痩身エステお試し体験コースで行われるカウンセリング内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヴィトゥレのカウンセリング

エステのカウンセリングと聞くと

  • しつこく勧誘されない?
  • 高額なコースをすすめられるんじゃない?
  • 契約するまで帰してくれなかったらどうしよう

といった勧誘に関する不安を感じるかもしれません。実際にアンケートをとったところ、痩身エステの体験コースを受けた50人中43人がカウンセリングに対して勧誘の心配をしていました。

結論から言うと、勧誘はカウンセリングのメインではありません。

痩身エステのカウンセリングは、一度の体験コースでより痩身効果を感じられるよう、あなたとエステサロンがお互いの事を知るために行われます。

  • ダイエットしたいと思っている場所はどこ?
  • アレルギーや苦手なモノは無い?
  • 体験で使うマシンの効果は?危険はない?

あなたの状況をエステサロンが知ることで安全かつ、より痩身効果の高い提案をしてもらえます。

逆にあなたがエステサロンを知ることで、初めて体験するエステ内容であっても不安なく受けることができます。

ここでは、15サロンの痩身エステ体験結果から分かった、カウンセリングの内容や行われる部屋、カウンセリングがおすすめのエステサロンについてまとめました。

この記事を読み終えるころには、痩身エステのカウンセリングに対する心配が無くなって、軽やかな気持ちでエステ体験に向かえるでしょう。

カウンセリングは勧誘のためにあるわけではない

痩身エステの体験コースの前後に必ず行われるカウンセリングは、勧誘のためにあるわけではありません。

あなたのことを知ってもらえば、体験コースが合っているか判断してもらえるほか、より痩せるのに効果的な体験コースをすすめてもらえることもあります。

そして、エステの内容を知ることで安心してエステを体験できます。本コース料金を知ることで、料金に見合った対応や内容なのかを判断できます。

つまり、お互いを知ることでより痩せやすいエステを安心して体験し、契約する価値があるか判断するためにカウンセリングはあります。

ただ、これだけでは勧誘されるのではないかという不安はぬぐえないので、カウンセリングの内容を説明しますね。

カウンセリングは

  • 痩身エステ体験前のカウンセリング
  • 痩身エステ体験後のアフターカウンセリング

の2種類に分けられます。それぞれについて細かく見てみましょう。

痩身エステ体験前の2つのカウンセリング内容

痩身エステ体験前のカウンセリングで行われる内容は具体的には以下の2つです。

  • エステサロンからのあなたへの質問(ヒアリング)
  • エステ内容の説明

この章では分かりやすいように1つずつ順を追って説明しますが、必ずしも2つに分かれているわけではありません。

質問を受ける中でエステ内容の説明をされたり、ボディチェックや採寸とカウンセリングが同時に行われる場合もあります。

エステサロンからあなたへの質問(ヒアリング)

痩身エステの体験前のカウンセリングでは、あなたのためにエステサロンが事前に確認しておきたい内容を質問(ヒアリング)されます

15サロンの体験コースを受けた経験上、大体どこのエステサロンでも聞かれるのは以下の5つです。

  • 目標体重やなりたい体型
  • 食事や運動といった日々のライフスタイル
  • 既往歴やアレルギーの有無
  • 生理や妊娠について
  • ダイエット経験の有無

はじめに、ヒアリングのための質問内容をカウンセリングシートへ書き込む時間があります。

ただ、カウンセリングシートへどれぐらい詳しく書き込むかは

  • がっつり6枚のカウンセリングシート全てに記入
  • 30問程度の質問内容があるカウンセリングシート1枚だけ記入
  • タッチペンで数問選択するのみ

といったように、エステサロンごとに差が出ます。

記入後のカウンセリングシートを元にヒアリングが行われ、詳しく聞かれるエステサロンでは、主にライフスタイルの項目を事細かく聞かれます。

たとえば、以下のような形です。

  • 3食食べるか
  • 食事をする時間帯
  • 食事の好み
  • 間食の有無
  • 1日の水分摂取量
  • 尿の回数
  • 入浴の時間
  • タバコやアルコールの習慣
  • 起床時間と寝時間
  • 働いている時間
  • 通勤や通学の方法(徒歩か電車か車か)
  • 1日にどれくらい歩くか
  • 週の運動回数
  • 運動の種類
  • ジム通いの有無

「個人情報を詳しく聞かれたくない」と感じるのであれば、たかの友梨ビューティクリニックエステティックTBCのような、カウンセリングに対してそこまでチカラを入れていないエステサロンを選ぶことをおすすめします。

