がりやすいそうなので、夕食を食べ終えてお風呂に入った後がキャビプラスの最適なタイミングです。

    お風呂上りすぐではなく、適度に体の熱が冷めてリラックスした状態で始めるように説明書に書いてありました。私がいつもキャビプラスを使うときに用意するものは以下の通りです。

    キャビプラスで用意するもの

    • キャビプラス
    • 付属のジェル
    • 使用前と使用後に1杯の水を飲む
    • バスタオル…ジェルが床につくのを防止する
    • ハンドタオル…手についたジェルを拭き取る
    • 水…ジェルが渇いたら足す

    ジェルが乾燥したらその都度足すように説明書に書いてありましたが、3~5分で渇いてしまうので毎回足していたらジェルがすぐになくなってしまいます。

    水分が蒸発したなら水分を足したらいいかなと思ってボールに入れたぬるま湯を用意して、乾いたらその水を足したら見事ジェルが復活しました。

    ただ、夢中でキャビテーションをかけていると、水の入ったボールをひっくり返しやすいので注意してください。できれば霧吹きスプレーに水を入れた方が使いやすいです。キャビプラスは防水ではないので、水をキャビプラスに直接かけないようにしましょう。

    キャビプラスの操作方法

    キャビプラス使い方説明画像

    キャビプラスの使い方を説明します。まずはコンセントと本体をつなげます。キャビプラスは充電式ではなくコード式なので、すぐに使うことが可能です。

    キャビプラスのコードの長さはコンセントから約190cmあるので、届かなくて不便を感じることは特にありませんでした。

    本体は軽いので扱いやすいですし、音はかすかにジジジという音が聞こえる程度で全然気になりません。

    キャビプラススイッチ説明画像

    キャビプラスの操作方法はシンプルなので、機械音痴の私でもすぐに使用することができました。

    電源ボタンを押したら、他の機能のボタンが押せるようになります。

    キャビプラス光ラジオ波痩身強さ調節機能画像

    RFラジオ波はピリピリとした刺激があるので、4段階に強さを調整できます。

    写真は一番強い状態になっていて、キャビテーション(CV)と赤色LED(LED)がONになっている状態です。

    ラジオ波は一番強い4レベルでも少しピリピリする程度なので、私は体は常にこの状態で使っています。

    しかし、顔や皮膚の薄い部分はラジオ波の刺激が強く感じやすいので、2~3レベルに下げています。キャビプラスには使用できる部位とできない部位があるので下記にまとめました。

    キャビプラスが使える部位と使えない部位

  • 使える部位…前腕・腹部・外もも・内もも・背中・腰・尻・ふくらはぎ・フェイスライン
  • 使えない部位…首・鎖骨・ひじ・手首・内股・ひざ・足首・後頭部・頸椎
  • キャビプラス裏画像

    赤色LEDをオンにするとこのように中心の周りの赤いライトがつきます。中心の丸い部分がキャビテーションで、三角の部分がラジオ波です。

    赤色LEDは細胞を刺激してコラーゲンの生成を促す効果がありますが、照射面は直視しないように注意しましょう。
    キャビプラス専用ジェル適量1回分画像

    ジェルは伸びがいいので、1部位の使用量は写真の量(ピンポン玉1個分)くらいです。乾くとサラサラになるので、私は洗い流していません。

    キャビプラスを使った後のお手入れ方法は、ウェットティッシュや濡れタオルなどで拭き取るようにします。水洗いは厳禁です。

    キャビプラスの使用上限は1日4部位までで、1部位につき5~10分です。時間は脂肪の量によって調節します。

    10分使用すると電源が自動で切れるので、本体の熱を冷ますために20分以上の間隔を開けることを推奨しています。

    連続で電源を入れることは可能ですが、サロン用ではないので故障の原因になってしまいます。なので、10分キャビテーションをかけたらキャビプラスが冷えるまでの間マッサージをして老廃物を流しましょう。

    1部位がよくわからないので販売元のエテルニータ・ボーテに問い合わせて聞いてみたら、ふくらはぎ片方で1部位とカウントするそうです。コールセンターにちゃんと電話が繋がるので一安心しました。(ずっと通話中の悪質な会社がたまにあるので)