合わせて読みたい
合わせて読みたい

ヒアリングには1点の質問を除いて正直に答えるのがベスト

痩身エステ体験コースを安全に受けて適切な痩身効果を得るためにも、カウンセリングシートを元としたヒアリングでは1点の質問を除いて、正直な情報を伝えましょう。

正直に答えない方が良い質問は「お金に関すること」です。

月々の美容代や予算をもとに、あなたが「どのくらいお金を出せるのか?」をエステサロンは計算するからです。

そして、計算結果を元に、あなたがギリギリ支払えるであろう金額のプランを提示してきます。

毎月支払うには苦しい料金プランの痩身エステを勧められないよう、月々の美容代やエステに使える予算の金額は少し控えめに伝えましょう。

ただし「これを言ったら恥ずかしい」「私生活をさらけだしにくい」などの理由でお金以外の項目をごまかして書くことはおすすめできません。

なぜなら、あなたに合った痩身エステを受け損ねる可能性があるからです。

担当エステティシャンがあなたの状況を理解できないと、以下に挙げるような希望とのズレが起こるかもしれません。

  • セルライトを除去したいと考えていたのに、セルライトケアが少なかった
  • 太ももがコンプレックスなのにお腹周りばかりをケアされた
  • 暑いのが苦手なのにヒートマットやドームサウナの温度が高くて辛かった

また、妊娠の有無や既往歴(病歴)、薬の服用やアレルギーの有無など、身体や健康に関わることは痩身エステで事故を防ぐためにも、正直に答えてくださいね。

痩身エステ体験コースで行う内容の説明

痩身エステの体験コース前のカウンセリングには、エステで行う内容の説明もあります。

事前にエステの内容を理解することで「今何をやっているんだろう?」「この機械って大丈夫なのかな…」と、エステ体験中に疑問や不安を感じずに済みます。

ちなみに、カウンセリングやボディチェックを受けた結果、申し込んだ体験コースよりさらに体質的に適した内容の他コースをおすすめされる場合もあります。

実際に太ももとおしりのセルライトやたるみが気になっていた著者は、ヴァン・ベールでアーユルヴェーダ(体質改善)の体験を申し込んでしまっていましたが、局部ケア効果が高く肌の引き締め効果もあるエンダモロジーを勧められて体験コースを変更しました。

合わせて読みたい

痩身エステ体験後の2つのアフターカウンセリング内容

痩身エステ体験後のアフターカウンセリングで行われる内容は具体的には以下の2つです。

  • ビフォーアフターの見比べ
  • 本コース紹介

ビフォーアフターの見比べ

アフターカウンセリングでは、まずは体験コースが合っていたか体感的な確認と、ボディチェック記録のビフォーアフターの見比べを行います。

体脂肪計付き体重計で計った体重と体脂肪を見比べるエステサロンが一般的です。

そのほか、シーズ・ラボのように写真撮影の結果、スリムビューティハウスのようにウエスト・ローウエスト・ヒップ・太もも・ふくらはぎ・二の腕の採寸結果を見比べるエステサロンもあります。

ただ、パーフェクトラインのように一切の採寸や測定が無く、ビフォーアフターの見比べをしないエステサロンもあります。

合わせて読みたい
合わせて読みたい
合わせて読みたい

本コース紹介

体験コースを受けた後は、「強引な勧誘されたら嫌だな…」とカウンセリングで一番心配されがちな本コースの紹介があります。

結論から言うと、強引な勧誘をされることは基本的にはありません。

著者が体験に行った15サロン中、勧誘が強めだと思ったエステサロンはバイオエステBTB1社だけでした。勧誘の感じ方には個人差がありますが、バイオエステBTBはエステ体験を申し込むWebページに

特別体験価格で1回受けたいだけ、入会を検討するつもりはない、という方は恐れ入りますがご遠慮ください。

バイオエステ公式ページより

とあるように、入会前提で痩身エステ体験を提供しているエステサロンは勧誘が強い傾向にあります。

でも、ほとんどのエステサロンは、見積もりを作ってくれたり、料金一覧表をくれたりして、一通り説明をして終了です。

もし、勧誘に不安を感じる人は以下の内容も参考にしてみてください。

合わせて読みたい

個室に連れ込まれ、延々と契約を迫られる…というイメージをお持ちの人もいるかもしれませんが、長時間熱心に勧誘されることは滅多にありません。

というのも、このアフターカウンセリング、完全な個室よりオープンスペースで行われることが多いのです。

カウンセリングを受ける部屋の種類は3種類

カウンセリングを受ける部屋の種類は大きく3種類に分かれます。

  • オープンスペース
  • カウンセリングルーム
  • 施術室

痩身エステサロンで最も多いのはオープンスペースでのカウンセリングです。

オープンスペースでのカウンセリングが一般的

エステサロンの受付周辺にある、待合室も兼ねたオープンスペースでのカウンセリングが一般的です。

著者が実際に体験に行った15サロン中、9サロンはオープンスペースでした。

開けた空間でカウンセリングすることで、圧迫感や閉塞感を感じさせないようにしているのでしょう。

もし、オープンスペースで何時間も勧誘なんてしたら、それを見た他のお客さんが逃げちゃいますよね(笑)。

プライバシーを心配されるかもしれませんが、オープンスペースとはいっても完全にオープンになっているところばかりではありません。一部が壁で仕切られていたり、パーテーションやカーテンなどのちょっとした間仕切りがあるところがほとんどです。

短時間なのはもちろん、他のお客さんとかち合わないよう配慮もあるため、カウンセリング時にオープンスペースなのが気になったエステサロンはありませんでした。

ただ、カウンセリング中に絶対に人が通らないわけではないので、気になってしまう人もいるかもしれません。

プライバシーが気になるなら完全個室でカウンセリングできるエステサロンを選ぶ

プライバシーが気になるなら、完全個室でカウンセリングできるエステサロンを選ぶのがおすすめです。

カウンセリング専用の完全個室のカウンセリングルームソシエ(そごう千葉店)やキレイサローネ(銀座3丁目店)は用意していました。

合わせて読みたい
合わせて読みたい

また、施術室でカウンセリングが行われることは稀ですが、クール・エ・コール+N(渋谷店)のように、ベッドのある施術室にイスとテーブルが置かれているエステサロンもあります。※6店舗展開していたエステサロンでしたが、現在は閉店しています。

店舗によって設備に違いがあるエステサロンもあるため、気になる人は予約時に「プライバシーが気になるのですが、カウンセリングは完全個室ですか?」と聞いてみましょう。

カウンセリングにかかる時間は5分~2時間超とエステサロンによって大きく異なる

カウンセリングにかかる時間は5分~2時間超とエステサロンによって大きく異なります。

時間差が大きいため、カウンセリングの時間が「短いほうが良いの?」「長いほうが良いの?」と考える人もいるでしょう。

結論から言うと、カウンセリングで大切なのは要した時間ではなくカウンセリングの内容です。

あなたの身体のことを知ろうとしてくれて、知りたいことを分かりやすく説明してくれて、料金についてハッキリ説明してくれるカウンセリングが理想です。

カウンセリング時間が短ければシンプルで良いわけではありません。

たとえば、契約書を読むだけでカウンセリングを済ませて、「体験コースでは何をするのか」よく分からないまま身体に合わないエステを受けてトラブルになったら大変ですよね。

コースやチケットの料金と有効期限、使用する化粧品が料金に含まれているか、オプションの追加料金の説明をざっくりされてしまっても後で困ります。

でも、その一方でカウンセリング時間が長ければ内容が充実しているとも言えません。

エステの内容と関係がない、意味のない世間話がダラダラと続くだけだったり、買う気もないのに売り込みや勧誘の時間が長いカウンセリングは苦痛なだけです。

オーダーメイドのエステは通常のエステに比べて、より細かい部分まで質問する必要があるため、カウンセリングが長時間になる傾向があります。カウンセリングが長くなる正しい理由があれば、時間が長いことに苦痛を感じる人は少ないでしょう。

ただ、カウンセリングの内容は体験に行くまで分かりません。

そのため、実際に筆者が体験コースに行って、カウンセリング内容の充実度とかかった時間のバランスが良く、さらには勧誘もなくて安心できたおすすめエステサロンを厳選してご紹介します。

カウンセリング内容と時間のバランスが良かったエステサロン

カウンセリングが短時間のたかの友梨ビューティクリニック

お互いの理解はしたいけれど、なるべくカウンセリングは短い方が良い人には、たかの友梨ビューティクリニックがおすすめです。

体験前のカウンセリングは10分程度、体験後のアフターカウンセリングは時間を計る間もなく終わりましたが、短時間だからいいかげんというわけではなく、ポイントを抑えた内容となっています。

体験に行った船橋店では勧誘もナシで、アフターカウンセリングは料金の一覧表を貰って、コースの紹介と料金システムの説明をされて終わりました。

たかの友梨ビューティクリニック公式サイトをチェック

壁で仕切られたカウンセリングスペースのヴィトゥレ

個室は怖いけれどオープンスペースもプライバシーが気になる人には、壁で仕切られたカウンセリンスペースのあるヴィトゥレがおすすめです。

カウンセリングシートは表裏の1枚のみ、体験前のカウンセリングは気になる部位のヒアリングとマシンの説明のみの15分ほどでした。

ビフォーアフターの写真も撮ってもらえるし、料金体系が明確だからか、料金や通い方の説明のみで勧誘は一切ありませんでした。

※体験に行った秋葉原店は壁仕切りでしたが、全店舗が壁仕切りとは限らないため、予約時に聞いてみてくださいね。

ヴィトゥレ公式サイトをチェック

個室でじっくりカウンセリングするならソシエ

プライバシーがどうしても気になる人や初めてのエステで分からないことが多い人には、個室のカウンセリングルームでじっくりカウンセリングできるソシエがおすすめです。

体の悩みや生活習慣などについて詳しく聞かれ、ボディチェックの結果と併せて体験内容が決まります。他のエステでもカウンセリングの内容で体験コースを変えることはありますが、ソシエのように一人一人に合った体験コースを組んでくれるエステは稀です。

オーダーメイドでコースを組むために、あなたのことを理解するしっかりしたカウンセリングがあります。

体験に行ったそごう千葉店はもちろん、じっくりカウンセリングする方針のソシエは店舗によらず、プライバシーに十分配慮したカウンセリングルームとなっているでしょう。

ソシエ公式サイトをチェック

合わせて読みたい


  • このエントリーをはてなブックマークに追加