    エテルニータ・ボーテ問い合わせ先

    • フリーダイヤル 0120-135-399
    • 携帯・スマートフォン 045-228-8425
    • 営業時間 10:00~17:00(土日祝日休)

    キャビプラス持ち方説明画像
    キャビプラスは上を持つとスイッチを押してしまうので、下の部分を軽く手で持って動かします。

    強さは気持ちいいと感じる程度で、強い圧力はかけないように注意しましょう。冬は体が冷えるので、部屋を暖房で温めてください。

    エステ体験でのエステティシャンのやり方は、キャビテーションを減らしたい部分に少しずつ動かしながら当てて、すぐに下から上にマッサージをして老廃物を流すようにしていたのでマネして使っています。

    キャビプラスを使用した効果と感想

    キャビプラス1回痩身マシン効果
    エステの体験でふくらはぎがやっと1cm減るくらいなので、家庭用キャビテーション機器に1回での効果はあまり期待していませんでした。

    しかしキャビプラスを使った結果、1回で-0.4cm減ったんです!

    ちゃんとほくろの位置で測りましたし、ズルしてぎゅっと絞って測ってないですよ。肌もしっとりして、滑らかになりました!

    しかし足首(かかとから13cm)は1回では全く減りませんでした。

    キャビプラス太もも効果画像

    片方の太ももに使ってみましたが-0.5cm減りました!エステの10%程度の効果と思っていましたが、実際は40%~50%くらいの効果がありました!

    太ももの写真だと肌の血色がよくなって、滑らかになっているのがわかりやすい気がします。赤色LEDの効果が思ったより良かったです。

    肌がどんどん部分的にピンク色になってくるので最初はビビりましたが、キャビテーションした後マッサージしているうちに赤みはきれいに引いていきました。

    キャビプラスを当てた部分は温かくなって、セルライトが柔らかくなるので効果がわかりやすいです。

    キャビプラスを続けた口コミまとめ

    キャビプラス効果検証画像

    その後3回続けた効果は以下の通りです。

    キャビプラスを3回続けた効果

    • ふくらはぎ…右-0.8cm・左-0.6cm
    • 太もも…右-1.5cm・左-3.0cm
    • 足首…右-0.2cm・左-0.3cm

    ふくらはぎは3回目から両方で10分にしたのですが、やっぱり片方10分の方が効果が上がりやすい気がします。

    左の太ももが3cmも減っていてビックリしました!これはエステ並みの効果かも…

    写真は見苦しいのでお見せできませんが、脚の付け根から7cmでちゃんと測ったので嘘じゃないです!

    顔にもキャビプラスを使ってみましたが、フェイスラインがスッキリした気がします。美顔器にもなるから安い買い物だったかも( ∩ˇωˇ∩)

    キャビプラス体験口コミ「焼肉食べ放題とピザ食べ放題に行ったけど脚が細くなった!」

    キャビプラス美容器具体験「本当に痩せる気ありますか?」

    キャビプラス体験談「また安心して食べすぎてる…」

    キャビプラスは勇気がいる価格でしたが、今では購入してよかったと思っています!

    使った後の脚のむくみのスッキリ感が使った日と、使ってない日では全然違うんです!毎日使えるので、日課として定着しやすいのもいいですね。最初は1日4部位しかできないのかと思っていましたが、4部位やったら結構疲れるので丁度よかったです(笑)

    同じ労力でもお風呂でセルライトを揉んでいた頃よりも、キャビプラスは効果が目に見えて減っていくので続ける気力がわきます。運動と食事制限を頑張ったらお腹の内臓脂肪も減って、痩身効果が上がりそうです!

    セルライトを自宅でこっそり減らしたい人にキャビプラスはオススメです!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

    ★キャビプラスの購入を考える前にこちらの記事もチェック
    人気の家庭用キャビテーションマシン「キャビプラス」と「キャビスパ」のどちらが良いのか?徹底比較した記事となります。
    キャビプラスとキャビスパRFコアEXの機能を比較

    紹介したリンク一覧

    • スリムビューティーハウス公式サイト
    • スリムビューティーハウス体験エステ

    • たかの友梨公式サイト
    • takanoyuri

    ♦追記:今まで体験したダイエット記事と合わせて、こちらの記事をランキングにて紹介しています→効果があったグッズ酵素エステのダイエット口コミランキング
    最新ダイエット口コミランキング

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク